田中 將義

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:45
 
アバター
研究者氏名
田中 將義
 
タナカ マサヨシ
eメール
tanaka.masayoshinihon-u.ac.jp
URL
http://tanaka-lab.ee.cit.nihon-u.ac.jp/
所属
日本大学
部署
生産工学部電気電子工学科
職名
特任教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学), 工学修士(東北大学)
科研費研究者番号
30339270

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
1974年
東北大学 大学院 工学研究科 電子工学
 

委員歴

 
 
   
 
・宇宙開発事業団 調査委員
 
 
   
 
・無人宇宙実験システム研究開発機構  委員
 
 
   
 
・American Institute of Aeronautics and Astrobnautics,18th International Communications Satellite Systems Conference and Exhibit (AIAA ICSSC) committee
 
 
   
 
・AIAA衛星通信フォーラム 財務委員長・AIAA衛星通信フォーラム 編集委員
 
 
   
 
・第27回ISTS(宇宙技術および科学の国際シンポジュームシンポジューム組織委員会 プログラム小委員会 委員
 

受賞

 
2015年9月
AIAA AIAA Best paper award(33rd International Communications Satellite Conference) Spatially Superposed Highly Efficient 32APSK Transmission System
受賞者: 田中 將義,大窪崇宏
 
2008年6月
AIAA Best Paper Award (26th AIAA International Communications Satellite Systems Conference) Unwanted Emissions of Multi-carrier Transmitter in Spurious Domain
受賞者: Masayoshi TANAKA1, Hiroshi SAKAMOTO2, Mitsuo KOBAYASHI3, and Yukiharu KITAYAMAMasayoshi TANAKA1, Hiroshi SAKAMOTO2, Mitsuo KOBAYASHI3, and Yukiharu KITAYAMA
 
2007年4月
AIAA AIAA Best Paper Award in the field of Aerospace Communication(25th AIAA International Communications Satellite Systems Conference) Multibeam Mobile Satellite Communication Payload with Beam-forming Network
受賞者: Masayoshi TANAKA1 and Hideaki MASAKI
 
2011年5月
2010年度電子情報通信学会衛星通信研究賞 多値変調波の高効率電力増幅の検討ー空間重畳合成ー
 
1996年12月
NTT社長表彰(発明考案表彰)
 
NーSTARの開発

論文

 
Study on Characteristics of MC-CDMA Communication System
Yuma KASE, Masayoshi TANAKA, Tomohiro SEKI
2017 Asia Pacific Microwave Conference   THP1P14(1570377844) 1-4   2017年11月   [査読有り]
Multiple Amplifier Separation Structure for OFDM Modulation
Shintaro Yamazaki, Masayoshi Tanaka, Tomohiro Seki
2017 Asia Pacific Microwave Conference   WEP1P3(1570382998) 1-4   2017年11月   [査読有り]
Spatially Superposed Highly Efficient 64QAM Transmission System
Masayoshi Tanaka, Daiki Yamaguchi
AIAA ICSSC 2016   AIAA(2016-5738) 1-9   2016年10月   [査読有り]
Spatially Superposed Highly Efficient 32APSK Transmission System
Masayoshi Tanaka and Takahiro Ohkubo
AIAA ICSSC2015   AIAA 2015-4334 1-9   2015年9月   [査読有り]
Estimation of Unwanted Spurious Domain Emissions From a Multicarrier Transmitter
MASAYOSHI TANAKA, HIROSHI SAKAMOTO,MITSUO KOBAYASHIYUKIHARU KITAYAMA
IEEE TRANSACTIONS ON AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS VOL. 50, NO. 3 JULY 2014   50(NO.3, JULY) 2293-2303   2014年7月   [査読有り]

Misc

 
呼気閉塞の有限長弾性管モデル
星宮 望,田中 將義,松尾正之
医用電子と生体工学   12(6) 381-388   1974年   [査読有り]

書籍等出版物

 
IEEE電子電気用語辞典
分担訳執筆 (担当:共著)
丸善   

講演・口頭発表等

 
通信システムの非線形特性評価法に関する研究,  2-24,計測・制御・情報
田中 將義
第51回(平成30年度)日本大学生産工学部 学術講演会   2018年12月1日   日本大学生産工学部
放送波のエネルギを利用したバッテリレスワイヤレス通信に関する研究,2-44  計測・制御・情報
渡邉 勇樹,田中 將義
第50回(H29年度)日本大学生産工学部 学術講演会   2017年12月2日   日本大学生産工学部
アナログ処理による多値変調波の高効率電力増幅に関する研究,2-46  計測・制御・情報
根本彪瑠, 田中將義, 関智弘
第50回(H29年度)日本大学生産工学部 学術講演会   2017年12月2日   日本大学生産工学部
OFDMに適した増幅器の出力レベル分割法の検討,2-45  計測・制御・情報
山崎 慎太郎,田中 將義,関 智弘
第50回(H29年度)日本大学生産工学部 学術講演会   2017年12月2日   日本大学生産工学部
MC-CDMA通信システムの特性に関する一検討,2-47  計測・制御・情報
加瀨 裕真, 田中 將義, 関 智弘
第50回(H29年度)日本大学生産工学部 学術講演会   2017年12月2日   日本大学生産工学部

特許

 
特許第5871362号 : 変復調方法
田中 將義
EP1924041B1 : Multi-value modulation/demodulation method and multi-value modulation/demodulation device
4677590 : フェーズドアレイアンテナ
3306834 : 電力増幅器
3243761 : 電力増幅器