柳生 剛義

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/09 02:42
 
アバター
研究者氏名
柳生 剛義
 
ヤギユウ タケヨシ
eメール
yagyunitech.ac.jp
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 つくり領域
職名
准教授
学位
修士(理学)(名古屋大学), 博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
60335081

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2000年12月
東京工業大学 日本学術振興会特別研究員
 
2004年4月
 - 
2017年3月
名古屋工業大学 大学院 つくり領域 助教
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋工業大学 大学院 つくり領域 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
名古屋大学 理学部 化学
 
 
 - 
1994年3月
名古屋大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1999年3月
名古屋大学 理学研究科 化学
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
現在
日本分析化学会 受託分析研究懇談会  運営委員
 

論文

 
Dissociative Path Promoted by Ion Pair Formation for Acetonitrile Exchange Reaction of the Palladium(II) Complex with Diethylenetriamine
Sen-ichi AIZAWA, Takeyoshi YAGYU, Shigenobu FUNAHASHI
Chemistry Letters   1993 1607-1610   1993年9月   [査読有り]
Crystal Structures and Acetonitrile Exchange of Palladium(II) Complexes with Bis(3-aminopropyl)amine and Diethylenetriamine. Effects of Ion-Pair Formation
Takeyoshi YAGYU, Sen-ichi AIZAWA, Keiichiro HATANO, Shigenobu FUNAHASHI
Bulletin of the Chemical Society of Japan   69(7) 1961-1967   1996年7月   [査読有り]
Kinetics and Mechanism of Cyclopalladation for [Pd(S)(Bn2Medptn)](BF4)2 (S = Solvent, Bn2Medptn = N,N"-Dibenzyl-N'-methyl-3,3'-diaminodipropylamine) and Its Derivatives
Takeyoshi YAGYU, Sen-ichi AIZAWA, Shigenobu FUNAHASHI
Chemistry Letters   1996 1107-1108   1996年12月   [査読有り]
Mechanistic Studies on Cyclopalladation of the Solvated Palladium(II) Complexes with N-Benzyl Triamine Ligands in Various Solvents. Crystal Structures of [Pd(Sol)(Bn2Medptn)](BF4)2 (Sol = Acetonitrile and N,N-Dimethylformamide; Bn2Medptn = N,N'-Dibenzyl-4
Takeyoshi YAGYU, Sen-ichi AIZAWA, Shigenobu FUNAHASHI
Bulletin of the Chemical Society of Japan   71(3) 619-629   1998年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Stepwise Insertion of Acetylene into the PD–C Bond of Arylpalladium(II) Complexes With 2,2’-Bipyridine
T. Yagyu and K. Osakada
34th International Conference on Coordination Chemistry   2000年7月   
Insertionof acetylene into the Pd-C bond of the arylpalladium(II) complexes with a 2,2’-bipyridine: Structures of the insertion products and reaction mechanisms.
T. Yagyu and K. Osakada
2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2000年12月   
Insertion reactions of unsymmetrical acetylenes into the Pd-C bond of arylpalladium(II) complexes
T. Yagyu, T. Ogawa, N. Yoshikane, and M. Maeda
35th International Conference on Coordination Chemistry   2002年7月   
ヒドロキノン誘導体を持つジカルベン配位子が配位したパラジウム(II)錯体の合成とキャラクタリゼーション
西村勇樹、清水宏明、柳生剛義
第59回錯体化学討論会   2009年9月25日   
グアニジン部位を有する四座型配位子を用いたRu錯体の酸化反応
内出真以、伊藤彰基、柳生剛義、実川浩一郎
第59回錯体化学討論会   2009年9月25日   

競争的資金等の研究課題

 
N-ヘテロ環カルベン錯体の合成と触媒反応への応用
研究期間: 2002年4月 - 現在
有機白金(II)錯体の合成とフォトルミネセンス
研究期間: 2002年4月 - 現在