山名 早人

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/18 13:34
 
アバター
研究者氏名
山名 早人
 
ヤマナ ハヤト
ハンドル
hayatoyamana
URL
http://www.yama.info.waseda.ac.jp/~yamana/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)
Twitter ID
hayatoyamana
ORCID ID
0000-0001-7542-4826

プロフィール

昭和62年電子通信学科卒.平成元年修士課程了.平5年博士後期課程了.博士(工学).平成元~5年情報科学研究教育センター助手.平成5~12年通産省工業技術院電子技術総合研究所.平成8~9年通産省機械情報産業局電子機器課課付.平成11年成蹊大学大学院非常勤講師.平成12年理工学部助教授.平成16年7月国立情報学研究所客員助教授.平成17年4月同研究所客員教授,平成17年理工学術院教授,現在に至る.情報処理学会・研究奨励賞(平成5年).情報処理学会・山下記念研究賞(平成7年).データベース学会論文賞(平成21年).IBM Faculty Award(平成21年).電子情報通信学会,情報処理学会,IEEE,ACM,AAAI各会員.情報検索,大規模情報解析,並列・分散処理,バイオインフォマティックス等の研究に従事.

経歴

 
2013年
 - 
2015年
早稲田大学 理工学術院 教授
 
2005年4月
   
 
-     国立情報学研究所 客員教授
 
2000年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学理工学部 助教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
国立情報学研究所 客員助教授
 
1999年4月
 - 
2000年3月
成蹊大学大学院工学研究科 非常勤講師
 
1997年4月
 - 
2000年3月
通産省 工業技術院 電子技術研究所 主任研究官
 
1993年4月
 - 
1997年3月
通産省 工業技術院 電子技術総合研究所 研究員
 
1989年11月
 - 
1993年3月
早稲田大学 情報科学研究教育センター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
早稲田大学 理工学研究科 電気(通信)工学専攻
 
 
 - 
1986年
早稲田大学 理工学部 電子通信学科
 

委員歴

 
2010年5月
 - 
現在
情報処理学会  データベースシステム研究会主査
 
2004年
   
 
総務省情報通信政策課 デジタル資産活用戦略会議 ウェブ情報利用ワーキンググループ 委員 2004 -
 
2001年
 - 
2002年
(財) 国際情報化協力センター 多言語セキュリティ関連情報収集分析システム開発委員会 委員 2001 - 2002
 
2000年
   
 
通商産業省電子政策課 次世代電子情報基盤技術調査委員会 委員 2000 -
 
2000年
 - 
2002年
(財)日本情報処理開発協会 人間主体の知的情報技術調査グループ 委員 2000 - 2002
 

受賞

 
2009年
IBM Faculty Award
 
2009年
2008年日本データベース学会論文賞
 
2003年
2003-12月号学会誌ベストオーサー賞(映像メディア学会)
 
1993年
研究奨励賞(情報処理学会)
 
1995年
山下記念研究賞(情報処理学会)
 

論文

 
Tanaphol Suebchua,Bundit Manaskasemsak,Arnon Rungsawang,Hayato Yamana
2018 International Conference on Information Networking, ICOIN 2018, Chiang Mai, Thailand, January 10-12, 2018   80-85   2018年   [査読有り]
Array,Bundit Manaskasemsak,Arnon Rungsawang,Hayato Yamana
New Generation Comput.   36(2) 95-118   2018年4月   [査読有り]
Hayato Yamana
JIP   26 224   2018年   [査読有り]
Jungkyu Han,Hayato Yamana
Proceedings of the Eleventh ACM Conference on Recommender Systems, RecSys 2017, Como, Italy, August 27-31, 2017   224-228   2017年   [査読有り]
Yu Ishimaki,Hiroki Imabayashi,Hayato Yamana
2017 IEEE International Conference on Smart Computing, SMARTCOMP 2017, Hong Kong, China, May 29-31, 2017   1-6   2017年   [査読有り]
Monami Takahashi,Hiroki Tanaka,Hayato Yamana,Tatsuo Nakajima
Entertainment Computing - ICEC 2017 - 16th IFIP TC 14 International Conference, Tsukuba City, Japan, September 18-21, 2017, Proceedings   460-464   2017年   [査読有り]
Sajal K. Das,Hayato Yamana
Proceedings of the 2017 International Conference on Smart Digital Environment, ICSDE 2017, Rabat, Morocco, July 21-23, 2017   189-194   2017年   [査読有り]
Chaw Thet Zan,Hayato Yamana
Proceedings of the 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, iiWAS 2017, Salzburg, Austria, December 4-6, 2017   49-57   2017年   [査読有り]
Yoshiko Yasumura,Hiroki Imabayashi,Hayato Yamana
2017 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2017, Boston, MA, USA, December 11-14, 2017   4858-4860   2017年   [査読有り]
Akira Umayabara,Hayato Yamana
2017 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2017, Boston, MA, USA, December 11-14, 2017   4846-4848   2017年   [査読有り]
Chaw Thet Zan,Hayato Yamana
IJWIS   13(4) 387-404   2017年   [査読有り]
Jungkyu Han,Hayato Yamana
JIP   25 386-396   2017年   [査読有り]
Jungkyu Han,Hayato Yamana
IEICE Transactions   100-D(12) 2931-2944   2017年12月   [査読有り]
Chun Fang,Tamotsu Noguchi,Hayato Yamana,Fuzhen Sun
Advances in Swarm Intelligence, 7th International Conference, ICSI 2016, Bali, Indonesia, June 25-30, 2016, Proceedings, Part II   206-214   2016年   [査読有り]
Tanaphol Suebchua,Arnon Rungsawang,Hayato Yamana
19th International Conference on Network-Based Information Systems, NBiS 2016, Ostrava, Czech Republic, September 7-9, 2016   181-187   2016年   [査読有り]
Chaw Thet Zan,Hayato Yamana
Proceedings of the 18th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services, iiWAS 2016, Singapore, November 28-30, 2016   72-80   2016年   [査読有り]
Hiroki Imabayashi,Yu Ishimaki,Akira Umayabara,Hiroki Sato,Hayato Yamana
Data Privacy Management and Security Assurance - 11th International Workshop, DPM 2016 and 5th International Workshop, QASA 2016, Heraklion, Crete, Greece, September 26-27, 2016, Proceedings   181-195   2016年   [査読有り]
Yu Ishimaki,Hiroki Imabayashi,Kana Shimizu,Hayato Yamana
2016 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2016, Washington DC, USA, December 5-8, 2016   3989-3991   2016年   [査読有り]
Hiroki Imabayashi,Yu Ishimaki,Akira Umayabara,Hayato Yamana
2016 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2016, Washington DC, USA, December 5-8, 2016   3983-3985   2016年   [査読有り]
Jungkyu Han,Hayato Yamana
Int. J. Pervasive Computing and Communications   12(1) 23-48   2016年   [査読有り]
Hiroki Asai,Hayato Yamana
Proceedings of the 15th New Zealand Conference on Human-Computer Interaction, CHINZ 2015, Hamilton, New Zealand, September 3-4, 2015   17-20   2015年   [査読有り]
Kazuya Uesato,Hiroki Asai,Hayato Yamana
2015 IEEE International Conference on Big Data, Big Data 2015, Santa Clara, CA, USA, October 29 - November 1, 2015   2825-2827   2015年   [査読有り]
Chun Fang,Tamotsu Noguchi,Hayato Yamana
IJDMB   12(1) 70-84   2015年   [査読有り]
Hiroki Asai,Hayato Yamana
Proceedings of the Ninth ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2014, Dresden, Germany, November 16 - 19, 2014   333-338   2014年   [査読有り]
Shan-Bin Chan,Hayato Yamana,Duy-Dinh Le,Shin'ichi Satoh,Hayato Yamana
Tenth International Conference on Signal-Image Technology and Internet-Based Systems, SITIS 2014, Marrakech, Morocco, November 23-27, 2014   272-276   2014年   [査読有り]
Hiroki Asai,Hayato Yamana
Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge in Applications and Services - 16th International Conference, HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014. Proceedings, Part II   20-31   2014年   [査読有り]
Syunya Okuno,Hiroki Asai,Hayato Yamana
2014 IEEE International Conference on Big Data, Big Data 2014, Washington, DC, USA, October 27-30, 2014   52-54   2014年   [査読有り]
Chun Fang,Tamotsu Noguchi,Hayato Yamana
J. Bioinformatics and Computational Biology   12(5) 1440003   2014年10月   [査読有り]
Chun Fang,Tamotsu Noguchi,Hayato Yamana
Algorithms for Molecular Biology   9(1) 7   2014年3月   [査読有り]
上田高徳, 秋岡明香, 山名早人, 山名早人
電子情報通信学会論文誌 D   J96-D(5) 1094-1104   2013年5月
Hiroki Asai,Hayato Yamana
The 26th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology, UIST'13, St. Andrews, United Kingdom, October 8-11, 2013 - Adjunct Volume   77-78   2013年   [査読有り]
Shan-Bin Chan,Hayato Yamana,Shin'ichi Satoh
Ninth International Conference on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems, SITIS 2013, Kyoto, Japan, December 2-5, 2013   162-167   2013年   [査読有り]
Daiki Ito,Masahiro Tanaka,Hayato Yamana
Proceedings of the 10th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, NTCIR-10, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, June 18-21, 2013      2013年   [査読有り]
Hiromasa Takei,Hayato Yamana
27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA 2013, Barcelona, Spain, March 25-28, 2013   976-983   2013年   [査読有り]
Chun Fang,Tamotsu Noguchi,Daisuke Tominaga,Hayato Yamana
BMC Bioinformatics   14 300   2013年10月   [査読有り]
山名早人, 酒井哲也, 石川佳治
情報処理学会論文誌. データベース   5(2) i-iii   2012年6月
山名 早人
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   95(3) 31-36   2012年3月
井上 雅翔, 山名 早人
日本データベース学会論文誌   10(3) 7-12   2012年2月
Koh Satoh,Hayato Yamana
Web Technologies and Applications - 14th Asia-Pacific Web Conference, APWeb 2012, Kunming, China, April 11-13, 2012. Proceedings   751-758   2012年   [査読有り]
山名 早人
情報の科学と技術   61(9) 343-348   2011年9月
近年のウェブサーチエンジンは,その検索結果ページに様々な情報ソースからの検索結果を統合して表示する。統合される情報ソースは,ウェブページだけではなく,ニュース記事,ブログ記事,画像,動画,Twitterなどのリアルタイム情報などである。しかし,こうした様々な情報ソースからの検索結果は常に表示されるわけではない。ウェブサーチエンジンは,どのクエリに対して,どの情報ソースを対象に検索し,どの検索結果を統合すべきかを判断している。本稿では,こうしたウェブサーチエンジンにおける統合検索で用いられて...
堀井 洋, 小野寺 民也, 山名 早人
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   94(3) 515-524   2011年3月
既存データベースを利用してミドルウェアでデータベース複製を行う手法において,トランザクション中の更新ごとに複製を行う同期複製手法は,データベースの一貫性を損なうことなく,照会中心のアプリケーションの性能を向上することが可能である.しかし,従来手法は,レプリカをまたがったデッドロックを検出できない,繰返し可能読取りの分離性を提供できない問題がある.本論文では,排他制御をミドルウェア内で行うことで,繰返し可能読取りの分離性を保障し,かつ,デッドロックを検出可能とする同期複製ミドルウェア,Yam...
Hiroki Asai,Takanori Ueda,Hayato Yamana
Proceedings of the 13th Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services, Mobile HCI 2011, Stockholm, Sweden, August 30 - September 2, 2011   551-556   2011年   [査読有り]
Shino Fujiki,Hiroya Yano,Takashi Fukuda,Hayato Yamana
Social Innovation and Social Media, Papers from the 2011 ICWSM Workshop, Barcelona, Catalonia, Spain, July 21, 2011      2011年   [査読有り]
Bundit Manaskasemsak, Arnon Rungsawang, Hayato Yamana
Information Retrieval   Vol.14(No.2) 133-157   2011年
ロック制御型同期複製ミドルウェアの提案
堀井洋,小野寺民也,山名早
信学論(D)   Vol.J94-D(No.3) 515-524   2011年
山名 早人
情報の科学と技術   61(9) 343-348   2011年
舟橋 卓也, 山名 早人
日本データベース学会論文誌   9(1) 18-22   2010年6月
堀井 洋, 小野寺 民也, 山名 早人
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(3) 222-231   2010年3月
データベースの幅広い普及により,更新トランザクションを多用するアプリケーションが増えている.更新トランザクションは,高価な高可用サーバで処理する必要があるため,スケールアップが求められる.そのためには,複数のトランザクションを一つのトランザクションとして処理するグループコミットが有効である.しかし,グループコミットを利用するには,アプリケーションの修正が必要で,既存のアプリケーションに適用することができなかった.本論文では,トランザクション処理内容の事前知識や,アプリケーションの修正を必要...
舟橋卓也, 山名早人
Hit Count Dance -検索エンジンのヒット数に対する信頼性検証-
日本データベース学会論文誌   Vol.9(No.1) 18-22   2010年
Takuya FUNAHASHI, Hayato YAMANA
Proc. of 1st International Workshop on Quality in Web Engineering      2010年

Misc

 
佐藤宏樹, 馬屋原昂, 石巻優, 山名早人
日本データベース学会和文論文誌(Web)   16-J ROMBUNNO.12 (WEB ONLY)   2018年3月
石山雄大, 山名早人, 山名早人
日本データベース学会和文論文誌(Web)   16-J ROMBUNNO.18 (WEB ONLY)   2018年3月
下岡純也, 山名早人
日本データベース学会和文論文誌(Web)   16-J ROMBUNNO.5 (WEB ONLY)   2018年3月
滝川真弘, 山名早人
情報処理学会研究報告(Web)   2017(NL-233) Vol.2017‐NL‐233,No.15,1‐6 (WEB ONLY)   2017年10月
大谷一善, 滝川真弘, 堀田弘明, 山名早人
情報科学技術フォーラム講演論文集   16th 297‐304   2017年9月
馬屋原昂, 佐藤宏樹, 石巻優, 今林広樹, 山名早人
情報処理学会研究報告(Web)   2017(OS-141) Vol.2017‐OS‐141,No.6,1‐7 (WEB ONLY)   2017年7月
今林広樹, 石巻優, 馬屋原昂, 佐藤宏樹, 山名早人
情報処理学会論文誌トランザクション データベース(Web)   10(1) 1‐12 (WEB ONLY)   2017年3月
佐藤宏樹, 馬屋原昂, 石巻優, 今林広樹, 山名早人
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 165‐172   2016年8月
滝川真弘, 山名早人
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 1‐7   2016年8月
森山優姫菜, 下岡純也, 浅井洋樹, 山名早人, 山名早人
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 321‐328   2016年8月
HAN Jungkyu, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   115(110(DE2015 1-11)) 29-34   2015年6月
Takahiro Hara, Kin Fun Li, Shengrui Wang, Hayato Yamana
Proceedings - IEEE 29th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, WAINA 2015      2015年1月
浅井洋樹, 山名早人
情報処理学会論文誌トランザクション データベース(Web)   7(4) 1-12 (WEB ONLY)   2014年12月
田中正浩, WANG Lan, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   114(366(NLC2014 34-43)) 127-132   2014年12月
浅井洋樹, 山名早人
情報処理学会研究報告(Web)   2014(CE-127) VOL.2014-CE-127,NO.1 (WEB ONLY)   2014年11月
奥谷貴志, 山名早人, 山名早人
日本データベース学会和文論文誌   13-J(1) 1-6   2014年10月
手塚渉太, 浅井洋樹, 山名早人, 山名早人
日本データベース学会和文論文誌   13-J(1) 58-63   2014年10月
奥野峻弥, 浅井洋樹, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   114(173(DE2014 22)) 65-70   2014年7月
林佑磨, 奥野峻弥, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   114(173(DE2014 22)) 53-58   2014年7月
上里和也, 田中正浩, 浅井洋樹, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   114(173(DE2014 22)) 125-130   2014年7月
Chun Fang, Tamotsu Noguchi, Hayato Yamana
Proceedings of the 6th International Conference on Bioinformatics and Computational Biology, BICOB 2014   73-79   2014年1月
Evolutionary conservation information included in position-specific scoring matrix (PSSM) has been adopted by almost all sequence-based methods for identifying protein functional sites, because all functional sites, whether in ordered or disordere...
Takahiro Hara, Kin Fun Li, Hayato Yamana, Shengrui Wang
Proceedings - 2014 IEEE 28th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, IEEE WAINA 2014      2014年1月
Takahiro Hara, Kin Fun Li, Hayato Yamana, Shengrui Wang
Proceedings - 27th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, WAINA 2013      2013年8月
Chun Fang, Chun Fang, Tamotsu Noguchi, Tamotsu Noguchi, Hayato Yamana
IPSJ Transactions on Bioinformatics   6 35-42   2013年6月
In this paper, we propose a novel method, named SCPSSMpred (Smoothed and Condensed PSSM based prediction), which uses a simplified position-specific scoring matrix (PSSM) for predicting ligand-binding sites. Although the simplified PSSM has only t...
秋岡明香, 村岡洋一, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   112(454(IBISML2012 93-109)) 25-30   2013年2月
大規模データ解析に対する需要の高まりにより,機械学習アルゴリズムをグラウトのような大規模分散環境で,高速かつスケーラブルに実行する必要が生じている.機械学習アルゴリズムの多くは,並列分散分野におけるデータインテンシブアプリケーションとは全く異なるデータアクセスパターンを持つ.したがって,機械学習アルゴリズムを並列分散実行し高速化するためには,機械学習アルゴリズム特有のデータアクセスパターンを抽出・モデル化し,並列実行可能な箇所や依存関係を明記したタスクグラフを生成する必要がある.本稿では,...
上里和也, 奥谷貴志, 浅井洋樹, 奥野峻弥, 田中正浩, 山名早人
研究報告データベースシステム(DBS)   2013(21) 1-8   2013年11月
Twitter のユーザ数が増加を続ける一方で,不正に ID 及びパスワードを入手され,他人によってツイートを投稿される被害が増加している.これに対し,我々はアカウント乗っ取りによって投稿されるメッセージの一部であるスパムツイートの検出手法を提案し,8 割程度の正答率を得ている.同手法では特定の単語が含まれているスパムツイートを検出対象とし,検出の有効性を示している.本研究では同検出対象を広げ,アカウントの所持者以外が投稿したツイート全体を 「乗っ取りツイート」 として定義し,これを検出す...
三上拓也, 駒田康孝, 野口保, 菅野敦之, 山名早人
研究報告データベースシステム(DBS)   2013(11) 1-6   2013年7月
医薬品の服用に伴う副作用の早期発見と対策は,医療現場において重要な課題である.副作用の早期発見と対策のためには,医師や薬剤師が全医薬品の全副作用を把握しておく必要がある.しかし,一つの医薬品に既知の副作用は数多くあり,全ての副作用の把握は困難である.また副作用には同義に解される類似表記が多くあり,同一の副作用にも関わらず表記違いにより異なる副作用として誤認し,副作用の発見が遅れる可能性がある.さらに,医薬品との関連性が立証されていない未知の副作用も想定される.そこで本稿では副作用の表記ゆれ...
奥野 峻弥, 浅井 洋樹, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   113(150) 37-42   2013年7月
従来,著者推定研究は小説に対する著者推定を中心に研究が行われており,限定された人数の著者候補者群を取り扱ってきた.またこれまでに,インターネットに投稿された文章を対象に1万人レベルでの著者推定手法を提案し,8割程度の精度を得ている.しかし,多数のユーザが存在する,マイクロブログに投稿されるメッセージは,投稿数は多いが一度に投稿される文章量が短く,未知語や誤字脱字が多いという特徴が存在するため,これまでの手法では精度が低下してしまう.そこで,本研究ではメッセージから辞書を作成し,その辞書を用...
上田 高徳, 秋岡 明香, 山名 早人
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(5) 1094-1104   2013年5月
データストリーム処理のアプリケーションには,アルゴリズム取引やネットワークパケット監視のように,大容量データストリームを低レイテンシで処理することが必要なものがある.マルチコアCPUを用いた並列処理により大容量ストリームの処理が可能であるが,オペレータごとにスレッドを割り当てると,CPUコア間通信やスレッド待機のオーバヘッドによりレイテンシが増大する.逆にスレッド数が少なすぎては並列性を生かせず,処理できるデータ量に限界が生じる.本論文では,CPUアーキテクチャやスレッド待機のオーバヘッド...
上田 高徳, 佐藤 亘, 鈴木 大地, 打田 研二, 森本 浩介, 秋岡 明香, 山名 早人
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   6(2) 85-97   2013年3月
Webクローラは,クローリング済みURLの検出やWebサーバに対する連続アクセス防止といった処理を実行しながらデータ収集を行う必要がある.Web空間に存在する大量のURLに対して高速な収集を実現するために並列分散クローリングが求められるが,省資源でのクローリングを行うためにも,処理の時間計算量と空間計算量の削減に加え,計算機間の負荷分散も必要である.本論文で提案するWebクローラは,クローリング処理をProducer-Consumer型のモジュール群で実行することにより,これまでの被クロー...
上田 高徳, 浅井 洋樹, 藤木 紫乃, 山本 祐輔, 武井 宏将, 秋岡 明香, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   112(346) 53-58   2012年12月
上田高徳, 浅井洋樹, 藤木紫乃, 山本祐輔, 武井宏将, 武井宏将, 秋岡明香, 山名早人, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   112(346(DE2012 27-40)) 53-58   2012年12月
上田高徳, 浅井洋樹, 藤木紫乃, 山本祐輔, 武井宏将, 秋岡明香, 山名早人
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2012(8) 1-6   2012年12月
本稿では我々が取り組んでいる多メディアビッグデータの統合的解析による情報抽出の試みについて述べる.ソーシャルメディアの普及によって,様々な情報がリアルタイムにインターネット上にアップロードされるようになった.我々は,単一のソーシャルメディアだけでなく,複数の情報源を組み合わせた, 「多メディアデータ」 を解析することで,より有益な情報を抽出できると考えている.本稿では我々が取り組んでいる多メディア解析について述べる.また,大規模リアルタイムデータの解析をサポートするために開発している,並列...
Keisuke Arai, Hiromasa Takei, Hayato Yamana, Hayato Yamana
Proceedings of 2012 International Conference on Multimedia Computing and Systems, ICMCS 2012   96-101   2012年11月
This paper proposes a new thumbnail generation method to improve the recognizability of visual attention objects on small displays. Previous methods such as simple scaling reduce the recognizability of original images because the visual attention ...
田中友樹, 及川孝徳, 山名早人, 山名早人, 大西貴士, 土田正明, 石川開
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012(5) ROMBUNNO.B4,TANAKA   2012年11月
上田高徳, 佐藤亘, 鈴木大地, 打田研二, 森本浩介, 秋岡明香, 山名早人, 山名早人
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012(5) ROMBUNNO.B3,UEDA   2012年11月
浅井 洋樹, 野輝 明里, 苑田 翔吾, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学   112(269) 65-70   2012年10月
生徒の学習を支援する際に必要なプロセスとして,つまずきの検知が挙げられる.CAIのつまずき検出に関する研究では,採点結果や解答所要時間,センサーから取得した学習者の顔画像や脈拍などの生体情報,そして入力デバイスであるキーボードやマウスの操作履歴を利用して検知を行う研究が行われてきた.しかし現状の初等教育では筆記活動を中心とした環境であり,こうした環境におけるつまずき検出に関しては深い議論が行われてこなかった.本報告では生徒が利用するペンから得られる筆記情報を元に,つまずきを検出する手法につ...
浅井洋樹, 浅井洋樹, 野澤明里, 苑田翔吾, 山名早人
電子情報通信学会技術研究報告   112(269(ET2012 37-52)) 65-70   2012年10月
Takahiro Hara, Kin Fun Li, Hayato Yamana, Shengrui Wang
Proceedings - 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, WAINA 2012      2012年5月
福田 崇, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   111(500) 31-36   2012年3月
人間工学,市場戦略などに用いられる視線情報は,自然な状態に置かれた多くの被験者から得られることが望ましい.これらの条件を満たすためには,Webカメラを用いることが有効である.Webカメラを用いて非接触型視線推定を実現する場合,使用する目画像の解像度が低く,誤差が生じることが問題となる.これに対し,これまで我々はWebカメラから得られる低解像度目画像を用いて,眼球の回転角度を連続値で詳細に推定する非接触型視線推定手法を提案した.前研究では,二値化した低解像度目画像から得られる瞳輪郭の歪みを除...
浅井洋樹, 山名早人, 山名早人
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(3) ROMBUNNO.DBS-154,NO.8   2012年10月
新井 啓介, 武井 宏将, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   111(500) 177-182   2012年3月
本稿ではユーザが注目している物体と背景とを分離し,疑似的な立体サムネイルを作成する手法を提案する.現在広く利用されている縮小サムネイルは,サイズが小さくなると何が写っているのか把握できず視認性が失われてしまうため,画面の小さい端末での利用に適していない.また注目物体を強調した画像縮小手法においても,注目物体が背景領域に埋もれてしまうために,サイズの小さいサムネイルでは注目物体の被発見性が失われてしまうという問題があった.この問題に対し,画像内から注目物体を自動的に抽出し,アフィン変換された...
浅井洋樹, 山名早人
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2012(8) 1-7   2012年7月
近年,タブレット端末や電子ペンに代表される手書き入力可能な端末が普及し始めたことにより,手書きドキュメントの電子化が進みつつある.端末上でのドキュメント探索,閲覧プロセスの過程において各ドキュメントの概要把握を目的とした閲覧時では,元ドキュメントを縮小したサムネイルや,要約テキストを出力するテキストスニペットが一覧表示のスニペットとしてしばし用いられる.しかし,手書きドキュメントに対して従来の単純に縮小したサムネイルを用いると,文字が要約されずに縮小されてしまうため記述内容が読み取れず,概...
福田 崇, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   111(499) 31-36   2012年3月
人間工学,市場戦略などに用いられる視線情報は,自然な状態に置かれた多くの被験者から得られることが望ましい.これらの条件を満たすためには,Webカメラを用いることが有効である.Webカメラを用いて非接触型視線推定を実現する場合,使用する目画像の解像度が低く,誤差が生じることが問題となる.これに対し,これまで我々はWebカメラから得られる低解像度目画像を用いて,眼球の回転角度を連続値で詳細に推定する非接触型視線推定手法を提案した.前研究では,二値化した低解像度目画像から得られる瞳輪郭の歪みを除...
浅井洋樹, 山名早人
情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告   2012(8) 1-7   2012年7月
近年,タブレット端末や電子ペンに代表される手書き入力可能な端末が普及し始めたことにより,手書きドキュメントの電子化が進みつつある.端末上でのドキュメント探索,閲覧プロセスの過程において各ドキュメントの概要把握を目的とした閲覧時では,元ドキュメントを縮小したサムネイルや,要約テキストを出力するテキストスニペットが一覧表示のスニペットとしてしばし用いられる.しかし,手書きドキュメントに対して従来の単純に縮小したサムネイルを用いると,文字が要約されずに縮小されてしまうため記述内容が読み取れず,概...
新井 啓介, 武井 宏将, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   111(499) 177-182   2012年3月
本稿ではユーザが注目している物体と背景とを分離し,疑似的な立体サムネイルを作成する手法を提案する.現在広く利用されている縮小サムネイルは,サイズが小さくなると何が写っているのか把握できず視認性が失われてしまうため,画面の小さい端末での利用に適していない.また注目物体を強調した画像縮小手法においても,注目物体が背景領域に埋もれてしまうために,サイズの小さいサムネイルでは注目物体の被発見性が失われてしまうという問題があった.この問題に対し,画像内から注目物体を自動的に抽出し,アフィン変換された...
新井 啓介, 武井 宏将, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111(500) 177-182   2012年3月
福田 崇, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111(499) 31-36   2012年3月
新井 啓介, 武井 宏将, 山名 早人
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111(499) 177-182   2012年3月

書籍等出版物

 
Andrew B. King
オライリージャパン   2009年12月   ISBN:4873114314
オプティマイジングWebサイト-SEO・サーバ・クライアントの最適化技術
オライリー・ジャパン   2009年   ISBN:978-4-87311-431-6
Rael Dornfest, Paul Bausch, Tara Calishain (担当:監修)
オライリー・ジャパン   2007年4月   ISBN:4873113210
Google Hacks 第3版― プロが使うテクニック&ツール100選
オライリー・ジャパン   2007年   ISBN:978-4-87311-321-0
Tara Calishain, Rael Dornfest, 山名 早人, 石川 隼輔, 堀井 洋, 村上 明子, 鹿島 久嗣, 小柳 光生 (担当:共著)
オライリージャパン   2005年8月   ISBN:4873112338
Google Hacks 第2版― プロが使うテクニック&ツール100選
オライリー・ジャパン   2005年   
タラ カリシェイン, DJ アダムス, ラエル ドーンフェスト (担当:共訳)
オライリージャパン   2003年10月   ISBN:4873111536
タラ・カリシェイン, ラエル・ドーンフェスト (担当:共訳)
オライリー・ジャパン   2003年8月   ISBN:4873111366
監訳「Google Hacks」
オライリー・ジャパン   2003年   
翻訳「Googleポケットガイド」
オライリー・ジャパン   2003年   
山名 早人, 田村 健人 (担当:共著)
カットシステム   1996年12月   ISBN:4906391389
山名 早人
マイガイア   1996年7月   ISBN:488528211X
村岡 洋一, 山名 早人 (担当:共著)
オーム社   1992年6月   ISBN:4274129039

担当経験のある科目

 

Works

 
検索エンジンの信頼性
2007年
WWW情報検索システムのサーベイ
2000年
多メディアWeb解析基盤の構築及び社会分析ソフトウェアの開発
2008年
e-Society/インターネット上の知識集約を可能にするプラットフォーム構築技術
2002年 - 2007年
アドバンスト並列化コンパイラ技術の開発(NEDO/METI)
2000年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山名 早人
インターネット上には様々な情報が氾濫し、その信憑性が社会問題化してきている。本研究では、こうした信憑性を判断するための一手法として「誰がその記事を書いたか」という著者推定を数十万人規模で行う技術に取り組んでいる。初年度は、SNSのtweetを対象とした著者推定を行い、当初目標である1000人での推定を実現すると共に、次段階として約5000人に対する著者推定実験を行った。この結果、約70%の精度で著者を推定できることを確認した。特に、tweetのコンテンツとして特有な叫喚tweetへの対応(...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 山名 早人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 山名 早人
検索エンジンは日常生活においても必要不可欠な存在となっているにも関わらず,その信頼性は不透明である.特に,検索結果として表示されるヒット数は,同じ検索語でも100倍, 1000倍と大きく変動する.本研究では,様々な指標として用いられているヒット数に着目し,ヒット数の変動傾向を15ヶ月に渡る調査から明かにした.さらに,信頼性の高いヒット数を得るための仕組みを考案し99.5%の精度でヒット数の大小判定ができる仕組みを確立した.
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 山名 早人
2010年度は、2009年度に開発したシステム自動最適化アルゴリズムの実機評価を目指した。本アルゴリズムはProducer-Consumer型のモジュール群で構築されたアプリケーションにおいて、メニーコアCPUを最大限に利用できるよう各モジュールに割り当てる計算機やスレッド数を自動で決定し、アプリケーションの性能を最適化することが目標である。研究には我々が開発している分散処理フレームワークであるQueueLinkerを用いた。2010年度は、まず、自動最適化アルゴリズムの評価用アプリケーシ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 中島達夫
本研究において目的とするモニタリングアーキテクチャは,情報基盤,社会基盤,人々の日常生活を守るためのソフトウエアの一群である.通常は独立に研究されていた研究分野を統合することにより,従来解決が困難であった問題を解決していくことを可能とする.本研究では,計算機システム,ネットワークシステム,実世界に関する統合的なスケーラブルモニタリングに関するシステム構築をおこなうことで将来の計算機システムのあるべき姿を検討した.