酒井 一博

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:11
 
アバター
研究者氏名
酒井 一博
所属
明治学院大学
部署
法学部消費情報環境法学科
職名
准教授
学位
学士(理学)(東京大学), 修士(理学)(東京大学), 博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
École Normale Supérieure (Paris) 研究員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
慶應義塾大学 経済学部 助手/助教
 
2011年4月
 - 
2013年3月
京都大学 基礎物理学研究所 研究員/特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
立命館大学 理工学部 助教
 
2015年4月
 - 
2018年3月
明治学院大学 法学部 消費情報環境法学科 専任講師
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
東京大学 理学部 物理学科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻
 
2001年4月
 - 
2004年3月
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻
 

受賞

 
2013年3月
素粒子奨学会 素粒子奨学会 中村誠太郎賞
 
2009年3月
日本物理学会 日本物理学会 若手奨励賞(素粒子論領域)
 

論文

 
E_n Jacobi forms and Seiberg-Witten curves
Kazuhiro Sakai
Communications in Number Theory and Physics   13(1)    2019年3月   [査読有り]
Kazumi Okuyama and Kazuhiro Sakai
Journal of High Energy Physics   08(2018)(065) 0-44   2018年8月   [査読有り]
Kazuhiro Sakai
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2017(3)(033B09) 1-29   2017年3月   [査読有り]
Kazuhiro Sakai
Journal of High Energy Physics   07(2016)(046) 0-15   2016年7月   [査読有り]
Kazuhiro Sakai
Journal of High Energy Physics   12(2014)(047) 0-20   2014年12月   [査読有り]

Misc

 
E弦理論のNekrasov型公式の証明について
酒井一博
明治学院大学 法学研究   (101号中巻) 203-211   2016年10月   [依頼有り]
Kazuhiro Sakai
International Journal of Modern Physics: Conference Series   21 116-125   2013年3月   [査読有り]
可積分系と弦理論
酒井一博
数理科学   557 47-52   2009年11月   [依頼有り]
解説: ゲージ理論・弦理論対応と可積分模型
酒井一博
日本物理学会誌   63(7) 524-531   2008年7月   [査読有り][依頼有り]
AdS/CFT対応はどこまで確かめられているか 〜可積分性の役割〜
酒井一博
数理科学   536 53-59   2008年2月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
高次元場の理論の最近の進展(集中講義、3日間) [招待有り]
2015年9月28日   
E_n Jacobi forms and Seiberg-Witten curves [招待有り]
Kazuhiro Sakai
Topological Field Theories, String theory and Matrix Models   2017年8月31日   
高次元場の理論の最近の進展(集中講義、4日間) [招待有り]
中部夏の学校 2015   2015年8月31日   
BPS index and 4d N=2 superconformal field theories [招待有り]
超対称理論の数理的理解の進展   2016年8月19日   
Current development on E-string theory (four-day lecture series) [招待有り]
2014年10月14日   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
M理論における可積分構造の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
グルーオン散乱振幅の可積分構造
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 伊藤克司
ゲージ・重力対応における可積分性とグルーオン散乱振幅の解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
ゲージ・重力対応における可積分性の検証
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月