桝本 智子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 23:12
 
アバター
研究者氏名
桝本 智子
 
マスモト トモコ
所属
関西大学
職名
教授
学位
MA in International Policy Studies(モントレー国際大学院), Ph.D. in Communication(ニューメキシコ大学)
科研費研究者番号
00337750

経歴

 
2001年
   
 
神田外語大学 講師
 
2006年
   
 
神田外語大学 准教授
 
2014年
   
 
神田外語大学 教授
 
2017年
   
 
関西大学 教授(現職)
 

学歴

 
 
   
 
モントレー国際大学院 国際政治学科 
 
 
   
 
ニューメキシコ大学 コミュニケーション&ジャーナリズム学部 
 

受賞

 
2012年2月
The Western States Communication Association Annual Conference 上位3位入賞論文 Site as Symbol: Hiroshima, Los Alamos, and the Cultural Evocations of Two Museums
 
2011年11月
The National Communication Association Annual Conference トップパネリスト Listening To Your Own Voice: Edward T. Hall and How the Need for Training Created a Discipline.
 
2007年11月
The National Communication Association Annual Conference 上位3位入賞論文
 
2000年
Top Competitive Paper Award in International Communication (The International Communication Association)
 
1999年
Top Competitive Paper Award in International Communication (The International Communication Association)
 

論文

 
戦後70年:過去から未来へのメッセージ
桝本智子
グローバル・コミュニケーション研究   第3号, pp.71-76    2016年3月
Tales of Two Cities: Hiroshima and Los Alamos, and the Collective Memories about the Atomic Bombing Presented in their Principal Museums
桝本智子
グローバル・コミュニケーション研究   第2号, pp.137-159    2015年3月
Perceptions of the Salience of Intercultural Communication in the Contexts of Public health and Medical Practice
桝本智子
神田外語大学紀要   第25号, pp.49-78    2013年3月
Learning How to Learn: preparing the Expatriate Intern to Work in a Japanese Organization
Tomoko Masumoto
International Journal of Humanities and Social Science   2(18), pp.77-84    2012年10月
Salience and Semantics of key Words at the Intersection of Health Care Providers, Public Health, and Intercultural Communication
Tomoko Masumoto
International Academy of Linguistics, Behavioral, and Social Sciences,Proceedings   24(19), 1-13    2012年11月
フィードバックの再考:日本企業における日本人上司と北米圏インターンの文化に基づいた期待と行動
桝本智子
国際社会研究   第3号, pp.1-21    2012年12月
The Semantic Dimension of an International Story: The Ehime Maru Incident
Tomoko Masumoto
ETC: A Review of General Semantics   68(2), 205-213    2011年4月
Cultural Semantics of an International Incident: Telling the Story of the ‘Ehime Maru
Tomoko Masumoto
International Academy of Linguistics, Behavioral, and Social Sciences,Proceedings   19(3), 1-11    2008年11月
Individualism and Collectivism in Theory and Practice: The Work Experience of US interns in Japanese Organizations
桝本智子
神田外語大学紀要   第18号, pp.109-135    2006年3月
Learning to “Do Time”: A study of U.S. Interns in Japanese Organizations
Tomoko Masumoto
International Journal of Cross-Cultural Management   4 (1), 19-37    2004年4月

Misc

 
コミュニケーション論文献目録
桝本智子
異文化間教育   29号, pp.95-120    2008年4月

書籍等出版物

 
『沈黙と間』, 『時間の概念』, 『インターンシップ』
桝本智子 (担当:共著)
石井敏・久米昭元編「異文化コミュニケーション事典」, 春風社   2013年1月   
With Respect to Japanese: Going to work in Japan
John C. Condon;Tomoko Masumoto (担当:共著)
Intercultural Press   2011年1月   
多文化社会の異文化間コミュニケーション
桝本智子 (担当:共著)
五島敦子・関口知子編「未来をつくる教育:ESD持続可能な多文化社会をめざして」, 明石書店   2010年2月   
Analysis of long-term effects of participating in an international internship program, with implications for human resource management in Japanese organizations
桝本智子
2005~2007年度日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(C)、研究課題番号17530456   2009年2月   
第3章『価値観』, 第4章『非言語』, 第6章『グループコミュニケーション』
徳井厚子;桝本智子 (担当:共著)
「日本語教師のためのコミュニケーション学入門: 対人関係構築のために」, ひつじ書房   2006年4月   
KUIS コミュニケーションガイドブック:KUISでの留学生活をより充実にしたものにするために
桝本智子 (担当:共著)
神田外語大学異文化コミュニケーション研究所 コミュニケーション・ガイドブック作成プロジェクト   2004年3月   
第2章『ニューメキシコでの時間との遭遇』
桝本智子 (担当:共著)
国際行動学会編「文化摩擦における戸惑い」, 創元社   2004年8月   
第2章『非言語』
桝本智子 (担当:共著)
西田ひろ子編著「異文化間コミュニケーション入門」, 創元社   2000年6月   
第六章『先住アメリカ人』
桝本智子 (担当:編者)
アダルベルト・アギーレ・ジュニア&ジョナサン・H・ターナー(著)神田外語大学アメリカ研究会(訳)「アメリカのエスニシティ:人種的融和を目指す他民族国家」, 明石書店   2013年1月   

講演・口頭発表等

 
「ロスアラモスで原爆はどのように語られてきたのか―『はだしのゲン』上映と現地調査より
桝本智子
2017年6月   
Command, Control, and Communication: Scholarly Perspectives on Seventy Years of Nuclear Weapons History
Tomoko Masumoto
101th National Communication Association Annual Convention   2015年11月   
Japan’s Collective Memory of Hiroshima seen through the Eyes of a Child: The National and Global Impact of Keiji Nakazawa’s Graphic Novel
Tomoko Masumoto
University of Alberta, Prince Takamado Japan Center “70th After Hiroshima”   2015年9月   
Barefoot Gen”: The Continued Influence of the Most Significant Anti-Nuclear War Manga Ever Published
Tomoko Masumoto
36th Southwest Popular and American Culture Association Conference   2015年2月   
Site as Symbol: Hiroshima, Los Alamos, and the cultural Evocations of Two Museums
Tomoko Masumoto
The Western States Communication Association Annual Conference   2012年2月   
上位3位入賞論文

Works

 
日本企業におけるアメリカ人インターンと上司のコミュニケーション
1996年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
次世代に継ぐ平和への歩み
グローバル・コミュニケーション研究所: 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 桝本 智子
萌芽研究 「原爆はどのように語られてきたのかーロスアラモスで問う新たな歴史
文部科学省科学研究費補助金: 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 桝本 智子
Application of Intercultural Communication to Health Communication
フルブライトジャパン: フルブライト研究員奨学金
研究期間: 2009年8月 - 2010年7月    代表者: 桝本 智子
日本企業に国際インターンシップが与える人材経営面における長期的効果の考察
文部科学省科学研究費補助金: 
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 桝本 智子
神田外語大学における留学生活適応の研究
神田外語大学異文化コミュニケーション研究所: 
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 桝本 智子

社会貢献活動

 
吹田市民講座
【】  2017年6月29日