KOJIMA Masayo

J-GLOBAL         Last updated: Aug 22, 2019 at 18:18
 
Avatar
Name
KOJIMA Masayo
E-mail
masayokncgg.go.jp
URL
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/mededu.dir/index.html
Affiliation
Nagoya City University
Section
Graduate School of Medical Sciences Department of Medical Education
Job title
Associate Professor

Academic & Professional Experience

 
Jun 2019
 - 
Today
Department Head, Department of Frailty Research, National Center for Geriatrics and Gerontology
 
Apr 1999
 - 
Mar 2000
Research Fellow, Montreal Heart Institute, Department of Psychosomatic Medicine
 

Education

 
Apr 1988
 - 
Mar 1994
School of Medicine, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Jan 2010
Young Investigator Award
 
Mar 2000
American Psychosomatic Society Young Scholar Award
 

Published Papers

 
Ishikawa H, Abe A, Kojima T, Kojima M, Ishiguro N, Nomura Y, Otani H, Hasegawa E, Kobayashi D, Ito S, Nakazono K, Murasawa A
Mod Rheumatol      2018
「高齢者家庭訪問実習」の意義の検証と課題の探索 なごやかモデルにおける試み
小嶋 雅代, 浅井 大策, 石川 大貴, 木村 侑樹, 明石 惠子, 赤津 裕康, 大原 弘隆, 川出 義浩, 木村 和哲, 酒々井 眞澄, 鈴木 匡, 坡下 真大, 早野 順一郎, 村上 里奈, 山本 美由紀, 浅井 清文
医学教育   48(4) 221-235   2017
Kojima T, Ishikawa H, Tanaka S, Haga N, Nishida K, Yukioka M, Hashimoto J, Miyahara H, Niki Y, Kimura T, Oda H, Asai S, Funahashi K, Kojima M, Ishiguro N.
Int J Rheum Dis      2017
Kojima T, Ishikawa H, Tanaka S, Haga N, Nishida K, Yukioka M, Hashimoto J, Miyahara H, Niki Y, Kimura T, Oda H, Asai S, Funahashi K, Kojima M, Ishiguro N
Mod Rheumatol   474-481   2018
Kojima M, Nakayama T, Otani T, Hasegawa M, Kawahito Y, Kaneko Y, Kishimoto M, Hirata S, Seto Y, Endo H, Ito H, Kojima T, Nishida K, Matsushita I, Tsutani K, Igarashi A, Kamatani N, Miyasaka N, Yamanaka H.
Mod Rheumatol   27(6) 924-929   2017
AGE AND SEX ARE THE MAIN INDICATORS FOR SERUM DEHYDROEPIANDROSTERONE-SULFATE CONCENTRATION
荒井 健介, 細野 晃弘, 西山 毅, 小嶋 雅代, 柴田 清, 辻村 尚子, 岡 京子, 藤田 ひとみ, 岡本 尚子, 神谷 真有美, 近藤 文, 菊地 正悟, 山田 珠樹, 鈴木 貞夫
Nagoya Medical Journal   55(1) 1-13   2016
住民主体の介護予防に向けた取り組み―地域課題の共有するワークショップを通じて―
中村廣隆, 小嶋雅代, 村田千代栄
東海公衆衛生雑誌   4(1) 55-59   2016
Kojima T, Takahashi N, Funahashi K, Asai S, Terabe K, Kaneko A, Hirano Y, Hayashi M, Miyake H, Oguchi T, Takagi H, Kanayama Y, Yabe Y, Watanabe T, Fujibayashi T, Shioura T, Ito T, Yoshioka Y, Ishikawa H, Asai N, Takemoto T, Kojima M, Ishiguro N
Clin Rheumatol   35(4) 863-71   2016
Kojima M, Kojima T, Suzuki S, Takahashi N, Funahashi K, Asai S, Yoshioka Y, Terabe K, Asai N, Takemoto T, Ishiguro N
Int J Rheum Dis      2015
Ito H, Kojima M, Nishida K, Matsushita I, Kojima T, Nakayama T, Endo H, Hirata S, Kaneko Y, Kawahito Y, Kishimoto M, Seto Y, Kamatani N, Tsutani K, Igarashi A, Hasegawa M, Miyasaka N, Yamanaka H
Mod Rheumatol   25 672-678   2015

Books etc

 
小嶋雅代. 関節リウマチ診療ガイドライン2014作成のための患者の価値観の評価: 質問紙調査とフォーカスグループの利用. 一般社団法人日本リウマチ学会 編. 関節リウマチ診療ガイドライン2014.
メディカルレビュー社   2014   
106-113頁
小嶋雅代. GRADEシステムを用いた関節リウマチ診療ガイドライン2014の開発: コクランレビューの活用, GRADEシステムを用いた新たな試み. 一般社団法人日本リウマチ学会 編. 関節リウマチ診療ガイドライン2014.
メディカルレビュー社   2014   
27-39頁
小嶋雅代. BDI-Ⅱ・SDS. 赤井正美 編. リハビリテーションにおける評価法ハンドブック.
医師薬出版株式会社   2009   
14-17頁
小嶋雅代. エビデンスに基づいた保健対策: EBM, リスクアナリシスと安全性の確保. 木村美恵子, 徳留信寛, 圓藤吟史 編. 管理栄養士養成シリーズ 公衆衛生学.
化学同人   2004   
78-83頁
小嶋雅代. 治療に関する論文とその結果を解釈するために: 関連性の指標.計算式, 用語集. 古川壽亮, 山崎力 監訳. 臨床のためのEBM入門 決定版JAMAユーザーズガイド.
医学書院   2003   
291-352頁

Conference Activities & Talks

 
地域再生と教育 地域で展開するIPE IPW 「なごやかモデル」を通した大学教育におけるIPEの取り組み
2017   
関節リウマチ診療における患者立脚型評価 RA治療で求められる患者立脚型評価とは
KOJIMA Masayo
20 Apr 2017   
関節リウマチ患者の「情報交換の場」に関するアンケート調査
20 Apr 2017   
関節リウマチ患者と医学生の面接によって得られた「患者の声」
16 Sep 2017   
関節リウマチ患者と医学生の合同グループワークの経験から 患者さんの感じたこと・医学生の学んだこと
KOJIMA Masayo
第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会   16 Sep 2017   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
患者視点に基づく治療効果指標の開発: 混合研究法による関節リウマチへのアプローチ.
Project Year: 2014 - 2018    Investigator(s): 小嶋 雅代
多関節障害重症RA患者に対する総合的関節機能再建治療法の検討と治療ガイドライン確率.
Project Year: 2012 - 2014    Investigator(s): 石黒 直樹
わが国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究.
Project Year: 2013       Investigator(s): 宮坂 信之
エビデンスに基づく医療コミュニケーションモデルの構築: 質的研究と疫学的検証.
Project Year: 2009 - 2013    Investigator(s): 小嶋 雅代
イランカスピ海沿岸地域における消化管がんの宿主・環境要因の研究.
Project Year: 2004 - 2007    Investigator(s): 徳留信寛

Social Contribution

 
リウマチ治療のエビデンスをつくる―メンタルヘルスを中心に
[Lecturer]  (新潟県新潟市)  16 Dec 2016
リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション
[Lecturer]  (愛知県名古屋市)  6 Nov 2016
関節リウマチ患者の痛みとメンタルヘルスに関する疫学的検討
[Lecturer]  (東京都新宿区)  24 Jun 2016
リウマチ患者さんのメンタルヘルスとコミュニケーション
[Lecturer]  (奈良県橿原市)  19 Jun 2016
リウマチ患者のメンタルヘルスとコミュニケーション
[Lecturer]  (川越市)  17 Mar 2016