村田 浩一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/02 03:22
 
アバター
研究者氏名
村田 浩一
 
ムラタ コウイチ
URL
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~asr/lab/yasei.html
所属
日本大学
部署
生物資源科学部動物資源科学科
職名
特任教授
学位
博士(獣医学)(岐阜大学連合大学院)
科研費研究者番号
00339285

研究分野

 

経歴

 
1978年6月
 - 
2001年3月
神戸市立王子動物園 獣医師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本大学生物資源科学部 助教授
 
2004年4月
 - 
2018年3月
日本大学生物資源科学部 教授
 
2011年7月
   
 
よこはま動物園ズーラシア 園長(兼務)
 
2011年7月
   
 
横浜市繁殖センター 担当部長(兼務)
 

学歴

 
 
 - 
1975年
宮崎大学 農学部 獣医
 

委員歴

 
 
   
 
京都大学野生動物研究センター連携協議会委員
 
 
   
 
財団法人日本動物愛護協会学術顧問
 
 
   
 
外来生物の分布拡大予報研究会アドバイザー
 
 
   
 
横浜市金沢動物園再生基本計画策定専門家委員会委員
 
 
   
 
横浜市金沢動物園再生基本計画策定プロポーザル評価委員会委員長
 

受賞

 
2016年9月
日本野生動物医学会 第一回日本野生動物医学会学会賞
 
2013年5月
日本動物園水族館協会技術研究表彰
 
1990年
日本動物園水族館協会技術研究表彰
 
1989年
日本動物園水族館協会技術研究表彰
 

論文

 
Matsubayashi, M., Tsuchida, S., Ushida, K., Murata, K.
International Journal for Parasitology   7(2) 134-140   2018年8月   [査読有り]
飼育下ペンギン類から検出された鳥マラリア原虫MSP1遺伝子の系統解析
田村樹理・炭山大輔・金澤朋子・佐藤雪太・村田浩一
動物園水族館雑誌   60(1) 1-9   2018年6月   [査読有り]
Ushio, M., Murata, K., Sado, T., Nishiumi, I., Takeshita, M., Iwasaki, W. & Miya, M.
Scientific Reports   8(4493)    2018年3月   [査読有り]
村田浩一
Journal of Modern Veterinary Medicine (MVM)   27(173) 12-20   2018年1月   [査読有り][招待有り]
Inumaru, M., Murata, K., Sato, Y.
International Journal for Parasitology   6(3) 299-309   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
Makoto Matsubayashi, Sayaka Tsuchida, Atsushi Kobayashi, Tomoyuki Shibahara, Hiroshi Nakamura, Koichi Murata, Kazunari Ushida
International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife   7(3) 243-250   2018年12月   [査読有り]
Ueda A, Kobayashi A, Tsuchida, Yamada T, Murata K, Nakamura H, Ushida K
Microoganisms   6(3)    2018年7月   [査読有り]
Kobayashi, Y., Shimazu, T., Murata, K., Itou, T., Suzuki, Y.
Virus Research      2018年4月
動物園を考える:問い直される動物園の役割
村田浩一・長谷川真理子・戸川久美・ヒサクニヒコ・大沼あゆみ
三田評論   (1212) 10-25   2017年6月   [依頼有り]
Sayaka TSUCHIDA, Yoko OHARA, Kouji KURAMOCHI, Koichi MURATA, Kazunari USHIDA
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   22(3) 41-45   2017年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
獣医衛生学教育研修協議会編
文永堂出版   2018年4月   ISBN:978-4-8300-3269-1
むらた こういち (担当:監修)
ポプラ社   2017年9月   ISBN:978-4-591-15565-3
むらた こういち (担当:監修)
ポプラ社   2017年9月   ISBN:978-4-591-15567-7
むらた こういち (担当:監修)
ポプラ社   2017年9月   ISBN:978-4-591-15566-0
むらた こういち (担当:監修)
ポプラ社   2017年9月   ISBN:978-4-591-15564-6

講演・口頭発表等

 
Characterization of the MSP1 gene from captive penguins infected with Plasmodium relictum
Juri Tamura, Daisuke Sumiyama, Yukita Sato, Koichi Murata
10th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine   2017年10月20日   Asian Society of Conservation Medicine
Kamio, T., Ago, A., Okamoto, M. Murata, K.
International Marine Animal Trainers' Association (IMATA) Conference 2017   2017年10月1日   International Marine Animal Trainers' Association (IMATA)
ゾウゲノムに内在化したパルボウイルスNS1遺伝子の発現解析
嶋津月花、小林由紀、村田浩一、鈴木善幸、伊藤琢也
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   日本獣医学会
国内の飼育下ペンギン類における近年の血液寄生原虫保有状況
小野文菜、山本嶺花、越後谷裕介、村田浩一、佐藤雪太
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   日本獣医学会
国内のヌカカ類におけるHaemoproteus属原虫DNAの初検出
中村渓太、小田川太一、澤野一樹、川向一子、武田康祐、越後谷裕介、梁瀬徹、村田浩一、佐藤 雪太
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   日本獣医学会

競争的資金等の研究課題

 
超高齢動物の骨構造維持メカニズム破綻動態の解析とその予防管理策の動物福祉的確立
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 遠藤秀紀
野外コウノトリの生理学的および病理学的モニタリング手法の開発
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 内藤和明
ベクター媒介性感染症に対する高リスク地域特定のためのモニタリング手法の開発
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 佐藤雪太
野生ライチョウ由来の新規生菌剤開発:厳しい環境に対抗する野生生物の潜在能力活用
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 牛田一成