小林 俊輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/21 02:59
 
アバター
研究者氏名
小林 俊輔
 
コバヤシ シュンスケ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部(臨床医学系) 神経内科学講座
職名
講師
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
東京大学 医学系研究科 脳神経医学専攻
 

論文

 
特異なMRI 所見を呈し,プリオン蛋白遺伝子codon 180の点変異を認めCreutzfeldt-Jakob病と考えられた1 例
小林俊輔 大内敏宏 真木寿之
臨床神経学   37(8) 671-674   1997年8月   [査読有り]
左半球梗塞の既往をもち右放線冠梗塞後にFoix-Chavany-Marie症候群と失語を呈した右利き女性例
小林俊輔 國本雅也 武田克彦
臨床神経学   38(10-11) 910-914   1998年10月   [査読有り]
Lauwereyns J, Koizumi M, Sakagami M, Hikosaka O, Kobayashi S, Tsutsui K
Journal of Experimental Psychology; Animal Behavioural Process   26(3) 352-357   2000年7月   [査読有り]
Ohno T, Kobayashi S, Hayashi M, Sakurai M, Kanazawa I
Journal of Neurological Sciences   182(2) 95-97   2001年1月   [査読有り]
Sakagami M, Tsutsui Ki, Lauwereyns J, Koizumi M, Kobayashi S, Hikosaka O
Journal of Neuroscience   21(13) 4801-4808   2001年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Handbook of Reward and Decision Making
Academic Press   2009年   ISBN:978-0-12-374620-7
The New Encyclopedia of Neuroscience
Academic Press   2009年   
Peripheral Neuropathy
INTECH   2012年   

講演・口頭発表等

 
「時は金なり」報酬遅延のドーパミン神経活動に及ぼす影響
小林俊輔
第25回 日本大脳基底核研究会   2010年8月1日   
Influences of reward contexts and physical intensity of stimuli on midbrain dopamine neurons
Kobayashi S, Schultz W
Society for Neuroscience   2010年11月16日   
Activities in primate striatum and prefrontal cortex during memory-guided and reward-guided saccades
Kobayashi S
European Conference of Eye Movement   2011年8月22日   
報酬文脈と視覚刺激の顕著性のドパミン活動に及ぼす影響
小林俊輔、Wolfram Schultz
日本大脳基底核研究会   2013年7月20日   日本大脳基底核研究会
パーキンソン病における報酬選択行動の心理学的検討
小林俊輔、松田希、阿久津由紀子、宇川義一
日本神経心理学会   2013年9月12日