小島 直人

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/15 09:59
 
アバター
研究者氏名
小島 直人
 
コジマ ナオト
所属
京都薬科大学
部署
薬学部
職名
准教授
学位
修士(薬学)(大阪大学), 博士(薬学)(大阪大学)
科研費研究者番号
90420413

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都薬科大学 薬学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2017年3月
京都薬科大学 薬学部 講師
 
2007年4月
 - 
2012年3月
大阪大学大学院 薬学研究科 助教
 
2005年9月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院 薬学研究科 助手
 
2004年4月
 - 
2005年8月
(財)相模中央化学研究所 研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
大阪大学 薬学部 製薬化学科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
大阪大学 薬学研究科 分子薬科学専攻 博士前期課程
 
2001年4月
 - 
2004年3月
大阪大学 薬学研究科 分子薬科学専攻 博士後期課程
 

委員歴

 
2014年2月
 - 
現在
有機合成化学協会 関西支部  幹事
 

受賞

 
2012年11月
日本薬学会 生薬天然物部会 第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム 優秀発表賞 ハイブリッド型アセトゲニン類の合成と抗腫瘍活性評価
受賞者: 小島 直人、大槻 一文、伏見 哲也、立川 貴啓、戸田 雄也、好光 健彦、田中 徹明、岡村 睦美、矢守 隆夫、岩﨑 宏樹、山下 正行
 
2011年
日本がん分子標的治療学会 平成22年度日本がん分子標的治療学会研究奨励賞 バンレイシ科アセトゲニン類をリードとする新規抗腫瘍活性物質の創製
 
2010年
The Excellent Poster Award of the 11th Tetrahedron Symposium Design, synthesis and biological evaluation of fluorinated analogues of Annonaceous acetogenins
 
2003年
平成15年度日本薬学会近畿支部奨励賞
 
2000年
第20回有機合成若手セミナー 優秀研究発表賞
 

論文

 
Mosquito larvicidal and antifungal isoquinoline alkaloids from Papaverraceae
Shingo Ueno, Park Pyoyun, Yukio Tosa, Takashi Maoka, Naoto Kojima, Masayuki Yamashita, Masafumi Inoue, Tamio Ueno
Jpn. J. Environ. Entomol. Zool.   30(2) 51-61   2019年4月   [査読有り]
Minoru Ozeki, Ayumi Hachino, Takashi Shigeta, Aya Niki, Natsuko Kobayashi, Hideki Mizutani, Akihiro Nakamura, Ayano Horie, Kenji Arimitsu, Tetsuya Kajimoto, Shinzo Hosoi, Hiroki Iwasaki, Naoto Kojima, Masayuki Yamashita, Ikuo Kawasaki
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   67(1) 71-74   2019年1月   [査読有り]
A facile and convenient synthesis of trisubstituted (E)-α,β-unsaturated esters was developed by improving our previously established method. The new method circumvented the separation of the intermediates, which have an activating group of the hyd...
Daisuke Imahori, Takahiro Matsumoto, Naoto Kojima, Tomohiro Hasei, Megumi Sumii, Taishi Sumida, Masayuki Yamashita, Tetsushi Watanabe
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   66(4) 363-367   2018年4月   [査読有り]
Two novel and two known compounds, 4-quinolylaldoxime and indole-3-aldehyde, were isolated from a reaction mixture consisting of D-glucose and L-tryptophan at physiological temperature and pH. The chemical structures of the two novel compounds wer...
Takahiro Matsumoto, Seikou Nakamura, Naoto Kojima, Tomohiro Hasei, Masayuki Yamashita, Tetsushi Watanabe, Hisashi Matsuda
Tetrahedron Letters   58(36) 3574-3578   2017年9月   [査読有り]
Takuya Matsumoto, Naoto Kojima, Akinobu Akatsuka, Takao Yamori, Shingo Dan, Hiroki Iwasaki, Masayuki Yamashita
Tetrahedron   73(17) 2359-2366   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
不斉アルキニル化反応を鍵反応とするオキサゾリジノン誘導体のワンポット合成とその絶対配置の決定
今井麻友香(共同研究者)
第68回日本薬学会近畿支部大会 優秀ポスター賞      2018年10月
アセトゲニンチオフェン誘導体のTHF環部分の立体化学に関する構造活性相関研究
松本卓也(共同研究者)
第65回日本薬学会近畿支部大会 優秀ポスター賞      2015年10月
チオフェン導入アセトゲニン誘導体の作用機序解明を指向した蛍光標識化プローブ分子の合成研究
松本卓也(共同研究者)
第64回日本薬学会近畿支部大会 優秀ポスター賞      2014年10月
副作用の少ない抗がん剤の開発を目指して
小島直人
日本薬学会第133年会 講演ハイライト      2013年3月   [査読有り]
蛍光標識化アセトゲニン類の収束的合成法の開発とその細胞内動態
須賀友規(共同研究者)
第31回有機合成若手セミナー 優秀研究発表賞      2011年11月

講演・口頭発表等

 
複素環連結部位にスルホンアミドを導入したアセトゲニン誘導体の合成と活性評価
○松本卓也、岡村睦美、赤塚明宣、旦 慎吾、 矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
京都4大学連携研究事業「第9回 4大学連携研究フォーラム」   2019年11月12日   
酸化剤を用いない isoquinoline N-oxide 合成反応における置換基効果の検討
○植村祐美子,岩﨑宏樹,辻谷優菜,竹見里穂,篠崎莉穂,小島直人,山下正行
第45回反応と合成の進歩シンポジウム   2019年10月29日   
アセトゲニン誘導体JCI-20679 は膠芽腫細胞の増殖を抑制しNFAT発現を抑制する ―抗腫瘍性アセトゲニン誘導体化合物の作用機序の解析―
○安藤翔太、小島直人、茂山千愛美、藤田 貢、谷口恵香 、飯居宏美 、中田 晋
第69回日本薬学会関西支部大会   2019年10月12日   
高立体選択的な β, β-二置換-α, β-不飽和エステルの実用的合成法の開発
小関 稔 、○桝本彩季 、小林美紅 、津田瑞季 、山ノ内芹南 、繁田 尭 、仁木亜弥 、小林奈津子 、岩崎宏樹 、小島直人 、山下正行 、川崎郁勇
第69回日本薬学会関西支部大会   2019年10月12日   
α-ピロン体から合成されるシクロブタン体と硫黄イリドとの反応
○謝 昀翰、平田優里、山西涼菜、阪口鈴菜、阪口尚子、田中雄一朗、岩﨑宏樹、 小島直人、山下正行
第69回日本薬学会関西支部大会   2019年10月12日   
末端脂肪族側鎖を減炭したアセトゲニンチオフェン誘導体の合成と生物活性評価
○大田海斗、松本卓也、赤塚明宣、旦 慎吾、 矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
第69回日本薬学会関西支部大会   2019年10月12日   
抗腫瘍活性を有するアセトゲニンチオフェン誘導体への電子求引性基の導入とヒトがん細胞増殖抑制活性評価
○松本卓也、赤塚明宣、旦 慎吾、 矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
第69回日本薬学会関西支部大会   2019年10月12日   
Convergent Synthesis and Growth Inhibitory Activity Evaluation of Stereoisomers around THF Ring of Acetogenin Thiophene Analogues
○Takuya Matsumoto, Akinobu Akatsuka, Shingo Dan, Takao Yamori, Hiroki Iwasaki, Masayuki Yamashita, Naoto Kojima
27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress   2019年9月2日   
SEDを用いた3-ヒドロキシメチルインドール誘導体合成法の開発
○三須健太郎、岩﨑宏樹、小島直人、山下正行
第39回有機合成若手セミナー   2019年8月8日   
末端脂肪族側鎖を短縮したアセトゲニンチオフェン 誘導体の合成とヒトがん細胞増殖抑制活性の評価
○大田海斗、松本卓也、赤塚明宣、旦 慎吾、矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
第39回有機合成若手セミナー   2019年8月8日   
NG2活性化による腎髄質ペリサイト機能温存とラットPCK 多発性嚢胞腎モデルにみられる糸球体病変の軽減
○熊本海生航、釘田雅則、吉村 文、藤本清秀、千原良友、小島直人、東原英二、長尾静子、石橋道男
第62回日本腎臓学会学術総会   2019年6月21日   
電子求引性基を導入したアセトゲニンチオフェン誘導体の合成とヒトがん細胞増殖抑制活性評価
○松本卓也、赤塚明宣、旦 慎吾、矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
日本薬学会第139年会   2019年3月23日   
Tandem反応を用いた三置換 -(E)-α,β-不飽和エステル類の立体選択的合成とその開発
○小林奈津子、小関 稔、仁木亜弥、繁田 尭、八野愛結美、岩崎宏樹、小島直人、山下正行、川崎郁勇
日本薬学会第139年会   2019年3月23日   
アセトゲニン誘導体JCI-20679は膠芽腫細胞に対するテモゾロミドの効果を増強する
○河野雪那、小島直人、茂山千愛美、東馬智未、藤田 貢、安藤翔太、谷口恵香、飯居宏美、中田 晋
日本薬学会第139年会   2019年3月22日   
末端アルキル鎖を減炭したアセトゲニンチオフェン誘導体の合成とヒトがん細胞増殖抑制活性の評価
○大田 海斗、松本卓也、赤塚明宣、旦 慎吾、矢守隆夫、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
2019年3月21日   
不斉アルキニル化反応を経由する光学活性オキサゾリジノン誘導体のワンポット合成法の開発とその絶対配置の決定
○松村優太、高嶋紗希、原田真規、田村雄太、利光博至、田中結衣、山崎莉葉、今井麻友香、竹下怜汰、岩﨑宏樹、山下正行、小島直人
日本薬学会第139年会   2019年3月21日   
酸化剤を用いない isoquinoline N-oxide合成反応における置換基効果の検討
○竹見里穂、岩﨑宏樹、篠崎莉穂、辻谷優菜、小島直人、山下正行
日本薬学会第139年会   2019年3月21日   
2-trifluoromethyl indoline骨格形成反応における置換基効果の検討
○内田 量、岩﨑宏樹、井上暁斗、小畑久美、池田 惇、蒲田歩美、小島直人、山下正行
日本薬学会第139年会   2019年3月21日   
複素環連結部位にスルホンアミドを導入したアセトゲニン誘導体の合成と活性評価
○松本卓也、岡村睦美、赤塚明宣、旦 慎吾、矢守隆夫、岩﨑 宏樹、山下正行、小島直人
京都4大学連携研究事業「第8回 4大学連携研究フォーラム」   2018年11月20日   
Synthesis and Antitumor Activity of Acetogenin Derivative with N-Methylpyrazole Connected by Sulfonamide
○Takuya Matsumoto, Akinobu Akatsuka, Mutsumi Okamura, Shingo Dan, Takao Yamori Hiroki Iwasaki, Masayuki Yamashita, Naoto Kojima
IKCOC-14   2018年11月14日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 小島 直人
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小島 直人
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2015年9月 - 2021年3月    代表者: 芦原英司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 石橋 道男
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 小島 直人

特許

 
特開2013-147453 : ヒトのがん細胞の増殖を抑制するため化合物及び医薬
小島直人、矢守隆夫、岡村睦美、田中徹明、伏見哲也
特開2012-171907 : 新規ベンゾイソフラノン誘導体による臓器組織の修復再生治療薬
石橋道男、小島直人、田中徹明
特開2007-74953 : 5,6-ジヒドロ-5-トリフルオロメチルウラシルの分解方法
柿谷 均、飯田 寛、小島直人

社会貢献活動

 
医薬品が世に出るまで ―有機化学者の視点から―
【講師】  体験授業(大阪府立大手前高等学校)  (京都薬科大学)  2017年12月7日
医薬品が世に出るまで ―有機化学者の視点から―
【講師】  体験授業(大阪府立大手前高等学校)  (京都薬科大学)  2016年12月8日
医薬品が世に出るまで ―有機化学者の視点から―
【講師】  体験授業(大阪府立大手前高等学校)  (京都薬科大学)  2015年12月10日
医薬品が世に出るまで ―有機化学者の視点から―
【講師】  体験授業(大阪府立大手前高等学校)  (京都薬科大学)  2014年12月11日
医薬品が世に出るまで ―有機化学者の視点から―
【講師】  体験授業(大阪府立大手前高等学校)  (京都薬科大学)  2013年12月6日