SAKATA Kenji

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 03:14
 
Avatar
Name
SAKATA Kenji
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Social Sciences, Department of Social Sciences
Job title
Professor
Degree
Ph.D. (Sociology)(Chukyo University)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
A Social History of Broadcasting on the Street: Social Relationships between Street Broadcasting and Local Communities in Hokkaido
Kenji Sakata
『立命館産業社会論集』   52(4)    Mar 2017
How can radio program production contribute to Media Literacy Education?
Kenji Sakata
『立命館産業社会論集』   50(4) 177-188   Mar 2015
The History of a Post-warLocal Broadcasting System at Its Inception and Local Media: Focusing on cooperative relationship between NHK Kitami broadcast station and a local wired broadcaster
Kenji Sakata
『立命館産業社会論集』   50(2) 15-28   Sep 2014
「アメリカ2大学における地域連携学修実践および体験型メディア教育実践 St.Olaf College, Ohio University調査」報告
坂田謙司 金山勉
『立命館産業社会論集』   49(2) 137-151   Sep 2013
「東北被災地大学調査」報告
坂田謙司 景井充   髙嶋正晴   山田大地
『立命館産業社会論集』   48(4) 159-171   Mar 2013

Books etc

 
「電話リテラシーの社会史 —電話のマナー教育は、何を伝えたのか?—」『メディア・リテラシーの諸相: 表象・システム・ジャーナリズム 』
浪田陽子、柳澤伸司、福間良明 編著
ミネルヴァ書房   Mar 2016   ISBN:9784623076338
「メディアは、誰が、なぜ生み出すのか」『はじめてのメディア研究』
浪田陽子・福間良明編
世界思想社   Apr 2012   
『「反戦」と「好戦」のポピュラー・カルチャー ~メディア/ジェンダー/ツーリズム~』「プラモデルと戦争の『知』 ~『死の不在』とかっこよさ」
人文書院   Aug 2011   
『メディア文化を社会学する』「メディア遊びとミニFM マイナーメディアの文化論
高井昌士・谷本奈穂編
世界思想社   Dec 2009   
『博覧の世紀』「北海道の地方博覧会 中央と地方の眼差しの交差」
福間良明、難波功士、谷本奈穂編著
梓出版社   Jul 2009   

Conference Activities & Talks

 
A broadcasting on the street as community media.
Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication.   17 Jun 2017   
東京オリンピックのテレビ放送を巡る東アジアの交差〜与那国島における台湾テレビ視聴と沖縄・日本・アジア〜
東アジア市民社会研究国際学術シンポジウム   18 Jul 2010   
「コミュニティFMはなぜ市民メディアなのか?」
社会文化学会課題研究B   Dec 2006   
「NPOによるコミュニティFMの現状と展望―その公共性と財源・運営」
日本マス・コミュニケーション学会2006年度春期研究発表大会   Jun 2006   
教育メディアとしてのラジオの可能性
全国コミュニティ放送協議会全国大会基調講演   Feb 2006   

Teaching Experience