堤 洋樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/25 17:01
 
アバター
研究者氏名
堤 洋樹
 
ツツミ ヒロキ
URL
http://ftuba.blog65.fc2.com/
所属
前橋工科大学
部署
工学部 建築学科
職名
助教授・准教授
学位
修士(工学)(早稲田大学), 博士(工学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
前橋工科大学 工学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1999年
早稲田大学 理工学研究科 建設工学専攻
 
 
 - 
2002年
早稲田大学 理工学研究科 建設工学専攻
 
 
 - 
1997年
早稲田大学 理工学部 建築学科
 

Misc

 
恒川 淳基, 堤 洋樹, 中島 正夫, 藤井 義久, 水出 有紀, 海川 拓也
学術講演梗概集   2012(0) 291-292   2012年9月
海川 拓也, 佐久間 直哉, 堤 洋樹, 山本 広貴, 水出 有紀, 恒川 淳基
学術講演梗概集   2012(0) 191-192   2012年9月
水出 有紀, 佐久間 直哉, 堤 洋樹, 山本 広貴, 海川 拓也, 恒川 淳基
学術講演梗概集   2012(0) 189-190   2012年9月

書籍等出版物

 
公共施設マネジメントのススメ
堤 洋樹 (担当:共著)
建築資料研究社   2017年3月   
先進事例から学ぶ 成功する公共施設マネジメント
堤 洋樹 (担当:共著)
学陽書房   2016年10月   
公共施設マネジメントハンドブック―「新しくつくる」から「賢くつかう」へ
堤 洋樹 (担当:共著)
日刊建設通信新聞社   2014年7月   
ものづくり研究会
彰国社   2012年   ISBN:9784395008681
木材保存学入門改訂2版
(社)日本木材保存協会   2005年   ISBN:4-9901979-2-5

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小松 幸夫
日本の地方自治体は高度経済成長期に膨大な公共施設を保有することとなった。それらは今いわゆる老朽化の時期を迎えているが、地方自治体はこれに対応する準備ができていない。さらに経済成長率の鈍化や少子高齢化の影響で地方財政は今後さらに厳しくなる可能性が高い。これらを踏まえて、本研究では地方自治体が施設マネジメントを効率よく行うための手法を提案することをその目的とし、平成23年度は以下のほうな研究を行った。(1)自治体の財政・施設管理及び劣化状況を簡単に把握できる手法の提案本研究項目では先行研究の「...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 堤 洋樹
近年、日本の建設産業は既存建物の維持・再生へと方向転換を迫られているが、本研究では建設ストックの実態を把握するため都市別に木造専用住宅の平均寿命を算出する手法の確立を目的とする。国勢調査及び住宅・土地統計調査を用いた重回帰分析と因子分析により、空き家・非農林漁業就業者・増改築の実状が寿命に強い影響を与えていること、またこれらの要因には都市の規模や熟成度が関与する可能性が高いことが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小松 幸夫
平成20年度は地方自治体の公共施設を対象として運営維持保全の現況調査、簡易劣化診断、市有施設全体のストック量調査を行い、各自治体の維持保全状況を明らかにした。平成21年度は自治体の現状を概略的に把握するため、公開情報を用いた分析手法を開発・提案した。この手法は自治体の財政・施設老朽化・マネジメント取組状況を総合的に把握できるものである。平成22年度は各自治体において施設マネジメントが進みにくいことについての問題点を把握するため、組織及び関連業務のプロセスに関する調査分析を行い、施設マネジメ...
建物の寿命に関する研究(継続研究)
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年
木造専用住宅の平均寿命の算出と将来予測による資源及び廃棄ストック量の算出
公共施設の管理に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年
公共施設の持続可能な運用を目指した運用を実現するために最適な管理の手法と評価手法を確立する