宮澤 節生

J-GLOBALへ         更新日: 09/06/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
宮澤 節生
 
ミヤザワ セツオ
所属
青山学院大学
部署
大学院法務研究科 法務専攻 法務研究科 法務専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
北海道大学 助手
 
 
   
 
北海道大学 助教授
 
 
   
 
神戸大学 教授
 
 
   
 
カナダ・ヨーク大学オズグッドホール・ロースクール 客員教授
 
 
   
 
州立ワシントン大学ロースクール 客員教授
 

受賞

 
1993年
最優秀図書賞 "Policing in Japan"(SUNY Press,1992)(American Seciety of Criminology, Division of International Criminology)
 

Misc

 
「法科大学院の定員削減は不可避」
『週刊エコノミスト』(毎日新聞社)   50-53   2008年
「日本におけるコーズ・ローヤリング型公益弁護専門組織の可能性-試論-」小島武司先生古稀祝賀『民事司法の法理と政策(下)』
『商事法務』(国際商事法務研究所)      2008年
"Will Penal Populism in Japan Decline?: A Discussion"
『犯罪社会学研究』(日本犯罪社会学会)   (33) 122-135   2008年
Annual Review of Law and Social Science   (4) 333-360   2008年

書籍等出版物

 
『ブリッジブック法システム入門』
信山社   2008年   
『社会のなかの刑事司法と犯罪者』
日本評論社   2007年   
『罪と罰・非情にして人間的なる者』(吉田敏雄,宮澤節生,丸山治編著)「法科大学院における法社会学の役割―ひとつのスケッチ―」
信山社   2005年   
『ロースクール臨床教育の100年史』(日本弁護士会連合会司法改革調査室編)「パネルディスカッション 日本における臨床教育実践の条件と課題」
現代人文社   2005年   
『インハウスローヤーの時代』(インハウスローヤーズネットワーク編)「法科大学院からみたインハウスローヤー」
日本評論社   2004年   

Works

 
「法科大学院の定員削減は不可避」
2008年
「エピローグ:ポピュリズム刑事政策の到来と批判的立場への課題」『社会のなかの刑事司法と犯罪者』(菊田幸一・西村春夫・宮澤節生編)
2007年
"The State, Civil Society, and the Legal Complex in Modern Japan," in Terence C. Halliday et al. (eds.), Fighting for Political Freedom: Comparative Studies of the Legal Complex and Political Liberalism,
2007年
"The Politics of Judicial Reform in Japan: The Rule of Law at Last?," in William P. Alford (ed.), Raising the Bar: The Emerging Legal Profession in East Asia
2007年
"Law Reform, Lawyers, and Access to Justice," in Gerald Paul McAlinn (ed.), Japanese Business Law
2007年

競争的資金等の研究課題

 
日本の弁護士の社会構造に関する実証研究
研究期間: 2006年