YAGYU Shinjiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 13, 2018 at 08:10
 
Avatar
Name
YAGYU Shinjiro
Affiliation
National Institute for Materials Science
Section
Nano-Device Research Group
Degree
Dr. Engineering form University of Tsukuba

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2000
   
 
Guest researcher at Free University Berlin, Germany
 

Education

 
 
   
 
Institute of Applied Physics, University of Tsukuba
 
 
   
 
College of Engineering Sciences, University of Tsukuba
 

Misc

 
YAGYU Shinjiro, YOSHITAKE Michiko, CHKYOW Toyohiro
Vacuum and Surface Science   61(4) 196-199   2018
<p>In order to analyze the threshold of photoelectron yield spectroscopy (PYS) automatically, we compared the accuracy of the analysis between a fitting (least squares method) method and a machine learning method.</p><p>Both methods are comparable...
YAGYU Shinjiro, YOSHITAKE Michiko, CHIKYOW Toyohiro
Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan   37(0)    2017
有機半導体・電極材料では、電子・ホールが移動する順位である価電子帯やHOMOレベルが重要である。このレベルは、光電子分光収量分光(PYS)などにより計測されている。光電子放出閾値(価電子帯・HOMOレベル)は、PYS強度の平方根をとりバックグラウンドとの交点から求めている。これを、自動的に決定するために、シミュレーションにより作成したデータを機械学習にかけ、閾値を識別できるかの検討を行った。
Yoshitake Michiko, Kuwajima Isao, Yagyu Shinjiro, Chikyow Toyohiro
Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan   37(0)    2017
データのみでなく科学法則も含め材料情報を分野横断的に活用して材料探索指針を探る手法として、一見別々の事象を科学法則に則って結び付け、既存のデータを駆使して物性値の予測や材料探索指針の発見を行おうという「マテリアルキュレーション」を提案している。様々な物性パラメータを関連付けした関係図から関係性の有無をコンピュータで自動探索するシステムの、簡単な探索のGUIイメージのデモンストレーションを行う。
YAGYU Shinjiro, YOSHITAKE Michiko, CHIKYOW Toyohiro
Journal of the Vacuum Society of Japan   58(4) 144-146   2015
&nbsp;&nbsp;We developed the optical fiber built-in type Kelvin probe, which was combined with the previously developed system. This system can be applied to measure band diagram included fermi level of organic/inorganic semiconductor, and photovo...
yoshitake michiko, yagyu shinjiro, chikyow toyohiro
Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan   35(0)    2015
AFMにおける弾性変形領域の圧力を、接触面積を直径100&mu;m程度の円形とすることで、フィードバックなしに実現する電気接触用プローブを開発した。また、このプローブを市販の電気特性測定用プローバー装置に脱着できるようにすることに成功した。

Research Grants & Projects

 
1. Local work function measurement at Au(111) Surface 2. Making the multifunctional materials by supersonic molecular beam Technique