渋谷 彰

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
渋谷 彰
 
シブヤ アキラ
eメール
ashibuyamd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
生存ダイナミクス研究センター
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
   
 
筑波大学グローバル教育院 ヒューマンバイオロジープログラムリーダー
 
2012年4月
   
 
筑波大学 若手研究者育成推進委員会委員長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 基礎医学系長
 
2014年4月
   
 
筑波大学 生命領域学際研究センター 教授
 
1981年4月
 - 
1985年1月
社会福祉法人三井記念病院 医員
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北海道大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
2022年12月
日本免疫学会  評議員
 
2018年12月
 - 
2020年3月
日本医療研究開発機構  AMED課題評価委員
 
2018年12月
 - 
2019年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会委員「基盤研究A」
 
2018年6月
 - 
2018年11月
日本学術振興会  国際科学研究費委員会専門委員
 
2018年6月
 - 
2018年9月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構  科学技術調査員
 

受賞

 
2015年11月
一般財団法人 茨城県科学技術振興財団 つくば賞
 
2012年3月
上原記念生命科学財団特定研究奨励賞
 
2009年2月
財団法人 高松宮妃癌研究基金 高松宮妃癌研究基金研究奨励賞
 
2007年3月
大山健康財団学術研究助成奨励賞
 
2007年3月
上原記念生命科学財団研究奨励賞
 

論文

 
A, Iizuka;S, Segawa;Y, Kondo;S, Kaneko;M, Yokosawa;K, Furuyama;H, Miki;S, Tahara-Hanaoka;A, Shibuya;H, Tsuboi;D, Goto;I, Matsumoto;S, Shibayama;T, Sumida
Int J Rheum Dis   in press    2018年12月   [査読有り]
[AIM] Allergy inhibitory receptor-1 (Allergin-1) is a newly identified immune regulatory molecule thought to influence autoantibody production. Autoantibody production, like that observed in Allergin-1-deficient mice, is crucial in the pathogenesi...
Y, Nakamura;T, Matsuzaka;S, Tahara-Hanaoka;K, Shibuya;H, Shimano;C, Nakahashi-Oda;A, Shibuya
Cell Death and Diseases   9(12) 1181   2018年12月   [査読有り]
Mechanical damage on the skin not only affects barrier function but also induces various immune responses, which trigger or exacerbate skin inflammation. However, how mechanical damage-induced skin inflammation is regulated remains incompletely un...
Shibuya, Akira;K, Shibuya
Cell Host Microbe   24(6) 755-757   2018年12月   [査読有り]
Gut fungal dysbiosis exacerbates colitis and lung allergy. In recent studies published in Science (Leonardi et al., 2018) and Cell Host & Microbe (Li et al., 2018), gut-resident CXCR1 mononuclear phagocytes were found to mediate crosstalk between ...
ホスファチジルセリン受容体CD300aの炎症疾患への関与
金兼 史佳;小田(中橋)ちぐさ;渋谷 彰
臨床免疫・アレルギー科   70(6) 631-635   2018年12月
IL-6 から見える景色 第 15 回疾患編 9 IL-6 と敗血症
佐藤, 和貴;渋谷, 彰
Keynote RA rheumatic & Autoimmune deseases   5(2) 28-29   2017年

書籍等出版物

 
臨床免疫・アレルギー科
佐藤, 和貴;本多, 伸一郎;渋谷, 彰
2014年   
Keynote RA rheumatic & Autoimmune deseases
佐藤, 和貴;渋谷 彰
2017年   

講演・口頭発表等

 
DNAM-1 regulates the Foxp3 stability of regulatory T cells under inflammatory conditions.
K, Sato;Y, Yamashita-Kanemaru;F, Abe;Y, Nakamura;R, Murata;M, Ito;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
DNAM-1 regulates the Foxp3 stability of regulatory T cells under inflammatory conditions
K, Sato;Y, Yamashita-Kanemaru;F, Abe;Y, Nakamura;R, Murata;M, Ito;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
Phosphatidylserine exposure self-regulates mast cells’ degranulation
Y, Wan;C, Nakahashi-Oda;A, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
Phosphatidylserine exposure self-regulates mast cells’ degranulation
Y, Wan;C, Nakahashi-Oda;A, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
Involvement of DNAM-1 (CD226) expressed on small peritoneal macrophages in CD4+ T cell priming.
AV, Vo;E, Takenaka;Y, Yamashita-Kanemaru;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月10日   

競争的資金等の研究課題

 
虚血ストレスによる炎症誘導機構の解明とその制御
文部科学省/科学研究費補助金 新学術領域研究: 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 渋谷 彰
リン脂質リポソームを用いた気道過敏症の治療法の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 渋谷 彰
抑制性免疫受容体による自然免疫応答の制御機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(S)
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 渋谷 彰
ヒト化マウスを用いたエンドトキシンショックの新規治療法開発のための基礎研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 渋谷 彰
粘膜上皮ダイイングコードによる炎症応答制御機構の解明
日本学術振興会: 新学術領域研究
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 渋谷 彰

特許

 
特許第8603754号 : 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
渋谷 彰;小島 寛
特許第5296530号 : 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
渋谷,彰;小島 寛
特許第8153130号 : 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
渋谷 彰;小島 寛
特許第2012123号 : 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
渋谷, 彰;小島, 寛
特願2006-106951 : 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
渋谷, 彰;小島, 寛