論文

2015年

分子レベル構造制御によるAu(111)上DNTT単分子膜の電子状態の変調

表面科学学術講演会要旨集
  • 長谷川, 友里
  • ,
  • 細貝, 拓也
  • ,
  • 若山, 裕
  • ,
  • K.R., Koswattage
  • ,
  • 山田, 洋一
  • ,
  • 佐々木, 正洋

35
0
開始ページ
90
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
公益社団法人 日本表面科学会

DNTTをはじめ,高移動度を示す有機半導体低分子は高性能OFET材料として見込まれる.それらの単結晶性試料の電子状態解析がなされている一方,分子レベル構造に関する知見は多くない.我々はSTM計測から,Au(111)上のDNTT MLの分子配列が密度により変化することを見出した.各々の配列の電子状態計測およびDFT計算から,密度変化に伴う波動関数の重なりの変化により電子状態が変調し得ることが示された.

エクスポート
BibTeX RIS