文珠四郎 秀昭

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/15 18:23
 
アバター
研究者氏名
文珠四郎 秀昭
 
モンジュシロウ ヒデアキ
所属
高エネルギー加速器研究機構
部署
放射線科学センター
職名
教授
学位
理学博士(大阪大学), 理学修士(大阪大学)
その他の所属
高エネルギー加速器研究機構 環境安全管理室

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
2011年
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 教授
 
1986年
 - 
1995年
大阪大学 助手
 
1995年
 - 
1997年
分子科学研究所 助手
 
1997年
 - 
2004年
大阪大学大学院 助手
 
2004年
   
 
- 大阪大学大学院 講師
 

学歴

 
 
 - 
1985年
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本分析化学会  常任幹事(近畿支部)
 
2001年
   
 
日本分光学会  庶務幹事(関西支部)
 

論文

 
Kaneko F, Monjushiro H, Nishiyama M, Kasai T
Journal of chemical education   87(2) 202-204   2010年1月   [査読有り]
Enomoto Y, Monjushiro H, Watarai H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   25(5) 605-610   2009年5月   [査読有り]
Takechi H, Adachi K, Monjushiro H, Watarai H
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   24(9) 4722-4728   2008年5月   [査読有り]
Matsugaki A, Takechi H, Monjushiro H, Watarai H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   24(2) 297-300   2008年2月   [査読有り]
Wada S, Fujiwara K, Monjushiro H, Watarai H
Jounal of Physics : Condens. Matter   19(37) 3751005   2007年9月   [査読有り]
Egami S, Monjushiro H, Watarai H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   22 1157-1162   2006年9月   [査読有り]
Okamoto Y, Monjushiro H, Fukumoto T, Watarai, H
Analytical and Bioanalytical Chemistry   385(8) 1430-1438   2006年8月   [査読有り]
Okamoto Y, Monjushiro H, Fukumoto T, Watarai H
Analytical and bioanalytical chemistry   385(8) 1430-1438   2006年8月   [査読有り]
Fujiwara K, Wada S, Monjushiro H, Watarai H
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   22(6) 2482-2486   2006年3月   [査読有り]
Monjushiro H, Hatta M, Watarai H
Journal of chromatography. A   1106(1-2) 205-210   2006年2月   [査読有り]
Sakaniwa D, Ohe T, Misumi T, Monjushiro H, Onoda A, Yamamura T
Chemistry Letters   34(12) 1634-1635   2005年11月   [査読有り]
Ikeda I, Monjushiro H, Watarai H
The Analyst   130(10) 1340-1342   2005年10月   [査読有り]
Fujiwara K, Monjushiro H, Watarai H
Review of Scientific Instruments   76 023111   2005年1月   [査読有り]
Phase transition in photo-absorbing single microemulsion droplets during the laser photophoretic migration
Proceedings of SPIE-The International Society for Optical Engineering   5930, 331-341    2005年
Hatta M, Monjushiro H, Watarai H.
CChemical Communications (Cambridge, England)   (23) 2772-2773   2004年12月   [査読有り]
Tanaka M, Monjushiro H, Watarai H
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   20(25) 10791-10797   2004年12月   [査読有り]
Wada S, Fujiwara K, Monjushiro H, Watarai H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   20(11) 1489-1491   2004年11月   [査読有り]
Fujiwara K, Monjushiro H, Watarai H
Chemical Physics Letters   394(4/6) 349-353   2004年8月   [査読有り]
Watarai H, Monjushiro H, Tsukahara S, Suwa M, Iiguni Y.
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   20(3) 423-434   2004年5月   [査読有り]
Colloids and Surfaces A   220(279-284)    2003年
玉川 美典, 文珠四郎 秀昭, 渡會 仁
分析化学   51(9) 775-778   2002年9月
レーザー光泳動法は光の輻射圧による散乱力を駆動力とした泳動分析法で,溶液中の微粒子の分離やキャラクタリゼーションに有効である.本研究では,円筒形キャピラリー(内径 500μm)を泳動セルとし,波長 532 nm の連続波 Nd : YAG レーザーを光源とする落下型無重力実験施設においても使用できるレーザー光泳動速度の測定装置を製作した.水中に炭素微粒子を分散させた溶液を,円筒形キャピラリーに導入し,微粒子にレーザーを下方から照射することで,微小重力下における粒子の上方への光泳動挙動を観測...
Monjushiro H, Hirai A, Watarai H
Langmuir   16(22) 8539-8542   2000年10月   [査読有り]
Wang K, Haga M, Monjushiro H, Akiba M, Sasaki Y
Inorganic Chemistry   39(18) 4022-4028   2000年9月   [査読有り]
Fukuo T, Monjushiro H, hong H, Haga M, Arakawa R
Rapid Communications in Mass Spectrometry   14(14) 1301-1306   2000年   [査読有り]
Carbon   37(10)(1509-1515)    1999年
Haga M, Wang K, Kato N, Monjushiro H
Molecular Crystals and Liquid Crystals Science and Technology. Section A. Molecular Crystals and Liquid Crystals   337 89-92   1999年   [査読有り]
Wang K, Haga M, Monjushiro H
Molecular Crystals and Liquid Crystals Science and Technology. Section A. Molecular Crystals and Liquid Crystals   337 133-136   1999年   [査読有り]
Huang HW, Sakurai T, Monjushiro H, Takeda S
Biochimica et Biophysica Acta   1384(1) 160-170   1998年4月   [査読有り]
Asaki M, Ichinose T,Monjushiroh H, Fukumoto T, Watarai H
Journal of Microencapsulation   15(4) 453-463   1998年1月   [査読有り]
Supramolecular Science   5(337-342)    1998年
Mizushima K, Nakaura M, Park S-B, Nishiyama H, Monjushiro H, Harada K, Haga M
Inorganica Chimica Acta   261(2) 175-180   1997年9月   [査読有り]
Hossain Md. D, Haga M, Monjushiro M, Gholamkhass B, Nozaki K, Ohno T
Chemistry Letters   (6) 573-574   1997年6月   [査読有り]
Laser-Photophoresis of a Single Droplet in o/w Emulsions
Langmuir   12(5570-5575)    1997年
MIZUSHIMA K, NAKAURA M, PARK S‐B, NISHIYAMA H, MONJUSHIRO H, HARADA K, HAGA M
Inorg. Chim. Acta   261(2) 175-180   1997年
Preparation of Surfactant Ruthenium Complexes Containing 6,6'-Bis(N-Alkylbenzimidazoilyl)-2,2'-Bipyridine with Long Alkyl Chains
Molecular Crystals and Liquid Crystals   294(15-18)    1997年
Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena   83(59-64)    1997年
Photoelectron Spectroscopy under Atmospheric Condition
Analytical Sciences   207-212    1997年

Misc

 
文珠四郎秀昭, 佐藤充, 沢辺元明
日本分析化学会年会講演要旨集   61st 277   2012年9月
別所光太郎, 松村宏, 高橋朝子, 高橋一智, 萩原雅之, 豊田晃弘, 桝本和義, 文珠四郎秀昭, 大山雄一, 山田善一
日本放射化学会年会・放射化学討論会研究発表要旨集   2011-55th 72   2011年9月
文珠四郎秀昭, 佐藤充, 沢辺元明
日本分析化学会年会講演要旨集   60th 144   2011年8月
文珠四郎秀昭, 別所光太郎, 渡會仁
日本分析化学会年会講演要旨集   60th 343   2011年8月
別所光太郎, 松村宏, 木下哲一, 桝本和義, 文珠四郎秀昭, 平雅文, 佐藤充, 沢辺元明, 古宮綾, 沖雄一, 島田紗希, 勝田正一
KEK Proc   (2010-8) 19-26   2010年11月

書籍等出版物

 
はかってなんぼ:学校編(共著)
丸善   2002年   
機器分析実験(共著)
東京化学同人   2002年   
分析化学便覧 改訂五版(共著)
丸善   2001年   
はかってなんぼ 分析化学入門(共著)
丸善   2000年   

Works

 
液中微粒子のレーザー光泳動における光熱変換協同効果に関する研究
2004年
液中微粒子のレーザー光泳動における非線形現象の解明と分析化学的応用
2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 文珠四郎 秀昭
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 文珠四郎 秀昭
レーザー光の電磁場、レーザー誘起光熱変換による温度場や外部直流電場などの力場を複合した新たな多元分離場を設計し、多機能な微粒子の選別分離分析法を開発するための基礎検討を行った。多元分離場として直流電場による電気泳動力および電気浸透流とレーザー光による光泳動力を同軸で作用させ、微粒子の泳動挙動の観測を試みた。試料微粒子の光泳動速度は微粒子サイズにほぼ比例し、光吸収の大きな微粒子で大きくなることが確認できた。また、キャピラリー両端に電圧を印加した場合には、試料ポリスチレンビーズは、正極側に電気...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 文珠四郎 秀昭
液体中に存在する固体、液体、気体微粒子にレーザー光を照射し、光の吸収に起因する、光吸収性の微粒子のレーザー光泳動速度の増幅現象や気泡のレーザー照射位置へのトラップ現象など特異な微粒子の挙動を発見した。詳細な実験と解析により、これらの現象の機構が、レーザー光の吸収とそれに伴う局所的な熱の発生によるものであることを明らかにした。さらにこれらの現象を利用した微粒子の分離分析法の提案を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 渡會 仁
液液界面における分子集合反応について、以下の成果を得た。1)界面単一分子反応と高速界面反応の計測法、液液界面SERS法、遠心液膜円二色性(CD)法、液液界面SHG-CD法等の新手法を開発した。2)界面単一分子ラクトン化反応、10^7-10^8M^<-1>s^<-1>の液液界面高速反応解析、液液界面におけるポルフィリンおよびフタロシアニンのキラル集合体の生成反応機構および界面吸着反応における磁場効果を明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 文珠四郎 秀昭
我々は、マイクロメートルサイズの微粒子に関してレーザー光泳動速度の実験的、理論的解明を進めてきた。しかし、微粒子が光を吸収する場合には、光熱変換により微粒子周囲の媒体分子の異方的な運動変化やミクロな組成変化や相分離が加わり、泳動速度の変化や泳動方向の逆転など複雑な挙動を呈することを発見した。また、マイクロエマルション液滴微粒子において、泳動に伴い周期的膨張収縮現象が起こることも見出した。このような光泳動と光熱変換現象が協同的に作用する新しい物理化学現象を実験的に解明し、これを液中微粒子の新...