Akiko N. Itakura

J-GLOBAL         Last updated: Jul 24, 2019 at 23:05
 
Avatar
Name
Akiko N. Itakura
Affiliation
National Institute for Materials Science
Section
Materials Physics Group, Center for Fundamental Materials Research
Job title
Sineor Researcher

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Two Dimensional Visualization of Hydrogen Permeated through a Stainless Steel Membrane
A.N. Itakura, S.Aoyagi, Y.Murase, T.Yakabe, S.Takagi, T.Iwasawa and N.Miyauchi
Proceedings of the Twenty-ninth (2019) International Ocean and Polar Engineering Conference      Jun 2019   [Refereed]
Visualization and characterization of localized outgassing position on surface-treated specimens: Chromium oxide layer on stainless steel
N. Miyauchi, T. Iwasawa, T. Yakabe, M. Tosa, T. Shindo, S. Takagi and A. N. Itakura
Applied Surface Science   492 280-284   Jun 2019   [Refereed]
Masaya Toda, Koji Miyake, Li-Qiang Chu, Marjan Zakerin, Renate Förch, Rüdiger Berger, Akiko N. Itakura
Plasma Processes and Polymers   15(9) 1800083   Sep 2018   [Refereed]
Mechanical properties of ultra-thin organic films are fundamentally important in coating applications. Micromechanical cantilever sensor (MCS) and laser-based surface acoustic wave (LA-SAW) techniques were both used to measure Young
Naoya Miyauchi, Kenichirou Hirata, Yoshiharu Murase, Hiroyuki A. Sakaue, Taro Yakabe, Akiko N. Itakura, Tetsuji Gotoh, Shoji Takagi
Scripta Materialia   144 69-73   Feb 2018   [Refereed]
ステンレス薄膜を透過する水素を新たに開発した二次元計測システムで計測した.その結果水素透過には,母材の結晶構造などが反映され水素透過に分布があることがわかった.
Development of Scanning Electron Microscope for detecting permeated Hydrogen
板倉 明子, 宮内 直弥, 村瀬 義治, 高木祥示
配管技術   59(13) 14-18   Nov 2017
我々の開発した、水素透過と電子衝撃だつりを組み合わせた、水素計測電子顕微鏡の開発の解説原稿を依頼されたため、執筆した。該当雑誌、月刊『配管技術』は日本工業出版の発行する月刊誌。
Akiko N. ITAKURA
Journal of the Vacuum Society of Japan   60(10) 410-411   Oct 2017
日本真空学会の6月の研究例会、真空技術と低温技術の報告書。筆者が該当学会、講演研究会企画委員会委員のため会議内容を抜粋して報告した。
The Future Plan of Gender Equality Promotion in JPS
板倉 明子
日本物理学会誌(会報)   72(6) 383-383   Jun 2017   [Refereed]
日本物理学会の男女共同参画の概略と、今後の方向性としての次世代育成活動、特に女子中高生夏の学校に対する物理学会の貢献や、ジュニアセッションにおける高校生の活躍などについて、巻頭言の執筆依頼を受けた。
Akiko ITAKURA, Yasunori TANIMOTO, Kazuhiko MASE
Journal of the Vacuum Society of Japan   59(9) 251-252   Sep 2016
日本真空学会教育委員会では,真空夏季大学,真空応用講座,真空技術演習講座他の講座を行っていますが,いずれも研究・開発職,製造職など理系の受講者を想定した講座をおこなってきたが,真空関連業種の営業職などには,文系の学問を修められた社員も多く,彼らに理解しやすい講座を開催した。第一回であったため、会議報告を行った。
Maxime Paven, Regina Fuchs, Taro Yakabe, Doris Vollmer, Michael Kappl, Akiko N. Itakura, Hans-Jürgen Butt
ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS   26(27) 4914-4922   Jul 2016   [Refereed]
We applied atomic and colloidal probe force measurements, nanoindentation, pencil and finger scratching to investigate the mechanical properties of super liquid-repellent surfaces prepared by soot templating. In particular the colloidal probe tech...
The future of the Gender Equality Promotion in JPS
板倉 明子
日本物理学会誌   71(4) 203-203   Apr 2016
日本物理学会の男女共同参画推進委員会の活動報告および、将来の展望と、次世代育成に関する活動方針などの報告。

Books etc

 
Vacuum Components and Movable Mechanism
板倉(中村)明子
2018   
真空ハンドブックの作成に当たり、真空部品のうち固定シールに相当する、金属同士の接合、金属とガラスの接合、金属とセラミックスの接合、金属と有機物の接合、および、真空中で使用可能な接着剤についての解説を行った。
Compendium of Surface and Interface Analysis/ Imaging Ellipsometry
ITAKURA, Akiko
2018   
表面分析手法の一つである偏光解析の、二次元分解能を持つImaging、Mappingに関し、①点光源である入射光を固定し試料基板を動かしてマッピングする方法、②入射光を拡大し、試料表面を同時に照らすことで短時間でマッピングする方法について、8ページ程度の解説文を執筆した。表面科学会編纂、Springer社より、2017年8月出版予定。
真珠はどうしてさまざまな色に輝く?
板倉 明子
2015   
私たちは身のまわりにある日用品から最先端のナノテクノロジーに至るまで、物質の表面における現象をうまく活用している。それを科学の目で解明しさらに便利なものを作り出す表面科学について、日常生活(消臭剤、接着剤など)・動植物・健康・環境エネルギーなど様々な切り口から解説する。
四重極質量分析計とリークチェック
板倉 明子
2013   
現代表面科学シリーズの第6巻。問題集形式で、問題と解答及び解説を行う。真空関連部品と、表面吸着などにかかわる項目を担当した。

Conference Activities & Talks

 
Observation of behavior of deuterium permeated through stainless steel
村瀬 義治, 山田洋一, 岩澤智也, 宮内 直弥, 高木祥示, 板倉 明子, 佐々木 正洋
2018年日本表面真空学会学術講演会   19 Nov 2018   
金属中の水素挙動の解明は,水素脆化などの観点から重要である.この解明のため,我々は走査型電子顕微鏡をベースに開発した装置を用いてステンレス試料を透過した重水素を,電子衝撃脱離(ESD)によってイオン化し検出することで試料表面の重水素分布を得た.試料温度473 K,水素導入圧力0.1 MPaで行った.この実験条件で得られた分布と結晶構造を比較すると,結晶構造毎に重水素分布の違いが生じた.
Visualization of permeated hydrogen from stainless steel by DIET method
MIYAUCHI, Naoya, Satsuki Nakamura, IWASAWA, Tomoya, MURASE, Yoshiharu, Shoji Takagi, ITAKURA, Akiko
ACSIN-14 & ICSPM26   21 Oct 2018   
ステンレス薄膜の試料背面から,水素を供給し試料を透過した水素を高感度で可視化した.水素検出手法は電子遷移誘起脱離法を用い,材料を構成する結晶粒や粒界の構造を反映した表面水素濃度の二次元画像を計測した.
Grain dependence of permeated deuterium in stainless steel
Tomoya Iwasawa, MIYAUCHI, Naoya, Shoji Takagi, MURASE, Yoshiharu, Yoichi Yamada, ITAKURA, Akiko, Masahiro Sasaki
Tsukuba Global Science Week 2018   20 Sep 2018   
金属中の水素挙動の解明は,水素脆化などの観点から重要である.この解明のため,我々は走査型電子顕微鏡をベースに開発した装置を用いてステンレス試料を透過した重水素を,電子衝撃脱離(ESD)によってイオン化し検出することで試料表面の重水素分布を得た.試料温度473 K,水素導入圧力0.1 MPaで行った.この実験条件で得られた分布と結晶構造を比較すると,結晶構造毎に重水素分布の違いが生じた.
Hydrogen visualization method using operand hydrogen microscope
宮内 直弥, 岩澤 智也, 村瀬 義治, 矢ヶ部 太郎, 高木祥示, 吉田肇, 板倉 明子
真空展 Vacuum2018   5 Sep 2018   
金属薄膜などの試料背面から,水素を供給し試料を透過した水素を高感度で可視化する.水素検出手法は電子遷移誘起脱離法を用い,材料を構成する結晶粒や粒界の構造を反映した表面水素濃度の二次元画像を計測した.
Hydrogen gas detection using Membrane-Type Surface Stress Sensor(MSS)
矢ヶ部 太郎, 今村 岳, 吉川 元起, 板倉 明子
材料中の水素機能解析技術第190委員会 第2回総会・講演会   6 Jul 2018   
膜型応力センサーに水素吸蔵金属であるパラジウムを蒸着することにより水素検出を行った。今回水素を窒素で希釈した混合ガスにおいて5ppm〜40,000ppm(4%)まで検出可能であった。

Research Grants & Projects

 
カンチレバーを利用した微小表面応力の検出
表面応力による反応制御の研究