佐々木 敬

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 12:44
 
アバター
研究者氏名
佐々木 敬
 
ササキ タカシ
eメール
tsasaki53gmail.com
URL
http://www.jikei.ac.jp/academic/course/22_rinsho.html
所属
東京慈恵会医科大学
部署
総合医科学研究センター 臨床医学研究所
職名
教授
その他の所属
公益財団法人佐々木研究所
科研費研究者番号
90205849
ORCID ID
tsasaki53@gmail.com

プロフィール

慈恵医大柏キャンパスに設置の臨床医学研究所 PI、代謝・内分泌領域を中心としたトランスレーショナル研究を推進。
【現在のテーマ】
1. ヒト膵島におけるphospho-proteomics
2. 生体ガス(呼気・皮膚ガス)における極微量物質の分析による消耗状態の病態解析
【従来の研究】
1. 肥満/糖尿病の表現型をきたす遺伝的因子の検討(Leptin発見に貢献)
2. X染色体不活性化機構をモデルとしたEigenesis
3. 膵内分泌に対する遺伝子治療を応用した再生医学的研究
4. 体組成バランスから観た栄養科学的研究
【学生時代】
慈恵医大アイスホッケー部選手(東京都2部リーグ)

競争的資金等の研究課題

 
生体ガス分析を用いたフレイルにおける炎症とストレスのバイオマーカー探索
東京慈恵会医科大学: 慈恵医大 萌芽的共同研究推進費
研究期間: 2017年8月 - 2018年8月    代表者: 佐々木 敬
膵島の自己組織化ならびに保護機構における神経堤由来シュワン細胞の役割
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 佐々木 敬
遺伝子アブレーションと分子介入による膵島傷害の抑制と再生の促進
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 佐々木 敬
膵管上皮幹細胞を応用した糖尿病の細胞治療
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2005年3月    代表者: 根本昌実
非内分泌細胞を用いた糖尿病の遺伝子治療
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月    代表者: 佐々木 敬
血糖制御のためのインスリン放出細胞デバイスの設計・構築
東京工業大学: 基盤研究(A)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 相澤益男
IDDMにおけるゲノムの不安定性とインプリンティング
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 佐々木 敬
日本人IDDMの遺伝におけるgenetic imprinting
東京慈恵会医科大学: 基盤研究(C)
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月    代表者: 佐々木 敬

論文

 
Sarcopenia, frailty circle, and treatment with SGLT2 inhibitors.
Sasaki T.
J Diabetes Investig.   in press.(DOI: 10.1111/jdi.12966) PMID: 30369086   2018年12月   [査読有り][招待有り]
Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A, Imazeki H, Ochiai H, Sakai S
Current medical research and opinion   34(6) 981-994   2018年6月   [査読有り]
Samukawa Y, Haneda M, Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A, Kubo Y, Sato Y, Sakai S
Clinical pharmacology in drug development      2018年4月   [査読有り]
Okita N, Higami Y, Fukai F, Kobayashi M, Mitarai M, Sekiya T, Sasaki T
Scientific reports   7(1) 6949   2017年7月   [査読有り]
Sakai S, Kaku K, Seino Y, Inagaki N, Haneda M, Sasaki T, Fukatsu A, Kakiuchi H, Samukawa Y
Clinical therapeutics   38(4) 843-862.e9   2016年4月   [査読有り]
Haneda M, Seino Y, Inagaki N, Kaku K, Sasaki T, Fukatsu A, Kakiuchi H, Sato Y, Sakai S, Samukawa Y
Clinical therapeutics   38(1) 66-88.e20   2016年1月   [査読有り]
Nemoto M, Sasaki T
Journal of diabetes investigation   6(4) 390-392   2015年7月   [査読有り]
Seino Y, Inagaki N, Haneda M, Kaku K, Sasaki T, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Journal of diabetes investigation   6(4) 443-453   2015年7月   [査読有り]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   32(5) 404-417   2015年5月   [査読有り]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   32(4) 319-340   2015年4月   [査読有り]
Sasaki T
Journal of diabetes investigation   5(2) 119-120   2014年3月   [査読有り]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   31(3) 345-361   2014年3月   [査読有り]
Okita N, Ishikawa N, Mizunoe Y, Oku M, Nagai W, Suzuki Y, Matsushima S, Mikami K, Okado H, Sasaki T, Higami Y
Biochemical and biophysical research communications   446(1) 91-97   2014年3月   [査読有り]
Shimada K, Tachibana T, Fujimoto K, Sasaki T, Okabe M
Acta histochemica et cytochemica   45(1) 65-75   2012年2月   [査読有り]
マトリゲル基底膜マトリックスを用いたマウス単離膵島の移植法と生体内培養系の確立
比企 能人, 佐々木 敬, 嶋田 耕育, 藤本 啓, 根本 昌実, 宇都宮 一典
東京慈恵会医科大学雑誌   127(2) 49-61   2012年2月
基底膜マトリックス(マトリゲル)を用いてマウス単離膵島を包埋し、同種皮下移植により生体内培養を行う膵島移植法を新規に確立した。マトリゲル包埋状態の単離膵島は、移植24時間後には皮下に高率に生着していた。また、移植片を適時摘出し組織学的評価を行うことが可能であった。移植1日後の膵島ではE-カドヘリンの発現に凝集と消失という大きな変化が同時に認められた。また、8型アデノ随伴ウイルスベクターを用いて単離膵島に対するex vivo遺伝子導入を行い、遺伝子治療の可能性について検討した。ex vivo...
Nemoto M, Hiki Y, Shimada K, Nakai N, Fujimoto K, Inoue S, Sakurada N, Kaneko H, Sugita M, Okabe M, Sasaki T
Diabetes technology & therapeutics   13(5) 509-517   2011年5月   [査読有り]
Persistent Pituitary Hyperplasia In Primary Hypothyroidism Despite Levothyroxine Therapy.
Sakamoto N, Isaka T, Ebisawa T, Saito T, Ikeda K, Sasaki T, Tojo K, Tajima N.
Jikeikai medical journal   56(4) 63-8   2009年7月   [査読有り]
Epistatic Interaction of LPL and PPARγ Genes in Adipocytes by Exposure to Dioxin.
Nemoto M, Sasaki T, Fujimoto K, Hiki Y, Nakai N, Ohashi T, Eto Y, Tajima N.
Jikeikai medical journal   55(2) 19-24   2008年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生化学辞典.
東京化学同人   2007年   
科学的根拠に基づく糖尿病治療ガイドライン
南江堂   2007年   
現場の疑問に答える糖尿病診療Q&A.
中外医学社.   2007年   
糖尿病 最新の治療 2007 - 2009.
南江堂   2007年   
新領域別症候群シリーズ No.3 内分泌症候群(第2版)
日本臨牀   2006年   

講演・口頭発表等

 
Molecular Genetic mapping of mouse obese (ob) gene by backcross system of MUS MUSCULUS.
Keystone Symposia. Obesity: towards a molecular approach.   1989年   
Demethylation-induced reactivation of X-linked genes on the inactive human X chromosome.
8th International Congress of Human Genetics.   1991年   
Possible role of genomic imprinting at HLA-DQ/DR region in the pathogenesis of insulin-dependent diabetes mellitus.
44th Annual Meeting of American Society of Human Genetics.   1994年   
Down regulation of mRNA level for X-linked genes and haploinsufficiency associated with male sex chromosome aneuploidy.
Oral presenting session in 47th Annual meeting of American Society of Human Genetics.   1997年   
Ex vivo and in vivo characterization of a novel genetically-engineered insulin-secreting cell line.
Oral presenting session in 61st scientific sessions of the American Diabetes Association.   2001年   
“Surrogate cell therapy” for diabetes and “regeneration” of pancreas.
1st joint meeting of medical research and pharmaceutical technology for pulmonary drug delivering systems.   2004年   
Induction of furin during cellular differentiation is associated with enhanced secretion of insulin from genetically engineered progenitor cells.
65th annual scientific sessions of American Diabetes Association.   2005年   
Future prospects of DPP-IV inhibitor. Symposium: Incretin, from pathology to therapeutic implication.
49th annual meeting of the Japan Diabetes Society.   2006年   
In Vivo Gene Delivery by Pancreatic Direct Injection of rAAV8 Vector Is Efficient Exclusively to the Injured Islets.
The 67th Scientific Sessions of American Diabetes Association.   2007年   
Recent Advance In Molecular And Cellular Therapy.
The 8th Japan-China Friendship Symposium on Diabetes Mellitus.   2008年   

社会貢献活動

 
Journal of Diabetes Investigation, Assistant Editor
【運営参加・支援】  Weily Japan  Journal of Diabetes Investigation
世界糖尿病デー実施委員長
【運営参加・支援】  世界糖尿病デー実行委員会  世界糖尿病デー

Misc

 
SGLT2阻害薬によるケトン体の上昇の意味は? 心血管イベントのリスク減少機序としては、高ケトンよりも血圧低下、体液減少、交感神経の過緊張の解除が有力
佐々木 敬
日本医事新報   (4882) 62-63   2017年11月
肥満・糖尿病の候補遺伝子PPARγ2
根本 昌実, 佐々木 敬
実験医学   17(6) 764-766   1999年4月
【糖尿病 診断から自己管理まで】 治療へのアプローチ インスリン製剤 開発と治療法の進歩
佐々木 敬
日本内科学会雑誌   89(8) 1544-1550   2000年8月
インスリン分泌細胞の移植 “Cell therapy for insulin secretion”.
佐々木 敬.
最新醫學   52 3275 - 6.
マクロファージを用いたIDDMの遺伝子治療.
佐々木 敬,山前浩一郎,田嶼尚子.
インスリン研究1997(年報).   19 37−9

学歴

 
 
 - 
1980年
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 臨床医学研究所 教授
 
2007年6月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 医学部 教授
 
1990年4月
 - 
1992年4月
ワシントン大学(シアトル) 医学遺伝学部門 ポストドクトラルフェロー
 
1983年7月
 - 
1986年6月
東京大学 医学部生化学 研究生
 
1982年7月
 - 
1983年3月
東京慈恵会医科大学 内科学 医員
 

研究分野

 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本糖尿病学会  学術評議員
 
 
 - 
現在
日本糖尿病学会  専門医 指導医
 
 
 - 
現在
日本病態栄養学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本内分泌学会  評議員 内科代謝科専門医 指導医
 
 
 - 
現在
公益財団法人佐々木研究所  理事・副所長
 
 
 - 
現在
日本臨床栄養学会  理事
 
 
 - 
現在
日本臨床分子医学会   評議員
 
 
 - 
現在
日本内科学会  学会認定指導医・認定医
 
 
 - 
2017年
日本人類遺伝学会  臨床遺伝専門医
 
 
   
 
日本糖尿病学会  協会委員会(委員長)国際交流委員会(委員)専門医試験委員会(委員)