中野 修一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 10:03
 
アバター
研究者氏名
中野 修一
 
ナカノ シュウイチ
URL
http://www.konan-u.ac.jp/hp/FIRST_bmflab/
所属
甲南大学
部署
フロンティアサイエンス学部
職名
教授
学位
博士(理学)(甲南大学), 修士(理学)(甲南大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
甲南大学フロンティアサイエンス学部 教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
甲南大学フロンティアサイエンス学部 准教授
 
2004年4月
 - 
2009年3月
甲南大学先端生命工学研究所 講師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
甲南大学ハイテク・リサーチ・センター 博士研究員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
米国ペンシルバニア州立大学 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1999年
甲南大学 自然科学研究科 生命・機能科学
 
 
 - 
1994年
甲南大学 理学部 応用化学
 

論文

 
Thermal stability and conformation of DNA and proteins under the confined condition in the matrix of hydrogels
S. Nakano, D. Yamaguchi, and N. Sugimoto
Mol. Biol. Rep.   45 403-411   2019年   [査読有り]
Catalytic activities of ribozymes and DNAzymes in water and mixed aqueous media
S. Nakano, M. Horita, M. Kobayashi, and N. Sugimoto
Catalysis   7 355-348   2017年   [査読有り][招待有り]
DNA G-wire formation using an artificial peptide is controlled by protease activity
K. Usui, A. Okada, S. Sakashita, M. Shimooka, T. Tsuruoka, S. Nakano, D. Miyoshi, T. Mashima, M. Katahira, and Y. Hamada
Molecules   22 1991-2002   2017年   [査読有り]
S. Nakano, T. Watabe, and N. Sugimoto
ChemPhysChem   18 3614-3619   2017年   [査読有り]
Newly characterized interaction stabilizes DNA structure: oligoethylene glycols stabilize G-quadruplexes CH–π interactions
H. Tateishi-Karimata, T. Ohyama, T. Muraoka, P. Podbevsek, A. M. Wawro, S. Tanaka, S. Nakano, K. Kinbara, J. Plavec, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Res.   45 7021-7030   2017年   [査読有り]
S. Nakano and N. Sugimoto
Mol. BioSyst.   13 32-41   2016年   [査読有り][招待有り]
Y. Ueda, Y. Zouzumi, A. Maruyama, S. Nakano, N. Sugimoto, and D. Miyoshi
Sci. Tech. Adv. Mat.   17 753-759   2016年   [査読有り]
S. Nakano, Y. Tanino, H. Hirayama, and N. Sugimoto
Biophys. J.   111 1350-1360   2016年   [査読有り]
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, F. Tama, O. Miyashita, S. Nakano, and N. Sugimoto
Chem. Phys. Lett.   660 250-255   2016年   [査読有り]
S. Nakano, H. Oka, M. Fujii, and N. Sugimoto
Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   35 370-378   2016年   [査読有り]
N. Yamaguchi, Y. Zouzumi, N. Shimada, S. Nakano, N. Sugimoto, A. Maruyama, and D. Miyoshi
Chem. Commun.   52 7446-7449   2016年   [査読有り]
S. Nakano and N. Sugimoto
Biophys. Rev.   8 11-23   2016年   [査読有り][招待有り]
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, F. Tama, O. Miyashita, S. Nakano, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Res.   43 10114-10125   2015年   [査読有り]
S. Nakano, Y. Kitagawa, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Biol. Inorg. Chem.   20 1049-1058   2015年   [査読有り]
S. Nakano, Y. Kitagawa, H. Yamashita, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
ChemBioChem   16 1803-1810   2015年   [査読有り]
S. Nakano, M. Yoshida, D. Yamaguchi, and N. Sugimoto
Trans. Mat. Res. Soc. Jpn.   39 435-438   2014年   [査読有り]
S. Nakano and N. Sugimoto
Molecules   19 11613-11627   2014年   [査読有り]
D. Miyoshi, Y. Ueda, N. Shimada, S. Nakano, N. Sugimoto, and A. Maruyama
9 2156-2163   2014年   [査読有り]
H. Tateishi-Karimata, S. Pramanik, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
9 2150-2155   2014年   [査読有り]
S. Nakano, Y. Kitagawa, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
FEBS Open   4 643-650   2014年   [査読有り]
S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Chem. Rev.   114 2733-2758   2014年   [査読有り]
S. Nakano, Y. Uotani, Y. Sato, H. Oka, M. Fujii, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Res.   41 8581-8590   2013年   [査読有り]
H. Yaku, T. Murashima, H. Tateishi-Karimata, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Methods   64 19-27   2013年   [査読有り]
Quantitative analyses of nucleic acid stability under the molecular crowding condition induced by cosolute.
H. Tateishi-Karimata, S. Nakano, and N. Sugimoto
Curr. Protoc. Nucleic Acid Chem.   53 Unit 7.19   2013年   [査読有り]
T. Fujimoto, S. Nakano, N. Sugimoto, and D. Miyoshi
J. Phys. Chem. B   117 963-972   2013年   [査読有り]
S. Nakano, H. Oka, D. Yamaguchi, M. Fujii, and N. Sugimoto
Org. Biomol. Chem.   10 9664-9679   2012年   [査読有り]
H. Yu, X. Gu, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Am. Chem. Soc.   134 20060-20069   2012年   [査読有り]
K. Akamatsu, M. Fujii, T. Tsuruoka, S. Nakano, T. Murashima, and H. Nawafune
J. Phys. Chem. C   116 17947-17954   2012年   [査読有り]
S. Nakano, H. Hirayama, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Phys. Chem. B   116 7406-7415   2012年   [査読有り]
S. Nakano, D. Yamaguchi, H. Tateishi-Karimata, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Biophys. J.   102 2808-2817   2012年   [査読有り]
S. Nakano, T. Kanzaki, M. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Anal. Chem.   83 6368-6372   2011年   [査読有り]
S. Nakano, M. Fujii, and N. Sugimoto
J. Nucleic Acids   2011 967098   2011年   [査読有り]
T. Fujimoto, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Nucleic Acids   2011 857149   2011年   [査読有り]
J. Bhattacharyya, S. Maiti, S. Muhuri, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Biochemistry   50 7414-7425   2011年   [査読有り]
S. Pramanik, K. Nakamura, K. Usui, S. Nakano, S. Saxena, J. Matsui, D. Miyoshi and N. Sugimoto
Chem. Commun.   47 2790-2792   2011年   [査読有り]
A. Rajendran, S. Nakano, and N. Sugimoto
Chem. Commun   46(8) 1299-1301   2010年   [査読有り]
S. Nakano, H. Oka, Y. Uotani, K. Uenishi, M. Fujii, and N. Sugimoto
Mol. BioSyst.   6 2023-2029   2010年   [査読有り]
H. Kanno, S. Nakano, A. Kubo, T. Mimura, N. Tajima and N. Sugimoto
Protein & Peptide Letters   16 1291-1296   2009年   [査読有り]
S. Nakano, H. T. Karimata, Y. Kitagawa, and N. Sugimoto
J. Am. Chem. Soc.   131(46) 16881–16888-16888   2009年   [査読有り]
S. Nakano, H. Oka, Y. Uotani, K. Uenishi, M. Fujii, and N. Sugimoto
Biochemistry   48(47) 11304-11311   2009年   [査読有り]
Molecular crowding effect on metal ion binding properties of the hammerhead ribozyme
S. Nakano, Y. Kitagawa, H. T. Karimata, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   52 519-520   2008年
S. Nakano, T. Kirihata, and N. Sugimoto
Chem. Commun.   (6) 700-702   2008年   [査読有り]
S. Nakano, L. Wu, H. Oka, H. T. Karimata, T. Kirihata, Y. Sato, S. Fujii, H. Sakai, M. Kuwahara, H. Sawai, and N. Sugimoto
Mol. BioSys.   4 579-588   2008年   [査読有り]
H. Yaku, T. Yukimasa, S. Nakano, N. Sugimoto, and H. Oka
Electrophoresis   29(20) 4130-4140   2008年   [査読有り]
The base-pairing ability of the base pair-mimic nucleosides
S. Nakano, K. Uenishi, M. Fujii, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   51 71-72   2007年
Functionalization of DNA by the base pair-mimic nucleosides
H. Oka, S. Nakano, Y. Uotani, K. Uenishi, M. Fujii, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   51 151-152   2007年
S. Nakano, T. Kirihata, S. Fujii, H. Sakai, M. Kuwahara, H. Sawai, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Research   35(2) 486-494   2007年
X. Gu, S. Nakano, and N. Sugimoto
Chem. Commun.   (26) 2750-2752   2007年
H. Karimata, S. Nakano, and N. Sugimoto
Bull. Chem. Soc. Jpn.   80(10) 1987-1994   2007年

Misc

 
化学ツールとしての分子クラウディング
中野修一・杉本直己
化学フロンティア22 生命現象を理解する分子ツール最前線〜イメージングから生体機能解析まで〜      2010年
生体シグナル解析用の機能性核酸センサーの定量的デザイン
中野修一・杉本直己
シングルセル解析の最前線   9-16   2010年
第一節 DNAチップの基礎1 ハイブリダイゼーション
杉本直己・中野修一
バイオチップ実用化ハンドブック      2010年
DNAはなぜ二重らせん構造になるのか?—分子間相互作用と分子環境効果を考えるー
杉本直己・中野修一
現代化学   450(9) 25-30   2008年
中野修一・杉本直己
生物物理   46(5) 251-256   2006年
デザイナブル核酸修飾
杉本直己・中野修一・大道達雄
遺伝子医学MOOK5 先端生物医学研究・医療のため遺伝子導入テクノロジー「ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料、技術、方法論の新たな展開」   245-251   2006年
細胞の分子クラウディング効果
杉本直己・中野修一
現代化学   428(11) 53-58   2006年
化学と教育(日本化学会)   51, 398-401    2003年
タンパク質に人工分子を結合させる新手法
Bio Medical Quick Review Net(メディカル ドゥ)   5, 1-5    2003年
「生命を化学する」・・・生命科学のすすめ 生命現象を化学に活用する
中野修一・杉本直己
化学   57(11) 42-47   2002年

書籍等出版物

 
第一節 DNAチップの基礎 1 ハイブリダイゼーション(共著)
バイオチップ実用化ハンドブック(エヌティーエス)   2010年   
生体シグナル解析用の機能性核酸センサーの定量的デザイン(共著)
シングルセル解析の最前線(シーエムシー出版)   2010年   
DNAはなぜ二重らせん構造になるのか? —分子間相互作用と分子環境効果を考えるー
現代化学(東京化学同人)   2008年   
細胞の分子クラウディング効果(共著)
現代化学(東京化学同人)   2006年   
分子クラウディング環境は生命分子の物性と機能をいかに変えるか(共著)
生物物理(日本生物物理学会)   2006年   
11. デザイナブル核酸修飾核酸(共著)
先端生物医学研究・医療のため遺伝子導入テクノロジー「ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料、技術、方法論の新たな展開」遺伝子医学MOOK5(メディカルドゥ)   2006年   
シリーズ「生命を化学する」…生命科学のすすめ 生命現象を化学に活用する
化学(化学同人)   2002年   
シリーズ「生命を化学する」…小分子で巨大タンパク質の挙動を操る タンパク質のドメイン・スワッピングとその制御(共著)
化学(化学同人)   2002年   
核酸の相互作用(共著)
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマテーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの(化学同人)   2002年   
核酸における超ワトソン・クリックモデルの試み カチオンと非ワトソン・クリック型塩基の役割を考える(共著)
化学と生物(日本農芸化学会)   2001年   

Works

 
核酸の微視的相互作用の解析(31)三重らせん構造の核酸薬剤ピレニルトリピリジニウムポルフィンとの相互作用 日本化学会第67春季年会、3E409
1994年
核酸の微視的相互作用の解析(41)キメラ型RNA・DNAハイブリッドの安定性と構造の相関 日本化学会第69春季年会、2D307
1995年
核酸の微視的相互作用の解析(45)RecAの核酸認識ドメインのモデルペプチドの挙動 日本化学会第69春季年会、2D311
1995年
RNA/DNAハイブリッドの安定性と特異挙動 第10回生体機能関連化学シンポジウム、2B05
1995年
RNA/DNAハイブリッドの安定性予測とそのアンチセンス法への応用 第44回高分子討論会
1995年

競争的資金等の研究課題

 
核酸の非構造部位の機能的役割と分子クラウディング効果の解明
科研費 基盤(C)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 中野 修一
イオン液体化合物を利用する核酸テクノロジーの創製
科研費 基板(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 中野 修一
細胞で行われる核酸反応を解明するための新規モデル実験システムの構築と利用
科研費 基盤(C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 中野 修一
特殊な分子環境で行われる核酸の分子認識と構造形成の解明
科研費 若手(B)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 中野 修一
分子クラウディング環境下で核酸が形成する構造と相互作用エネルギー因子の解明
科研費 若手(B)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 中野 修一