坂内 徳明

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/14 12:06
 
アバター
研究者氏名
坂内 徳明
 
バンナイ トクアキ
所属
放送大学
部署
学習センター
学位
社会学博士(一橋大学)

経歴

 
 
   
 
一橋大学 大学院言語社会研究科 教授
 
1979年
 - 
1983年
 一橋大学社会学部 講師
 
1983年
 - 
1992年
 一橋大学社会学部 助教授
 
1992年
 - 
1996年
 一橋大学社会学部 教授
 
1996年
   
 
- 一橋大学言語社会研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
一橋大学 社会学研究科 
 
 
 - 
1973年
東京外国語大学 外国語学部 ロシア語学科
 

委員歴

 
1990年
   
 
ロシア文学会  理事
 

Misc

 
ロシアの春の神ヤリーロ
坂内 徳明
一橋研究   1(4) 122-137   1977年
大ロシア南部の「祖先ぬくめ」の習俗について
坂内 徳明
一橋論叢   78(1) 109-116   1977年
ロシア放浪芸人研究の問題点 : アナートリイ・ベールキン「ロシアのスコモローフ」(1975年)
坂内 徳明
一橋研究   2(4) 156-170   1978年
ロシアにおける街頭の言葉 : 見世物小屋の呼びこみについて
坂内 徳明
言語文化   16 24-44   1979年
ロシアの見世物小屋に関する一考察
坂内 徳明
一橋大学研究年報. 人文科学研究   20 201-265   1980年

書籍等出版物

 
ロシア文化の基層
日本エディタースクール出版部   1991年   
A. B.オポローヴニコフ ロシアの木造建築(翻訳)
井上書院   1986年   
『イワンのくらし いまむかし』
成文社   1994年   
『ロシア 聖とカオス―文化・歴史論叢』
彩流社   1995年   
『スラブの文化』
弘文堂   1996年   

所属学協会

 
 

Works

 
民俗学史から見たロシア近代の成立と展開
2000年 - 2002年
ロシア文学成立の文化史的研究―領地(ウサーチヴァ)文化とメモアールを中心に
2003年 - 2006年
地中海島興社会のマイクロエコロジー構造と海域研究の方法と視角
2004年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
ロシア民俗学史とロシア民衆文化研究
研究期間: 1949年 - 1949年
ロシア地方領地文化と回想録の伝統
研究期間: 1949年 - 1949年