松田 紀之

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/21 11:49
 
アバター
研究者氏名
松田 紀之
 
マツダ ノリユキ
URL
http://www.sk.tsukuba.ac.jp/~mazda
学位
Ph. D.(メリーランド大学(アメリカ合衆国)), M. A.(エモリー大学(アメリカ合衆国))

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 システム情報工学研究科 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻 教授
 
1996年
   
 
- 筑波大学教授
 
1985年
 - 
1996年
 筑波大学助教授
 
1980年
 - 
1985年
 筑波大学講師
 
1991年
 - 
1992年
 ワシントン州立大学,客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1980年
メリーランド大学大学院 法学研究科 社会学
 
 
 - 
1971年
京都大学 教育学部 教育心理学
 

受賞

 
1988年
日本認知科学会 : 第6回大会発表賞
 

Misc

 
Exploration of the Web Semantic Interfaces by Network Analysis, Focusing on the Textual Structures and Eye-Tracking Behavior.
科研費研究集会「高次元データの統計学 -理論・方法論・関連分野への応用-」発表資料.'09.12.14-16. 筑波大学.      2009年
Finding core neighborhoods and communities in the Web semantics networks by σiui of SVD:--Selection of terms in proportion to σi2/σ12.
In Proceedings of the Annual Conference of Japan Behaviormetric Society, Seikei University, Tokyo. 2009.      2009年
Webセマンティク・インターフェイスのネットワーク分析:テキスト構造と視線追跡記録の探索.
第25回ファジィシステムシンポジウム:「評価問題の数理 I」セッション特別講演      2009年
What will emerge from network analysis of shifts of interests of web page readers?--Another use of eye-tracking records.
In Proceedings of IADIS Interfaces and Human Computer Interaction (IHCI), paper #38, June 20-22, Algrave, Portugal, 2009.      2009年
Effect of visual presentation in recognizing emotion expressed in a musical performance.
In Proceedings of 2008 IEEE on SMC, P0339. Singapore.   12-15   2008年

書籍等出版物

 
Risk perceptions in the risk society: The cognitive architecture of risk of Japanese and Americans. In Y. Murakami, N. Kawamura and S. Chiba (eds.) Toward a peaceable future, Chapter. 10.
Pullman, WA: The Tomas S. Foley Institute for Public Policy and Public Service   2005年   
印象の鮮明化を利用した参加型分析.大澤 光編著「印象の工学とはなにか」pp. 246-258
東京:丸善プラネット   2000年   
質的情報の多変量解析
EPSB (Electronic Publication of Statistical Books).http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~ebsa/matsuda01/index.html   2000年   
A Close Examination of Cross-Cultural Perceptions about Non-Nuclear Risks by Covariance Structure Analysis. In S.Kondo & K. Furuta (Eds). PSAM5-Probabilistic Safety Assesment and Management, Vol. 3, 1833-1837.
Tokyo: Universal Academy Press.   2000年   
The cognitive architecture of risk: Pancultural unity or cultural shaping? In O. Renn and B. Rohrmann (Eds.) Comparative risk perception, Chapter 5.
Dordrecht, The Netherlands: Kluwer   2000年   

Works

 
遺伝的アルゴリズムによる双方向AHP評価システム開発
1998年 - 1998年
マルチメディア活用による双方向型調査分析手法の開発研究
1996年 - 1996年
クルマの形の感性的訴求性についての研究
1995年 - 1995年

競争的資金等の研究課題

 
感性的判断の支援と分析
リスク認知