武田 重信

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/25 15:47
 
アバター
研究者氏名
武田 重信
 
タケダ シゲノブ
所属
長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科
学位
博士(農学)(東京大学), 農学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
長崎大学 水産学部 海洋生産システム学講座 教授
 
1988年
 - 
2000年
財団法人電力中央研究所 主任研究員
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 農学系研究科 水産学
 
 
 - 
1985年
旧東京水産大学 水産学部 海洋環境工学科
 

委員歴

 
 
   
 
North Pacific Marine Science Organization [PICES],
 
 
   
 
Working group on “Iron supply and its impact on biogeochemistry and ecosystems in the North Pacific Ocean”, Co-Chair
 
1999年
 - 
2007年
Advisory Panel on Iron Fertilization Experiment, Co-Chair(1999-2007)
 
 
   
 
The Surface Ocean-Lower Atmosphere Study [SOLAS], Scientific Steering Committee, Vice-Chair
 
 
   
 
Scientific Committee on Oceanic Research [SCOR], Working Group on "The Legacy of in situ Iron Enrichments: Data Complication and Modeling", Full Member
 

受賞

 
2006年
第2回(平成17年度)日本学術振興会賞
 
2007年
平成18年度日本水産学会水産学進歩賞
 

Misc

 
Tsuda, A., Takeda, S. and others
Science   300(5621) 958-961   2003年
Boyd, P.W., C.S. Law, C.S. Wong, Y. Nojiri, A. Tsuda, M. Levasseur, S. Takeda and others
Nature   428(6982) 549-553   2004年
An in situ iron-enrichment experiment in the western subarctic Pacific (SEEDS): Introduction and summary.
Takeda, S., A. Tsuda
Progress in Oceanography   64 95-109   2005年
Changes in the concentration of iron in different size fractions during an iron enrichment experiment in the open Southern Ocean.
Marine Chemistry   doi:10.1016(j.marchem.2004.06.040)    2005年

Works

 
外洋プランクトン生態系研究
1996年 - 1999年
洋上型海洋深層水取水システムの開発と海域肥沃化、二酸化炭素吸収及び生物効果の研究開発
1999年
浜名湖における水質環境の長期変動と生物生産に関する研究
2001年 - 2005年
海水中微量元素である鉄濃度調節による海洋二酸化炭素吸収機能の強化と海洋生態系への影響に関する研究
2001年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
海洋の生物地球化学的な物質循環に果たす鉄の役割に関する研究
沿岸域における栄養塩の挙動と生物生産過程に関する研究
海洋における鉄の化学的形態と植物プランクトンによるその利用能に関する研究
海水中の超微量金属の分析
高機能海水濾過膜の開発

特許

 
循環濾過式養殖システム
*