守中 高明

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:46
 
アバター
研究者氏名
守中 高明
 
モリナカ タカアキ
eメール
morinakawaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
法学学術院 法学部
職名
教授
学位
修士(文学)(学習院大学)
科研費研究者番号
80339655

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1992年
東京理科大学非常勤講師
 
1991年
 - 
2000年
学習院大学非常勤講師
 
1992年
 - 
1995年
玉川学園女子短期大学非常勤講師
 
1998年
 - 
1999年
多摩美術大学非常勤講師
 
2001年
 - 
2005年
早稲田大学法学部助教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
学習院大学 文学部 フランス文学科
 
 
 - 
1991年
学習院大学 人文科学研究科博士後期課程単位取得 フランス文学専攻
 

論文

 
平出隆『私のティーアガルテン行』(紀伊國屋書店)・書評
「図書新聞」2018年12月1日(3377)号・4面      2018年12月
ヴィンフリート・メニングハウス『生のなかば――ヘルダーリン詩学にまつわる試論』(月曜社)・書評
守中高明
週刊読書人/読書人   (2018年8月10日(3251)号)    2018年8月
追放・主権・生き延びること――金時鐘という音域
守中高明
『金時鐘コレクション 1』・月報/藤原書店   6-8   2018年6月
戦争世代の傷伝えて(「許すな安倍9条改憲」)・インタヴュー
守中高明
「しんぶん赤旗」2018年3月4日・1面      2018年3月
「欠如なき欲望」とわれわれの現在――『ドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』(河出書房新社、2016年)・書評
守中高明
三田文学   96(128) 283-285   2017年2月   [招待有り]

書籍等出版物

 
守中高明
河出書房新社   2019年2月   ISBN:978-4-309-24900-1
ジャック・デリダと精神分析――耳・秘密・灰そして主権
守中高明
岩波書店   2016年11月   ISBN:978-4-00-061157-2
ジャック・デリダ『赦すこと——赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』
翻訳
未来社   2015年7月   ISBN:978-4-624-93263-3
モーリス・ブランショ『他処からやって来た声——デ・フォレ、シャール、ツェラン、フーコー』
翻訳
以文社   2013年2月   ISBN:978-4-7531-0310-2
終わりなきパッション——デリダ、ブランショ、ドゥルーズ
守中高明
未来社   2012年3月   ISBN:978-4-624-01185-7

講演・口頭発表等

 
非‐権力と神的暴力――主権なき「赦し」のほうへ [招待有り]
守中高明
国際哲学コレージュ   2015年12月8日   国際哲学コレージュ(パリ)

Works

 
弟11回ジェノヴァ国際ポエトリィ・フェスティヴァル
芸術活動   2005年6月
レクチャー「欲動・反復・痕跡——詩のリズム」、in港大尋「リズムデザイン」ワークショップ&レクチャー(第4回)、2004年2月14日、門前仲町天上ホール
芸術活動   2004年2月
「砂の日」(テクスト+朗読:守中高明、ピアノ+作曲:港大尋/1999年12月24日、門前仲町天上ホール)
芸術活動   1999年12月
「シスター・アンティゴネーの暦のない墓」(テクスト+朗読:守中高明、ピアノ+作曲:港大尋/1997年11月6日、いずみホール)
芸術活動   1997年11月
「二人、あるいは国境の歌」(テクスト:守中高明)、ピアノ+作曲:三宅榛名、朗読:黒木里美・守中高明/1995年11月8日、天王洲アイル・スフィアメックス)
芸術活動   1995年11月

競争的資金等の研究課題

 
ジャック・デリダにおける宗教哲学の諸問題
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
ジャック・デリダと精神分析の諸問題
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
1.研究目的:本研究課題の最大の目的であったジャック・デリダが精神分析学とのあいだに切り結んでいる関係についての著書の執筆は、すでに完了し、単著『ジャック・デリダと精神分析――耳・秘密・灰そして主権』(岩波書店、全258頁、2016年11月)として刊行することができた。今年度は、その成果を踏まえて、つぎの課題である「ジャック・デリダにおける宗教哲学の諸問題」への研究の発展的展開をもっぱら目指した。2.研究方法:(1)「赦し」の倫理学‐宗教学。デリダの晩年における最重要の問題系の一つである「...

社会貢献活動

 
スカイパーフェクTV216CH
【】  スカイパーフェクTV216CH  2001年10月
〜声たち、ざわめく灰の記憶——境界線の言葉〜
(シリーズ「Edge〜未来を、さがす」)
ドキュメンタリー作品(インタヴュー、朗読パフォーマンス等)