YASUNAGA Shin'ichiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2019 at 03:25
 
Avatar
Name
YASUNAGA Shin'ichiro
URL
http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/biochem1/index-j.htm
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Medicine, School of Medicine
Degree
Ph.D.(Kyushu University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1990
 - 
1991
 九州大学医学部附属病院、研修医
 
1990
 - 
1991
 Kyusyu University Hospital,
 
1991
 - 
1992
 北九州市立医療センター、研修医
 
1991
 - 
1992
 Kitakyushu Municipal Medical Center, Resident
 
1996
 - 
1997
 社会福祉法人恩賜財団済生会唐津病院、内科、医師
 

Education

 
Apr 1984
 - 
Mar 1990
医学科, 医学部, Kyushu University
 
Apr 1992
 - 
Mar 1996
内科系専攻, 医学系研究科, 九州大学大学院
 

Published Papers

 
食の多様性を追求する
朔啓二郎、三浦伸一郎、小川正浩、瀬川波子、野田慶太、中嶋恵美子、安永晋一郎、柳瀬敏彦、西尾美登里.
Japanese Society for Medical Use of Function Foods   10(1) 397-406   2016   [Refereed]
食の多様性を追求する
朔啓二郎、三浦伸一郎、小川正浩、瀬川波子、野田慶太、中嶋恵美子、安永晋一郎、柳瀬敏彦、西尾美登里
Japanese Society for Medical Use of Function Foods   10(1) 397-406   Jun 2016   [Refereed]
SHIRASU Naoto, SHIBAGUCHI Hirotomo, YAMADA Hiromi, KUROKI Masahide, YASUNAGA Shin'ichiro
Cancer Cell Int.   19 299   Nov 2019   [Refereed]
Izuchi, D., Fukagawa, S., Yotsumoto, F., Shigekawa, K., Yoshikawa, K., Hirakawa, T., Kiyoshima, C., Ouk, N.S., Urushiyama, D., Katsuda, T., Miyata, K., Ito, T., Kurakazu, M., Araki, R., Sanui, A., Miyahara, D., Murata, M., Ito, H., Shirota, K., Kuroki, M., Yasunaga, S., & Miyamoto, S.
Anticanceer Res.   38(8) 4347-4351   Jul 2018   [Refereed]
Tanaka Y, Higurashi N, Shirasu N, Yasunaga S, Moreira KM, Okano H, Hirose S.
Stem Cell Res.   31 11-15   Jun 2018   [Refereed]

Books etc

 
モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2018年版
安永 晋一郎、黒木 政秀、黒木 求、瀬川 波子、衣笠 哲史、芝口 浩智、白須 直人、四元 房典 (Part:Editor, 編著)
福岡大学医学部生化学講座   Mar 2018   ISBN:978-4-9909426-1-8
モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2017年版
安永 晋一郎、黒木 政秀、黒木 求、瀬川 波子、衣笠 哲史、芝口 浩智、白須 直人、四元 房典 (Part:Editor, 編著)
福岡大学医学部生化学講座   Mar 2017   ISBN:978-4-9909426-0-1
モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2016年版
安永 晋一郎、黒木 政秀、黒木 求、瀬川 波子、衣笠 哲史、芝口 浩智、白須 直人、四元 房典 (Part:Editor, 編著)
福岡大学医学部生化学講座   Mar 2016   ISBN:978-4-9903146-9-9
モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2015年版
安永 晋一郎、黒木 政秀、黒木 求、瀬川 波子、衣笠 哲史、芝口 浩智、白須 直人、四元 房典 (Part:Joint Work, 編著)
福岡大学医学部生化学講座   Mar 2015   ISBN:978-4-9903146-8-2
DFNB9 and DFNB12.
YASUNAGA Shinichiro (Part:Joint Work)
Adv. Otorhinolaryngol.   2000   

Conference Activities & Talks

 
幹細胞の運命制御-Gemininによる自己複製と分化のスイッチング機構 [Invited]
安永 晋一郎
第20回バイオ治療法研究会学術集会   10 Dec 2016   バイオ治療法研究会
幹細胞研究と再生医療の未来 [Invited]
安永 晋一郎
福岡大学附属大濠中学校・高等学校「アカデミアシリーズ②」   2 Jul 2016   
放射線と幹細胞研究
安永 晋一郎
第73回福岡大学医学会例会   23 Feb 2016   
DNA複製とクロマチンリモデリングを制御するCell-penetrating (CP-)Gemininの開発
竹立(鈴木)恭子、大野芳典、黒木利知、安永晋一郎、山藤幹茂子、舛廣善和、花澤重正、大坪素秋、仲一仁、瀧原義宏
第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会合同年会(BMB2015)   1 Dec 2015   
Analysis of molecular role for Geminin in self-renewal and differentiation of HSCs.
Suzuki-Takedachi K.,Ohno Y., Kurogi T., Santo M., Yasunaga S., Ohtsubo M., Naka K., Takihara Y.
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology   16 Oct 2015   

Research Grants & Projects

 
造血システムの低線量率被ばくに対する防護法の開発
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Yoshinori Ohno
新規動脈硬化診断指標:LC-MS/MSイソプロスタン分析法の臨床的意義の確立
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Bo Zhang
低線量率放射線被ばくによる造血幹細胞障害とその分子基盤の解析
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Yoshihiro Takihara
がんとその周辺微小環境を包括的に制御する高効率光免疫療法の確立
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Shirasu Naoto
超音波感受性物質内封ナノリポソームを用いた非侵襲的がん超音波力学療法の実用化研究
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Hirotomo Shibaguchi