SASAKI Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 20, 2019 at 17:43
 
Avatar
Name
SASAKI Takashi
E-mail
tsasaki-endoumin.ac.jp
Mobile mail
tsasaki53gmail.com
URL
http://www.jikei.ac.jp/dna/section/index.html
Affiliation
Sasaki Foundation
Section
Faculty of Medicine, School of Medicine
Degree
Doctor of Medical Sciences
Research funding number
90205849
ORCID ID
tsasaki53@gmail.com

Research Grants & Projects

 
Exploratory research for biomarker for inflammation and stress in the frailty
The Jikei University School of Medicine: Grant for challenging Exploratory Research
Project Year: Aug 2017 - Aug 2018    Investigator(s): SASAKI Takashi
self-organization of the islet
The Jikei University School of Medicine: Kibun C
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): SASAKI Takashi
Inhibition of injury and promotion of regeneration in pancreatic islets of diabetes mellitus the by molecular intervention
The Jikei University School of Medicine: Kibun C
Project Year: Apr 2005 - Mar 2008    Investigator(s): SASAKI Takashi
pancreatic duck and islet regeneration
The Jikei University School of Medicine: Kibun C
Project Year: Apr 2001 - Mar 2005    Investigator(s): SASAKI Takashi
Gene Therapy for diabetes mellitus with non-endocrine cells
The Jikei University School of Medicine: Kibun C
Project Year: Apr 1999 - Mar 2003    Investigator(s): SASAKI Takashi
Design and construction of cell device for inslin release to control of glycemia
Tokyo Institute of Technology: Kiban A
Project Year: Apr 2000 - Mar 2002    Investigator(s): SASAKI Takashi
genomic instability and imprinting in patients with IDDM
The Jikei University School of Mecidone: Kibun C
Project Year: Apr 1996 - Mar 1997    Investigator(s): SASAKI Takashi
genomic imprinting in the genomic status in Japanese patients wit IDDM
The Jikei University School of Medicine: Kibun C
Project Year: Apr 1994 - Mar 1995    Investigator(s): SASAKI Takashi

Published Papers

 
SASAKI T
Journal of Diabetes Investigation   10(2) 193-195   Mar 2019   [Refereed][Invited]
Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A, Imazeki H, Ochiai H, Sakai S
Current medical research and opinion   34(6) 981-994   Jun 2018   [Refereed]
Samukawa Y, Haneda M, Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A, Kubo Y, Sato Y, Sakai S
Clinical pharmacology in drug development      Apr 2018   [Refereed]
Okita N, Higami Y, Fukai F, Kobayashi M, Mitarai M, Sekiya T, Sasaki T
Scientific reports   7(1) 6949   Jul 2017   [Refereed]
Sakai S, Kaku K, Seino Y, Inagaki N, Haneda M, Sasaki T, Fukatsu A, Kakiuchi H, Samukawa Y
Clinical therapeutics   38(4) 843-862.e9   Apr 2016   [Refereed]
Haneda M, Seino Y, Inagaki N, Kaku K, Sasaki T, Fukatsu A, Kakiuchi H, Sato Y, Sakai S, Samukawa Y
Clinical therapeutics   38(1) 66-88.e20   Jan 2016   [Refereed]
Seino Y, Inagaki N, Haneda M, Kaku K, Sasaki T, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Journal of diabetes investigation   6(4) 443-453   Jul 2015   [Refereed]
Nemoto M, Sasaki T
Journal of diabetes investigation   6(4) 390-392   Jul 2015   [Refereed]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   32(5) 404-417   May 2015   [Refereed]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Ubukata M, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   32(4) 319-340   Apr 2015   [Refereed]
Sasaki T
Journal of diabetes investigation   5(2) 119-120   Mar 2014   [Refereed]
Okita N, Ishikawa N, Mizunoe Y, Oku M, Nagai W, Suzuki Y, Matsushima S, Mikami K, Okado H, Sasaki T, Higami Y
Biochemical and biophysical research communications   446(1) 91-97   Mar 2014   [Refereed]
Sasaki T, Seino Y, Fukatsu A, Sakai S, Samukawa Y
Advances in therapy   31(3) 345-361   Mar 2014   [Refereed]
マトリゲル基底膜マトリックスを用いたマウス単離膵島の移植法と生体内培養系の確立
比企 能人, 佐々木 敬, 嶋田 耕育, 藤本 啓, 根本 昌実, 宇都宮 一典
東京慈恵会医科大学雑誌   127(2) 49-61   Feb 2012
基底膜マトリックス(マトリゲル)を用いてマウス単離膵島を包埋し、同種皮下移植により生体内培養を行う膵島移植法を新規に確立した。マトリゲル包埋状態の単離膵島は、移植24時間後には皮下に高率に生着していた。また、移植片を適時摘出し組織学的評価を行うことが可能であった。移植1日後の膵島ではE-カドヘリンの発現に凝集と消失という大きな変化が同時に認められた。また、8型アデノ随伴ウイルスベクターを用いて単離膵島に対するex vivo遺伝子導入を行い、遺伝子治療の可能性について検討した。ex vivo...
Shimada K, Tachibana T, Fujimoto K, Sasaki T, Okabe M
Acta histochemica et cytochemica   45(1) 65-75   Feb 2012   [Refereed]
Nemoto M, Hiki Y, Shimada K, Nakai N, Fujimoto K, Inoue S, Sakurada N, Kaneko H, Sugita M, Okabe M, Sasaki T
Diabetes technology & therapeutics   13(5) 509-517   May 2011   [Refereed]
Epistatic Interaction of LPL and PPARγ Genes in Adipocytes by Exposure to Dioxin.
Nemoto M, Sasaki T, Fujimoto K, Hiki Y, Nakai N, Ohashi T, Eto Y, Tajima N.
Jikeikai medical journal   55(2) 19-24   Nov 2008   [Refereed]
Tissue engineeringにより作製したインスリン産生細胞におけるインスリン分泌調節性に関する研究
中井 望, 根本 昌実, 佐々木 敬, 田嶼 尚子
東京慈恵会医科大学雑誌   123(3) 151-61   May 2008
glucagon like peptide-1(GLP-1)receptor(GLP-1R)を、インスリン分泌が可能な非膵β細胞に遺伝子導入した。さらに作製した細胞に対して、GLP-1での刺激を行い、インスリン分泌調節を検討した。転写レベルでのインスリン分泌調節は、自己の細胞を体外でex vivo処理したインスリン分泌細胞を体内移植してteprenoneや加温にて分泌を促すことで、インスリンの基礎分泌を少しでも補うことができる可能性が示された。このシステムは自家移植を用いており、移植に伴う...
SASAKI T, FUJIMOTO K, SAKAI K, NEMOTO M, NAKAI N, TAJIMA N
Endocrine Pathology   14(2) 141-144   2003
FUJIMOTO K, SHIBASAKI T, YOKOI N, KASHIMA Y, MATSUMOTO M, SASAKI T, TAJIMA N, IWANAGA T, SEINO S
J Biol Chem   277(52) 50497-50502   2003
寺島 正浩, 加藤 秀一, 赤司 俊彦, 蔵田 英明, 佐々木 敬, 東條 克能, 宇都宮 一典, 田嶼 尚子
糖尿病   45(8) 593-598   Aug 2002
38歳女.第1子妊娠時に妊娠糖尿病を発症した.発熱,腹痛,食思不振ならびに全身倦怠感が出現したため,救急外来を受診し,糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)の診断で入院した.抗GAD抗体は強陽性,インスリン自己抗体陽性で,1型糖尿病と診断した.経過から緩徐進行型インスリン依存糖尿病(SPlDDM)を疑った.HLA-DR抗原は2,9,53を認めた.又,び漫性甲状腺腫,Free T3高値,TSH低値,抗TSH受容体抗体・抗TPO抗体及び抗サイログロブリン抗体陽性,甲状腺99mTCシンチグラフィで摂...
Yamamoto J, Kageyama S, Nemoto M, Sasaki T, Sakurai T, Ishibashi K, Miura A, Yokota K, Tajima N.
Hypertension Research   25(1) 25-29   2002
NEMOTO M, SASAKI T, DEEB Ss, FUJIMOTO Wy, TAJIMA N
Diabetes Res Clin Pract. 2002   57(2) 131-137   2002
溝渕 杏子, 根本 昌実, 佐々木 敬, 大橋 力, 染谷 泰寿, 鏑木 與善, 山田 治男, 田嶼 尚子
糖尿病   42(6) 457-460   Jun 1999
SASAKI T, NEMOTO M, YAMASAKI K, TAJIMA N
J Hum Genet 44 : 318-322 (1999)   44(5) 318-322   1999
YAMASAKI K, SASAKI T, NEMOTO M, ETO Y, TAJIMA N
Biochemical and Biophysical Research Communications, 265 : 361-365 (1999)   265(2) 361-365   1999
Retinoid inhibition on insulin-stimulated Kemptide kinase in cell differentiation.
Sasaki H, Sasaki T, Koyama S, Isogai Y.
41(4) 389-400   Apr 1994   [Refereed]
Hemimethylation and hypersensitivity are early events in transcriptional reactivation of human inactive X-linked genes in a hamster x human somatic cell hybrid.
Sasaki T, Hansen RS, Gartler SM
Molecular and cellular biology   12(9) 3819-3826   Sep 1992   [Refereed]
マウスリボゾームRNA遺伝子族の均一化 転写開始領域の比較による分子進化に関する解析
佐々木 敬
東京慈恵会医科大学雑誌   103(5) 1063-74   Sep 1988
スペーサー領域の多型性の解析を行った.1) 28SrDNAプローブにより,亜種内における協調進化を認めた.2)多様性を示すVrDNAプローブにより,rDNAsの存在する染色体に連鎖した亜族を分類できた.3)これらの分類からNODマウスはヨーロッパ産野生マウス由来である.4) 5個のクローン化されたマウスrDNAユニットについて転写開始領域の塩基配列を比較したところ,Vr領域断片長による亜族の分類に一致する分子系統樹が得られ,亜族の特定の染色体への連鎖を裏づけた.5)非相同な染色体間における...
Variation among mouse ribosomal RNA genes within and between chromosomes.
SASAKI Takashi
Mol Biol Evol.   4(6) 594-601   Jun 1987   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
long-term safety and efficacy of luseogliflozin
SASAKI Takashi
61th annual meeting of japan diabetes society   26 May 2018   
富田康之, 佐々木敬
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   20 Mar 2018   
小川篤美, 石崎知子, 細田暁彦, 種村陽子, 篠田良行, 赤石定典, 湯浅愛, 小沼宗大, 濱裕宣, 佐々木敬, 吉田博
機能性食品と薬理栄養   1 Dec 2017   
根本 昌実, 溝渕 杏子, 佐々木 敬, 藤本 啓, 比企 能人, 大橋 十也, 宇都宮 一典
適応医学   22 Nov 2017   
SGLT2阻害薬による治療に伴う体組成変化と代謝の連関 LIGHT study
佐々木 敬
日本臨床内科医会会誌   Sep 2017   
健常者における麦飯と主菜の併用による食後血糖上昇の検討
杉原 聡子, 石崎 知子, 早乙女 恵, 細田 暁彦, 種村 陽子, 篠田 良行, 小川 篤美, 赤石 定典, 湯浅 愛, 小沼 宗大, 濱 裕宣, 佐々木 敬, 吉田 博
New Diet Therapy   Sep 2017   
SGLT2阻害薬による治療に伴う体組成の変化と代謝の連関 52週間の前向き研究LIGHT Study
佐々木 敬, 菅原 正弘, 福田 正博
糖尿病   Apr 2017   
Application of mass spectrometry for study of biogas [Invited]
SASAKI Takashi
Annual meeting of Gas biology   Oct 2016   
大麦と粘性食品の組み合わせによる血糖上昇抑制の相互作用の検討
友野 義晴, 林 進, 佐々木 敬, 吉田 博
New Diet Therapy   Sep 2016   
健常者における麦飯と粘性食品の併用による食後血糖上昇抑制効果の検討
早乙女 恵, 石崎 知子, 細田 暁彦, 種村 陽子, 篠田 良行, 小川 篤美, 赤石 定典, 湯浅 愛, 小沼 宗大, 林 進, 濱 裕宣, 佐々木 敬
糖尿病   Apr 2016   
治療に伴う体組成の変化とその予測因子 個別化・精密医療の実現に向けて
佐々木 敬, 菅原 正弘, 福田 正博
糖尿病   Apr 2016   
β細胞におけるインスリン分泌の制御機構
佐々木 敬
糖尿病   Apr 2015   
SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンの増量による有効性と安全性への影響 国内における52週投与試験併合解析
佐々木 敬, 羽田 勝計, 稲垣 暢也, 加来 浩平, 清野 裕, 坂井 荘一, 寒川 能成
糖尿病   Apr 2015   
FBP1遺伝子変異はFBP1タンパク分解亢進と多量体形成不全を誘導し糖新生を障害する
藤本 啓, 春山 雄史, 佐々木 敬, 中村 明日香, 鈴木 英明, 森 豊, 根本 昌実, 横山 淳一, 岡部 正隆, 宇都宮 一典
糖尿病   Apr 2014   
膵β細胞研究の進化と展望 膵β細胞におけるアポトーシスとミトコンドリア依存性壊死の分子機序
藤本 啓, 佐々木 敬, 宇都宮 一典
糖尿病   Apr 2013   
先天性肝糖新生低下が疑われる重症低血糖症の1例
中村 明日香, 森本 彩, 伊藤 洋太, 森 豊, 佐々木 敬, 横山 淳一, 宇都宮 一典
糖尿病   Nov 2012   
FDG PETが診断に有用だった副腎外褐色細胞腫の一例
山城 健二, 比企 能人, 南雲 左江, 瀬尾 千顕, 東條 克能, 宇都宮 一典, 佐々木 敬
日本内分泌学会雑誌   Apr 2012   
2型糖尿病患者に対する難消化性デキストリン含有カレー食の血糖応答制御とセカンドミール効果の研究
荒木 達夫, 佐々木 敬, 小林 明美, 相木 浩子, 下田 妙子
糖尿病   Apr 2012   
レジオネラ肺炎とDKAを契機にMELASの症状が顕在化したミトコンドリア糖尿病の1例
山城 健二, 南雲 左江, 池田 梨奈, 藤本 啓, 比企 能人, 五條 淳, 斉藤 隆俊, 宇都宮 一典, 佐々木 敬
糖尿病   Sep 2011   
肛門周囲膿瘍を契機にFournier壊疽に進展した1例
吉良 慎一郎, 波多野 孝史, 岸本 幸一, 畠 憲一, 坂東 重浩, 頴川 晋, 比企 能人, 佐々木 敬, 山口 泰広
泌尿器外科   Apr 2011   

Social Contribution

 
World Diabetes Day, comity,
[Organizing Member]  World Diabetes Day, comity in Japan  World Diabetes Da
Journal of Diabetes Investigation, Assistant Editor
[Organizing Member]  Weily Japan  Journal of Diabetes Investigation

Misc

 
SGLT2阻害薬によるケトン体の上昇の意味は? 心血管イベントのリスク減少機序としては、高ケトンよりも血圧低下、体液減少、交感神経の過緊張の解除が有力
佐々木 敬
日本医事新報   (4882) 62-63   Nov 2017
日本人2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬ルセオグリフロジンの増量効果の検討 国内第III相52週投与試験の併合解析
佐々木 敬, 玉置 浩之, 坂井 荘一, 寒川 能成
Progress in Medicine   37(6) 769-776   Jun 2017
SGLT2(sodium-glucose cotransporter 2)阻害薬は、腎臓の近位尿細管に存在するSGLT2を阻害することで、血糖値を低下させる2型糖尿病治療薬である。SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンは、本邦において2用量承認されており、通常用量の2.5mgで効果不十分な場合には5mgへの増量が可能である。本検討では、ルセオグリフロジンの国内第III相52週投与試験4試験の併合解析データより、ルセオグリフロジンの増量効果を評価した。ルセオグリフロジン2.5mgが投与された患者...
SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンの患者背景別にみた血圧への影響 国内臨床試験の併合解析
佐々木 敬, 玉置 浩之, 坂井 荘一, 寒川 能成
Progress in Medicine   37(1) 101-109   Jan 2017
SGLT2阻害薬は腎臓の近位尿細管に存在するSGLT2(sodium-glucose co-transporter 2)を阻害することで、血糖を低下させる2型糖尿病治療薬である。SGLT2阻害薬は血糖以外に血圧を低下させることが報告されており、糖尿病性大血管症に対する有用性が期待されているが、一方では正常血圧における血圧の低下の懸念もある。そこで本検討ではSGLT2阻害薬投与における血圧への影響を患者背景別に解析した。年齢、性別、eGFRあるいはBMIの背景別では、すべての部分集団において...
【今日の旅行医学】 糖尿病患者
安藤 精貴, 藤本 啓, 佐々木 敬
成人病と生活習慣病   46(11) 1455-1460   Nov 2016
糖尿病を有する方の海外旅行は、通常の生活では予想し得ない状況に対処する必要もあり、注意事項を理解する必要がある。海外旅行では、英文の診断書や治療内容の証明書、特に英文カード(diabetic data book)と糖尿病患者用IDカードを携帯する。治療薬剤、血糖自己測定器、ブドウ糖などは、スーツケースに入れて預けずに、手荷物に入れて必ず機内に持ち込み、自身で保管する。インスリンポンプ使用者は、空港のセキュリティ検査の際、一時的にポンプを取り外して、X線への曝露を避ける必要がある。インスリン...
SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンの患者背景別にみた有効性と安全性の検討 国内52週投与試験の併合解析
佐々木 敬, 坂井 荘一, 小野 剛, 寒川 能成
Progress in Medicine   36(7) 961-971   Jul 2016
SGLT2(sodium-glucose cotransporter 2)阻害薬は腎臓の近位尿細管に存在するSGLT2を阻害することで、血糖値を低下させる2型糖尿病治療薬である。その投与に当たっては、年齢、腎機能あるいは肝機能などによる影響を考慮する必要がある。本検討ではこのうち年齢と肝機能に着目し、投与開始時の年齢および肝臓の逸脱酵素であるアラニンアミノトランスフェラーゼ(以下、ALT)値による層別解析を行い、有効性および安全性への影響を検討した。年齢による検討では、いずれの部分集団(6...

Education

 
 
 - 
1980
Faculty of Medicine, Jikei University school of Medicine
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
Director, Sasaki Foundation
 
Apr 2014
 - 
Today
Professor, Institute of Clinical Medicine and Research, The Jikei University
 
Jun 2007
 - 
Today
Professor, School of Medicine, The Jikei University
 
Apr 1990
 - 
Apr 1992
Senior Fellow, Divisiont of Medical Genetics, University of Washington (Seattle)
 
Jul 1982
 - 
Mar 1983
Clinical fellow, Department of Internal Medicine, The Jikei University School of Medicine
 

Research Areas