反町 典子

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/26 16:52
 
アバター
研究者氏名
反町 典子
 
ソリマチ ノリコ
所属
独立行政法人国立国際医療研究センター
部署
分子炎症制御プロジェクト
職名
プロジェクト長
学位
博士(医学)(大阪大学)
その他の所属
東京医科歯科大学

プロフィール

1989年 7月 (財)東京都臨床医学総合研究所、免疫研究部門、常勤研究員
2000年 11月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 講師
2003年 10月 国立国際医療センター研究所・消化器疾患研究部消化管疾患研究室・室長
2009年 4月 独立行政法人国立国際医療研究センター研究所・消化器疾患研究部・消化器免疫研究室 室長
2010年 4月 独立行政法人国立国際医療研究センター研究所・分子炎症制御プロジェクト・プロジェクト長
現在に至る

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
(独)国立国際医療研究センター研究所 分子炎症制御プロジェクト プロジェクト長
 
2009年4月
 - 
2010年3月
(独)国立国際医療研究センター研究所 消化器疾患研究部 室長
 
2003年10月
 - 
2009年3月
国立国際医療センター 消化器疾患研究部 室長
 
2000年4月
 - 
2003年10月
東京医科歯科大学 講師
 
1989年7月
 - 
2000年3月
東京都臨床医学総合研究所 常勤研究員
 

学歴

 
1995年
   
 
学位取得 博士(医学) 大阪大学  
 
 
 - 
1989年
東京大学 医学系研究科 保健学 修士課程
 
 
 - 
1987年
千葉大学 理学部 生物科
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
独立行政法人科学技術振興機構  さきがけ領域アドバイザー
 
2006年
 - 
現在
日本学術振興会  科学研究費委員会
 
2003年
 - 
現在
日本免疫学会  評議員
 

受賞

 
1995年
免疫フォーラム賞
 

論文

 
Onai N, Kurabayashi K, Hosoi-Amaike M, Toyama-Sorimachi N, Matsushima K, Inaba K, Ohteki T
Immunity   38 943-957   2013年5月   [査読有り]
Rahim MM, Tai LH, Troke AD, Mahmoud AB, Abou-Samra E, Roy JG, Mottashed A, Ault N, Corbeil C, Goulet ML, Zein HS, Hamilton-Valensky M, Krystal G, Kerr WG, Toyama-Sorimachi N, Makrigiannis AP
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190 3994-4004   2013年4月   [査読有り]
Sasawatari S, Okamura T, Kasumi E, Tanaka-Furuyama K, Yanobu-Takanashi R, Shirasawa S, Kato N, Toyama-Sorimachi N
Gastroenterology   140 1513-1525   2011年5月   [査読有り]
Ishikawa K, Toyama-Sorimachi N, Nakada K, Morimoto M, Imanishi H, Yoshizaki M, Sasawatari S, Niikura M, Takenaga K, Yonekawa H, Hayashi J
The Journal of experimental medicine   207 2297-2305   2010年10月   [査読有り]
Ojima K, Kawabata Y, Nakao H, Nakao K, Doi N, Kitamura F, Ono Y, Hata S, Suzuki H, Kawahara H, Bogomolovas J, Witt C, Ottenheijm C, Labeit S, Granzier H, Toyama-Sorimachi N, Sorimachi M, Suzuki K, Maeda T, Abe K, Aiba A, Sorimachi H
The Journal of clinical investigation   120 2672-2683   2010年8月   [査読有り]
Hata S, Abe M, Suzuki H, Kitamura F, Toyama-Sorimachi N, Abe K, Sakimura K, Sorimachi H
PLoS genetics   6 e1001040   2010年7月   [査読有り]
Hayashi M, Nakashima T, Kodama T, Makrigiannis AP, Toyama-Sorimachi N, Takayanagi H
Biochemical and biophysical research communications   393 432-438   2010年3月   [査読有り]
Sasawatari S, Yoshizaki M, Taya C, Tazawa A, Furuyama-Tanaka K, Yonekawa H, Dohi T, Makrigiannis AP, Sasazuki T, Inaba K, Toyama-Sorimachi N
Immunity   32 200-213   2010年2月   [査読有り]
Yoshizaki M, Tazawa A, Kasumi E, Sasawatari S, Itoh K, Dohi T, Sasazuki T, Inaba K, Makrigiannis AP, Toyama-Sorimachi N
Blood   114 1518-1527   2009年8月   [査読有り]
Tai LH, Goulet ML, Belanger S, Toyama-Sorimachi N, Fodil-Cornu N, Vidal SM, Troke AD, McVicar DW, Makrigiannis AP
The Journal of experimental medicine   205 3187-3199   2008年12月   [査読有り]
Development of murine plasmacytoid dendritic cells defined by increased expression of an inhibitory NK receptor, Ly49Q.
Omatsu Y, Iyoda T, Kimura Y, Maki A, Ishimori M, Toyama-Sorimachi N, Inaba K
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   174 6657-6662   2005年6月   [査読有り]
Inhibitory NK receptor Ly49Q is expressed on subsets of dendritic cells in a cellular maturation- and cytokine stimulation-dependent manner.
Toyama-Sorimachi N, Omatsu Y, Onoda A, Tsujimura Y, Iyoda T, Kikuchi-Maki A, Sorimachi H, Dohi T, Taki S, Inaba K, Karasuyama H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   174 4621-4629   2005年4月   [査読有り]
Toyama-Sorimachi N, Tsujimura Y, Maruya M, Onoda A, Kubota T, Koyasu S, Inaba K, Karasuyama H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   101 1016-1021   2004年1月   [査読有り]
Tsuchiya K, Kawano Y, Kojima T, Nagata K, Takao T, Okada M, Shinohara H, Maki K, Toyama-Sorimachi N, Miyasaka N, Watanabe M, Karasuyama H
FEBS letters   537 203-209   2003年2月   [査読有り]
[Regulation of cell adhesiveness through an inhibitory receptor].
Toyama-Sorimachi N
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   47 2117-2122   2002年12月   [査読有り]
Wang JW, Howson JM, Ghansah T, Desponts C, Ninos JM, May SL, Nguyen KH, Toyama-Sorimachi N, Kerr WG
Science (New York, N.Y.)   295 2094-2097   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
NK細胞が持つ正と負の標的認識機構
細胞工学 秀潤社   19 255-262   2000年
CD94
臨床免疫「免疫担当細胞の表面分子とその機能」科学評論社   (増刊) 
in press
NK細胞機能と活性制御機構
日本臨床 日本臨床社   in press 
NKと遺伝子
遺伝子医学 メディカルドュ社   3 121-126   1999年
NK細胞とそのレセプター
感染炎症免疫 医学の門社   28 24-30   1999年

書籍等出版物

 
ウィリアム・R. クラーク (担当:共訳)
三田出版会   1997年2月   ISBN:4895831779

担当経験のある科目

 
 
  • 免疫学 (「東京医科歯科大学」『学習院大学」)

競争的資金等の研究課題

 
シグナル伝達エンドソームから切り込む新規炎症制御機構の解明
独立行政法人日本学術振興会: 最先端次世代研究開発支援プログラム
研究期間: 2010年 - 2014年3月    代表者: 反町 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 反町 典子
ミトコンドリアは独自の環状二重鎖DNAを持ち、核と独立にDNAを複製して増殖するが、このミトコンドリアDNA(mtDNA)は、呼吸に伴う酸化的リン酸化反応によって生じるROSによって、核DNAよりも酸化傷害を受けやすく、そのため変異の蓄積が著しく、多型にも富む。mtDNAにおける変異の蓄積は細胞機能にさまざまな影響を与え、ミトコンドリア病と総称される様々な疾患を引き起こすことも知られている。私たちはこれまでに、核DNAは同一だが異なるmtDNAを有する細胞(サイブリッド)を用いて、アロミト...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 反町 典子
樹状細胞やマクロファージは、外来異物の認識・取込みと抗原提示、サイトカイン産生を介して免疫応答の惹起に根幹的な役割を果たしている。これらの細胞は、Toll like receptor (TLR)を介して微生物由来成分を認識するが、TLRを介したシグナル伝達の制御機構は不明な点が多い。本研究は、樹状細胞やマクロファージに優先的に発現する抑制性レセプターLy49Qによる新規TLR9のシグナル制御機構を明らかにし、さらにその制御破たんがプラスマ樹状細胞およびマクロファージの機能にどのような影響を...
HLA多型が寄与する自己免疫疾患の発症機序の解明
厚生労働省: 厚生労働科学研究補助金 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 反町 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 反町 典子
免疫応答における活性化と抑制のバランス維持は、自己免疫疾患を予防し、適切な強度と時間軸で免疫応答を誘導するために重要な機構であり、機能抑制型のレセプター群が重要な役割を果たす。本研究は、炎症性細胞に限局して発現する抑制性レセプターLy49Qの機能解析を通じて、MHCクラスIとその受容体による新しい炎症制御機構を明らかにすることを目的とし、この分子が炎症性細胞の細胞遊走とサイトカインの産生を制御していることを見出し、その分子機構を明らかにした。