荻原 稚佳子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/08 17:25
 
アバター
研究者氏名
荻原 稚佳子
 
オギワラ チカコ
所属
明海大学
部署
外国語学部 日本語学科、大学院応用言語学研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
明海大学 外国語学部日本語学科
 
2005年4月
 - 
2017年3月
日本女子大学 日本語教員養成講座 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
学習院大学 文学部 日本語日本文学科 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 日本語・日本文化教育センター 非常勤講師
 
1994年
 - 
2007年3月
- 早稲田大学国際教育センター国際部,非常勤講師
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
青山学院大学 国際政治経済学研究科国際コニュニケーション専攻 博士課程 
 
1999年4月
 - 
2001年
青山学院大学 国際政治経済 国際コミュニケーション
 
 
 - 
1993年5月
Boston University Graduate School of Education 言語教育研究科 English and Language Arts Education
 
 
   
 
慶應義塾大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
2019年
日本語教育学会  審査・運営協力員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
小出記念日本語教育研究会  編集委員
 
2015年
 - 
2016年10月
日本語教育学会  査読司会委員
 
2013年4月
 - 
2015年
日本語教育学会  査読協力者
 
1995年
   
 
日本語OPI研究会  会長 他歴任
 

論文

 
メタ認知を促進する日本語教育の取り組み―学生のレベルと分野に焦点を当てて―
荻原 稚佳子、小池真理、行田悦子、永島恭子
『明海日本語』   (22) 51-63   2017年3月   [査読有り]
日本語予備教育から大学基礎日本語教育へーMメソッドによるアクティブラーニング型授業ー
荻原 稚佳子等
『明海日本語』   (21) 1-12   2016年3月
日中母語話者の繰り返しを含む会話の連鎖からみえる会話スタイル―質問-応答場面の連鎖を中心に―
荻原 稚佳子
多文化関係学   12 39-55   2015年12月
共話を含む言いさし発話の連鎖―日中母語話者を比較して―
荻原 稚佳子
外国語学部論集   (27) 67-80   2015年3月   [査読有り]
共話を含む言いさし発話の連鎖―会話教育への活用を目指して―
荻原 稚佳子
明海日本語   (20) 35-47   2015年3月
韓国語母語話者の韓国語自由会話での言いさし使用―自己開示の言いさしの働きに注目して―
荻原 稚佳子
応用言語学研究   (16) 89-101   2014年3月   [査読有り]
中国語母語話者の中国語自由会話における言いさし使用―日本語会話との比較から考える普遍性と個別性―
荻原 稚佳子
『応用言語学研究』   (15) 131-144   2013年3月   [査読有り]
日本語自由会話における「言いさし」使用と解釈の難しさ―中国語母語話者の場合ー
荻原 稚佳子
明海大学外国語学部論集   (24) 17-33   2012年3月   [査読有り]
日本語母語話者による自由会話における「言いさし」の使用と解釈
荻原 稚佳子
明海大学外国語学部論集   (23) 1-17   2011年3月   [査読有り]
意見述べにおける抽象性―その表れ方と教育への指針―
荻原 稚佳子 ・齋藤眞理子
日本語OPI研究会20周年記念論文集・報告書   121-131   2010年9月   [査読有り]
中国語母語話者の「言いさし」使用とその理解ーインタビュー会話に焦点をあててー
荻原 稚佳子
明海大学外国語学部論集   (22) 35-49   2010年3月   [査読有り]
日本語学習者の口頭運用能力における発話のまとまり方の諸相
『日本語OPI10周年記念フォーラム報告書』、日本語OPI研究会   51-64    2002年
OPI形式による日本語インタビューにおける「言いさしー割り込み」の連鎖-対人コミュニケーションの視点から--
“異文化コミュニケーション研究” 神田外語大学 異文化コミュニケーション研究所   第14号.1-17    2002年
日本語コミュニケーションにおける「言いさし-割り込み」の連鎖
"青山国際コミュニケーション研究" 青山学院大学国際政治経済学研究科国際コミュニケーション学会   (5) 43-64   2001年
言いさし表現のメカニズムについての一考察
"紀要"一部改訂版(別刷) 国際学友会日本語学校   (第22) 1-18   2001年
日本語母語話者間のインタビューに対応する「察し」の現れ
青山学院大学国際政治経済学研究科国際コミュニケーション専攻,修士論文      2001年
上級・超級日本語学習者における発話分析:発話内容領域との関わりから 担当部分:全体のまとめ、4-1章(共著)
"世界の日本語教育" 国際交流基金日本語国際センター   (第11) 83-102   2001年
OPIによる談話構成・話題展開分析に見られる学習者と教科書との関連 担当部分:4-2,4-3,5章(共著)
"講座 日本語教育" 早稲田大学日本語研究教育センター   第32分冊 144-165   1998年
話し手の言いさし使用の実態と聞き手の解釈―会話の目的を基にした推量を中心に―
荻原 稚佳子
日本語学   39(7) 52-64   [招待有り]

Misc

 
ACTFL-OPI入門-日本語学習者の「話す力」を客観的に見る 担当部分:「日本の大学での活用法」(共著)
アルク   96-112   2001年
中・上級話者向け会話授業の目標について考える
“第18回日本語教師のための公開研修講座”、(社)国際日本語普及協会AJLT      2002年
日本人の言いさし表現に対する察しの現れ方
"講座 日本語教育" 早稲田大学日本語研究教育センター   第36分冊 69-85   2000年
日本語学習者の会話による産出能力の縦断的研究
"日本語学論説資料"一.国語学 論説資料保存会   第1分冊(第32) 346-351   1998年
会話スタイルがコミュニケーション能力の評価に与える影響
"紀要"国際学友会日本語学校   (第19) 11-31   1996年

書籍等出版物

 
日本語学
荻原 稚佳子
明治書院   2015年6月   
留学生のための動画で学ぶはじめての日本語生活
荻原 稚佳子 (担当:監修)
ウイネット   2015年4月   
日本語口語表現辞典
荻原 稚佳子 (担当:共著)
研究社   2013年11月   
新日本語能力試験N1・N2・N3 新傾向解説と完全予想模試
荻原 稚佳子 (担当:分担執筆, 範囲:レベル別模擬問題 N1・N2・N3聴解問題)
The Japan Times   2010年5月   
言いさし発話の解釈理論ー「会話目的達成スキーマ」による展開ー
荻原 稚佳子
春風社   2008年10月   
日本語超級話者へのかけはしーきちんと伝える技術と表現ー
荻原 稚佳子、齊藤眞理子、伊藤とく美
スリーエーネットワーク   2007年9月   
絵でわかる日本語使い分け辞典1000
荻原 稚佳子
アルク   2006年1月   
日本語上級話者への道ーきちんと伝える技術と表現ー
荻原 稚佳子 (担当:共著)
スリーエーネットワーク   2005年7月   
ACTFL- OPI入門- 日本語学習者の「話す力」を客観的に測る
荻原 稚佳子 (担当:分担執筆, 範囲:日本の大学での活用法)
アルク   2001年1月   

講演・口頭発表等

 
繰り返しを含む会話の連鎖からみえる会話スタイル―日中韓母語話者の比較から―
荻原 稚佳子
社会言語科学会第39回大会、社会言語科学会   2017年3月   
「言葉力の育成」実践課題・高大連携・大学教育
荻原 稚佳子
明海大学日本語学科主催シンポジウム『生きる力の源 言葉力を身につける』講演・パネルディスカッション   2013年2月   
自由会話における日中韓国語母語話者の言いさし使用の比較研究          ―カラ節による言いさしの使用に注目して―
荻原 稚佳子
日本語教育国際研究大会(名古屋)、日本語教育学会   2012年8月   
OPIと会話授業への活用法
荻原 稚佳子
日本語教育公開講座、朝日カルチャーセンター   2012年5月   
日本語コミュニケーションにおける韓国語母語話者の言いさし使用―日本語母語話者との比較から―
荻原 稚佳子
第3回「話し言葉の言語学」ワークショップ   2012年1月   

競争的資金等の研究課題

 
日本語自由会話における言いさし発話を含む連鎖の規則性に関する研究
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究 基盤研究(C)課題番号25370438
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 荻原 稚佳子
日本語発話解釈の難しさに関する研究―言いさし発話に注目して―
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究 基盤研究(C)課題番号21520547
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 荻原 稚佳子
会話における文末省略の内容理解モデルの研究
上・超級日本語学習者における発話分析