齋藤 一隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 03:52
 
アバター
研究者氏名
齋藤 一隆
 
サイトウ カズタカ
eメール
kz-saito.urotmd.ac.jp
所属
東京医科歯科大学
部署
大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学
職名
准教授
学位
博士(医学)(東京医科歯科大学)
その他の所属
東京医科歯科大学
科研費研究者番号
10422495

研究分野

 
 

経歴

 
2011年7月
 - 
2016年12月
東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 泌尿器科 講師
 
2018年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 准教授
 
2017年1月
 - 
2018年3月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 准教授
 
2011年7月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
東京医科歯科大学 医学研究科 泌尿器科
 
1998年4月
 - 
1994年3月
東京医科歯科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
ヨーロッパ泌尿器科学会  学会誌編集委員
 
2014年5月
 - 
2018年3月
日本泌尿器科学会  専門医制度審議会関東甲信越地区委員
 
2013年5月
 - 
現在
日本泌尿器科学会  学会誌編集委員
 
2013年4月
 - 
2015年4月
日本泌尿器科学会  国際委員会委員
 
2012年9月
 - 
2013年4月
日本泌尿器科学会  編集委員会編集幹事
 

受賞

 
2011年4月
日本泌尿器科学会 第18回日本泌尿器科学会学会賞(臨床的部門)
 
2010年4月
European Association of Urology Second Video Prize: 25th Anniversary EAU Congress
 
2013年3月
欧州泌尿器科学会 Best Poster Presentation: 28th Anniversary EAU Congress Equivalent survival after distal ureterectomy compared to nephroureterectomy in patients with urothelial carcinoma of the distal ureter: A propensity score-matched multi-center study.
 
2015年4月
日本泌尿器科学会 International Journal of Urology Reviewer of the Year 2014
 
2015年2月
European Urology Reviewer of the Month: European Urology
 

論文

 
Naoko Kawamura, Kazutaka Saito, Masaharu Inoue, Masaya Ito, Toshiki Kijima, Soichiro Yoshida, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii
Urol. Int.   1-6   2018年10月   [査読有り]
This study is aimed at evaluating the incidence and predictors of adherent perinephric fat (APF) in Asians during partial nephrectomy (PN), and determining the impact of APF on perioperative outcomes.
A total of 231 Asian patients with renal tumor...
Yuma Waseda, Kazutaka Saito, Yudai Ishikawa, Keizo Kawano, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Shinji Morimoto, Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii
Int. J. Urol.      2018年10月   [査読有り]
Tc-diethylenetriaminopentacetic acid renography.
A total of 47 patients who received radical nephroureterectomy and underwent both preoperative dynamic computed tomography and renography were the model-development cohort; and 109 patients who unde...
Takayuki Nakayama, Kazutaka Saito, Jiro Kumagai, Yutaka Nakajima, Toshiki Kijima, Soichiro Yoshida, Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii
Clin Genitourin Cancer      2018年8月
C-reactive protein (CRP), a representative inflammatory marker, could serve as a biomarker in renal cell carcinoma because CRP is an important prognostic factor. However, its detailed mechanism remains unknown. This study showed that higher CRP le...
Yosuke Yasuda, Kazutaka Saito, Takeshi Yuasa, Sho Uehara, Naoko Kawamura, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Shinya Yamamoto, Tetsuo Okuno, Junji Yonese, Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii
Int. J. Clin. Oncol.   22(6) 1081-1086   2017年12月   [査読有り]
Pretreatment C-reactive protein (CRP) has been shown to be an independent prognostic factor for metastatic renal cell carcinoma (mRCC) treated with tyrosine kinase inhibitors (TKIs). We further evaluated the early response of CRP after the initiat...
Kihara Kazunori, Saito Kazutaka, Komai Yoshinobu, Fujii Yasuhisa
Wideochir Inne Tech Malo Inwazyjne   9(4) 634-637   2014年12月   [査読有り]
A novel head-mounted display (HMD) offers a higher quality of endoscopic imagery in front of the eyes regardless of head position. We present an application of the HMD system as a personal integrated multi-image monitoring system in gasless sing...

Misc

 
Saito Kazutaka, Kihara Kazunori
Int J Urol   20(2) 161-171   2013年2月   [査読有り][依頼有り]
Based on increasing evidence of the association between cancer-related inflammation and the progression of cancer, the external symptoms of systemic inflammatory response has been shown to be an indicator for the prognosis of many malignancies, in...
Saito Kazutaka, Kihara Kazunori
Nat Rev Urol   8(12) 659-666   2011年12月   [査読有り][依頼有り]
Systemic inflammation has been linked with the progression of cancer, and, in patients with urological cancers, the presence of a systemic inflammatory response is thought to be indicative of poor prognosis. C-reactive protein (CRP) is an acute-p...
Saito Kazutaka, Kihara Kazunori
Expert Rev Anticancer Ther   10(12) 1979-1989   2010年12月   [査読有り][依頼有り]
The presence of a systemic inflammatory response has been thought to indicate poor prognosis in renal cell carcinoma, based on the assumption that the processes underlying such a response play important roles in the progression of renal cell carci...

書籍等出版物

 
Gasless Single-Port RoboSurgeon Surgery in Urology
Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii, Kazutaka Saito, Fumitaka Koga, Noboru Numao, Yoh Matsuoka, Junichiro Ishioka, Minato Yokoyama, Hitoshi Masuda, Tatsuya Nagai, Soichiro Yoshida, Manabu Tatokoro, Toshiki Kijima, Naoko Kawamura, Masaharu Inoue, Masaya Ito (担当:共著)
Springer   2015年9月   ISBN:978-4-431-54504-0
新しい診断と治療のABC49「前立腺がん」
齋藤一隆,木原和徳 (担当:分担執筆, 範囲:部分治療(Focal therapy))
最新医学社   2014年   
新しい診断と治療のABC45「腎がん・膀胱がん」
齋藤一隆 (担当:分担執筆, 範囲:基本診断・治療・予後因子)
最新医学社   2011年5月   
人体の構造と機能からみた病態生理ビジュアルマップ3
齋藤一隆、木原和徳 (担当:分担執筆, 範囲:腎腫瘍(腎細胞癌))
医学書院   2011年   
病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図
齋藤一隆、木原和徳 (担当:分担執筆, 範囲:腎腫瘍(腎細胞癌):第8章泌尿・生殖器疾患)
医学書院   2008年   

講演・口頭発表等

 
嚢胞状腎癌と鑑別が困難であったMixed epithelial and stromal tumorの一例
戸出真宏、安田庸輔、金子香澄、田邉健児、福田翔平、福島啓司、森山真吾、上原翔、木島敏樹、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久
第629回日本泌尿器科学会東京地方会   2019年2月21日   
悪性黒色腫ニボルマブ治療後の転移性腎細胞癌に対し、分子標的治療法後のニボルマブ再投与が奏功した1例
田邉健児、横山みなと、布施洸、金子香澄、戸出真宏、福田翔平、福島啓司、森山真吾、上原翔、安田庸輔、木島敏樹、吉田宗一郎、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久                     
第628回日本泌尿器科学会東京地方会   2018年12月14日   
東京医科歯科大学における閉塞性腎盂腎炎の特徴と治療成績
福島啓司、布施洸、田邉健児、金子香澄、戸出真宏、福田翔平、森山真吾、安田庸輔、上原翔、木島敏樹、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、木原和徳、藤井靖久
第136回尿路生殖研究会   2018年12月1日   
無阻血腎部分切除後の急性腎障害および中期的腎機能の検討
横山みなと、川村尚子、上原翔、安田庸輔、木島敏樹、吉田宗一郎、石岡 淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、木原和徳、藤井靖久
第49回腎癌研究会   2018年7月4日   
精巣癌集学的治療後、残存リンパ節病変の胸椎浸潤に対して、椎体全摘除を含む残存腫瘍摘除を施行した一例
金子香澄、戸出真宏、木島俊樹、横山みなと、田邊健児、福田悠一、福田翔平、早稲田悠馬、安田庸輔、森山慎吾、上原翔、吉田宗一郎、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久、木原和徳
第627回日本泌尿器科学会東京地方会   2018年6月23日   

競争的資金等の研究課題

 
前立腺癌診療におけるMRIと経尿道的超音波内視鏡による画像統合ガイダンスの開発
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 松岡 陽
腎細胞癌における腫瘍促進性炎症と免疫逃避のメカニズム:新規治療戦略の構築に向けて
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 齋藤 一隆
ミトコンドリア内分子シャペロンを標的とした尿路上皮癌に対する新規癌治療戦略
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 吉田 宗一郎
筋層非浸潤性膀胱癌の再発および進展を予測する新規モデル:膀胱頸部腫瘍のインパクト
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 藤井 靖久