石橋 英俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/03 12:27
 
アバター
研究者氏名
石橋 英俊
 
イシバシ ヒデトシ
所属
東京医科大学
部署
疾患モデル研究センター
職名
センター長
学位
博士(学術)(総合研究大学院大学(総研大)), 修士(Boston University)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
東京医科大学 疾患モデル研究センター センター長
 
1998年4月
 - 
2001年3月
日本学術振興会特別研究員(リサーチ・アソシエート)
 
2001年4月
 - 
2002年9月
東京医科歯科大学助手
 
2002年9月
 - 
2004年3月
東京医科歯科大学講師
 
2004年4月
 - 
2014年3月
国立精神・神経センター神経研究所室長
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 

受賞

 
2003年
東京医科歯科大学 優秀教員賞
 

論文

 
Identification of a virulence determinant that is conserved in the Jawetz and Heyl biotypes of [Pasteurella] pneumotropica
Sasaki H, Ishikawa H, Terayama H, Asano R, Kawamoto E, Ishibashi H, Boot R
Pathog Dis.   74(6)    2016年7月   [査読有り]
MOTOHASHI Hideyuki H., ISHIBASHI Hidetoshi
Experimental Animals   65(3) 196   2016年7月   [査読有り]
Ishibashi, H. Motohashi, H. H. Kumon, M. Yamamoto, K. Okada, H. Okada, T. Seki, K.
Animal Science Journal   84(11) 740-743   2013年11月   [査読有り]
Koshiba M, Senoo A, Mimura K, Shirakawa Y, Karino G, Obara S, Ozawa S, Sekihara H, Fukushima Y, Ueda T, Kishino H, Tanaka T, Ishibashi H, Yamanouchi H, Yui K, and Nakamura S.
Scientific Reports   3    2013年9月   [査読有り]
Communicative pointing ameliorates grasping deficits after an inactivation and lesions of the ventral premotor cortex in Japanese monkeys (Macaca fuscata)
Kumashiro M, Yokoyama O, Ishibashi H.
Journal of Neurological Disorders & Stroke   1(2) 1020   2013年9月   [査読有り]
Ishibashi, H. Motohashi, H. H. Kumon, M. Yamamoto, K. Okada, H. Okada, T. Seki, K.
Reproductive Biology   13(2) 139-144   2013年6月   [査読有り]
Ishibashi, H. Motohashi, H. H. Kumon, M. Yamamoto, K. Okada, H. Okada, T. Seki, K.
Biology of Reproduction   88(5) 1-115   2013年5月   [査読有り]
Okada, H. Ishibashi, H. Hayashita-Kinoh, H. Chiyo, T. Nitahara-Kasahara, Y. Baba, Y. Watanabe, S. Takeda, S. Okada, T.
Molecular Therapy - Nucleic Acids   2    2013年5月   [査読有り]
コモンマーモセット(Callithrix jacchus)胚における透明帯開孔サイズがハッチング率に与える影響
石橋 英俊
日本畜産学会報      2013年   [査読有り]
Artificial insemination in common marmosets using sperm collected by penile vibratory stimulation
Ishibashi, H. Motohashi, H. H.
Neotropical Primates   20(1) 54-56   2013年6月   [査読有り]
Yamada, D. Miyajima, M. Ishibashi, H. Wada, K. Seki, K. Sekiguchi, M.
J Physiol   590(22) 5691-5706   2012年   [査読有り]
Koshiba, M. Mimura, K. Sugiura, Y. Okuya, T. Senoo, A. Ishibashi, H. Nakamura, S.
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   35(6) 1499-1504   2011年   [査読有り]
Masamizu, Y. Okada, T. Kawasaki, K. Ishibashi, H. Yuasa, S. Takeda, S. Hasegawa, I. Nakahara, K.
Neuroscience   193 249-258   2011年   [査読有り]
Masamizu, Y. Okada, T. Ishibashi, H. Takeda, S. Yuasa, S. Nakahara, K.
NeuroReport   21(6) 447-451   2010年   [査読有り]
Kumashiro, M. Yokoyama, O. Ishibashi, H.
PLoS One   3(11)    2008年   [査読有り]
Yokoyama, O. Kumashiro, M. Iriki, A. Ishibashi, H.
Molecular and cellular biochemistry   293(1-2) 47-52   2006年   [査読有り]
Ishibashi H, Kumashiro M, and Iriki A.
Keio J. Med.   53(2) 98-102   2004年   [査読有り]
Ishibashi H
Cellular and Molecular Neurobiology   22(2) 191-195   2004年   [査読有り]
Kumashiro M, Ishibashi H, Uchiyama Y, Itakura S, Murata A, and Iriki A
International Journal of Psychophysiology   50(1-2) 81-99   2003年   [査読有り]

Misc

 
第10章「生殖行動」
石橋 英俊(翻訳分担)
第3版 カールソン 神経科学テキスト 脳と行動      2010年
学習により発現する神経栄養因子
石橋英俊、入來篤史
Clinical Neuroscience   22(3) 264-266   2004年
石橋英俊、入來篤史
神経研究の進歩   48(4) 523-530   2004年

書籍等出版物

 
Hanbook of Multisensory Processes
Ishibashi, H. Obayashi, S. Iriki, A. (担当:分担執筆, 範囲:Cortical mechanisms of tool use subserved by multisensory integration)
MIT press   2004年5月   

競争的資金等の研究課題

 
シンボル操作の脳内機構
身体像の発達と鏡映自他認知の脳内機構
道具使用学習を担う頭頂葉皮質神経回路形成を制御する脳内遺伝子の発現様式
遺伝子改変マーモセットの作製
研究期間: 2004年