味岡 逸樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 17:32
 
アバター
研究者氏名
味岡 逸樹
 
アジオカ イツキ
eメール
iajioka.cbirtmd.ac.jp
URL
http://www.tmd.ac.jp/cbir/1/ajioka/index.html
所属
東京医科歯科大学
部署
統合研究機構 脳統合機能研究センター
職名
准教授

プロフィール

1988年3月:世田谷区立駒留中学校・卒業
1991年3月:東京都立戸山高等学校・卒業
1996年3月:東京工業大学・生命理工学部・生体分子工学科・卒業
1998年3月:東京工業大学大学院・生命理工学研究科・バイオテクノロジー専攻・修士課程修了
2001年3月:東京工業大学大学院・生命理工学研究科・バイオテクノロジー専攻・博士課程修了
2001年4月〜2002年7月:日本学術振興会・特別研究員(PD)
2002年8月〜2005年7月:慶應義塾大学・医学部・解剖学教室・助手
2005年8月〜2009年2月:米国セントジュード小児研究病院・発生神経生物学部門・ポスドク
2009年3月〜2009年10月:慶應義塾大学・医学部・総合医科学研究センター・特別研究講師
2009年11月〜現在:東京医科歯科大学・脳統合機能研究センター・准教授
2014年10月〜2018年3月:科学技術振興機構・さきがけ「分子技術と新機能創出」・ 研究員(兼任)

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本神経化学会  理事
 
2017年
 - 
現在
日本神経化学会  ブランディング委員会委員
 
2015年
 - 
現在
日本神経化学会  ダイバーシティ推進委員会委員
 
2013年
 - 
現在
International Society for Neurochemistry  トラベルアワード委員会委員
 
2012年
 - 
現在
Asian Pacific Society for Neurochemistry  理事
 
2009年
 - 
現在
日本神経化学会  国際対応委員会委員
 

受賞

 
2008年
日本神経化学会奨励賞
 

論文

 
Jinnou H, Sawada M, Kawase K, Kaneko N, Herranz-Pérez V, Miyamoto T, Kawaue T, Miyata T, Tabata Y, Akaike T, García-Verdugo JM, Ajioka I, Saitoh S, Sawamoto K
Cell stem cell   22(1) 128-137.e9   2018年1月   [査読有り]
Oshikawa M, Okada K, Tabata H, Nagata KI, Ajioka I
Development (Cambridge, England)   144(18) 3303-3314   2017年9月   [査読有り]
Oshikawa M, Okada K, Kaneko N, Sawamoto K, Ajioka I
Advanced healthcare materials   6(11)    2017年6月   [査読有り]
Fujioka T, Kaneko N, Ajioka I, Nakaguchi K, Omata T, Ohba H, Fässler R, García-Verdugo JM, Sekiguchi K, Matsukawa N, Sawamoto K
EBioMedicine   16 195-203   2017年2月   [査読有り]
Ishizu N, Yui D, Hebisawa A, Aizawa H, Cui W, Fujita Y, Hashimoto K, Ajioka I, Mizusawa H, Yokota T, Watase K
Human molecular genetics   25(20) 4507-4517   2016年10月   [査読有り]
Aldiri I, Ajioka I, Xu B, Zhang J, Chen X, Benavente C, Finkelstein D, Johnson D, Akiyama J, Pennacchio LA, Dyer MA
Development (Cambridge, England)   142(23) 4092-4106   2015年12月   [査読有り]
Ajioka I, Jinnou H, Okada K, Sawada M, Saitoh S, Sawamoto K
Tissue engineering. Part A   21(1-2) 193-201   2015年1月   [査読有り]
Yui D, Nishida Y, Nishina T, Mogushi K, Tajiri M, Ishibashi S, Ajioka I, Ishikawa K, Mizusawa H, Murayama S, Yokota T
PloS one   10(12) e0143518   2015年   [査読有り]
[The role of retinoblastoma family protein for protecting uncoupled proliferation and differentiation in neuronal progenitors].
Ajioka I
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   86(4) 489-492   2014年8月   [査読有り]
Ajioka I
Development, growth & differentiation   56(5) 324-334   2014年6月   [査読有り]
Fujita H, Aoki H, Ajioka I, Yamazaki M, Abe M, Oh-Nishi A, Sakimura K, Sugihara I
PloS one   9(1) e86679   2014年   [査読有り]
Oshikawa M, Okada K, Nakajima K, Ajioka I
Development (Cambridge, England)   140(11) 2310-2320   2013年6月   [査読有り]
Ajioka I, Ichinose S, Nakajima K, Mizusawa H
Biomaterials   32(25) 5765-5772   2011年9月   [査読有り]
Laurie N, Mohan A, McEvoy J, Reed D, Zhang J, Schweers B, Ajioka I, Valentine V, Johnson D, Ellison D, Dyer MA
Molecular and cellular biology   29(23) 6268-6282   2009年12月   [査読有り]
Ajioka I, Dyer MA
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   7(6) 735-740   2008年3月   [査読有り]
Ajioka I, Martins RA, Bayazitov IT, Donovan S, Johnson DA, Frase S, Cicero SA, Boyd K, Zakharenko SS, Dyer MA
Cell   131(2) 378-390   2007年10月   [査読有り]
Gonda Y, Sakurai H, Hirata Y, Tabata H, Ajioka I, Nakajima K
Gene expression patterns : GEP   7(4) 431-440   2007年2月   [査読有り]
Ajioka I, Maeda T, Nakajima K
The Keio journal of medicine   55(3) 107-110   2006年9月   [査読有り]
Ajioka I, Maeda T, Nakajima K
The European journal of neuroscience   23(2) 296-308   2006年1月   [査読有り]
Ajioka I, Nakajima K
Brain research. Developmental brain research   160(1) 106-111   2005年11月   [査読有り]
Kudo C, Ajioka I, Hirata Y, Nakajima K
The Journal of comparative neurology   487(3) 255-269   2005年7月   [査読有り]
Ajioka I, Nakajima K
The European journal of neuroscience   22(2) 331-342   2005年7月   [査読有り]
Ajioka I, Akaike T, Watanabe Y
Journal of cellular biochemistry   84(2) 249-263   2002年   [査読有り]
Ajioka I, Nishio R, Ikekita M, Akaike T, Sasaki M, Enami J, Watanabe Y
Tissue engineering   7(3) 335-344   2001年6月   [査読有り]
[Tissue engineering: cooperation of molecular biology and polymer science].
Watanabe Y, Ajioka I, Akaike T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   45(8) 1376-1382   2000年6月   [査読有り]
Haruyama T, Ajioka I, Akaike T, Watanabe Y
Biochemical and biophysical research communications   272(3) 681-686   2000年6月   [査読有り]
Ajioka I, Akaike T, Watanabe Y
Hepatology (Baltimore, Md.)   29(2) 396-402   1999年2月   [査読有り]
Watanabe Y, Ajioka I, Akaike T
Cytotechnology   26(1) 65-78   1998年1月   [査読有り]
Watanabe Y, Lee SW, Detmar M, Ajioka I, Dvorak HF
Oncogene   14(17) 2025-2032   1997年5月   [査読有り]

Misc

 
再生医療や立体組織培養のための高分子足場材料
酒井 崇匡, 味岡 逸樹, 鄭 雄一
再生医療   17 279-292   2018年8月   [依頼有り]
損傷大脳皮質の再生治療を目指したバイオマテリアル
味岡 逸樹
バイオマテリアルー生体材料ー   36(1) 190-195   2018年7月   [依頼有り]
味岡 逸樹
生体の科学   68(1) 38-42   2017年2月   [依頼有り]
中枢神経系の発生・再生研究においてバイオマテリアルの果たす役割
味岡 逸樹
バイオマテリアルー生体材料ー   35(2) 32-35   2017年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Molecular Technology. Life Innovation
Itsuki Ajioka (担当:分担執筆, 範囲:Molecular technology for injured brain regeneration)
2018年   
細胞社会学 (大和雅之編)
味岡 逸樹 (担当:分担執筆, 範囲:中枢神経 (3・7節))
コロナ社   2016年   
ティッシュ・エンジニアリング:「肝臓」
赤池敏宏、渡辺恵史、伊勢裕彦、味岡逸樹 (担当:分担執筆)
名古屋大学出版会   1999年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Nano-scaffolding for neuronal migration and regeneration
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 戦略的国際共同研究プログラム 日本-スペイン共同研究
研究期間: 2019年1月 - 2022年12月    代表者: 金子 奈穂子
光で脳内環境を制御するペプチド分子集合体の創製
泉科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2018年10月 - 2020年9月    代表者: 味岡 逸樹
損傷脳にニューロンを補充する低侵襲生体材料の開発
サムコ科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2018年9月 - 2020年8月    代表者: 味岡 逸樹
脳内微小環境を人為制御する光応答性バイオマテリアルの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 味岡 逸樹
人工足場の創製による大脳ニューロン潜在的再生能の解明と発揮制御
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 味岡 逸樹
低酸素状態で構造変換するタンパク質を用いた脳再生デバイスの創製
独立行政法人 科学技術振興機構: さきがけ(分子技術と新機能創出)
研究期間: 2014年10月 - 2018年3月    代表者: 味岡 逸樹
血管新生誘導バイオマテリアルを用いた損傷脳の再生と治療
テルモ科学技術振興財団: 2014年度特別研究開発助成
研究期間: 2013年12月 - 2016年11月    代表者: 澤本 和延
大脳組織修復をめざすニューロン・グリア・血管内皮細胞の生体外三次元構築
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 味岡 逸樹
ニューラルネットワークモデル検証のための神経細胞三次元培養
キヤノン財団: 研究助成プログラム「産業基盤の創生」
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 味岡 逸樹
中枢神経系神経細胞を増殖させるための培養技術と移植マテリアルの開発
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構: 平成21年度産業技術研究助成事業費
研究期間: 2010年1月 - 2013年12月    代表者: 味岡 逸樹
細胞周期に着目した神経変性疾患と脳腫瘍発症機構の統合的理解
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 味岡逸樹
腫瘍神経細胞が無秩序に動き始める転移能獲得のメカニズム
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 味岡逸樹
発生期に新しく誕生した神経細胞が分化過程で増殖能を失うメカニズム
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 味岡逸樹
クロマチンリモデリング因子の神経細胞増殖に対する役割解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 味岡逸樹
網膜神経細胞の増殖メカニズム解明
武田科学振興財団: 医学系研究奨励(基礎)
研究期間: 2010年       代表者: 味岡 逸樹
神経細胞増殖能獲得に必要な遺伝子発現様式
内藤記念科学振興財団: 内藤記念科学奨励金(研究助成)
研究期間: 2010年       代表者: 味岡 逸樹
いかにして大脳皮質神経細胞の最終配置部位が決定されるのか?
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 味岡逸樹

特許

 
特願2018-147211 : 脳障害の治療用材料、脳障害の治療方法、脳の神経細胞の再生用材料、及び、脳の神経細胞の再生方法
澤本和延、神農英雄、澤田雅人、味岡逸樹、赤池敏宏
特願2013-269837 : 中枢神経系神経細胞に由来する細胞株及びその樹立方法
味岡 逸樹
特願2005-227223 : 新規DNA検索手法の開発
仲嶋 一範、前田 卓哉、味岡 逸樹
特許4791675 : 中枢神経組織の再生方法
仲嶋 一範、味岡 逸樹