SUMINO Akio

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 11:21
 
Avatar
Name
SUMINO Akio
Affiliation
Hokkaido Central Agricultural Experiment Station
Section
Plant Disease and Insect Injury Section
Job title
NAGANUMA-CHO, HOKKAIDO 069-1395, JAPAN

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1986
Plant Pathology, Graduate School, Division of Agriculture, Hokkaido University
 
 
 - 
1984
Plant Pathology, Faculty of Agriculture, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Efficacy of anaerobic soil disinfestation with sugar-containing diatomite in controlling tomato corky root caused by Pyrenochaeta lycopersici in Hokkaido
69 77-84   2018   [Refereed]
Tsutomu KOMATSU・Akio SUMINO・Koji KAGEYAMA
ournal of General Plant Pathology   67 23-27   2001   [Refereed]
Ann Phytopath Soc. Japan 57:485-491(1991)   57 485-491   1991   [Refereed]

Misc

 
富沢 ゆい子, 中辻 敏朗, 角野 晶大
新しい研究成果 : 北海道地域   2008 102-109   2008
相馬 潤, 角野 晶大
新しい研究成果 : 北海道地域   2006 93-96   2006
Sumino Akio
Soil Microorganisms   48(0) 25-31   1996
コムギ眼紋病は現在北海道のコムギ栽培地帯全域に蔓延,定着している。本病の最も重要な生態的特徴は本病原菌が容易にほ場に侵入,蔓延,定着することである。また,被害解析を行ったところ,発病茎率90%,発病度40以下では本病による被害はないことが明らかとなった。以上のことから,本病を防除するにはほ場から本病を根絶することをめざすのではなく,発病を軽減し実質的な被害を回避することが重要である。この考えに基づいた有効な防除対策として,以下の手法が有効であると認められた。1)麦類以外の作物による3年以上...

Conference Activities & Talks

 
Effect of soil pH amendment with converter furnace slag on the several diseases of spinach
SUMINO Akio
19 Oct 2018   

Research Grants & Projects

 
Soil-borne Disease