津田 英二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 03:11
 
アバター
研究者氏名
津田 英二
 
ツダ エイジ
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~zda/
所属
神戸大学
部署
大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻
職名
教授
学位
修士(教育学)(東京大学), 博士(学術)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
東京大学 大学院教育学研究科博士課程総合教育科学専攻単位修得退学  
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
2018年10月
日本福祉教育・ボランティア学習学会  理事
 
2017年10月
 - 
2019年9月
日本社会教育学会  理事
 

論文

 
神戸大学大学院人間発達環境学研究科附属発達支援インスティテュート心理教育相談室における実習の意義についてー実習における習得程度と職業的アイデンティティの関連についてー
相澤 直樹, 吉田 圭吾, 河﨑 佳子, 伊藤 俊樹, 山根 隆宏, 伊藤 篤, 津田 英二
神戸大学大学院人間発達環境学研究科発達支援インスティテュート心理教育相談室紀要   8 15-23   2018年3月
障害学生の「学び」から見るインクルーシヴな大学教育の意義と課題~韓国ナザレ大学卒業生のインタビュー調査を踏まえて~
津田 英二, 金丸 彰寿, 大山 正博, 川手 さえ子, 張 主善, 和田 仁美, 岩崎 陽, 塩田 愛里, 高 寅慶, 金 明淑, 金 英淑, 金 榮喆
神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要   11(1) 19-36   2017年9月   [査読有り]
都市型中間施設の効果と課題~「のびやかスペースあーち」10周年調査の質的データ分析から~
津田 英二
神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要   11(1) 111-119   2017年9月
「障害者の基礎教育保障」は「共生保障」になりえるか
津田 英二
基礎教育保障学研究   (1) 32-41   2017年8月   [査読有り][招待有り]
格差社会におけるインフォーマルな相互支援の意味:「開かれた公共性」に向けた社会教育の課題
津田 英二
生涯学習・社会教育研究ジャーナル   (10) 101-116   2017年   [査読有り]

Misc

 
社会教育と社会福祉
津田 英二
月刊社会教育   (743) 12-15   2018年4月   [依頼有り]
合理的配慮は福祉教育・ボランティア学習を生み出すか?
津田 英二
ふくしと教育   (23) 42-46   2017年8月   [依頼有り]
青年期発達障害者の文化活動
津田 英二
한일 국제 학술교류 심포지움      2016年12月   [依頼有り]
日本における発達障害者人材養成
津田 英二
発達障害人材開発センター開所及び国際セミナー      2015年11月   [依頼有り]
合理的配慮を通したインクルージョン
津田 英二
ナザレ大学校開校60周年記念2014国際学術会議   66-87   2014年10月

書籍等出版物

 
Nonformal Education and Civil Society in Japan
津田 英二
Routledge   2016年   
発達障害者が大学で学ぶということ
津田 英二 (担当:編者)
神戸大学大学院人間発達環境学研究科ヒューマン・コミュニティ創成研究センター   2015年12月   
社会教育の連携論
津田 英二
学文社   2015年11月   
社会教育の基礎
津田 英二
学文社   2015年4月   
社会教育・生涯学習研究のすすめ
津田 英二 (担当:共編者)
学文社   2015年4月   

講演・口頭発表等

 
地域共生社会の実現にむけた地域づくりと福祉教育・ボランティア学習を考える [招待有り]
津田 英二
日本福祉教育・ボランティア学習学会第23回大会   2017年12月   
都市型中間施設の効果と課題:「のびやかスペ-スあ-ち」10周年調査の質的デ-タ分析から-
津田 英二
日本福祉教育・ボランティア学習学会第23回大会   2017年12月   
障がい者生涯学習支援の展望と支援―「全国障がい者生涯学習支援研究会」の発足にあたって
津田 英二
日本特殊教育学会第55回大会   2017年9月   
「合理的な配慮」は福祉教育・ボランティア学習を生み出すか?~課題別研究の進め方~
津田 英二
日本福祉教育・ボランティア学習学会第22回みやざき大会   2016年11月   
都市型中間施設の効果と課題
津田 英二, 稲本 恵子
日本社会教育学会第63回研究大会   2016年9月   

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 稲原 美苗
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 津田 英二
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 伊藤 篤
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 津田 英二
科学研究費補助金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2009年       代表者: 末本 誠