小檜山 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
小檜山 雅之
 
コヒヤマ マサユキ
URL
http://www.kohiyama.sd.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部システムデザイン工学科
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
科研費研究者番号
10333577

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
鹿島建設株式会社 設計/エンジニアリング総事業本部 原子力設計部 職員
 
1996年4月
 - 
1999年3月
鹿島建設株式会社 技術研究所 研究員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
理化学研究所 地震防災フロンティア研究センター 研究員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学 生産技術研究所 助手
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 海外特別研究員,スタンフォード大学 客員准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
京都大学 工学研究科 建築学専攻
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
2018年5月
日本地震工学会  論文集編集委員会副委員長
 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  荷重運営委員会信頼性工学応用小委員会幹事
 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  荷重運営委員会幹事
 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  振動運営委員会構造物の振動制御小委員会委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本建築学会  特別調査委員会建物のレジリエンスとBCPレベル指標検討委員会幹事
 

論文

 
Masayuki Kohiyama and Hiroki Yokoyama
Frontier in Built Environment   4(38) 1-12   2018年7月   [査読有り][招待有り]
Eccentric distribution of stiffness, damping, and mass of a structure, and spatially non-uniform ground motion input to a long or large base mat of a structure are well-known causes of torsional response. We have discovered that the torque generat...
Kazuya Oka, Kenta Watanabe, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, Kazutoshi Matsuzaki, and Yuji Mori
Proc. 13th World Congress on Computational Mechanics      2018年7月
To employ neural networks in structural health monitoring, a large volume of training data is required. The data can be obtained by a generative learning method based on high-precision simulation of seismic responses. We investigate appropriate ma...
Kawanishi, Y. and Kohiyama, M.
Proc. 13th World Congress on Computational Mechanics      2018年7月
When an earthquake occurs, the people in and/or contents of buildings may suffer damage due to the sliding or overturning of furniture and equipment or the falling of objects even if the structure of the building experiences no damage. In this stu...
Update of Control Parameters of Semi-Actively Controlled Base-Isolated Building
Kohiyama, M., Omura, M., Takahashi, M., Yoshida, O., and Nakatsuka, K.
Proc. 7th World Conference on Structural Control and Monitoring   351-359   2018年7月   [査読有り][招待有り]
The Sosokan university building has base isolation and a semi-active control system. The semi-active dampers’ damping coefficient is changed so as to best reproduce the optimal control force in linear-quadratic-Gaussian control. However, the imple...
Carmen Ho, Yunpeng Zhu, Zi-Qiang Lang, Stephen A. Billings, Masayuki Kohiyama, and Shizuka Wakayama
Journal of Sound and Vibration   424 302-317   2018年6月   [査読有り]
Many buildings in Japan currently have a base-isolation system with a low stiffness that is designed to shift the natural frequency of the building below the frequencies of the ground motion due to earthquakes. However, the ground motion observed ...

Misc

 
細分化された学問と分断された世界をつなぐ
小檜山 雅之
ACe 建設業界   80 26-26   2017年12月   [依頼有り]
東日本大震災・熊本地震災害の教訓を生かした建築・まちづくり~建物の「社会性」向上に向けて~
小檜山 雅之
月刊不動産流通   (419) 8-9   2017年4月   [依頼有り]
阪神・淡路大震災20 年シンポジウム「地震被害の軽減に向けた研究者たちのメッセージ―阪神・淡路大震災20 年:地震関連科学の到達点と新たな決意―」開催報告
小檜山 雅之
JAEE Newsletter   4(1) 9-12   2015年4月
Report on the 14th Japan Earthquake Engineering Symposium: Successful Knowledge Sharing with Trans-disciplinary and Cross-border Participants
Masayuki KOHIYAMA
JAEE Newsletter   3(4) 7   2014年12月
望まれる性能設計の一層の普及
小檜山 雅之
建築雑誌   129(1663) 14   2014年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
建築物荷重指針を活かす設計資料1
日本建築学会 (担当:共著, 範囲:1.1節 目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割)
日本建築学会   2016年2月   ISBN:978-4-8189-0632-7
日本建築学会の2015年版「建築物荷重指針・同解説」を活用し性能設計を行うため、設計の流れや設計例、詳細な解説を記載。1章「性能設計の実現に向けて」の1.1節「目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割」の執筆を担当。
High-Performance Computing for Structural Mechanics and Earthquake/Tsunami Engineering
Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, and Hiroshi Akiba (担当:共著, 範囲:Seismic Response Simulation of Building Structures (pp. 105-139))
Springer International Publishing   2015年11月   ISBN:978-3-319-21047-6
In this chapter, we present an overview of the E-Simulator for application to seismic response analysis of building structures. Accuracy and computational performance of simulation using the E-Simulator are discussed through examples of seismic re...
建築物荷重指針・同解説(2015)
日本建築学会 (担当:共著, 範囲:1章 総則 1.2 基本概念,1.3 用語,2章 荷重の種類と組合せ 2.1 荷重の種類,2.2 荷重の基本値,2.3 荷重の組合せと要求性能)
日本建築学会   2015年2月   ISBN:978-4-8189-0626-6
日本建築学会による,建築物の構造設計の際に用いる荷重について,基本理念や考え方を示した指針。1章総則の1.2節基本概念と1.3節用語,2章荷重の種類と組合せの2.1節荷重の種類,2.2節荷重の基本値,2.3節荷重の組合せと要求性能の執筆を担当。
Excelで学ぶ地震リスク評価
小檜山 雅之 (担当:共著, 範囲:4章 フラジリティと損傷度の評価, pp. 39-61)
技報堂出版   2011年8月   ISBN:978-4-7655-2552-7
日本建築学会荷重運営委員会信頼性工学利用小委員会が,建築工学における確率・統計の利用の普及活動の一環として出版。地震リスク評価について,いくつかの例題をExcel を使って解くことで,ひととおり学べる内容となっている。4章フラジリティと損傷度の評価の執筆を担当。
地震リスク評価とリスクコミュニケーション
小檜山 雅之 (担当:共著, 範囲:1.2節 耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するか, pp. 15-22)
日本建築学会   2011年6月   ISBN:978-4818942059
日本建築学会建築にかかわる社会規範・法規範特別調査委員会建築物の安全性ガイドライン特別調査小委員会の活動成果を取りまとめ出版。多くの地震リスク評価手法を比較し解説するとともに地震リスクコミュニケーションの理論と方法を紹介。1.2節耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するかの執筆と1章全体の編集を担当。

講演・口頭発表等

 
超高層建物の水平変位に直交する慣性力が誘発するねじれ応答の基礎的検討
横山 裕基,小檜山 雅之
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)   2018年9月5日   日本建築学会
鋼構造骨組のブレース損傷パターンの多層ニューラルネットワークを用いた判別における未学習パターンデータの検知方法の検討
岡 一也,渡邉 健太,小檜山 雅之,山下 拓三
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)   2018年9月5日   日本建築学会
層間変形を低減する層間同調質量ダンパーの設計と実験
小檜山 雅之,大村 真史
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)   2018年9月4日   日本建築学会
小檜山 雅之
最先端の構造シミュレーション技術が拓く地震防災研究のこれから-数値震動台プロジェクト成果発表会-   2018年3月29日   国立研究開発法人防災科学技術研究所
セミアクティブ免震システムの構造パラメータの同定と地震リスク解析に基づいたLQG制御ゲインの更新
大村 真史,小檜山 雅之,髙橋正樹,吉田治,中塚光一
日本地震工学会大会-2017   2017年11月14日   日本地震工学会

特許

 
特許公開平10-266624 : フランジ付中間鋼板を使用した積層ゴム支承
積層ゴムによる免震装置は,大地震の際に大きな変形を生じる可能性がある。この大変形時の鉛直支持能力は中間鋼板の曲げ剛性に強く依存する。本特許では,積層ゴムの中間鋼板にフランジを付加することで剛性を増大し,大変形時の性能の向上を図っている。鋼板厚を増して剛性を増大させるよりも低コストで製作が可能であり,コストダウンの効果も期待できる。
5828699 : 振動制御システム
小檜山雅之,髙橋正樹,三浦奈々子,吉田美奈子,渡邉啓介
3394525 : 建物データポリゴン化システム、その方法および建物データポリゴン化プログラム
林春男
地図データに関して,建物種別の属性を持ったライン(折れ線)データから,属性付き重心点ならびに属性なしポリゴンを中間的に作成し,これらをもとに属性付き建物ポリゴンを生成するシステムならびにプログラムを発明した。