MORISHITA Junya

J-GLOBAL         Last updated: Sep 13, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
MORISHITA Junya
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Intercultural Studies Department of Culture and Globalization
Job title
Professor

Published Papers

 
A Study of a Method for Estimating Attribute Values of Information Recommendation with Companions
Huang Yishuang, KIYOMITSU HIDENARI, OHTSUKI KAZUHIRO, MORISHITA JUNYA
Proceding of the 77th National Convention of IPSJ   2015(1) 591-592   Mar 2015
従来の情報推薦システムは,主に個人を対象として
推薦を行う.しかしながら,日常生活の中で家族,
恋人あるいは友達のような様々な人と一緒に行動す
ることも珍しくない.例えば,消費行動において同
伴者がいる状況では,単独で行動する場合とは購入
商品の選択などに違いが出ると考えられる.また,
一緒に行動する相手,いわゆる同伴者と本人の関係
により異なる影響があると考えられる.このような
状況の変化による利用者の要求の変化を情報推薦に
反映させるために推薦に利用する属性値の推定方法
と情報の隠蔽方...
Bibiliographical Database for Heritage Language Education: Contents, Internal Structure and Interface
NAKAJIMA KAZUKO, MORISHITA JUNYA, TANAKA JUNKO
Proceedings of The Fifth International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese (CASTEL/J)      Aug 2012   [Refereed]
本研究は,外国人児童生徒教育,継承語教育の一助とするため,世界各地に未整理のまま散在する継承語教育に関する文献を収集し,それに国内の最新の文献を加えてデータベース化をしてウエッブ上に公開し,継承語教育研究に資することを目的とするものである。研究者向けの入力支援機能を持つ編集管理システムを構築する上でさまざまな課題があるが,その中から,対象言語,対象領域,対象地域などに関する分類項目,キーワードの設定,研究者項目に関わる問題を取り上げ,その対処方法について述べる。
Reconstruction of the Research Materialson on the Digital Workbench for Anthropological Studies: toward Making Photoethnography
岩谷 洋史, 星野 次郎, 大崎 雅一, 森下 淳也
IPSJ Symposium Series   Vol2011, No.8, 161-168    Dec 2011   [Refereed]
Effectiveness of Educational "Sentence pattern" for display switching on comprehension support system "Text Viewer"
中尾 桂子, 森下 淳也
IPSJ Symposium Series   Vol.2011, No.8, 75-80    Dec 2011   [Refereed]
Want listを用いた購買支援と情報推薦
楊 斐, 清光 英成, 大月 一弘, 森下 淳也
情報処理学会研究報告データベースシステム   Vol. 2011-DBS-153 No. 15    Nov 2011

Misc

 
Resequence of a Digital Textbook according to the Pupil's Request
NAKAO, Keiko, MORISHITA, Junya
情報処理学会研究報告(IPSJ SIG Technical Report)   2003-CH-58, 49-56    May 2003   [Refereed]
Structured Data for Textbooks of Primary School and its Analysis to help Japanese Language Education for Foreigners' Pupil
MORISHITA, Junya, NAKAO, Keko, KANG, Min, OHTSUKI, Kazuhiro, KABURAGI, Makoto, YOKOH, Yoshinori
日本教育工学会研究会報告書   , 97-102    Jan 2001
Difference in Organization of Knowledge between Science Oriented and Literature Oriented Students -Example from Computer Literacy Education-
KABURAGI, Makoto, UTSUKI, Narisuke, MORISHITA, Junya, OHTSUKI, Kazuhiro, KANG, Min, YOKOH, Yoshinori
日本教育工学会研究会報告書   , 103-108    Jan 2001
インターネットと電子メールを活用する姫路獨協大学
SANO, Tomoyuki, KURAHASHI, Koichiro, SUGIYAMA, Takeshi, SONODA, Koichi, MORISHITA, Junya
コンピュータ&ネットワークLAN   Vol13, No.1, 55-59    Jan 1995
Quark Potential Approach to Baryons and Mesons
MUKHERJEE, NAG, SANYAL, MORII, Toshiyuki, TSUGE, MORISHITA, Junya
Physics Reports   231, No.5, 201-292    Aug 1993   [Refereed]

Books etc

 
Development and Implementation of a System supporting the Epidemiological Analysis of Infectious Disease Information collected from the Internet Resources
MORISHITA, Junya
平成16年度〜平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書   May 2006   
International Travel and Health 1996
HOSHINO, Jiro, SAWADA, Masato, OSAKI, Masakazu, NISHIYAMA, Toshimasa, MORISHITA, Junya (Part:Joint Translation)
株式会社法研   May 1997   
物理学文献データベースの手引
OGASAWARA, Takaaki, OYANAGI, Yoshio, KAWAGUCHI, Masaaki, KONUMA, Michiji, MORISHITA, Junya (Part:Joint Work)
京都大学基礎物理学研究所   Mar 1987   

Conference Activities & Talks

 
A workshop on references database developed for heirtage language KAKEN research [Invited]
NAKAJIMA KAZUKO, JUN-YA MORISHITA, TANAKA JUNKO, TAKUSHI YAMAMOTO
A joint conference on two Kakenhi on child bilingual education and heritage language education   Mar 2017   
同伴者の影響を考慮した推薦候補選出法
黄 亦爽, KIYOMITSU HIDENARI, OHTSUKI KAZUHIRO, MORISHITA JUNYA
The 7th Forum on Data Engineering and Infromation Management   Mar 2015   
従来の個人向けの情報推薦に加えて,ユーザに同伴者がいる場合の情報推薦を議論する.
同伴者の存在により,ユーザの要求が変化するならば,推薦され方も変化させる方が自然である.
つまり,同伴者の影響を考慮した情報推薦を実現させるためには,ユーザ個人に推薦される候補に加えて,
同伴者の存在から増加する要求を情報推薦に反映させる推薦候補の追加が必要と考えられる.
また,場合によっては,追加ではなく隠蔽することも必要となる.これらの課題に対して著者らは,
ユーザ個人に対する推薦と同伴者がいる場合に対す...
日本語学習者によるテ形誤りの自動検出─形態素解析器を利用した誤り文の検出─
YAMAMOTO TAKASHI, KIYOMITSU HIDENARI, OHTSUKI KAZUHIRO, MORISHITA JUNYA
計量国語学会第五十八回大会   Sep 2014   
形態素解析器は入力された文が日本語として正しいことを想定し,辞書にない語(未知語)を含まない限り形態素に分割して,品詞や活用形などの形態素情報を付与する.我々は,このような品詞間の接続誤りに注目して,形容動詞の名詞修飾表現を例に誤用の自動検出手法を提案した.これは,誤用として想定される品詞間の接続に誤りがあるような文を検索するものである.例えば,「名詞-サ変+助動詞 特殊ダ 体言接続+名詞-一般」という品詞間の接続における誤用パターンを検索式として与えることにより,誤用文を検出することがで...
母娘関係を例として同伴者のに基づく情報推薦法の提案
HWANG YISHUANG, KIYOMITSU HIDENARI, OHTSUKI KAZUHIRO, MORISHITA JUNYA
第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム   Mar 2014   
人の行動は同伴者の有無や同伴者との関係により変化する.本報告は同伴者との関係に起因したユーザの要求の変化を反映する情報推薦を提案する.
まず,母娘関係を足掛かりとして同伴者との関係(家族,恋人,目上など)を整理する.
さらに,ユーザが推薦されたい情報が同伴者との関係によってどのように変化するのかを推測するための要素ならびにそれぞれの相関などを参考にして一推薦法の提案を試みる.
ユーザによる評価とコンテンツ属性の一相関
MATSUMOTO RUI, KIYOMITSU HIDENARI, OHTSUKI KAZUHIRO, MORISHITA JUNYA
第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム   Mar 2013   
本研究では,「商品の価格」「ユーザの年齢および性別」「他の評価に対して希に在る低評価」が購入された商品の評価に影響を与えているという仮説を確認するための分析を行った.「商品の価格の高低」はネット上の商品は店舗販売と比較して一般に安価であることから,価格が評価に影響を与えると仮説をたてた.「ユーザの年齢および性別」はユーザプロパティとして最も一般的である.「他の評価に対して希に在る低評価」は全データに関する基本的な分析を受けて設定した.

Works

 
A database for heritage language education materials v2
Junya Morishita, Junko Tanaka   Database   Aug 2011
A database of heritage language education materials
Junya Morishita, Junko Tanaka   Database   Oct 2010