岡崎 慎治

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:57
 
アバター
研究者氏名
岡崎 慎治
eメール
sokazakihuman.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
人間系
職名
准教授
学位
博士(心身障害学)(筑波大学), 修士(心身障害学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2000年
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1996年
筑波大学 第二学群 心身障害学専攻
 
 
 - 
2000年
筑波大学 心身障害学研究科 心身障害学
 

受賞

 
2000年
日本臨床神経生理学会 第2回研究奨励賞
 

論文

 
発達障害に対する教育と社会的サポート
岡崎慎治;青木真純
精神科   29(5) 419-424   2016年11月
特別支援教育の基礎基本16 自閉症スペクトラムとADHD
OKAZAKI,Shinji
月間教職教育   2016年(7月号) 58-58   2016年7月
認知発達のメカニズムと読み書き障害―知能のPASS理論との関連から―
OKAZAKI,Shinji
LD研究   26(1) 39-46   2017年
文の黙読課題遂行中の事象関連電位からみた自閉症スペクトラム障害児の意味処理過程
吉井鮎美;岡崎慎治;平野晋吾;寺田信一
生理心理学と精神生理学    33(3) 215-222   2015年10月
なぜ授業に集中できないのか−子どもの認知特性を中心に−
OKAZAKI,Shinji
発達教育   2017年(1月号) 4-11   2016年12月

書籍等出版物

 
乳幼児期における発達障害の理解と支援①知っておきたい発達障害のアセスメント
岡崎慎治
2016年3月   
日本版DN-CASの解釈と事例
OKAZAKI,Shinji
日本文化科学社   2017年3月   
別冊発達31 ADHDの理解と援助
岡崎,慎治
ミネルヴァ書房   2011年11月   
発達障害支援ハンドブック
岡崎,慎治
金子書房   2012年8月   
DN-CASによる子どもの学習支援-PASS理論を指導に活かす49のアイデア-
前川久男・中山健・岡崎慎治;+岡崎, 慎治 (担当:単訳)
日本文化科学社   2010年6月   

講演・口頭発表等

 
Interactive interventions based on cognitive education - a change of cognitive process, performance, and strategies on problem tasks
AOKI, Masumi;HAMADA, Kasumi;OKAZAKI, Shinji
International Association for Cognitive Education and Psychology European-Middle East Regional Conference 2016   2016年9月16日   
The effects of interactive interven- tions by using graduated prompt level for children with special educational needs on problem solving tasks.
AOKI, Masumi;HAMADA, Kasumi;OKAZAKI, Shinji
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月27日   
The effects of conversations between instructors and children with special educational needs on solving the Non-Verbal Matrix Task: strategy and eye movement
HAMADA, Kasumi;AOKI, Masumi;OKAZAKI, Shinji
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月27日   
事象関連電位による ADHD の認知特性評価 [招待有り]
OKAZAKI,Shinji
日本ADHD学会第7回総会   2016年2月21日   
Neurocognitive development of behavioral control in children with ADHD: Evidences using Event-Related Potentials [招待有り]
OKAZAKI,Shinji
3rd Asian Congress on ADHD   2016年5月26日   
In this presentation, we focused our interest on neurocognitive development of behavioral control in children with ADHD in several age groups under several task conditions. Event-Related Potentials (ERPs) have the advantage of better temporal reso...

競争的資金等の研究課題

 
注意欠陥/多動性障害児の行動制御に関する研究