IDA KATSUNORI

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
IDA KATSUNORI
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
Graduate School of Professional Teacher Education
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1999
Faculty of Education, Hirosaki University
 
 
 - 
Mar 2001
Nagoya University
 
 
 - 
Mar 2004
Nagoya University
 

Published Papers

 
鈴木秀志・原田唯司・伊田勝憲・伊藤公介
静岡大学教育実践総合センター紀要   28 267-276   Mar 2019
Katsunori IDA
Bulletin of the Faculty of Education Shizuoka University (Social and Natural Sciences and Liberal Arts Series)   69 163-174   Dec 2018
Act to Accelerate Countermeasures against IJIME (bullying) and School Psychology
伊田 勝憲
Bulletin of the Faculty of Education Shizuoka University (Social and Natural Sciences and Liberal Arts Series)   (vol)(68) 89-100   Mar 2018
Takuya YAMASHIRO Kousuke ITOH Hideshi SUZUKI Katsunori IDA
静岡大学教育実践総合センター紀要   28 267-276   Feb 2018
The Relationship among the Gap Issue and Psychology in Teacher-Training Course.
伊田 勝憲
Japanese Journal of Psychological Science   38(2) 31-39   Dec 2017

Books etc

 
Encyclopedia of Adolescence
伊田 勝憲
丸善   Apr 2014   
新・青年心理学ハンドブック
伊田 勝憲
福村出版   Jan 2014   
大学生活をゆたかにする心理学:心の科学への招待
伊田 勝憲
福村出版   Jul 2013   
パーソナリティ心理学ハンドブック
伊田 勝憲
福村出版   Jan 2013   
コンピテンス―個人の発達とよりよい社会形成のために―
伊田 勝憲
ナカニシヤ出版   Mar 2012   

Conference Activities & Talks

 
ラウンドテーブル「発達心理学における Unconscious Bias」
日本発達心理学会第30回大会   19 Mar 2019   
高校生の学習意欲の質は 3 年間でどのように変容するか ―学年と性差の 2 要因に着目した縦断データの分析から―
日本発達心理学会第30回大会   18 Mar 2019   
ラウンドテーブル「発達を創る青年たち(1) 」話題提供2:自己責任論と向き合う心理学講義の試み
日本発達心理学会第30回大会   17 Mar 2019   
内発的・外発的目標に着目した学習意欲の質の簡便な測定方法の開発:クラスター分析による類型化と高校1・2年次の縦断的検討から
日本教育心理学会第60回総会   17 Sep 2018   
内発的目標・外発的目標とアイデンティティの関係を捉える:高校生を対象とした学習意欲の質の簡便な測定方法の妥当性検討
日本発達心理学会第29回大会   Mar 2018