中山 智祥

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:49
 
アバター
研究者氏名
中山 智祥
 
ナカヤマ トモヒロ
eメール
nakayama.tomohironihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科臨床検査医学
職名
教授
学位
博士(医学)(日本大学)
その他の所属
日本大学日本大学日本大学日本大学
科研費研究者番号
00339334

プロフィール

Tomohiro Nakayama is a medical doctor trained in internal medicine, specializing in endocrinology and hypertension as well as a molecular biologist, laboratory medicine participating in basic and clinical research. He graduated in March 1988 from the Nihon University School of Medicine (Tokyo, Japan) and there received his Master of Science degree in Medicine. He acquired his license to practice medicine in May 1988. After a 2-year residency, he entered a postgraduate program in which he studied physiology and molecular biology, being awarded his Ph.D. in 1994. He has been transferred to the Advanced Medical Research Center, Nihon University School of Medicine from May 2001. He served as a professor of the Division of Laboratory Medicine from November 2008.

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
   
 
日本大学医学部附属板橋病院臨床検査医学科 部長
 
2014年4月
   
 
日本大学病院 臨床検査部 部長
 

学歴

 
 
 - 
1988年
日本大学 医学部 医学
 
 
 - 
1994年
日本大学 大学院 医学研究科 内科学(]G0002[)
 

委員歴

 
 
   
 
日本心血管内分泌代謝学会中堅若手育成委員会
 
 
   
 
日本遺伝子診療学会  評議員
 
2018年10月
   
 
全国遺伝子医療部門連絡会議  理事
 
2018年5月
 - 
2020年5月
一般社団法人 日本衛生検査所協会 遺伝子関連検査受託倫理審査委員会  中山智祥
 
2017年9月
 - 
2017年11月
日本人類遺伝学会教育推進委員会遺伝関連⽤語検討ワーキンググループ(2017.9.18-11.3)  委員
 

受賞

 
2014年12月
日本遺伝子分析科学同学院 2014年 一級遺伝子分析科学認定士取得による表彰
 
2008年5月
第28回(平成20年度)日本内分泌学会研究奨励賞
 
2007年3月
東京都医師会医学研究賞
 
2006年1月
財団法人博慈会老人病研究所助成論文優秀論文賞
 
2005年1月
日本大学医学部同窓会学術奨励賞受賞
 

論文

 
Late-onset Cerebrotendinous Xanthomatosis with a Novel Mutation in the CYP27A1 Gene.
Sasamura A, Akazawa S, Haraguchi A, Horie I, Ando T, Abiru N, Takei H, Nittono H, Une M, Kurosawa T, Murai T, Naruse H, Nakayama T, Kotani K, Remaley AT, Kawakami A
Internal Medicine   57 1611-1616   2018年   [査読有り]
Ochiai Y, Sano E, Okamoto Y, Yoshimura S, Makita K, Yamamuro S, Ohta T, Ogino A, Tadakuma H, Ueda T, Nakayama T, Hara H, Yoshino A, Katayama Y.
Oncol RepPMID: 29251333 Free PMC Article   39(2) 537-544   2018年2月   [査読有り]
羊水染色体検査で確定診断が得られず慎重に対応した2症例
久野宗一郎、山本樹生、中山智祥
日大医学雑誌   76(4-5) 219-223   2017年10月   [査読有り]
A comprehensive analysis of association of medical history with airflow limitation: a cross-sectional study.
Nishida Y, Takahashi Y, Tezuka K, Yamazaki K, Yada Y, Nakayama T, Asai S.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis.   12 2363-2371   2017年8月   [査読有り]
Nishida Y, Takahashi Y, Tezuka K, Yamazaki K, Yada Y, Nakayama T, Asai S.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis.   12 2363-2371   2017年8月   [査読有り]
Nishida Y, Takahashi Y, Tezuka K, Takeuchi S, Nakayama T, Asai S
Drugs R D.   3 403-412   2017年6月   [査読有り]
Fujioka K, Fujioka A, Oishi M, Eto H, Tajima S, Nakayama T
Clinical and Experimental Dermatology   42(3) 335-336   2017年4月   [査読有り]
Webによる「赤血球抗原情報検索システム」を利用した不規則抗体推定
志方 えりさ、佐々木 貴代子、平塚 ひとみ、田島 八重子、中山 智祥
日本輸血細胞治療学会誌   63(2) 1-2   2017年2月   [査読有り]
【そこが知りたい!新人教育と日当直業務内容】 臨床検査部24時間体制の現状と新入職員に対する教育(解説/特集)
武居宣尚、荒木秀夫、中山智祥
生物試料分析   39(5) 332-335   2016年12月
Nagano N, Yoshikawa K, Hosono S, Takahashi S, Nakayama T
Pediatrics International   58(12) 1371-1372   2016年12月   [査読有り]
血液フロンティア特集:遺伝子検査の実用化と課題遺伝子検査の概念と歴史
中山智祥
26(7) 929-935   2016年6月   [招待有り]
第62回学術集会シンポジウム12: Global Standardizationからみた我が国の標準法の現状と課題(2) JSCC常用基準法の課題
山舘周恒、中山智祥
臨床病理   64(5) 544-549   2016年5月
A novel SLC26A3 gene mutation in a Japanese boy with congenital chloride diarrhea.
Fuwa K, Hosono S, Nagano N, Munakata S, Fukamachi R, Okada T, Talahashi S, Takahashi S, Sato N, Nakayama T
Pediatrics international   57(1) e11-e13   2015年2月   [査読有り]
Exonic Mutations in the SLC12A3 Gene Cause Exon Skipping and Premature Termination in Gitelman Syndrome.
Takeuchi Y, Mishima E, Shima H, Akiyama Y, Suzuki C, Suzuki T, Kobayashi T, Suzuki Y, Nakayama T, Takeshima Y, Vazquez N, Ito S, Gamba G, Abe T
Journal of the American Society of Nephrology   26(2) 271-279   2015年2月   [査読有り]
日本大学医学部高度化推進事業 プロテオミクス・ゲノミクス・臨床データベースを組み合わせた疾患マーカーの探索。
中山智祥、石井敬基、高橋泰夫、石原寿光、亀井 聡、高橋 栄、山本樹生、千島史尚、湯澤美津子、森 隆三郎、吉野篤緒、鈴木久仁博
日本大学医学部総合医学研究所紀要   2 87-89   2014年12月
The first case in Japan of a patient developing chronic fatigue syndrome after treatment for bronchial asthma arising from Coxiella burnetii infection.
Arashima Y, Nakayama T, Yakubo S, Ueda Y, Komiya T
International Medical Journal   21(6) 552-553   2014年12月   [査読有り]
Basal cell nevus syndrome: New mutation of the patched homologue 1 gene.
Kitano H, Koyama Y, Komiya M, Sato N, Nakayama T
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   26(4) 506-510   2014年10月   [査読有り]
Study of a newly developed high-performance liquid chromatography analyser for glycosylated haemoglobin measurements in blood containing haemoglobin variants in the Japanese population.
Miyashita T, SugiyamaT, Yamadate S, Nagashima M, Satomura A, Nakayama T
Annals of Clinical Biochemistry   51(Pt 5) 591-601   2014年9月   [査読有り]
Comment on: p.E66Q mutation in the GLA gene is associated with a high risk of cerebral small-vessel occlusion in elderly.
Satomura A, Yanai M, Fujita T, Nakayama T
European journal of neurology   21(8) e62-e62   2014年8月   [査読有り]
遠沈後の赤血球層を試料とするHbA1c測定法における溶血の影響。
宮下徹夫、山舘周恒、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   39(3) 328-334   2014年6月   [査読有り]
Tanaka K, Nakayama T, Mori R, Sato N, Kawamura A, Yuzawa M
BMC Ophthalmology   14 83-83   2014年6月   [査読有り]
Pan S, He CH, Ma YT, Yang YN, Ma X, Fu ZY, Li XM, Xie X, Yu ZX, Chen Y, Liu F, Chen BD, Nakayama T
Journal of Hypertension   32(5) 998-1003   2014年5月   [査読有り]
Serum Triglyceride Levels Correlated with the Rate of Change in Insulin Secretion Over Two Years in Prediabetic Subjects.
Shimodaira M, Niwa T, Nakajima K, Kobayashi M, Hanyu N, Nakayama T
Annals of Nutrition and Metabolism   64(1) 38-43   2014年4月   [査読有り]
Shimodaira M, Niwa T, Nakajima K, Kobayashi M, Hanyu N, Nakayama T
Journal of Clinical Lipidology.   8(2) 217-222   2014年3月   [査読有り]
Shimodaira M, @@@@@@@@@@@@, Nakayama T
Platelets   25(3) 202-206   2014年3月   [査読有り]
Shimodaira M, Niwa T, Nakajima K, Kobayashi M, Hanyu N, Nakayama T
Journal of Diabetes Investigation   5(1) 66-71   2014年2月
45℃熱処理後のCK-MB活性残存比を用いたCKアイソザイムの推定に関する検討。
星野 忠、武居宣尚、竹島秀美、荒木秀夫、山舘周恒、里村厚司、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   39(2) 221-226   2014年2月   [査読有り]
A first case of abnormal sensation in the throat caused by Pasteurella canis.
Arashima Y, Yakubo S, Ueda Y, Munemura T, Nakayama T
International Medical Journal   20(6) 701-702   2013年12月   [査読有り]
A first case of asthma thought to be caused by Coxiella burnetii infection.
Arashima Y, Yakubo S, Ueda Y, Munemura T, Komiya T, Isa H, Nakayama T
International Medical Journal   20(6) 699-700   2013年12月   [査読有り]
Nishida Y, Takahashi Y, Susa N, Kanou N, Nakayama T, Asai S
Cardiovascular Diabetology   12(1) 159-159   2013年11月   [査読有り]
Isolation and route of infection of Pasteurella multocida in indoor environment of pet-keeping houses.
Arashima Y, Nakayama T, Kawasaki Y, Mase A, Yakubo S
International Medical Journal   20(4) 438-439   2013年8月   [査読有り]
Glucocorticoid synthesis related-genes: HSD11B1 and HSD11B2 in hypertensive disorders in pregnancy
Shimodaira M, Nakayama T, Sato I, Sato N, Izawa N, Mizutani Y, Furuya K, Yamamoto T
Gynecological Endocrinology   29(7) 657-661   2013年7月   [査読有り]
A case of a Coxiella burnetii patient suffering from otalgia and suspected of feigned illness.
Arashima Y, Yakubo S, Ueda Y, Nagaoka H, Komiya T, Munemura T, Nakayama T
International Medical Journal   20(3) 315-316   2013年6月   [査読有り]
A Haplotype of the GOSR2 Gene Is Associated with Myocardial Infarction in Japanese Men
Pan S, Nakayama T, Sato N, Izumi Y, Soma M, Aoi N, Ma Y
Genet Test Mol Biomarkers   17(6) 481-488   2013年6月   [査読有り]
A Haplotype of the GOSR2 Gene Is Associated with Essential Hypertension in Japanese Men
Pan S, Nakayam T, Sato N, Izumi Y, Soma M, Aoi N, Ma Y
Clinical Biochemistry   46(9) 760-765   2013年6月   [査読有り]
Kampo formula Shakuyaku-Kanzo-To alleviates sensation of muscle spasm in Coxiella burnetii infection.
Yakubo S, Ueda Y, Tanekura N, Arashima Y, Munemura T, Nakayama T, Komiya T, Kato K
International Medical Journal   20(2) 218-220   2013年4月   [査読有り]
がん患者のバイオマーカー―分子標的戦略―発がん機構並びに診断、治療におけるバイオマーカー オーバービュー
中山智祥
セフィーロ。保健科学グループ   17(Spring) 1-6   2013年4月
Clinical evaluation of a new creatine kinase MB activity reagent abrogating the effect of mitochondrial creatine kinase.
Hoshino T, Sakai Y, Yamashita K, Kishi K, Tanjoh K, Hirayama A, Nakayama T
Clinical laboratory   59(3-4) 307-316   2013年3月   [査読有り]
標榜診療科としての臨床検査医学科における遺伝学的検査体制の構築。(技術論文)
中山智祥
臨床病理   61(3) 242-246   2013年3月   [査読有り][招待有り]
全自動糖分析装置GA09の基礎的検討(試薬と機器論文)。
杉山貴大、小林仁美、山口道子、山本千鶴子、橋都隆子、宮下徹夫、山舘周恒、中山智祥
医学検査   62(3) 308-313   2013年3月   [査読有り]
糖尿病ケトアシドーシス発症時に代謝性アルカローシス、低K血症、低Mg血症を伴ったMODY5の症例
伊藤 聡、内丸亮子、渡部真実、長倉芳樹、金崎 章、岩崎直子、内潟安子、山元俊至、佐藤直之、中山智祥、青木一孝、寺内康夫
糖尿病   56(2) 93-101   2013年2月   [査読有り]
トピックス:循環器疾患と遺伝的要因(1) 高血圧と遺伝的素因。
臨床病理   61(2) 144-149   2013年2月
Shimodaira M, Niwa T, Nakajima K, Kobayashi M, Hanyu N, Nakayama T
Cardiovascular Diabetology   12 14-14   2013年1月   [査読有り]
全自動電気泳動装置エパライザ2を用いたALPアイソザイム活性染色法とALP活性測定法との整合性に関する検討。(技術論文)
星野 忠、宮下真一、山舘周恒、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   38(1) 83-86   2013年1月   [査読有り]
Association between SIRT2 gene polymorphism and height in healthy, elderly Japanese subjects
Haketa A, Soma M, Nakayama T, Kosuge K, Aoi N, Hishiki M, Hatanaka Y, Ueno T, Doba N, Hinohara S
Transl Res   161(1) 57-58   2013年1月   [査読有り]
The first case of a patient suffering from Coxiella burnetii infection attempting suicide arising from a state of depression.
Yakubo S, Ueda Y, Tanekura N, Arashima Y, Nakayama T, Komiya T, Kato K
International Medical Journal   19(4) 312-313   2012年12月   [査読有り]
Incidence and prognosis of persistent pain induced by venipuncture for blood sampling: an observational study over a 5-year period.
Kato J, Araki H, Kimura M, Takahashi K, Ueda K, Iida R, Nakayama T, Ogawa S
Pain Medicine   13(12) 1627-1630   2012年12月   [査読有り]
Estrogen synthesis genes CYP19A1, HSD3B1 and HSD3B2 in hypertensive disorders of pregnancy.
Shimodaira M, Nakayama T, Sato I, Sato N, Izawa N, Mizutani Y, Furuya K, Yamamoto T
Endocrine   42(3) 700-707   2012年12月   [査読有り]
急性骨髄性白血病(AML)M2における血球細胞形態所見と分子遺伝学的所見との関連性
157.青木留美子、上野恵子、三浦和子、谷田部雄二、松本和江、深井喜久子、荒木秀夫、高橋勝幸、山舘周恒、中山智祥:急性骨髄性白血病(AML)M2における血球細胞形態所見と分子遺伝学的所見との関連性。日本検査血液学会雑誌 14(1):18-26, 2012.10.9
日本検査血液学会雑誌   14(1) 18-26   2012年10月   [査読有り]
The insulin-like growth factor-1 gene is associated with cerebral infarction in Japanese subjects.
Aoi N, Nakayama T, Soma M, Kosuge K, Haketa A, Sato M, Sato N, Asai S
Hereditas   149(5) 153-162   2012年10月   [査読有り]
日本大学医学部附属板橋病院院内検査での習慣流産における染色体異常の実態調査。
井上 満、大底睦子、小林孝子、山舘周恒、松本 健、里村厚司、山本樹生、中山智祥
日大医学雑誌   71(5) 329-335   2012年10月   [査読有り]
Association of smoothelin (SMTN) gene with cerebral infarction in men: a haplotype-based case-control study.
Jiang J, Nakayama T, Shimodaira M, Sato N, Aoi N, Sato M, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Masayoshi Soma, Matsumoto K, Kawamura H, Ozawa Y, Ma Y
Vascular Medicine   17(5) 317-325   2012年10月   [査読有り]
Haplotype of smoothelin gene associated with essential hypertension.
Jiang J, Nakayama T, Shimodaira M, Sato N, Aoi N, Sato M, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Masayoshi Soma, Matsumoto K, Kawamura H, Ozawa Y, Ma Y
Hereditas   149(5) 178-185   2012年10月   [査読有り]
A haplotype of the smoothelin gene associated with myocardial infarction in Japanese women.
Jiang J, Nakayama T, Shimodaira M, Sato N, Aoi N, Sato M, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Masayoshi Soma, Matsumoto K, Kawamura H, Ozawa Y, Ma Y:
Genetic Testing and Molecular Biomarkers   16(9) 1019-1026   2012年9月   [査読有り]
中国西域少数民族カザフ族のnon-dipper型血圧変動の時間構造学的特徴。(総説)
河村 博、小沢友紀雄、太田昌克、笠巻祐二、中山智祥、泉 洋一
日本臨床生理学会雑誌   42(4) 171-177   2012年7月
Haplotype-based case-control study of CYP4A11 gene and myocardial infarction.
Fu Z, Nakayama T, Sato N, Izumi Y, Kasamaki Y, Shindo A, Ohta M, Soma M, Aoi N, Sato M, Ozawa Y, Ma Y
Hereditas   149(3) 91-98   2012年6月   [査読有り]
トピックス 関連解析で原因変異は発見できる
中山智祥、佐藤直之、湯澤美津子、水谷吉宏
日本病態生理学会雑誌   21(1) 25-31   2012年5月   [査読有り]
TOPICS 本態性高血圧症の疾患感受性遺伝子
中山智祥
検査と技術。医学書院   40(5) 456-460   2012年5月
Nishida Y, Takahashi Y, Nakayama T, Asai S
Cardiovasc Diabetol   17(11) 53   2012年5月   [査読有り]
全自動電気泳動装置エパライザ2を用いた新規アミラーゼアイソザイム測定法の検討。(技術論文)
星野 忠、飛山理絵、宮下真一、土屋達行、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌。   37(3) 293-297   2012年3月   [査読有り]
HLC-723G9型HbA1c測定用HPLCの検討(技術論文)
宮下徹夫、石澤 天、高橋 勝幸、松本 健、里村 厚司、中山 智祥
日本臨床検査自動化学会。   37(3) 121-128   2012年3月   [査読有り]
Relationship between status of plasma atrial natriuretic peptide and heart rate variability in human subjects
Kasamaki Y, Izumi Y, Ozawa Y, Ohta M, Tano A, Watanabe I, Hirayama A, Nakayama T, Kawamura H, Himit D, Mahemuti M, Sezai A
Heart Vessels   28(2) 208-214   2012年2月   [査読有り]
A Novel Polymorphism of the CYP4A11 Gene is Associated With Coronary Artery Disease.
Fu Z, Ma Y, Xie X, Huang D, Yang H, Nakayama T, Sato N
Clin Appl Thromb Hemost      2012年2月   [査読有り]
Satomura A, Fujita T, Yanai M, Kumasaka K, Uehara Y, Okada K, Fuke Y, Nakayama T
J Innate Immun   4(3) 293-300   2012年2月   [査読有り]
出現実績ゾーン法による変異ヘモグロビン検出法の検討。
宮下徹夫、福田嘉明、石澤 天、高橋勝幸、松本 健、里村厚司、中山智祥
日本臨床検査自動化学会雑誌   37(1) 39-46   2012年2月   [査読有り]
細見記念講演 臨床検査医学と病態生理学―遺伝カウンセリングおよび遺伝学的検査の取り組み―
中山智祥
日本病態生理学会雑誌   10-15   2011年12月   [査読有り]
Analysis of candidate genes for age-related macular degeneration subtypes in the Japanese population.
Tanaka K, Nakayama T, Yuzawa M, Wang Z, Kawamura A, Mori R, Nakashizuka H, Sato N, Mizutani Y
Molecular Vision   17 2751-2758   2011年10月   [査読有り]
Associations of Complement Factor H and ARMS2 Genotypes with Subtypes of Polypoidal Choroidal Vasculopath.
Tanaka K, Nakayama T, Mori R, Sato N, Kawamura A, Mizutani Y Yuzawa M
Investigative Ophthalmology & Visual Science   52(10) 7441-7444   2011年9月   [査読有り]
Comparative effect of olmesartan and candesartan on lipid metabolism and renal function in patients with hypertension: a retrospective observational study.
Nishida Y, Takahashi Y, Nakayama T, Soma M, Asai S
Cardiovasc Diabetol   10 74   2011年8月   [査読有り]
生化学検査試薬メジャーLシリーズ「TC, TG, LDL, HDL, UA, UN, CRE」の基礎的検討(技術論文)
松館祥子、武居宣尚、荒木秀夫、高橋勝幸、中山智祥
医療と検査機器・試薬   34(4) 547-553   2011年8月   [査読有り]
Takahashi Y, Nishida Y, Nakayama T, Asai S
Cardiovascular Diabetology   210 45   2011年5月   [査読有り]
Kasamaki Y, Ozawa Y, Ohta M, Sezai A, Yamaki T, Kaneko M, Watanabe I, Hirayama A, Nakayama T
Ann Noninvasive Electrocardiol   16(2) 156-164   2011年4月   [査読有り]
Common diseaseの疾患感受性遺伝子検索法の変遷― 本態性高血圧症を中心として ―
中山智祥
日大医学雑誌   70(2) 121-124   2011年4月
A patient in whom treatment for Coxiella burnetii infection ameliorated a depressive state and thoughts of impending death.
Arashima Y, Yakubo S, Nagaoka H, Komiya T, Murakami M, Nakayama T, Kato K
International Medical Journal   19(1) 70-71   2011年3月   [査読有り]
Association study: SLC6A18 gene and Myocardial infarction.
Matsumoto K, Shimodaira M, Nakagawa T, Nakayama T, Nakazato T, Izumi Y, Soma M, Matsumoto K, Sato N, Aoi N
Clinical Biochemistry   44(10-11) 789-794   2011年3月   [査読有り]
Identifying unrecognized airflow obstruction in cases with lifestyle-related diseases using a data mining system with electronic medical records.
Matsumoto K, Takahashi Y, Gon Y, Akahoshi T, Nakayama T, Asai S, Hashimoto S
Rnsho Byori   59(2) 128-133   2011年2月   [査読有り]
Wang Z, Nakayama T
Mediators of Inflammation.   2010 535918   2010年12月   [査読有り]
The haplotype of the CACNA1B gene associated with cerebral infarction in Japanese.
Yamaguchi M, Nakayama T, Fu Z, Sato N, Soma M, Morita A, Hinohara S, Doba N, Mizutani T
Hereditas   147(6) 313-319   2010年12月   [査読有り]
Common variants in the ATP2B1 gene are associated with susceptibility to hypertension: The Japanese Millennium Genome Project.
Tabara Y, Kohara K, Kita Y, Hirawa N, Katsuya T, Ohkubo T, Hiura Y, Tajima A, Morisaki T, Miyata T, Nakayama T, Takashima N, Nakura J, Kawamoto R, Takahashi N, Hata A, Soma M, Imai Y, Kokubo Y, Okamura T, Tomoike H, Iwai N, Ogihara T, Inoue I, Tokunaga K, Johnson T, Caulfield M, Munroe P, on behalf of the Global BPgen consortium*, Umemura S, Ueshima H, Miki T
Hypertension   56(5) 973-980   2010年11月   [査読有り]
Association of the Insulin-like growth factor-1 gene with myocardial infarction in Japanese subjects.
Aoi N, Nakayama T, Soma M, Kosuge K, Haketa A, Sato M, Sato N, Asai S, Matsumoto K:
Hereditas   147(5) 215-224   2010年10月   [査読有り]
Association of HSD3B1 and HSD3B2 gene polymorphisms with essential hypertension, aldosterone level and left ventricular structure.
Shimodaira M, Nakayama T, Sato N, Aoi N, Sato M, Izumi Y, Saoma M, Matsumoto K
European Journal of Endocrinology   163(4) 671-680   2010年10月   [査読有り]
Satomura A, Fujita T, Fuke Y, Yanai M, Kumasaka K, Takayama E, Hamada H, Maruyama T, Nakayama T
Eur J Clin Invest   40(10) 865-873   2010年10月   [査読有り]
Effect of candesartan monotherapy on lipid metabolism in patients with hypertension: a retrospective longitudinal survey using data from electronic medical records.
Nishida Y, Takahashi Y, Nakayama T, Soma M, Kitamura N, Asai S
Cardiovascular Diabetology   9 38   2010年8月   [査読有り]
日立7170を用いた梅毒脂質抗体測定試薬「LASAYオートRPR」の評価。(技術論文)
石澤天、高橋勝幸、金大憲、橋本正勝、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   35(3) 350-354   2010年6月   [査読有り]
イオン選択電極による総カルシウム測定法の基礎的検討。(技術論文)
里吉和也, 石澤天, 高橋勝幸, 中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   35(3) 337-341   2010年6月   [査読有り]
Satomura A, Yanai M, Fujita T, Arashima Y, Kumasaka K, Nakane C, Ito K, Fuke Y, Maruyama T, Maruyama N, Okada K, Nakayama T, Matsumoto K
Therapeutic Apheresis and Dialysis   14(3) 373-376   2010年6月   [査読有り]
Shimodaira M, Nakayama T, Sato N, Naganuma T, Yamaguchi M, Aoi N, Sato M, Izumi Y, Soma M, Matsumoto K
American Journal of Hypertension   23(5) 547-555   2010年5月   [査読有り]
Nakazato T, Nakayama T, Naganuma T, Sato N, Fu Z, Wang Z, Soma M, Sugama K, Hinohara S, Doba N
Journal of Human Hypertension   24(5) 351-358   2010年5月   [査読有り]
Wang Z, Nakayama T, Sato N, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Soma M, Aoi N, Matsumoto K, Ozawa Y, Ma Y
Journal of Human Hypertension   24(5) 327-335   2010年5月   [査読有り]
セルロースアセテート膜電気泳動における高分子小腸型ALPアイソザイムの検討。(技術論文)
星野 忠、土屋達行、中山智祥、菰田二一
臨床化学   39(2) 162-165   2010年4月   [査読有り]
教授就任講演 過去と未来をつなぐ臨床検査医学―遺伝子診断から遺伝子関連検査へと―
中山智祥
日大医学雑誌   69(2) 110-11   2010年4月
Genetic polymorphisms of prostacyclin synthase gene and cardiovascular disease.
Nakayama T
International Angiology   28(Suppl. 1 to No. 2) 33-42   2010年4月   [査読有り]
ラテックス凝集法による梅毒検査試薬の評価(技術論文)
高橋勝幸、石澤天、中山智祥
医療と検査機器・試薬   33(1) 89-95   2010年2月   [査読有り]
ギテルマン症候群の遺伝学的検査体制の構築(技術論文)
中山智祥、青井則子、佐藤直之、佐藤三佳乃、小菅琴子、泉 洋一、相馬正義、松本紘一
臨床病理   58(2) 156-161   2010年2月   [査読有り]
Naganuma T, Nakayama T, Sato N, Fu Z, Soma M, Yamaguchi M, Shimodaira M, Aoi N, Usami R
American Journal of Hypertension   23(2) 186-191   2010年2月   [査読有り]
金地病院でのMEN1型およびMEN2A型2家系の診療の現況
神森 眞、中山智祥、小野瀬裕之、石井信哉、岡本高宏、山田 哲
Endocrine Surgery   26(4) 201-207   2009年12月   [査読有り]
Association of the purinergic receptor P2Y, G-protein coupled, 2 (P2RY2) gene with myocardial infarction in Japanese men.
Wang Z, Nakayama T, Sato N, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Soma M, Aoi N, Matsumoto K, Ozawa Y, Ma Y, Doba N, Hinohara S
Circulation Journal   73(12) 2322-2329   2009年12月   [査読有り]
同一exonに変異を認めたcompoundヘテロ接合体のGitelman症候群の一例。
31.中山智祥、青井則子、小菅琴子、佐藤三佳乃、羽毛田 公、関山忠孝、真野博明、佐藤直之、泉 洋一、相馬正義、松本紘一:同一exonに変異を認めたcompoundヘテロ接合体のGitelman症候群の一例。ホルモンと臨床増刊号「内分泌クリニカル・カンファランス」印刷中
ホルモンと臨床増刊号「内分泌クリニカル・カンファランス」   57(冬季増刊号) 184-192   2009年11月
Wang Z, Nakayama T, Sato N, Yamaguchi M, Izumi Y, Kasamaki Y, Ohta M, Soma M, Aoi N, Matsumoto K, Ozawa Y, Ma Y, Doba N, Hinohara S
Hypertension Research   32(11) 989-996   2009年11月   [査読有り]
CRLR(Calcitonin-Receptor-like Receptor)遺伝子
中山智祥
高血圧(上)【第4版】–日本における最新の研究動向–。日本臨床   67(増刊号6) 427-431   2009年10月

Misc

 
Fujioka K, Fujioka A, Tajima S, Oishi M, Hayashi K, Eto H, Nakayama T
Journal of Clinical Case Reports   8 1165   2018年   [査読有り]
Cytological and molecular detection of Scedosporium apiospermum in a patient treated for a Mycobacterium avium complex infection.
Sunagawa K, Yagoshi M, Suzuki A, Seki T, Nakamura S, Miyazaki Y, Nakayama T, Hashimoto S, Sugitani M
LETTER TO THE EDITOR. Diagnostic Cytopathology   1-3   2018年5月   [査読有り]
Increased nitroglycerin‑mediated vasodilation in migraineurs without aura in the interictal period.
Fujioka K, Oishi M, Fujioka A, Nakayama T
Journal of Medical Ultrasonics.   45(4) 605-610   2018年4月   [査読有り]
A Case-control Study between the STIM1 Gene and Hypertensive Disorders of Pregnancy.
Sinya K, Nakayama T, Nakayama T, Yamamoto T
Hypertension Research   41(1) 39-44   2018年1月   [査読有り]
Nakayama T, Nakazato T, Naruse H,Fu Z, Wang Z, Soma M, Hoshino T, Shimodaira M, Aoi N
Journal of Human Hypertension   31(5) 361-365   2017年5月   [査読有り]
Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M, Nakayama T.
Psychiatry Res   16 31460-31463   2017年1月   [査読有り]
Negative impact of concurrent overexpression of MYC and BCL2 in patients with advanced diffuse large B-cell lymphoma treated with dose-intensified immunochemotherapy
Takahashi H, Miura K, Nakagawa M, Sugitani M, Amano Y, Kurita D, Sakagami M, Ohtake S, Uchino Y, Kodaira H, Iriyama N, Kobayashi S, Hojo A, Kobayashi Y, Hirabayashi Y, Kusuda M, Hatta Y, Nakayama T, Takei M
Leukemia & Lymphoma   57(12) 2784-2790   2016年12月   [査読有り]
Development and Evaluation of a New Creatine Kinase MB Mass Determination Assay Using a Latex Agglutination Turbidimetric Immunoassay with an Automated Analyzer
Hoshino T, Hanai K, Tanimoto K, Nakayama T
Clinical laboratory   62(5) 877-885   2016年10月
富士ドライケムNX10Nによる血中アンモニア迅速測定の基礎的検討(技術)
富士ドライケムNX10Nによる血中アンモニア迅速測定の基礎的検討(原著論文)里吉 彩華(日本大学医学部附属板橋病院 臨床検査部), 杉山 貴大, 出野 健, 竹島 秀美, 青木 留美子, 山川 道子, 武居 宣尚, 荒木 秀夫, 山舘 周恒, 中山 智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   41(3) 356-362   2016年6月   [査読有り]
特集:遺伝子検査の実用化と課題遺伝子検査の概念と歴史
中山智祥
血液フロンティア   26(7) 929-935   2016年6月
単一遺伝子疾患における遺伝学的検査の受注システムの確定診断率調査
鳴瀬 弘、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   41(3) 293-298   2016年6月   [査読有り]
全自動輸血装置導入における不規則抗体スクリーニングの検証
志方えりさ、佐々木喜代子、平塚ひとみ、田島八重子、中山智祥
日大医学雑誌   75(3) 113-117   2016年6月   [査読有り]
Shimodaira M, Yamasaki T, Nakayama T
Diabetes Metab Syndr   16 S1871-S4021   2016年5月   [査読有り]
Global Standardizationからみた我が国の標準法の現状と課題 JSCC常用基準法の課題
山舘周恒、中山智祥
臨床病理   64(5) 544-549   2016年5月
Gitelman症候群の遺伝学的検査におけるMultiplex Ligation-dependent Probe Amplification (MLPA) 法適用
鳴瀬 弘、中山智祥
日本臨床検査自動化学会会誌   41(2) 203-209   2016年4月   [査読有り]
公益社団法人東京都臨床検査技師会第1回一般検査研究班研究会講演多発性嚢胞腎家系への遺伝カウンセリング
中山智祥
東京都医学検査   43(4) 270-272   2015年12月   [依頼有り]
Yamamuro S, Sano E, Okamoto Y, Ochiai Y, Ogino A, Ohta T,Ogino A, Natsume A, Wakabayashi T, Ueda T, , Hara H, Nakayama T, Yoshino A, Katayama Y
International Journal of Oncology   47(5) 1647-1654   2015年11月   [査読有り]
Prospective randomized study of the tolerability and efficacy of combination therapy for hypertensive chronic kidney disease: results of the PROTECT-CKD study.
Hayashi M, Uchida S, Kawamura T, Kuwahara M, Nangaku M, Iino Y, PROTECT-CKD Study Group (including Nakayama T).
Clin Exp Nephrol   19(5) 925-935   2015年10月   [査読有り]
造血幹細胞移植(内科領域)】 リンパ腫と造血幹細胞移植 当施設の治療経験も含めて
高橋宏通、中山智祥
日大医学雑誌   74(5) 213-218   2015年10月   [査読有り]
『日本遺伝カウンセリング学会誌』第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会【教育講演】遺伝カウンセリング担当者が知っておくべき遺伝学的検査のミニマムエッセンシャル
中山智祥
日本遺伝カウンセリング学会誌   36(3) 119-124   2015年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
遺伝医学MOOK34「臨床応用に向けた疾患シーケンス解析」。第6章 人材育成 2. ジェネティックエキスパート認定制度。
中山智祥
株式会社メディカル ドゥ   2018年   
遺伝子診療よくわかるガイドマップ 初診から検査そして結果報告まで
中山智祥
メディカル・サイエンス・インターナショナル。2018.11.28   2018年11月   
コアカリ準拠。臨床遺伝学テキストノート。日本人類遺伝学会編集。コラム ①サンガー法、②PCR法、③染色体分染法、④染色体FISH法、⑤マイクロアレイ法、⑥遺伝子パネル法、⑦次世代シークエンス法。
中山智祥
コアカリ準拠。臨床遺伝学テキストノート。日本人類遺伝学会編集。   2018年10月   
マイコプラズマ核酸検査 LAMP法での経験。いまどきの遺伝子・プロテオミクス技術と自動分析機器2017。
中山智祥 (担当:共著)
2017年   
遺伝学的検査情報の取り扱い 倫理的側面まで含めて。検査と技術。医学書院2017; 45(7); 736-742.
中山智祥
医学書院   2017年   
遺伝学的検査情報の取り扱い 倫理的側面まで含めて。検査と技術。
中山智祥
2017; 45(7);   2017年   
ここが知りたい。遺伝子診療 はてな?BOOK。編集 野村 文夫、 羽田 明、長田久夫。中外医学社
中山智祥 (担当:共著, 範囲:1-7 遺伝性疾患に関する最新情報の入手方法を教えてください。)
中外医学社   2017年   
セフィーロ遺伝子関連検査の報告書の書き方について
中山智祥
保健科学東日本   2017年6月   
セフィーロ遺伝子関連検査について~オーバービュー~
中山智祥
保健科学東日本   2017年6月   
Webによる「赤血球抗原情報検索システム」を利用した不規則抗体推定
志方えりさ、佐々木貴代子、平塚 ひとみ、田島 八重子、中山 智祥 (担当:共著)
日本輸血細胞治療学会誌   2017年2月   
医療に役立つ遺伝子関連Web情報検索 手とり足とり教えますガイド
中山智祥
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2016年5月   ISBN:4895928616
医薬品売上予測における不確定/変動する因数の上手な捉え方
中山智祥
技術情報協会   2016年4月   
ゲノム医学 ゲノム情報を活かす医療のために
中山智祥 (担当:共訳, 範囲:遺伝学的検査:サービスの内容と実際の適用 pp.477-505)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2016年3月   ISBN:978-4-89592-844-1
遺伝子検査技術
中山智祥
宇宙堂八木書店   2016年1月   
ますます臨床利用がすすむ遺伝子検査―その現状と今後の展望そして課題
中山智祥 (担当:共著, 範囲:第1章. 実用化へ向かう次世代シークエンサーとその周辺6. 遺伝子関連検査におけるネットの活用とその人材育成。遺伝子医学MOOK28)
株式会社メディカル ドゥ   2015年4月   
日常診療のための検査値のみかた
中山智祥 (担当:共著, 範囲:内分泌・代謝疾患 pp.686-696)
中外医学社   2015年4月   
今日の診断指針
中山智祥 (担当:共著, 範囲:「症候編」マグネシウム異常症。pp.114-116)
医学書院   2015年3月   
『診断薬/装置』の開発と薬事・販売戦略。
中山智祥 (担当:共著, 範囲:9章: 遺伝子関連検査・遺伝子診断とカウンセリングの実情・課題、4 遺伝子関連検査技術の標準化と普及への取り組み事例。『診断薬/装置』の開発と薬事・販売戦略。)
技術情報協会   2015年1月   
コルフ臨床遺伝医学[原書4版]
中山智祥 (担当:共訳, 範囲:10章 分子遺伝学的診断)
丸善出版   2014年11月   ISBN:978-4-621-08861-6
遺伝子治療診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発
中山智祥 (担当:共著, 範囲:遺伝子・DNA利用の製品研究開発における規制・倫理対応と解析、操作技術のトラブル対策7章 各疾患における遺伝子治療、遺伝子診断の現状と今後有望な開発ターゲットの考察、第1節 遺伝カウンセリング、遺伝学的検査現状と今後の課題。pp.291-299)
技術情報協会   2014年5月   

講演・口頭発表等

 
誤嚥性肺炎発症を契機に筋強直性ジストロフィーの確定診断に至った糖尿病の1 例
河野玄太、藤城 緑、久志本優、池田 迅、岡本真由美、江頭富士子、小川克彦、鈴木 裕、中山智祥、石原寿光
第56回 日本糖尿病学会関東甲信越地方会、横浜、2019.1.26(Oral 1.26)   2019年1月26日   日本糖尿病学会
ダイレクトシークエンシング法で検出されなかったフェニルケトン尿症の原因バリアント検出
五十嵐都志子、寺岡正志、江副 純、久川 聡、志方えりさ、石毛美夏、小川えりか、中山智祥
第36回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術集会、東京、2018.12.15-12.16(Oral 12.15)   2018年12月15日   
採血室の業務改善― 待ち時間の短縮と神経損傷事故の防止について ―
清原典子、山川道子、青木留美子、西山宏幸、武居宜尚、永瀬昌史、宮下徹夫、中山智祥
第14回 東京都医学検査学会、東京、2018.12.02(Oral 12.02)   2018年12月2日   
Fabry病の遺伝学的検査体制確立。
中山智祥、鳴瀬 弘、南 紘子、森田昭彦、亀井 聡
第65回日本臨床検査医学会、東京、2018.11.15-11.18(Oral 11.17)   2018年11月17日   日本臨床検査医学会
教育セッション「教えるための遺伝医学」バリアントの記載法と評価・解釈
中山智祥
第63回日本人類遺伝学会、横浜、2018.10.10-10.13(Oral 10.13)   2018年10月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
難病領域における検体検査の精度管理体制の整備に資する研究(30080401)
厚生労働省: 厚生労働科学研究費
研究期間: 2018年11月 - 2020年3月    代表者: 難波栄二
A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究A-➀:検査品質・精度確保課題バイオバンク及びゲノム医療に係る検査の品質・精度の国際的基準構築と実施、及びバイオバンクの連携体制構築に関する研究研究施設における遺伝学的検査結果およびその解釈における品質・精度の確保についての研究
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED): 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 増井 徹
研究施設における遺伝学的検査結果およびその解釈における品質・精度の確保についての研究
単一遺伝子疾患バリアントにおいて多型か変異かを区別する効率的手法確立
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中山智祥

特許

 
特開2007-143504 : 高血圧の遺伝子マーカー
特開2004-224730 : ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド含有薬剤
特許5594655 : 網膜色素線条の原因変異を判定するための方法およびこれに使用されるオリゴヌクレオチド
特許51030628 : 脳梗塞の判定方法
浅井 聰、相馬正義
特許5071998 : 本態性高血圧症の判定方法
中山智祥、相馬正義

社会貢献活動

 
株式会社保健科学研究所による診療報酬算定されたフェニルケトン尿症の遺伝学的検査の技術アドバイス
【助言・指導, 運営参加・支援, 報告書執筆】  株式会社保健科学研究所  2016年
株式会社ナノテックシュピンドラー
【その他】  2009年6月1日
製品の認証審査業務