朝比奈 雅志

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/02 16:14
 
アバター
研究者氏名
朝比奈 雅志
 
アサヒナ マサシ
URL
http://www.e-campus.gr.jp/staffinfo/public/staff/detail/1494/32
所属
帝京大学
部署
理工学部 バイオサイエンス学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学)

プロフィール

東京学芸大学・教育学部卒業。
筑波大学大学院・生命環境科学研究科修了、博士(理学)。
筑波大学・日本学術振興会特別研究員(理化学研究所・植物科学研究センター客員研究員併任)、オレゴン州立大学・Postdoctoral Research Associate、 筑波大学・遺伝子実験センター研究員を経て、2009年より帝京大学・理工学部バイオサイエンス学科勤務。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
帝京大学・理工学部・バイオサイエンス学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2017年3月
帝京大学・理工学部・バイオサイエンス学科 講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
帝京大学・理工学部・バイオサイエンス学科 助教
 
2008年
 - 
2009年
筑波大学 遺伝子実験センター 研究員
 
2007年
 - 
2008年
オレゴン州立大学 園芸学部 Postdoctoral Research Associate
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 日本学術振興会特別研究員
 
2004年
 - 
2007年
(理化学研究所 植物科学研究センター 客員研究員 併任)
 
2003年
 - 
2004年
理化学研究所 植物科学研究センター ジュニアリサーチアソシエイト
 

学歴

 
1999年
 - 
2004年
筑波大学 生命環境科学研究科 生命共存科学専攻(一貫性博士課程)
 
1995年
 - 
1999年
東京学芸大学 教育学部 中学校理科専攻・生物学専修
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
植物細胞分子生物学会  キャリア支援WG
 
2013年3月
 - 
現在
日本植物学会  広報委員会ホームページコンテンツ作成ワーキンググループ委員
 
2009年4月
 - 
現在
宇都宮市もったいない運動市民会議  委員
 

受賞

 
2013年
平成24年度・冲永荘一学術文化奨励賞
 
2012年
植物化学調節学会 奨励賞 「植物切断組織の癒合における植物ホルモンおよび転写因子の役割」
 
2011年
植物化学調節学会第46回大会ポスター賞 「シロイヌナズナ花茎の組織癒合におけるジャスモン酸とAP2型転写制御因子の働き」
受賞者: 清水美甫、朝比奈雅志、Pitaksaringkarn Weerask、山口信次郎、神谷勇治、横田孝雄、佐藤忍
 
2001年
植物化学調節学会第36回大会ポスター賞 「トマト・キュウリ切断胚軸における皮層の組織癒合に対する子葉及びジベレリンの関与」
受賞者: 朝比奈雅志、岩井宏暁、菊池彰、山口信次郎、神谷勇治、鎌田博、佐藤忍
 

論文

 
Asahina M & Satoh S.
| Journal of Plant Rese   128 381-388   2015年5月   [査読有り][招待有り]
植物の切断組織における組織癒合へのホルモンと細胞壁代謝の関与
朝比奈 雅志、Weerasak PITAKSARINGKARN、佐藤忍
植物科学の最前線   6 31-40   2015年4月   [査読有り][招待有り]
Pitaksaringkarn W, Matsuoka K, Asahina M, Miura K, Sage-Ono K, Ono M, Yokoyama R, Nishitani K, Ishii T, Iwai H,
Plant Journal   80(4) 604-614   2014年   [査読有り]
Asahina M, Tamaki Y, Sakamoto T, Shibata K, Nomura T, Yokota T.
Phytochemistry   104 21-29   2014年   [査読有り]
Bidadi H, Matsuoka K, Sage-Ono K, Fukushima J, Pitaksaringkarn W, Asahina M, Yamaguchi S, Sawa S, Fukuda H, Matsubayashi Y, Ono M, Satoh S.
Plant J   78(2) 241-252   2014年   [査読有り]
Pitaksaringkarn W, Ishiguro S, Asahina M, Satoh S.
Plant Biotechnology   31 49-53   2014年   [査読有り]
Matsuoka K, Furukawa J, Bidadi H, Asahina M, Yamaguchi S, Satoh S.
Plant and Cell Physiology.    55(1) 87-98   2014年   [査読有り]
朝比奈 雅志
植物の生長調節   48(1) 17-23   2013年5月   [査読有り][招待有り]
Kikuchi A, Asahina M, Tanaka M, Satoh S, Kamada H.
Journal of Plant Research   126(2) 243-250   2013年   [査読有り]
Martínez-Andújar C*, Pluskota W*, Bassel G*, Asahina M* et al. (*These authors contributed equally to this work).
Plant Journal   71(4) 575-586   2012年   [査読有り]
Asahina M, Azuma K, Pitaksaringkarn W, Yamazaki T, Mitsuda N, Ohme-Takagi M, Yamaguchi S, Kamiya Y, Okada K, Nishimura T, Koshiba T, Yokota T, Kamada H, Satoh S.
PNAS   108(38) 16128-16132   2011年9月   [査読有り]
Watanabe, K. Kikuchi, A. Shimazaki, T. Asahina, M.
Potato Research   54(4) 319-324   2011年   [査読有り]
Martin RC* and Asahina M* et al. (*These authors contributed equally to this work).
Seed Science Research   20(2) 89-96   2010年   [査読有り]
Martin RC* and Asahina M* et al. (*These authors contributed equally to this work).
Seed Science Research   20(2) 79-87   2010年   [査読有り]
Khan MS, Yu X, Kikuchi A, Asahina M*, Watanabe KN (*corresponding author)
Plant Biotechnology   26(1) 125-134   2009年   [査読有り]
Asahina M, Yamauchi Y, Hanada A, Kamiya Y, Kamada H, Satoh S, Yamaguchi S.
Plant Biotechnology   24 99‒106   2007年   [査読有り]
Asahina M, Gocho Y, Kamada H, Satoh S.
Journal of Plant Research.   119(4) 337-342   2006年   [査読有り]
朝比奈雅志、佐藤忍
植物の生長調節    39 135-141   2004年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
朝比奈 雅志
首都圏北部4大学シーズ集「4u」   5 25-26   2012年   [依頼有り]
ウェブツールを用いたバイオインフォマティクス教育の実践例
朝比奈 雅志
帝京大学ラーニングテクノロジー開発室年報   8    2011年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
発芽生物学
文一総合出版   2009年   ISBN:978-4-8299-1072-6
細胞生物学実験法
朝倉書店   2007年   ISBN:978-4-254-17133-4
学力向上につながる理科の題材
東京法令出版   2006年   ISBN:978-4809062599
Biomineralization (BIOM2001), formation, diversity, evolution and application.
Tokai University Press   2002年   ISBN:4486031709

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
植物の切断組織における癒合機構の解析

その他

 
1999年
中学校理科教員免許状
高等学校理科教員免許状