谷本 啓司

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 03:15
 
アバター
研究者氏名
谷本 啓司
 
タニモト ケイジ
eメール
keijitara.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
博士(農学)(筑波大学)
科研費研究者番号
90261776

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1995年4月
日本学術振興会 特別研究員
 
1995年5月
 - 
1997年3月
筑波大学 筑波大学応用生物化学系 講師
 
1996年4月
 - 
1997年1月
日本学術振興会 海外の中核的研究拠点への派遣研究者
 
1997年4月
 - 
1998年12月
ノースウェスタン大学(アメリカ合衆国) 博士研究員
 
1999年1月
 - 
2000年9月
ノースウェスタン大学(アメリカ合衆国) 研究助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年
筑波大学 第二学群 農林学類
 
 
 - 
1994年
筑波大学 農学研究科 応用生物化学
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年8月
日本生化学会  評議員
 

受賞

 
1996年
つくば賞
 

論文

 
Matsuzaki, Hitomi; Okamura, Eiichi; Kuramochi, Daichi; Ushiki, Aki; Hirakawa, Katsuhiko; Fukamizu, Akiyoshi; Tanimoto, Keiji
Epigenetics & chromatin   11(1) 36   2018年6月
[BACKGROUND] Genomic imprinting is governed by allele-specific DNA methylation at imprinting control regions (ICRs), and the mechanism controlling its differential methylation establishment during gametogenesis has been a subject of intensive rese...
Ushiki, Aki; Matsuzaki, Hitomi; Fukamizu, Akiyoshi; Tanimoto, Keiji
Molecular and cellular biology   38(7)    2018年1月   [査読有り]
The renin-angiotensin system plays an essential role in blood pressure homeostasis. Because renin activity is reflected as a blood pressure phenotype, its gene expression in the kidney is tightly regulated by a feedback mechanism,gene transcriptio...
Ushiki, Aki; Matsuzaki, Hitomi; Ishida, Junji; Fukamizu, Akiyoshi; Tanimoto, Keiji
PLOS ONE   11(11)    2016年11月   [査読有り]
Matsuzaki, Hitomi; Okamura, Eiichi; Takahashi, Takuya; Ushiki, Aki; Nakamura, Toshinobu; Nakano, Toru; Hata, Kenichiro; Fukamizu, Akiyoshi; Tanimoto, Keiji
DEVELOPMENT   142(22) 3833-3844   2015年11月
Kato,Hideki;Ishida,Junji;Matsusaka,Taiji;Ishimaru,Tomohiro;Tanimoto,Keiji;Sugiyama,Fumihiro;Yagami,Ken-ichi;Nangaku,Masaomi;Fukamizu,Akiyoshi
PLoS One   10(6)    2015年6月   [査読有り]
The renin-angiotensin system (RAS) plays a central role in blood pressure regulation. Although clinical and experimental studies have suggested that inhibition of RAS is associated with progression of anemia, little evidence is available to suppor...

書籍等出版物

 
日本臨牀
谷本,啓司 (担当:監修, 範囲:RAAS研究の進歩 ーRAASの新知見ー 「RAAS遺伝子の転写制御機構 ー人工染色体導入マウスを用いた in vivo 解析 ー」)
日本臨牀社   2012年9月   
第3章 アクティビンの構造と機能 「4. アクティビン遺伝子の発現調節」
谷本啓司;深水昭吉 (担当:監修)
実験医学増刊 TGF-βスーパーファミリー:TGF-β・アクティビン・骨形成因子(羊土社)   1992年1月   
「発生工学によるレニン・アンジオテンシン系の新しいアプローチ」
柳内和幸;谷本啓司;深水昭吉;村上和雄 (担当:監修)
血管と内皮(メディカルレビュー社)   1995年1月   
「トランスジェニック動物」
杉山文博;谷本啓司;深水昭吉 (担当:監修)
実験医学別冊メディカル用語ライブラリー:高血圧(羊土社)   1995年1月   
「エピジェネティクス(パート1)DNAのメチル化やインシュレーターと転写制御」
谷本啓司 (担当:監修)
わかる実験医学シリーズ「転写がわかる ~基本転写から発生, 再生, 先端医療まで~」半田 宏 編(羊土社)   2002年1月   

講演・口頭発表等

 
人工刷り込み制御配列によるゲノム刷り込みの再構築
谷本,啓司
第64回日本実験動物学会総会   2017年5月25日   
レニン遺伝子の高血圧環境応答性 cis-DNA 配列の解析
谷本,啓司
第64回日本実験動物学会総会   2017年5月25日   
H19-ICR反転によるH19遺伝子転写制御機構のin vivo解析
宮嶋, 優;谷本, 啓司;松﨑, 仁美
第12回日本エピジェネティクス研究会年会   2018年5月24日   
ヒトβグロビン遺伝子座におけるH19-ICR断片挿入の効果とクロマチン立体構造解析
平川, 勝彦;松﨑, 仁美;谷本, 啓司
第12回日本エピジェネティクス研究会年会   2018年5月24日   
Imprinted gene expression can be reconstituted by synthetic DNA fragment composed of specified cis regulatory elements from the H19 ICR
Matsuzaki, Hitomi;Kuramochi, Daichi;Hirakawa, Katsuhiko;Tanimoto, Keiji
Keystone Symposia (Gene Control in Development and Disease)   2018年3月23日   

その他

 
2017年4月
理化学研究所筑波事業所 遺伝子組換え実験安全委員会 委員