星野 崇宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/31 01:41
 
アバター
研究者氏名
星野 崇宏
 
ホシノ タカヒロ
eメール
bayesianjasmine.ocn.ne.jp
URL
http://www001.upp.so-net.ne.jp/bayesian/
所属
慶應義塾大学
部署
経済学部・大学院経済学研究科
職名
教授
学位
博士(経済学)(名古屋大学), 博士(学術)(東京大学)
その他の所属
特定国立研究開発法人理化学研究所AIPセンター
ORCID ID
0000-0002-7862-9250

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 経済学部・大学院経済学研究科 教授
 
2017年11月
 - 
現在
東京大学大学院医学系研究科 医療品質評価学講座 客員研究員
 
2017年8月
 - 
現在
理化学研究所 AIPセンター 経済経営情報融合分析チーム チームリーダー
 
2017年7月
 - 
現在
総務省 統計研究研修所 客員教授
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京大学 大学院教育学研究科 准教授
 
2014年4月
 - 
2015年3月
名古屋大学 大学院経済学研究科 客員准教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 大学院経済学研究科 准教授
 
2012年2月
 - 
2012年9月
Northwestern University, Kellogg Business School Marketing Department 客員フェロー
 
2011年3月
 - 
2012年1月
University of Chicago, Department of Sociology及びNational Opinion Research Center 客員フェロー
 
2008年9月
 - 
2012年3月
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ「知の創生と情報社会」領域 研究代表者・研究員兼任
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大学共同利用機関法人 統計数理研究所  客員准教授
 
2005年10月
 - 
2009年3月
科学技術振興機構 RISTEX「脳科学と社会」研究開発領域 「脳科学と社会」研究サブセンター研究員兼任
 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京大学 教養学部 教養教育開発機構 専任講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 助手
 

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
行動経済学会  常任理事
 
2017年6月
 - 
現在
日本マーケティング・サイエンス学会  理事
 
2009年4月
 - 
現在
日本行動計量学会 理事
 
2018年5月
 - 
現在
応用統計学会  評議員
 
2018年5月
 - 
現在
応用統計学会  編集委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
一般社団法人 社会調査協会  理事
 
2016年5月
 - 
2018年5月
応用統計学会  理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本行動計量学会  和文誌編集委員長
 
2013年12月
 - 
現在
行動経済学会  理事
 
2018年1月
 - 
2018年3月
経済産業省  購買履歴データの流通及び利活用に関する検討会委員・座長
 
2016年11月
 - 
2017年10月
文部科学省  大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)専門委員
 
2016年9月
 - 
2016年11月
内閣府  欠測値補完に関する調査研究委員会委員・座長
 
2014年8月
 - 
2015年3月
内閣府  消費動向調査の調査方法変更に関する研究会委員
 
2015年7月
 - 
2017年6月
日本マーケティング・サイエンス学会  研究委員
 
2010年
 - 
2015年
日本統計学会  英文誌編集委員
 
2010年
 - 
現在
日本心理学会  研究教育委員
 
2009年12月
 - 
現在
行動経済学会  編集委員
 
2012年
 - 
2015年
Annals of the Institute of Statistical Mathematics  Associate Editor
 
2014年4月
 - 
現在
日本マーケティング・サイエンス学会  「マーケティング・サイエンス」編集委員
 
2015年1月
 - 
2015年12月
日本教育心理学会  研究委員会委員長
 
2012年
 - 
2012年
マーケティングサイエンス学会  第91回研究大会 実行委員長
 
2012年
 - 
2014年
日本教育心理学会  研究委員会委員
 
2011年
 - 
2016年
31st International Congress of Psychology (ICP2016)  Program comittee
 
2011年12月
 - 
2013年12月
行動経済学会  監事
 
2010年
 - 
2011年
内閣府「平成22年度景気動向指数の改善に関する調査研究」研究会  外部協力委員
 
2008年
 - 
2014年
応用統計学会 「応用統計学」 編集委員
 
2008年
 - 
2013年
日本テスト学会 編集出版委員
 
2008年
 - 
2011年
統計関連学会連合大会  運営委員,プログラム委員
 
2007年
 - 
2012年
日本教育心理学会 「教育心理学研究」 常任編集委員・編集委員
 
2008年
 - 
2011年
統計関連学会連合大会  運営委員・プログラム委員
 

受賞

 
2017年6月
日本統計学会 研究業績賞
 
2017年2月
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2012年9月
慶應義塾大学 印東太郎賞
 
2011年9月
日本行動計量学会 出版賞 調査観察データの統計科学
 
2009年9月
日本教育心理学会 優秀論文賞
受賞者: 高橋雄介・岡田謙介・星野崇宏・安梅勅江
 

書籍等出版物

 
高井啓二・星野崇宏・野間久史 (担当:共著)
岩波書店   2016年4月   ISBN:400029847X
倉田 博史, 星野 崇宏 (担当:共著)
新世社   2009年12月   ISBN:4883841405
千倉書房   2007年3月   ISBN:4805108746
繁桝 算男, 橋本 貴充, 大森 拓哉
培風館   2008年5月   ISBN:4563058947

論文

 
Takahiro Hoshino
Journal of the American Statistical Association   108 1189-1204   2013年12月   [査読有り]
Ryosuke Igari and Takahiro Hoshino
Computational Statistics & Data Analysis   126 150-166   2018年10月   [査読有り]
マーケティングと行動経済学:二重過程理論と文脈効果に関するレビューと購買履歴データからの実証分析
星野 崇宏・竹内 真登
行動経済学   印刷中    2018年   [査読有り][招待有り]
Tetsuro Kobayashi, Takahiro Hoshino and Takashisa Suzuki
Communications Research   in press    2018年   [査読有り]
中高生におけるインターネット上のいじめ被害と加害の関連性:大規模横断調査による検討
浦野由平・大賀真伊・滝沢龍・星野崇宏・下山晴彦
臨床心理学   18(4) 486-491   2018年7月   [査読有り]
大規模調査データによる消費者の保険加入行動の理解(1):属性やリスク資産保有との関係
竹内 真登・星野 崇宏
損害保険研究   79(4) 1-38   2018年2月
A Survival Analysis Incorporating Auxiliary Information by Bayesian Generalized Method of Moment: Application to Interpurchase-timing Modeling
Ryosuke Igari and Takahiro Hoshino
Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   30(1) 27-44   2017年12月   [査読有り]
企業ブランドイメージと広告費、財務指標の 関連性に関する実証分析
加藤諒・星野崇宏
日経広告研究所報   294 18-25   2017年9月   [招待有り]
American Journal of Preventive Medicine   53(2) 51-62   2017年8月   [査読有り]
ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定
中川宏道・星野崇宏
流通研究 (日本商業学会基幹査読雑誌)   20(2) 1-15   2017年7月   [査読有り]
Shinya Masuda, Takayuki Sakagami, Hideaki Kawabata, Nobuhiko Kijima and Takahiro Hoshino
Behaviormetrika   44(2) 593-605   2017年6月   [査読有り]
Kenshuke Okada, Takahiro Hoshino
Psychonomic Bulletin & Review   24(2) 607-616   2017年4月   [査読有り]
プロセスシミュレーションを伴うコンジョイント測定による購買予測:写真提示を用いた操作と追跡調査による予測精度向上の確認
竹内 真登・星野 崇宏
行動計量学   44(1) 45-56   2017年3月   [査読有り]
顧客行動の多様性変数を利用した購買行動の予測
新美 潤一郎・星野 崇宏
人工知能学会論文誌   32(2) B-G63_1-B-G63_9   2017年3月   [査読有り]
効果的な効果検証?:非無作為化デザインによる刑事政策の因果効果の推定
高橋哲・只野智弘・星野崇宏
更生保護学研究 (日本更生保護学会)   9 52-74   2016年12月   [査読有り]
Online-Offlineチャネルにおける消費者の購買間隔と購買金額の同時モデリング
猪狩良介・星野 崇宏
オペレーションズ・リサーチ   61(9) 589-599   2016年9月   [査読有り]
商品カテゴリー購買と複数ブランド購買の段階型同時分析モデル
宮崎 慧・星野 崇宏
行動計量学   43(2) 167-180   2016年9月   [査読有り]
Addiction   111(4) 706-713   2016年   [査読有り]
A national survey of psychology education programs and their content in Japan
Japanese Psychological Research   58(S1) 4-18   2016年6月   [査読有り]
ユーザ別アクセス・パターン情報の多様性を用いた顧客行動の予測とモデリング
新美潤一郎・星野崇宏
応用統計学   44(3) 121-143   2015年10月   [査読有り]
加藤 諒・星野 崇宏・堀江 尚之
マーケティング・サイエンス   23 35-59   2015年7月   [査読有り]
Yusuke Takahashi, Kensuke Okada, Takahiro Hoshino, and Tokie Anme
Plos One   10(8) e0135357   2015年   [査読有り]
竹内 真登・星野 崇宏
マーケティング・サイエンス   23 15-34   2015年7月   [査読有り]
Takahiro Tabuchi, Takahiro Hoshino, Hitomi Hama, Kayo Nakata (Yamada), Yuri Ito, Akiko Ioka, Akiko Ikeda, Tomio Nakayama, Isao Miyashiro, and Hideaki Tsukuma
BioMed Research International   2014(Article ID 303917)    2014年3月   [査読有り]
階層ベイズ動的サンプル・セレクションモデルによるWebサイトへの誘導とサイト閲覧行動の同時分析
猪狩良介・星野 崇宏
日本統計学会誌   43(2) 185-214   2014年3月   [査読有り]
継続時間と離散選択の同時分析のための変量効果モデルとその選択バイアス補正: Webログデータからの潜在顧客への広告販促戦略立案
星野崇宏
日本統計学会誌   43 41-58   2013年9月   [査読有り]
Bias in Factor Score Regression and a Simple Solution
Takahiro Hoshino, Peter M Bentler
Analysis of Mixed Data : Methods & Applications (A.R. de Leon & K. C. C. Carriere,eds)   43-61   2013年   [査読有り]
宮崎慧・星野崇宏
マーケティング・サイエンス   21(1) 11-35   2013年   [査読有り]
Takahiro Tabuchi, Takahiro Hoshino , Tomio Nakayama, Yuri Ito, Akiko Ioka, Isao Miyashiro, Hideaki Tsukuma
International Journal of Cancer   133(4) 972-983   2013年   [査読有り]
Validity and Reliability of the Social Skill Scale (SSS) as an Index of Social Competence for Preschool Children
Tokie Anme, Ryoji, Yuka Sugisawa, Emiko Tanaka, Taeko Watanabe, Takahiro Hoshino
Journal of Health Sciences   3 5-11   2013年   [査読有り]
Yusuke Takahashi, Brent W. Roberts, Takahiro Hoshino
Psychology and Health   24 1048-1061   2012年   [査読有り]
猪狩 良介, 星野 崇宏
マーケティングサイエンス   20(1) 43-67   2012年   [査読有り]
Shiro Ojima, Naoko Nakamura, Hiroko Matsuba-Kurita, Takahiro Hoshino, Hiroko Hagiwara
Journal of Cognitive Neuroscience   23 183-199   2011年   [査読有り]
パーソナリティ特性研究の新展開と疫学・経済学など他領域への貢献の可能性
高橋雄介・山形伸二・星野崇宏
心理学研究   82(1) 63-76   2011年   [査読有り]
Propensity Score Adjustment for Internet Panel Surveys of Voting Behavior: A Case in Japan
Tetsuro Kobayashi,Takahiro Hoshino
Japanese Journal of Electoral Studies   27(2) 104-117   2011年   [査読有り]
Shiro Ojima,Naoko Nakamura,Hiroko Matsuba-Kurita,Takahiro Hoshino,Hiroko Hagiwara
Neuroscience Research   70(2) 197-205   2011年   [査読有り]
Takehiro Nagai, Takahiro Hoshino, Keiji Uchikawa
Seeing and Perceiving   24(2) 91-124   2011年   [査読有り]
Effect of Noncognitive Skills and Related Personality Traits to Productivity in Labor Market: A Review
Takahiro Hoshino
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   50 164-175   2011年   [招待有り]
Web調査の偏りの補正: 行動経済学における調査研究への適用
星野崇宏
関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構 ワーキングペーパー   97 1-18   2010年   [招待有り]
Atsunobu Suzuki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu
Personality and Individual Differences   48 196-201   2010年   [査読有り]
調査不能がある場合の標本調査におけるセミパラメトリック推定と感度分析: 日本人の国民性調査データへの適用
星野崇宏
統計数理   58(1) 3-23   2010年   [査読有り][招待有り]
Determining the direction of the path using a Bayesian semiparametric model
Kei Miyazaki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu
Proceedings of 19th International Conference on Computational Statistics   19 1429-1436   2010年   [査読有り]
Kei Miyazaki, Takahiro Hoshino, Shin-ichi Mayekawa, Kazuo Shigemasu
Psychometrika   74(1) 1-19   2009年   [査読有り]
Kei Miyazaki, Takahiro Hoshino
Psychometrika   74(3) 375-393   2009年   [査読有り]
小島 早都子, 田村 玄, 星野 崇宏
マーケティングサイエンス   17(1・2) 13-29   2009年3月   [査読有り]
就学前児の社会的スキルと広汎性発達障害(PDD)との関連
篠原亮次・星野崇宏・杉澤悠圭・童連・田中笑子・渡辺多恵子・恩田陽子・安梅勅江
厚生の指標   12 20-25   2009年   [査読有り]
星野 崇宏
人工知能学会誌   23(6) 791-797   2008年11月   [招待有り]
星野 崇宏
マーケティングサイエンス   15(1・2) 27-44   2008年3月   [査読有り]
Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu
Applied Psychological Measurement   32 181-189   2008年   [査読有り]
Takahiro Hoshino
Computational Statistics & Data Analysis   52 1413-1429   2008年   [査読有り]
Takahiro Hoshino
Computational Statistics & Data Analysis   52 3543-3559.   2008年   [査読有り]
Hiroshi Kurata, Takahiro Hoshino, Yasunori Fujikoshi
Journal of Multivariate Analysis   99 1985-1998   2008年   [査読有り]
高橋 雄介, 岡田 謙介, 星野 崇宏, 安梅 勅江
教育心理学研究   56(1) 81-92   2008年3月   [査読有り]
組織風土と不祥事に関する実証分析
一橋経済学   2(2) 53-73   2008年
Takahiro Hoshino
Psychometrika   72 535-549   2007年   [査読有り]
インターネット調査に対する共変量調整法のマーケティングリサーチへの適用と調整効果の再現性の検討
星野崇宏
行動計量学   34(1) 33-48   2007年   [査読有り]
岡田 謙介, 星野 崇宏, 繁桝 算男
教育心理学研究   55(3) 382-392   2007年9月   [査読有り]
Atsunobu Suzuki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu, Mitsuru Kawamura
Biological Psychology   74 75-84   2007年   [査読有り]
Simpler Calculation of Posterior Distributions of the Parameters in Structural Equation Model
Kazuo Shigemasu, Takahiro Hoshino
Bayesian Statistics and its Applications (S.K.Upadhyay, & D.K.Dey,eds)   396-406   2007年   [査読有り]
Takahiro Hoshino, Hiroshi Kurata, Kazuo Shigemasu
Psychometrika   71 691-712   2006年   [査読有り]
Atsunobu Suzuki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu, Mitsuru Kawamura
Brain   129 707-717   2006年   [査読有り]
Atsunobu Suzuki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu
Cognition   99 327-353   2006年   [査読有り]
傾向スコアを用いた共変量調整による因果効果の推定と臨床医学・疫学・薬学・公衆衛生分野での応用について
星野崇宏・岡田謙介
保健医療科学   55(3) 230-242   2006年   [査読有り][招待有り]
恒常法により推定された閾値間の統計的有意差検定法
永井岳大・星野崇宏・内川惠二
日本視覚学会誌   18 113-123   2006年   [査読有り]
傾向スコアを用いた補正法の有意抽出による標本調査への応用と共変量の選択法の提案
星野崇宏・前田忠彦
統計数理   54(1) 191-206   2006年   [査読有り]
A Latent Variable Model with non-ignorable missing data
Takahiro Hoshino
Behaviormetrika   32 71-93   2005年   [査読有り]
星野 崇宏, 岡田 謙介, 前田 忠彦
行動計量学   32(2) 209-235   2005年9月   [査読有り]
鈴木敦命・星野崇宏・河村満
高次脳機能研究   25(3) 233-241   2005年   [査読有り]
欠測群の周辺分布の母数に対する傾向スコアを用いた重み付きM推定量の提案と介入効果研究への応用
星野崇宏
行動計量学   32(2) 121-132   2005年   [査読有り]
因子スコアや潜在変数得点を用いた構造方程式モデルの母数推定の偏りの解決
光永悠彦・星野崇宏・繁桝算男・前川眞一
32 21-33   2005年   [査読有り]
Bayesian Procrustes Solution
Kazuo Shigemasu, Takahiro Hoshino
Behaviormetrika   31 1-13   2004年   [査読有り]
Interrelationship among the recognition of the six basic emotions in faces
Atsunobu Suzuki, Takahiro Hoshino, Kazuo Shigemasu
Japanese Journal of psychonomic society   23 107-108   2004年   [査読有り]
傾向スコア解析法による因果効果の推定と調査データの調整について
星野崇宏,繁桝算男
行動計量学   31(1) 43-61   2004年   [査読有り]
星野 崇宏
品質   33(3) 44-51   2003年7月   [査読有り][招待有り]
潜在変数への観測変数の回帰に関する問題と段階推定による解決
星野崇宏
心理学研究   74(3) 218-226   2003年   [査読有り]
Market Segmentation Method From the Bayesian Viewpoint
Kazuo Shigemasu, Takuya Ohmori, Takahiro Hoshino
Between Data Science And Applied Data Analysis   595-602   2003年   [査読有り]
佐々木 淳, 星野 崇宏, 丹野 義彦
教育心理学研究   50(1) 65-72   2002年3月
Bayesian Analysis of Structural Equation Modeling
Kazuo Shigemasu, Takuya Ohmori, Takahiro Hoshino
Measurement and Multivariate Analysis   207-216   2002年   [査読有り]
多次元項目反応理論での相関のある特性値の線形結合に関するテスト情報関数
星野崇宏
教育心理学研究   49(4) 491-499   2001年   [査読有り]
尺度の個人内分散を用いた回帰モデルの提案
星野崇宏
教育心理学研究   49(4) 401-408   2001年   [査読有り]
ベイズ的アプローチによる因子平均の群間差・線形対比の有意性検定
星野崇宏・橋本貴充・繁桝算男
教育心理学研究   49(1) 31-40   2001年   [査読有り]
Bayesian Inference for Finite Mixtures in Confirmatory Factor Analysis
Takahiro Hoshino
Behaviormetrika   28 37-64   2001年   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
非実験研究での介入効果推定法の総合的研究と実用化
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 星野 崇宏
厚生労働省縦断調査における因果効果推定と脱落による影響に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 指定型研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 星野 崇宏
縦断調査における因果効果推定と脱落による推定への影響に関する研究
厚生労働統計協会: 調査研究受託事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 星野 崇宏
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 星野 崇宏
マルチソースデータ高度利用のための統計的データ融合
独立行政法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
研究期間: 2008年10月 - 2012年3月    代表者: 星野 崇宏
共変量情報の高度利用によるネットリサーチのバイアス除去法の開発とマーケティング製品開発への利用
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 産業技術研究助成事業 人文社会科学領域
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 星野 崇宏
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 星野 崇宏
人文社会科学での因果効果の推定において重要である「従属変数と群への割り当て変数どちらにも影響を関連のある共変量」の影響を除去する解析法の研究を昨年に続き行った。具体的にはRosenbaumとRubinが開発した傾向スコア解析法を、昨年度の研究で潜在変数上での因果効果推定法へと改良し、発表したが(Hoshino, Kurata and Shigemasu, 2006)、「群への割り当てモデル」が正しくない場合には推定にバイアスが生じることから、さらに、「目的変数と共変量の回帰モデル」と「群へ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 前田 忠彦
本研究の目的は,同一集団に複数の調査方式を併用して行った調査(混合モード調査)を集計する際の加重集計の具体的な手続きを考案し,これを実データに適用することを通じて手続きの有効性を検証することである。特に自記式調査方法である郵送法または留置法と近年発展が著しい(電子的な自記式調査としての)ウェブ調査に着目する。3年間の検討で,大別して,1.共変量調整の考え方に基づく加重集計によって,異なる調査モード間の近似する方法論,特に有意抽出標本への調査から無作為抽出標本による調査への近似を実装する方法...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 吉野 諒三
本研究の重点は、以下のa)、b)、c)であった。a)文化の伝播変容のために、東アジア諸国の人々の意識構造について統計科学的「標本抽出法」に則った面接調査を遂行する。b)特に、21世紀における国際交流の中で、東アジア諸国民の「信頼感」のあり方について焦点を当て、世界の政治・経済の平和的発展の一助となる基礎情報を与える分析を推進させる。c)収集した「東アジア諸国民の意識調査」の情報を中心に、既存の国際比較調査データ等とともにデータ・べ一スを作成し、一般公開する。上記a)については、2002〜2...

講演・口頭発表等

 
ポイントプログラムの長期効果:目標勾配仮説は成立するのか
星野 崇宏
第6回行動経済学会大会   2012年12月   
Causal Inference for Multilevel Modeling Under Nonrandom Allocation to Level-2 Units: Moderated causal effect as a function of macro-level variables
星野 崇宏
IMPS2012, The 77nd Annual and the 18th International Meetings of the Psychometric Society   2012年7月   
Causal Inference Framework for Latent Variable Modeling [招待有り]
星野 崇宏
IMPS2011,The 76th Annual and the 17th International Meetings of the Psychometric Society   2012年7月   
プロスペクト理論を考慮した同時購買行動での価格プロモーション戦略
星野 崇宏
第90回日本マーケティング・サイエンス学会研究大会   2011年12月   
欠測データと因果効果の推定 [招待有り]
星野 崇宏
ICPSR国内利用協議会統計セミナー   2010年9月   

Works

 
マルチソースデータ高度利用のための統計的データ融合
2008年
実験が行えない状況での因果効果の推定法の開発と教育プログラム評価への応用
2006年
災害時の外国人のための「やさしい日本語」と社会的ニーズへの言語学的手法の適用
2006年
Web調査のバイアス調整法の政策科学への適用可能性の検討
2008年
高等学校における理系進学離れをくい止めるための介入プログラムの効果の評価手法の開発
2005年 - 2005年
共変量情報の高度利用によるネットリサーチのバイアス除去法の開発とマーケティング製品開発への利用
2007年
自動車の快適性次元の探索と生理指標の関連
2006年
人工知能的手法によるWeb調査データと既存型調査データのデータフュージョン
2007年
準実験と調査観察研究における因果効果の推定と教育評価への応用
2006年 - 2007年
共変量情報を用いた郵送調査とインターネット調査間の比較調整法の開発
2005年
混合モード調査における加重集計法の実用化
2005年
共変量情報を用いた偏りのある標本抽出調査の補正の可能性の検討
2005年
マーケットセグメンテーションによる消費者購買行動の予測
2004年
消費者調査データの階層ベイズによる分析研究
2004年
傾向スコアを用いたインターネット調査データの補正
2004年
少年非行と養育態度の関係の理解と効果的介入法のための統計解析
2004年
東アジア価値観国際比較調査-信頼感の統計科学的解析-
2004年
インターネット調査の従来型調査への補正法の可能性と限界
2004年

Misc

 
高橋 雄介, 星野 崇宏, ぶれんと ろばーつ
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集   (19)    2010年10月
星野 崇宏, 武内 清, 岩本 健良
日本教育社会学会大会発表要旨集録   (62) 434-435   2010年9月
篠原 亮次, 星野 崇宏, 杉澤 悠圭
厚生の指標   56(15) 20-25   2009年12月
星野 崇宏
日本世論調査協会報   (104) 38-40   2009年10月
宮崎 慧, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本計算機統計学会シンポジウム論文集   (22) 129-132   2008年11月
岡田 謙介, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   35 115-116   2007年9月
星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   34 98-99   2006年8月
宮崎 慧, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   34 100-101   2006年8月
岡田 謙介, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本計算機統計学会大会論文集   (20) 107-110   2006年5月
Assessing the Short-term Causal Effect of TV Advertising via the Propensity Score Method
Department of Social Systems and Management Discussion Paper Series, University of Tsukuba   1    2006年
水野 誠, 竹村 滋芳, 星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   33 140-141   2005年8月
磯村 健介, 星野 崇宏, 前川 眞一, 加藤 健太郎, 渡部 洋
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   33 160-161   2005年8月
鈴木 敦命, 星野 崇宏, 繁桝 算男
基礎心理学研究   23(2)    2005年3月
岡田 謙介, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   32 214-215   2004年9月
鈴木 敦命, 星野 崇宏, 繁桝 算男
基礎心理学研究   22(2)    2004年3月
鈴木 督久, 星野 崇宏
マ-ケティング・リサ-チャ-   (97) 32-38   2004年
星野 崇宏, 光永 悠彦, 繁桝 算男, 前川 眞一
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   31 134-137   2003年9月
星野 崇宏, 鈴木 督久
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   31 184-185   2003年9月
鈴木 敦命, 星野 崇宏, 繁桝 算男
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   31 234-237   2003年9月
星野 崇宏, 繁桝 算男
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   31 400-403   2003年9月
繁桝 算男, 星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   31 404-407   2003年9月
星野 崇宏
日本教育心理学会総会発表論文集   (44)    2002年8月
星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   30 36-39   2002年8月
繁桝 算男, 大森 拓哉, 星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   30 322-325   2002年8月
繁桝 算男, 星野 崇宏
日本統計学会講演報告集   69    2001年9月
星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   29 192-195   2001年8月
大澤 公一, 星野 崇宏
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   29 208-209   2001年8月
傾向スコアを巡る対話
マーケティング・リサーチャー(日本マーケティング・リサーチ協会)   97 32-38   2004年
共変量情報を用いた偏りのある標本抽出調査の補正の可能性の検討
吉田秀雄記念事業財団 平成17年度研究助成報告書   1    2006年
東アジア価値観国際比較調査 ―「信頼感」の統計科学的解析―(2003年韓国調査報告書)
統計数理研究所リサーチレポート   1    2005年
東アジア価値観国際比較調査 ―「信頼感」の統計科学的解析―(2004年シンガポール調査報告書)
統計数理研究所リサーチレポート   1    2005年

学歴

 
 
 - 
2004年3月
東京大学  大学院総合文化研究科 博士課程修了 
 
 
 - 
1999年
東京大学 教育学部 教育心理学コース 卒業
 
1994年
   
 
東京大学 教養学部 理科2類 入学
 

研究分野