小松 方

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/19 16:51
 
アバター
研究者氏名
小松 方
 
コマツ マサル
URL
http://www.tenriyorozu-u.ac.jp/department/examination_department/e_teacher
所属
天理医療大学
部署
医療学部 臨床検査学科
職名
教授
学位
博士(保健学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
天理医療大学 医療学部 臨床検査学科 准教授
 
2011年1月
 - 
現在
日本感染症学会 インフェクションコントロールドクター(ICD)
 
2010年4月
 - 
2014年
大阪大学医学部保健学科 招聘教員
 
2008年1月
 - 
現在
日本臨床微生物学会 感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)
 
2004年1月
 - 
現在
日本臨床微生物学会 認定臨床微生物検査技師
 
1998年12月
 - 
現在
日本臨床検査同学院 一級臨床検査技術士(微生物学)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
天理よろづ相談所 天理医療大学設立準備室 教員
 
2006年
 - 
2011年3月
ファルコバイオシステムズ総合研究所 検査三課 担当課長
 
2004年
 - 
2006年
大阪大学大学院 医学系研究科 非常勤講師
 
2003年
 - 
2006年
天理よろづ相談所病院 感染対策委員会 事務局
 
1992年
 - 
2006年
天理よろづ相談所病院 臨床病理部 臨床検査技師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
天理高等学校 普通科 II類 
 
1989年
 - 
1992年
天理医学技術学校 医療専門課程 臨床検査技術学科 
 
2000年
 - 
2003年
大阪大学大学院 医学系研究科 博士後期課程 病態生体診断学
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
臨床微生物迅速診断研究会  幹事
 
2014年1月
 - 
現在
日本臨床微生物学会  耐性菌検査法ガイド部会委員
 
2014年
 - 
現在
日本臨床微生物学会  認定臨床微生物検査技師制度試験問題作成ワーキンググループ委員
 
2014年
 - 
現在
日本臨床微生物学会  微生物の取り扱いに関する安全教育についてのワーキンググループ委員
 
2012年11月
 - 
現在
日本化学療法学会  ブレイクポイント臨床応用検討委員会委員
 
2012年
 - 
現在
日本化学療法学会  評議員
 
2009年
 - 
2017年
日本臨床微生物学会  編集・ホームページ委員会委員
 
2009年1月
 - 
2013年12月
日本臨床微生物学会  幹事
 
2005年
 - 
現在
SCANIC学術研究会  幹事
 
2003年
 - 
現在
近畿耐性菌研究会  幹事、事務局代表
 
2001年
 - 
現在
日本感染症学会  評議員
 
2001年
 - 
現在
日本臨床微生物学会  評議員
 

受賞

 
2001年1月
日本臨床微生物学会総会ポスター賞
 
2016年11月
日本臨床検査同学院 第32回 緒方富雄賞
 

論文

 
Antimicrobial susceptibility surveillance of obligate anaerobic bacteria in the Kinki area.
Shimura S, Watari H, Komatsu M, Kuchibiro T, Fukuda S, Nishio H, Kita M, Kida K, Oohama M, Toda H, Nishio M, Nishi I, Kimura K, Sawa K, Fukuda N, Kofuku T, Nakai I, Niki M, Ono T, Nakamura T, Wada Y.
J Infect Chemother.   17    2019年8月   [査読有り]
Emergence of IMP-producing hypervirulent Klebsiella pneumoniae carrying a pLVPK-like virulence plasmid.
Harada S, Aoki K, Ishii Y, Ohno Y, Nakamura A, Komatsu M, Tateda K.
Int J Antimicrob Agents   53(6) 873-875   2019年5月   [査読有り]
A case of otitis externa caused by Schizophyllum commune: An approach to antimicrobial stewardship using Gram staining of otorrhea in a medical clinic.
Maeda M, Maeda T, Nakamura A, Komatsu M.
J Infect Chemother   25(9) 731-734   2019年5月   [査読有り]
Toda H, Satoh K, Komatsu M, Fukuda S, Nakamura T, Jikimoto T, Nishio H, Yamasaki K, Maede T, Orita T, Sueyoshi N, Kita M, Toyokawa M, Nishi I, Akagi M, Higuchi T, Kofuku T, Nakai I, Ono T, Shimakawa K, Hikita Y, Moro K, Kida K, Oohama M, Wada Y, Tobe T, Kamisako T, Tanaka Y.
J Infect Chemother   24(3) 171-176   2018年5月   [査読有り]
Kuchibiro T, Komatsu M, Yamasaki K, Nakamura T, Nishio H, Nishi I, Kimura K, Niki M, Ono T, Sueyoshi N, Kita M, Kida K, Ohama M, Satoh K, Toda H, Mizutani T, Fukuda N, Sawa K, Nakai I, Kofuku T, Orita T, Watari H, Shimura S, Fukuda S, Nakamura A, Wada Y.
J Infect Chemother   24(4) 262-266   2018年4月   [査読有り]
Ohno Y, Nakamura A, Hashimoto E, Matsutani H, Abe N, Fukuda S, Hisashi K, Komatsu M,
J Infect Chemother   23(4) 224-229   2017年4月   [査読有り]
Yamasaki K, Komatsu M, Ono T, Nishio H, Sueyoshi N, Kida K, Satoh K, Toda H, Nishi I, Akagi M, Mizutani T, Nakai I, Kofuku T, Orita T, Zikimoto T, Nakamura T, Wada Y.
J Infect Chemother   23(1) 40-44   2017年1月   [査読有り]
The annual changes in antimicrobial susceptibility test results of Pseudomonas aeruginosa isolates from the Kinki district
Fukuda S, Komatsu M, Nakamura T, Jikimoto T, Nishio H, Yamasaki K, Satoh K, Toda H, Orita T, Sueyoshi N, Kita M, Nishi I, Akagi M, Higuchi T, Kofuku T, Nakai I, Ono T, Kida K, Ohama M, Watari H, Shimura S, Niki M, Kuchibiro T, Wada Y.
Jpn J Antibiot   69(2) 101-110   2016年4月   [査読有り]
Shibasaki M, Komatsu M, Sueyoshi N, Maeda M, Uchida T, Yonezawa H, Inagaki K, Omi A, Matsumoto H, Murotani M, Iwamoto T, Kodaka Y, Kieda H, Tokiwa M, Masuwa B, Kinoshita M, Saito K, Katou M
J Infect Chemother   22(6) 395-399   2016年1月   [査読有り]
Nakamura A, Komatsu M, Noguchi N, Ohno Y, Hashimoto E, Matsutani H, Abe N, Fukuda S, Kohno H, Nakamura F, Matsuo S, Kawano S.
J Infect Chemother   22(2) 102-107   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
解決!!薬剤感受性検査の真意を紐解く【第8回】微生物検査室が考える薬剤感受性検査のあり方
野口 延由(天理医療大学 医療学部), 小松 方
J-IDEO   2(3) 398-401   2018年5月   [依頼有り]
【感染性疾患の病理】 (第1部)感染症の病理学的側面(病理学的感染症学概論) 微生物検査室で行われている同定の現状と進歩 質量分析法を用いた微生物の迅速同定検査
中村 彰宏(天理医療大学 医療学部臨床検査学科), 小松 方
病理と臨床   36(臨時増刊) 96-103   2018年4月   [依頼有り]
次世代の微生物検査を考える 微生物学的検査技術の進歩
小松 方
臨床病理   66(3) 319-323   2018年3月   [依頼有り]
臨床微生物質量分析計検査法ハンドブック
高橋 孝(北里大学 大学院感染制御科学府感染症学), 満田 年宏, 永沢 善三, 豊川 真弘, 石井 良和, 小松 方, 田中 香お里, 長野 則之, 春木 宏介, 藤本 修平, 浅原 美和, 大楠 清文, 清祐 麻紀子, 佐伯 裕二, 曲渕 裕樹, 三鴨 廣繁, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 渡 智久, 松山 由美子, 吉田 欣史, 一般社団法人日本臨床微生物学会検査法ガイド等作成委員会, MALDI-TOF MS検査ガイド作業部会
日本臨床微生物学雑誌   27(suppl.2) 1-55   2017年9月
耐性菌検査法ガイド
高橋 孝(北里大学 大学院感染制御科学府感染症学), 満田 年宏, 永沢 善三, 豊川 真弘, 石井 良和, 小松 方, 田中 香お里, 長野 則之, 春木 宏介, 藤本 修平, 川上 小夜子, 佐藤 智明, 静野 健一, 鈴木 里和, 鈴木 匡弘, 中村 竜也, 馬場 尚志, 三澤 成毅, 森永 芳智, 山崎 勝利, 和知野 純一, 日本臨床微生物学会検査法ガイド等作成委員会, 耐性菌検査法ガイド作成作業部会
日本臨床微生物学雑誌   27(suppl.3) 1-135   2017年9月   [査読有り][依頼有り]
小松 方
検査と技術   45(4) 444-447   2017年4月   [依頼有り]
βラクタム系抗菌薬の開発史とβラクタマーゼの進化
小松 方
天理医療大学紀要   4(1) 38-46   2016年8月   [査読有り]
近畿地区で分離したPseudomonas aeruginosaの各種抗菌薬に対する薬剤感受性成績年次推移
福田 砂織(天理よろづ相談所病院 臨床検査部), 小松 方, 中村 竜也, 直本 拓己, 西尾 久明, 山崎 勝利, 佐藤 かおり, 戸田 宏文, 折田 環, 末吉 範行, 北 真知子, 西 功, 赤木 征宏, 樋口 武史, 幸福 知己, 中井 依砂子, 小野 保, 木田 兼以, 大濱 真伸, 亘 秀夫, 志村 敏史, 仁木 誠, 口広 智一, 和田 恭直
The Japanese Journal of Antibiotics   69(2) 101-112   2016年4月   [査読有り]
MALDI-TOF MSを用いた臨床微生物学的検査の新しい潮流
小松 方
日本臨床微生物学雑誌   26(2) 79-89   2016年2月   [依頼有り]
2012年~2014年に小児より分離されたStreptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzae, Moraxella catarrhalisに対する各種抗菌薬の感受性
田中知暁,新村裕子,前出卓也,采野貴代子,小松 方,和田恭直,野村伸彦
診療と新薬   52(7) 702-708   2015年7月

書籍等出版物

 
JAMT技術教本シリーズ 臨床微生物検査技術教本
小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 他)
丸善出版   2017年3月   ISBN:978-4-621-30086-2
メディカルサイエンス微生物検査学第2版
小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅰ微生物学の基礎 2化学療法と薬剤耐性)
近代出版   2016年11月   ISBN:978-4-87402-228-3
微生物学・臨床微生物学・医動物学
小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:第12章 検査法)
医学書院   2013年12月   ISBN:978-4-260-01701-5
微生物に関連した分子生物学的検査の基礎から応用まで,臨床と微生物増刊号
中村彰宏,橋本恵理子,小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:耐性遺伝子の検出)
近代出版   2012年10月   
顕微鏡検査ハンドブック 臨床に役立つ形態学
藤田拓司、小松 方 (担当:共著, 範囲:塗抹検査の精度管理)
医学書院   2012年   ISBN:978-4-260-01554-7
チャートでわかるパニック値の読み解きかたと対応、前川芳明編
田中裕人, 小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:細菌検査(血液培養, 髄液グラム染色))
メディカ出版   2011年   
腸管感染症検査ガイドライン, 浅利誠志編
小松 方 (担当:分担執筆)
社団法人日本臨床微生物学会   2010年   
人工呼吸器関連肺炎のすべて―エビデンスに基づく予防・診断・治療-, 志馬伸朗編
長谷川淳美, 小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:薬剤感受性・ブレイクポイント)
南江堂   2010年   ISBN:978-4-524-26059-1
薬剤感受性測定法と耐性菌. 小林芳夫, 小栗豊子, 館田一博, 牛島廣次, 栗村 敬編, 臨床と微生物増刊号
岡田潤平, 小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:ディスク拡散法)
近代出版   2009年   
日当直これだけは知っておきたい緊急検査マニュアル. 宮地勇人編
小松 方 (担当:分担執筆, 範囲:外部委託検査所との連携と検査所からの支援体制)
医歯薬出版   2009年   

講演・口頭発表等

 
迅速診断を再考する [招待有り]
小松 方
第30回臨床微生物迅速診断研究会総会   2018年6月20日   
次世代の微生物検査を考える 検査技術の進歩 [招待有り]
小松 方
第38日本臨床検査医学会総会   2017年11月17日   
薬剤耐性(AMR)対策アクションプランにおける臨床検査技師の役割 [招待有り]
小松 方
北日本支部医学検査学会   2017年10月15日   
Development of a method combining affinity chromatography using magnetic beads with MALDI-TOF MS to rapidly detect IMP-1-type carbapenemase-producing strains from isolated colonies
Masaru Komatsu, Akira Kondo, Akihiro Nakamura, Matsuo Shuji
27th ECCMID   2017年4月22日   
微生物検査技師の教育 [招待有り]
小松 方
第28回日本臨床微生物学会総会   2017年1月21日   
感染制御におけるより良い連携 地域研究会とサーベイランス 近畿地区における微生物検査室の地域連携による耐性菌調査活動とその成果 [招待有り]
小松 方
第26回日本臨床微生物学会総会   2015年2月1日   
初心者のための「質量分析」解析術 原理から応用まで [招待有り]
小松 方
第26回日本臨床微生物学会総会   2015年1月31日   
臨床微生物学における質量分析計のさらなる利用法 臨床材料からの直接菌種同定の試み [招待有り]
小松 方
第26回日本臨床微生物学会総会   2015年1月31日   
Rapid and simple method for direct identification of bacteria in urine samples with matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry
Masaru Komatsu, Akira Kondo, Shuji Matsuo
23rd European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, Berlin   2013年4月28日   
質量分析装置MALDIバイオタイパーを使用した運用メリットと将来像 [招待有り]
小松 方
第24回日本臨床微生物学会総会   2013年2月2日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
アフィニティークロマトグラフィーを用いた臨床分離株からのIMP-1型カルバペネマーゼの精製法およびマトリックス支援レーザー脱離イオン化法を用いたIMP-1の迅速同定法の開発
公益財団法人 黒住医学研究振興財団: 第24回研究助成金
研究期間: 2016年10月       代表者: 小松 方
MALDI-TOF-MSを使用した感染症迅速診断システムの開発
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 小松 方
臨床微生物検査室から発信するPharmacokinetics/pharmacodynamics parameterを用いた抗菌薬療法の支援プログラムの開発
天理よろづ相談所病院: 
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 小松 方
Clostridium difficile toxinA-negative, toxin-B-positive 株感染症のリスク因子の調査
天理よろづ相談所病院: 
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 小松 方
腸管出血性大腸菌迅速検出法の開発
天理よろづ相談所病院: 
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 小松 方
拡張型β-ラクタマーゼ産生菌感染症の診断
近畿耐性菌研究会: ESBLワーキンググループ
研究期間: 1996年 - 1999年    代表者: 小松 方
Polymerase chain reactionを用いた抗酸菌感染症迅速診断法の開発
天理よろづ相談所病院: 
研究期間: 1992年 - 1996年    代表者: 小松 方
Real-time PCRを用いた感染症迅速診断法の臨床検査室への導入
天理よろづ相談所病院: 
研究期間: 2000年 - 2005年    代表者: 小松 方