YOSHIDA Kazuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Sep 27, 2018 at 01:34
 
Avatar
Name
YOSHIDA Kazuhiko
E-mail
yoshidahum.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://www.hum.nagoya-cu.ac.jp/%7Eyoshida/
Affiliation
Nagoya City University
Section
Graduate School of Humanities and Social Sciences Culture and Coexistence(Japanese Cultural Studies)
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1979
Faculty of Literature, Sophia University
 

Published Papers

 
鬼を食う大蛇・神虫・天形星―木簡と絵画から見た病除けの祈願―
吉田一彦
古代の文字文化(犬飼隆編、竹林舎)   374-397   2017
奈良・平安時代前期の病と仏教―鬼神と般若の思想史―
吉田一彦
唐代史研究   (19) 121-145   2016
アジア東部における日本の鬼神―『日本霊異記』の鬼神の位置―
吉田一彦
説話文学研究   (51) 54-64   2016
修二会と『陀羅尼集経』―呪師作法の典拠経典をめぐって―
吉田一彦
藝能史研究   (212) 1-18   2016
Kazuhiko Yoshida
Japanese Journal of Religious Studies   42(1) 89-107   2015
過去の支配―天皇制度の成立と『日本書紀』―
吉田一彦
『語り継ぐ古代の文字文化』(犬養隆・和田明美編、青簡社)   99-124   2014
宗叡の白山入山をめぐって―9世紀における神仏習合の進展(1)―
吉田一彦
仏教史研究   (50) 1-27   2012
国分寺国分尼寺の思想
吉田一彦
『国分寺の創建 思想・制度篇』(須田勉・佐藤信編、吉川弘文館)   2-28   2011
古代国家の仏教儀礼と地域社会
吉田一彦
芸能史研究   (192) 1-20   2011
『日本書紀』仏教伝来記事と末法思想(五)[完]
吉田一彦
名古屋市立大学大学院人間文化研究科『人間文化研究』   (13) 167-190   2010

Misc

 
historical Studies in Japan,2017
YOSHIDA Kazuhiko
Shigaku-Zasshi   127(5) 61-63   May 2018
アジアにおける神仏の融合と日本――台湾の廟と寺を訪ねて
YOSHIDA Kazuhiko
zaikebukkyo   63(740) 9-11   Jan 2014   [Invited]

Books etc

 
The Transformation of Japanese Buddhism:Its Development and Doctrines as seen in PrimaryDocuments
YOSHIDA Kazuhiko (Part:Joint Work)
Shunjusha   Mar 2018   
『日本書紀』の呪縛(単著)
集英社〈集英社新書〉   2016   
仏教伝来の研究(単著)
吉川弘文館   2012   
変貌する聖徳太子(編著)
平凡社   2011   
新アジア仏教史11 日本Ⅰ 日本仏教の礎(共著、末木文美士他編)
Kosei-shuppan   Aug 2010   
古代仏教をよみなおす(単著)
吉川弘文館   2006   
民衆の古代史(単著)
風媒社   2006   
Nanzan Guide to Japanese Religion(共著)
University of Hawwai`i Press   2006   
日本古代社会と仏教(単著)
吉川弘文館   1995   
聖徳太子の真実(共著、大山誠一編)
平凡社   2003   

Conference Activities & Talks

 
古代国家の仏教儀礼と地域社会 [Invited]
藝能史研究会大会[講演]   6 Jun 2010   
天寿国曼荼羅繍帳と女性
International Symposium Beyond Buddhology :New Directions in the Study of Japanese Buddhism(Harvard Unversity)   2007   
日本の古代仏教と中国仏教
日中仏教学術会議(中国社会科学院)   2003   
日本における神仏習合思想の受容と展開
仏教史学会第54会大会シンポジウム「東アジアにおける仏教と諸宗教」   2003   
日本書紀における善信尼について
An International Symposium:TheCulture of Convents in Japanese History(Columbia University)   1998   

Research Grants & Projects

 
神仏融合から見た日本の宗教・思想とアジアの比較研究
名古屋市立大学: 
Project Year: 2017 - 2021    Investigator(s): 吉田一彦
多分野複合の視角から見た日本仏教の国際的研究
早稲田大学: 
Project Year: 2013 - 2017    Investigator(s): 大久保良峻
日本における仏教と神信仰の融合に関する総合的研究―アジアとの比較の視座から―
名古屋市立大学: 
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): 吉田一彦
アジア的観点から見た〈国史学〉の比較思想史的研究―仏教文物の位置づけを鍵として―
佛教大学: 
Project Year: 2013 - 2015    Investigator(s): 佐藤文子
東アジアにおける仏教と神信仰との融合から見た日本古代中世の神仏習合に関する研究
名古屋市立大学: 
Project Year: 2009 - 2014    Investigator(s): 吉田一彦
日本古代中世の「神仏習合」について中国や朝鮮半島の神仏融合と比較しながらその特質を解明しようとする研究
仏教東漸および中国思想の受容から見た聖徳太子信仰の成立と展開に関する多角的研究
中部大学: 
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): 大山誠一
聖徳太子および聖徳太子信仰に関する研究。報告書として『日本書紀の謎と聖徳太子』『変貌する聖徳太子』を刊行した。
日本の宗教とジェンダーに関する国際総合研究――尼寺調査の成果を基礎として――
大手前大学: 
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): 岡佳子
日本の女性と仏教についての研究を資料調査に立脚して進め、ハーバード大学にて国際シンポジウムを実施した。
最澄および天台宗の思想・活動から見た神仏習合思想の受容と展開に関する研究
名古屋市立大学: 
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): 吉田一彦
日本の「神仏習合」の成立過程やその特質について、最澄・天台宗などを中心に解明した。

Social Contribution

 
名古屋市観光文化交流局「やっとかめ文化祭」との連携
[Lecturer, Advisor, Report writing, Contribution]  名古屋市立大学  (名古屋市)  1 Apr 2016 - Today
「やっとかめ文化祭」と連携して、教員が出演し、また学生が出演、調査、研究した。現在も継続中。
名古屋市博物館との連携事業の実施
[Panelist, Planner, Contribution]  (名古屋市博物館)  Apr 2012 - Mar 2013
名古屋市博物館特別展「文字のちから」に連携協力。企画段階から協力。展示品の選定、図録の作成、原稿執筆、シンポジウム出演(26年2月)。学生・院生も連携協力。図録執筆、展示期間に学生連携事業。教育活動の一環