烏山 一

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/16 02:45
 
アバター
研究者氏名
烏山 一
 
カラスヤマ ハジメ
eメール
karasuyama.mbchtmd.ac.jp
URL
http://immune-regulation.org/
所属
東京医科歯科大学
部署
役職員
職名
理事
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
東京医科歯科大学
科研費研究者番号
60195013
ORCID ID
0000-0003-0689-0836

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
1978年    東京医科歯科大学医学部卒業 未設定
 
 
   
 
1978-1980  筑波大学医学専門学群付属病院医員(研修医) 未設定
 
 
   
 
1980-1984  東京大学大学院医学系研究科博士課程(免疫学、多田富雄教授) 未設定
 
 
   
 
医学博士1984 未設定
 
 
   
 
1984-1987  スイス・バーゼル免疫学研究所研究員 未設定
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 医学系研究科 
 
 
 - 
1978年
東京医科歯科大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本免疫学会  理事、評議員
 
 
   
 
日本アレルギー学会  代議員
 

論文

 
Balam S, Schiechl-Brachner G, Buchtler S, Halbritter D, Schmidbauer K, Talke Y, Neumayer S, Salewski JN, Winter F, Karasuyama H, Yamanishi Y, Renner K, Geissler EK, Mack M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)      2019年5月   [査読有り]
Yoshikawa Soichiro, Oh-hora Masatsugu, Hashimoto Ryota, Nagao Toshihisa, Peters Louis, Egawa Mayumi, Ohta Takuya, Miyake Kensuke, Adachi Takahiro, Kawano Yohei, Yamanishi Yoshinori, Karasuyama Hajime
SCIENCE SIGNALING   12(576)    2019年4月   [査読有り]
Kashiwakura JI, Ando T, Karasuyama H, Kubo M, Matsumoto K, Matsuda T, Kawakami T
Allergy      2019年4月   [査読有り]
Hashimoto T, Satoh T, Karasuyama H, Yokozeki H
The Journal of investigative dermatology      2019年3月   [査読有り]
Piliponsky Adrian M., Shubin Nicholas J., Lahiri Asha K., Phuong Truong, Clauson Morgan, Niino Kerri, Tsuha Avery L., Nedospasov Sergei A., Karasuyama Hajime, Reber Laurent L., Tsai Mindy, Mukai Kaori, Galli Stephen J.
NATURE IMMUNOLOGY   20(2) 129-+   2019年2月   [査読有り]

Misc

 
Th2型免疫応答における好塩基球の役割
三宅 健介, 吉川 宗一郎, 山西 吉典, 烏山 一
臨床免疫・アレルギー科   71(2) 177-184   2019年2月
Hajime Karasuyama, Yuya Tabakawa, Takuya Ohta, Takeshi Wada, Soichiro Yoshikawa
Front Physiol   9 1769-1769   2018年12月   [査読有り]
infestation, IgE-armed basophils are recruited to tick-feeding sites and stimulated by tick saliva antigens to release histamine that promotes epidermal hyperplasia, contributing to ATR. Further studies are needed to clarify whether this scenario ...
Karasuyama Hajime, Miyake Kensuke, Yoshikawa Soichiro, Kawano Yohei, Yamanishi Yoshinori
INTERNATIONAL IMMUNOLOGY   30(9) 391-396   2018年9月   [査読有り]
Hajime Karasuyama, Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi
J. Allergy Clin. Immunol.   142(2) 370-380   2018年8月   [査読有り]
Until recently, basophils had often been neglected in immunologic studies because of their minority status among immune cells or confused with tissue-resident mast cells because of some phenotypic similarities between them in spite of different an...
【アレルギー研究最前線】基礎研究の最前線 上皮細胞、炎症細胞など最近明らかになったアレルギー炎症病態における好塩基球の多彩な役割(解説/特集)
山西 吉典, 烏山 一
医学のあゆみ   265(9) 767-772   2018年6月

書籍等出版物

 
呼吸器疾患診断治療アプローチ 気管支喘息
柴田 翔, 烏山 一 (担当:共著)
中山書店   2017年7月   ISBN:978-4-521-74525-1
エッセンシャル免疫学 第3版(The Immune System, 4th edition)
三宅 健介, 烏山 一 (担当:共訳, 範囲:第14章 IgE介在性免疫とアレルギー)
株式会社 メディカル・サイエンス・インターナショナル   2016年8月   ISBN:978-4-89592-864-9
「学生に「ちょうどよい」免疫学の入門テキスト、改訂新版。
ヒトの免疫システムがどのように機能し、ヒトに対してどのような影響を与えるのか、という観点から解説した、免疫学の入門テキスト、6年ぶりの改訂。 改版にともない、自然免疫の章を拡充、加えて自然免疫と適応免疫の共進化の章を新設するなど、近年の研究の進展を踏まえ、アップデート。図も同様に大幅更新。 医学、薬学、歯学、理学系の学部生にとって最適な教科書。」の「第14章 IgE介在性免疫とアレルギー」を担当。

講演・口頭発表等

 
皮膚アレルギー炎症における好塩基球の役割 [招待有り]
烏山 一
第14回TAP(乾癬とアトピー性皮膚炎の基礎と臨床を考える会)   2018年12月15日   
Basophils promote monocyte differentiation to M2-like macrophages that display enhanced capacity of allergen clearance
Kensuke Miyake, Ayako Fukui, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama
The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology   2018年12月11日   
Histamine Released From Skin-Infiltrating Basophils but not mast cells is crucial for acquired tick resistance in mice
Soichiro Yoshikawa, Yuya Tabakawa, Takuya Ohta, Kayoko Yamaji, Kenji Ishiwata, Yohei Kawano, Yoshinori Yamanishi, Hiroshi Ohtsu, Takahiro Adachi, Naohiro Watanabe, Hirotaka Kanuka, Hajime Karasuyama
The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology   2018年12月11日   
Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice
Toshihisa Nagao, Yoshinori Yamanishi, Kensuke Miyake, Mio Teranishi, Soichiro Yoshikawa, Yohei Kawano, Hajime Karasuyama
The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology   2018年12月11日   
Stable lines and clones of long-term proliferating normal, genetically unmodified murine common lymphoid progenitors
Yohei Kawano, Georg Petkau, Christina Stehle, Pawel Durek, Gitta Anne Heinz, Kousuke Tanimoto, Hajime Karasuyama, Mir-Farzin Mashreghi, Chiara Romagnani, Fritz Melchers
The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology   2018年12月10日   The Japanese Society for Immunology

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Genetic origins and pathogenesis of primary immunodeficiencies
Roles of basophils in protective immunity, immune regulation and allergy
Cellular and molecular basis of chronic allergic inflammation
Molecular mechanisms for regulation of lymphocyte development
原発性免疫不全症の責任遺伝子の同定と病態解明

社会貢献活動

 
烏山 一. 関連人材育成プログラム
【取材協力】  日経BP社  日経ビッグデータ  2018年2月14日

その他

 
2018年12月   「肺の病気COPD(たばこ病)の発症に好塩基球が深く関与していることを解明」― COPDの新たな予防法・治療薬の開発につながる期待 ―
Proceedings of the National Academy of Sciences,
2017年1月   「希少細胞である好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた!」-驚くべき離れ業「トロゴサイトーシス」を駆使-
Proceedings of the Ntional Academy of Sciences(PNAS)