森 利之

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/05 08:02
 
アバター
研究者氏名
森 利之
 
モリ トシユキ
URL
https://scholar.google.co.jp/citations?hl=en&user=ZTqtIL4AAAAJ&view_op=list_works&sortby=pubdate
所属
独立行政法人物質・材料研究機構
部署
国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)エネルギー・環境材料研究拠点
職名
上席研究員
学位
博士(工学)(埼玉大学)
その他の所属
筑波大学
科研費研究者番号
80343854
ORCID ID
0000-0003-3199-2498

プロフィール

プロフィールに関し、参考となる情報が掲載されているURLは、以下に示す
物質・材料研究機構 研究者データベース SAMURAI
https://samurai.nims.go.jp/profiles/mori_toshiyuki

上記 研究者データベースの一部を以下に紹介:

 燃料電池は、水素と酸素から電気を生みだすクリーンで効率の高い発電デバイスです。そのデバイスを構成する固体電解質材料や電極材料の界面の働きを最大限に高めることが重要であるといわれています。そこで、持続可能社会形成のために、燃料電池内固体電解質/電極界面の欠陥構造を、材料のことを深く理解して最適化していくことで、これまでにない、高い性能と高い安定性をあわせもつ燃料電池の開発を達成することが強く望まれています。
 そこで、私たちは、これまでつちかってきました合成手法、材料キャラクタリゼーション手法、及び理論的解析手法を融合させることで、燃料電池分野におけるラジカル・イノベーションを可能にする燃料電池材料及びそのデバイス化研究を推進しています。
 研究の具体例としまして、固体酸化物形燃料電池では、モデル材料としてのドープドセリア系化合物や、実用材料であります安定化ジルコニア系材料と、電極材料の間に形成される3相界面の機能を最大限まで引き上げるために、作成したデバイス内界面のナノ構造を、分析電子顕微鏡などを使い、詳細に解析し、そのデータを合理的に解釈するための欠陥構造シミュレーションを行うことで、最適な界面構造のあるべきすがたを明確にし、それらの結果が示す界面を、私たちの研究の専門領域でもあります、ものづくりの技術を駆使してつくりあげる取り組みを行っています。
 また、固体高分子形燃料電池においても、白金電極の機能を引き上げる取り組みを、欠陥酸化物プロモーターを用いて行っています。ここでも、作成した燃料電池デバイス内界面のナノ構造を、光電子分光法や分析電子顕微鏡などを使い詳細に解析し、そのデータを合理的に解釈するための表面における欠陥構造シミュレーションを行うことで、最適な界面構造のあるべきすがたを明確にし、それらの結果が示す界面を、私たちの研究の専門領域でもあります、ものづくりの技術を駆使してつくりあげる取り組みを行っています。
 以上のような取り組みを通して、極めて近い将来、こうした燃料電池材料のナノ構造設計手法が、燃料電池分野におけるラジカル・イノベーションを達成するものと私たちは強く期待しています。

 森の研究業績については、 このSAMURAIに付随する「外部での文献参照」機能にあります  Google Scholar, ResearcherID, ORCID (ID), SCOPUS (ORCIDのなかにSCOPUS IDへのLINKがあります)などにおいても公表しています。 関心をもっていただける外部発表案件があれば、その件に関しましても  お気兼ねなくお問合せください。

(その他参考情報) 1.つくば地区では、筑波大(リーダー:中村潤児教授)、NIMS(森、有賀、Hill)、AIST、東大(物性研)、KEKをコアメンバーとした燃料電池用非白金炭素電極触媒研究を推進しています。(TIA-プロジェクト: https://www.tia-nano.jp/ )
2.NIMS(森), 量子科学技術研究開発機構(QST), RIKEN, 原子力研究機構の4研究機関は、量子ビーム技術を有効活用した燃料電池材料開発におけるラジカル・イノベーションを目指した4研究機関共同研究を実施中です。
3.NIMS(森)の燃料電池研究は、現在は、上記の研究の枠組みのほかにも、国立大学や国立高専機構との協働連携研究をもとに、次代を担う若手の研究者の育成を行うことにも力をそそぎながら、ラジカル・イノベーションを目指した燃料電池材料研究開発を推進しています。

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1992年3月
東洋曹達工業(株)新材料研究所 研究員
 
1992年4月
 - 
1997年3月
東ソー(株)筑波研究所 副主任研究員
 
1997年4月
 - 
2001年3月
科学技術庁 無機材質研究所 主任研究員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
物質・材料研究機構 物質研究所 主任研究員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター 主幹研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
物質・材料研究機構 エコマテリアル研究センター 主席研究員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
物質・材料研究機構 燃料電池材料センター  副センター長 ナノイオニクス材料グループ  グループリーダー/ 主席研究員
 
2011年4月
 - 
2016年3月
物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 電池材料ユニット 燃料電池材料グループ グループリーダー/ 主席研究員
 
2016年4月
 - 
現在
物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 上席研究員
 

学歴

 
1993年3月
   
 
博士(工学)(埼玉大学)  
 
1984年4月
 - 
1986年3月
埼玉大学理工学研究科  応用化学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
埼玉大学 工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2013年8月
 - 
現在
筑波大学 大学院 数理物質科学研究科 学際物質科学研究センター・ 環境エネルギー材料研究拠点 客員教授
 
2009年4月
 - 
現在
日本MRS  常任理事 (副会長:2009.04-2019.06)
 
2019年7月
 - 
2020年6月
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価員
 
2017年8月
 - 
2018年7月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価委員(面接審査担当の専門委員)並びに特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員  委員
 
2008年6月
 - 
2017年3月
北海道大学大学院理学院化学専攻 客員教授 (イオニクス材料化学研究室担当)
 
2008年6月
 - 
2017年3月
北海道大学大学院理学院化学専攻/総合化学院 客員教授 (イオニクス材料化学研究室担当)
 
2007年6月
 - 
2016年5月
クイーンズランド大学 (豪州)電子顕微鏡センター 客員教授 (Adjunct Professor)
 
2016年
 - 
2016年
日本学術振興会 科学研究費助成事業 審査第二部会  環境学小委員会委員
 
2016年
 - 
2016年
NPO法人 創業支援推進機構  技術評価委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
NEDO  分野横断的公募事業に係る事前書面審査委員
 
2015年
 - 
2015年
日本学術振興会 科学研究費助成事業 審査第二部会  環境学小委員会委員
 
2013年8月
 - 
2013年12月
独立行政法人科学技術振興機構(JST) 日本―カナダ(The Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada ( NSERC ) )研究交流 「再生可能エネルギー」「エネルギー利用」研究課題審査会  日本側審査委員会 主査
 
2013年3月
 - 
2013年4月
NEDOプロジェクト 「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」  書類審査委員
 
2012年5月
 - 
2012年11月
NEDOプロジェクト 「固体酸化物形燃料電池システム要素開発事業」  事後評価委員
 
2010年5月
 - 
2010年11月
NEDOプロジェクト 「セラミックリアクター事業」  事後評価委員
 
2010年5月
 - 
2010年11月
NEDOプロジェクト 「燃料電池先端科学研究事業」  事後評価委員
 
2010年
 - 
2010年
日本学術振興会 科学研究費助成事業  第1段審査(書面審査)委員 環境学 環境技術・環境材料B
 
2005年6月
 - 
2009年3月
日本MRS 非常任理事
 
2009年
 - 
2009年
日本学術振興会 科学研究費助成事業  第1段審査(書面審査)委員 環境学 環境技術・環境材料B
 
2007年4月
 - 
2008年3月
北見工業大学 大学院工学研究科 客員教授
 
2004年6月
 - 
2007年11月
チャールズ大学(チェコ共和国)数学・物理学部 客員教授 (Adjunct Professor)
 
2006年6月
 - 
2007年9月
東海大学工学部 非常勤講師
 
2007年1月
   
 
,5月及び7月 国際博士論文審査委員 (Faculty of Science and Humanities, ANNA University, Chennai, India)
 
2005年7月
   
 
国際博士論文審査委員 (School of Mechanical Engineering, The University of Western Australia, Western Australia, Australia)
 
2004年5月
 - 
2004年5月
The University of Queensland (Brisbane, Australia.) 電子顕微鏡センター  研究業績国際評価委員
 
2003年5月
 - 
2003年9月
埼玉大学理工学研究科 非常勤講師
 
2003年2月
   
 
国際博士論文審査委員 (School of Engineering of Science, Swinburne University of Technology, Melbourne, Australia)
 
2001年5月
 - 
2001年9月
埼玉大学理工学研究科 非常勤講師
 

受賞

 
2010年5月
Solid State Ionics The Best Poster Award Dislocation associated incubational domian formation in lightly gadolinium doped ceria
受賞者: Zhipeng LI, Toshiyuki MORI, Fei YE, Ding Rong OU, Jin ZOU, John DRENNAN
 
2007年7月
Materials Research Society, Singapore Best Poster Award Study of Rh doped SnO2 nano-catalyst for low temperature CO oxidation
受賞者: P. HANYS, T. MORI, M. TAKAHASHI, V.Nehasil, V.Matolin
 
2007年7月
Solid State Ionics The SSI-16 best poster award Intragranular segregation of dopant cations and ordering of oxygen vacancies in gadolium-doped ceria
受賞者: Fei YE, Toshiyuki MORI, Ding Rong OU, Jin ZOU, John DRENNAN
 
2005年7月
International conference on Ecomaterials Award for Outstanding Work Oxide supported Pd catalysts for low temperature catalytic CO oxidation
受賞者: Libor Sedlacek, Toshiyui MORI, Motoi Takahashi, Iva Matolinova, Vladimir Matolin
 
2001年3月
科学技術長 注目発明表彰 水質浄化触媒及びその製造方法
受賞者: 森 利之、藤本憲二郎、渡辺 遵
 

Misc

 
Fei He, Li Mi, Yanfei Shen, Toshiyuki Mori, Songqin Liu, Yuanjian Zhang
ACS Applied Materials and Interfaces   10 35327-35333   2018年10月   [査読有り]
© Copyright 2018 American Chemical Society. Developing highly efficient biomimetic catalysts that directly use O2 as the terminal oxidant to dehydrogenate and monoxygenate substrates with high selectivity under mild conditions has long been pursue...
Andrii Rednyk, Toshiyuki Mori, Shunya Yamamoto, Akira Suzuki, Yuta Yamamoto, Takayoshi Tanji, Noriko Isaka, Peter Kúš, Peter Kúš, Shigeharu Ito, Shigeharu Ito, Fei Ye
ChemPlusChem   83 756-768   2018年8月   [査読有り]
© 2018 The Authors. Published by Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim. In recent years, the lowering of the operation temperature of solid oxide fuel cells (SOFCs) has attracted much attention owing to the trade‐off between the best perfor...
Andrii Rednyk, Toshiyuki Mori, Shunya Yamamoto, Akira Suzuki, Yuta Yamamoto, Takayoshi Tanji, Noriko Isaka, Peter Kúš, Peter Kúš, Shigeharu Ito, Shigeharu Ito, Fei Ye
ChemPlusChem   83 740   2018年8月   [査読有り]
© 2018 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Invited for this month's cover is the group of Prof. Dr. Toshiyuki Mori at National Institute for Materials Science (NIMS), Japan. The front cover picture shows the formation of new active sites ...
Pavel Švec, Pavel Švec, Whitney A. Webre, Gary J. Richards, Gary J. Richards, Jan Labuta, Yutaka Wakayama, David Miklík, David Miklík, Paul A. Karr, Toshiyuki Mori, Katsuhiko Ariga, Katsuhiko Ariga, Francis D'Souza, Jonathan P. Hill
European Journal of Inorganic Chemistry   2018 2541-2548   2018年6月   [査読有り]
© 2018 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim We report the one-pot synthesis of a phenanthroline-fused pyrazinacene derivative (6,13-dihydrodipyrido[3,2-a:2′,3′-c]-5,6,7,8,11,12,13,14-octaazapentacene-9,10-dicarbonitrile) and its behaviour ...
Xinghua Chen, Fei He, Yanfei Shen, Yiran Yang, Hao Mei, Songqin Liu, Toshiyuki Mori, Yuanjian Zhang
Chemistry - A European Journal   23 14597-14603   2017年10月   [査読有り]
© 2017 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim The mass kinetic current density (mass JK) of most extensively reported M−N/C catalysts (M represents non-precious metal elements such as Fe, Co, and Cu), a potential alternative to noble metal c...
Takashi Hibino, Kazuyo Kobayashi, Peiling Lv, Masahiro Nagao, Shinya Teranishi, Toshiyuki Mori
Journal of the Electrochemical Society   164    2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Electrochemical Society All rights reserved. Biomass is of significant interest in the field of advanced energy engineering, including the use of woody biomass as an energy source. However, because cellulose—the major component of wood—...
Zhixin Zhou, Fei He, Yanfei Shen, Xinghua Chen, Yiran Yang, Songqin Liu, Toshiyuki Mori, Yuanjian Zhang
Chemical Communications   53 2044-2047   2017年1月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry. A hydrogen bond-driven supramolecular strategy to synthesize multiphase-Fe anchoring on hierarchical N-doped graphitic carbon was proposed. As a result, the as-obtained catalysts showed unusual trifunctional activ...
Shigeharu Ito, Shigeharu Ito, Toshiyuki Mori, Pengfei Yan, Graeme Auchterlonie, John Drennan, Fei Ye, Keisuke Fugane, Keisuke Fugane, Takaya Sato
RSC Advances   7 4688-4696   2017年1月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry. To improve the electrical conductivity in the Ba2In2O5(BIO) system without a large volume change from room temperature to 1273 K, BIO materials dually doped with Zr4+and Zn2+samples were prepared by using a soft c...
Fei He, Li Mi, Yanfei Shen, Xinghua Chen, Yiran Yang, Hao Mei, Songqin Liu, Toshiyuki Mori, Yuanjian Zhang
Journal of Materials Chemistry A   5 17413-17420   2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Royal Society of Chemistry. Owing to the well-defined molecular structure and tunable mono-, di- or multinuclearity, Cu-N complexes have recently drawn specific attention as emerging catalysts for sustainable electrocatalytic oxygen red...
Gurudas P. Mane, Gurudas P. Mane, Siddulu N. Talapaneni, Kripal S. Lakhi, Hamid Ilbeygi, Ugo Ravon, Khalid Al-Bahily, Toshiyuki Mori, Dae Hwan Park, Ajayan Vinu
Angewandte Chemie - International Edition   56 8481-8485   2017年1月   [査読有り]
© 2017 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Mesoporous carbon nitrides (MCN) are fascinating materials with unique semiconducting and basic properties that are useful in many applications including photocatalysis and sensing. Most synthese...
Motoki Shiga, Kazuyoshi Tatsumi, Shunsuke Muto, Koji Tsuda, Koji Tsuda, Koji Tsuda, Yuta Yamamoto, Toshiyuki Mori, Takayoshi Tanji
Ultramicroscopy   170 43-59   2016年11月   [査読有り]
© 2016 Elsevier B.V. Advances in scanning transmission electron microscopy (STEM) techniques have enabled us to automatically obtain electron energy-loss (EELS)/energy-dispersive X-ray (EDX) spectral datasets from a specified region of interest (R...
Shipra Chauhan, Toshiyuki Mori, Toshiyuki Mori, Takuya Masuda, Takuya Masuda, Shigenori Ueda, Shigenori Ueda, Gary J. Richards, Gary J. Richards, Jonathan P. Hill, Katsuhiko Ariga, Noriko Isaka, Graeme Auchterlonie, John Drennan
ACS Applied Materials and Interfaces   8 9059-9070   2016年4月   [査読有り]
© 2016 American Chemical Society. Pt-CeOxnanowire (NW)/C electrocatalysts for the improvement of oxygen reduction reaction (ORR) activity on Pt were prepared by a combined process involving precipitation and coimpregnation. A low, 5 wt % Pt-loaded...
Gary J. Richards, Gary J. Richards, Shinsuke Ishihara, Jan Labuta, Jan Labuta, David Miklík, David Miklík, Toshiyuki Mori, Shinji Yamada, Katsuhiko Ariga, Jonathan P. Hill
Journal of Materials Chemistry C   4 11514-11523   2016年1月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry. We report the synthesis of highly fluorescent pyrazinacenes (6,13-dihydrohexaazapentacene; fluorubine) containing groups at 6,13 positions that promote their solubility in non-polar organic solvents and their self...
Fei He, Xinghua Chen, Yanfei Shen, Ying Li, Anran Liu, Songqin Liu, Toshiyuki Mori, Yuanjian Zhang
Journal of Materials Chemistry A   4 6630-6638   2016年1月   [査読有り]
© 2016 The Royal Society of Chemistry. The development of efficient and low-cost non-precious-metal electrocatalysts such as Fe-N/C for the oxygen reduction reaction (ORR) is crucial for fuel cells and metal-air batteries. Here, we report a class ...
Siddulu Naidu Talapaneni, Siddulu Naidu Talapaneni, Dae Hwan Park, Jin Ho Choy, Kavitha Ramadass, Ahmed Elzatahry, Ahmed S. Al Balawi, Abdullah M. Al-Enizi, Toshiyuki Mori, Toshiyuki Mori, Ajayan Vinu, Ajayan Vinu
ChemistrySelect   1 6062-6068   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Highly crystalline nanoporous GaN (NP-GaN) materials have been synthesized for the first time by the transformation of novel diamino tetrazine based mesoporous carbon nitride (MCN-4) having very ...
Keisuke Fugane, Keisuke Fugane, Keisuke Fugane, Toshiyuki Mori, Toshiyuki Mori, Pengfei Yan, Takuya Masuda, Takuya Masuda, Shunya Yamamoto, Fei Ye, Hideki Yoshikawa, Graeme Auchterlonie, John Drennan
ACS Applied Materials and Interfaces   7 2698-2707   2015年1月   [査読有り]
© 2015 American Chemical Society. Pt-CeOx/C (1.5 ≤ x ≤ 2) electro-catalyst is one of the most promising cathode materials for use in polymer membrane electrolyte fuel cells. To clarify the microstructure of Pt-CeOxheterointerface, we prepared Pt-l...
T. Zahoranová, T. Zahoranová, T. Mori, P. Yan, K. Ševčíková, K. Ševčíková, M. Václavů, M. Václavů, V. Matolín, V. Nehasil
Vacuum   114 86-92   2015年1月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd. Au/CeOx/Si system was prepared by a combination of physical and chemical methods for application in the heterogeneous catalysis. Gold nanoparticles were loaded by the deposition-precipitation method (HAuCl44H2O used as a precu...
Atanu Jana, Habtom B. Gobeze, Masatoshi Ishida, Toshiyuki Mori, Katsuhiko Ariga, Katsuhiko Ariga, Jonathan P. Hill, Jonathan P. Hill, Francis D'Souza
Dalton Transactions   44 359-367   2015年1月   [査読有り]
© 2015 The Royal Society of Chemistry. A novel electron rich, tetrathiafulvalene fused zinc porphyrin, (TTF)4PZn, has been newly synthesized and characterized using spectral and electrochemical methods. In spite of the presence of eight t-butyl gr...
M. Vorokhta, I. Matolínová, M. Dubau, S. Haviar, I. Khalakhan, K. Ševčíková, T. Mori, H. Yoshikawa, V. Matolín
Applied Surface Science   303 46-53   2014年6月   [査読有り]
Investigation of cerium oxide thin film deposition on silicon and silicon oxide is important due to many possible applications of cerium oxide based micro-systems in electronics and catalysis. rf-Magnetron sputtering is technologically the most su...
Hironao Takemoto, Keisuke Fugane, Pengfei Yan, John Drennan, Miwa Saito, Toshiyuki Mori, Toshiyuki Mori, Hiroshi Yamamura
RSC Advances   4 2661-2672   2014年1月   [査読有り]
A design paradigm for fabrication of high quality thermoelectric material was demonstrated by using wurtzite ZnO based materials. To prepare the three-dimensional stacking faults in the microstructure of ZnO, Ga2O3and In2O3which were guided by ato...

書籍等出版物

 
XAFS/EELSによる局所構造解析
森 利之 (担当:分担執筆, 範囲:第4章4節, EELSによる燃料電池材料の解析)
(株)情報機構   2014年   ISBN:ISBN: 978-4-86502-071-7
Handbook of Sustainable Engineering
Toshiyuki MORI and John DRENNAN (担当:分担執筆, 範囲:Section No.60, Advanced materials for fuel cells)
Springer Publishing Company, (New York, NY 10036)   2013年   ISBN:ISBN: 978-1-4020-8940-4
Rare Earths: New Research
Zhipeng LI and Toshiyuki MORI (担当:共著, 範囲:Chapter 10, Defect clusters in rare earth doped ceria)
Nova Science Publishers, Inc.   2013年   ISBN:ISBN: 978-1-62618-996-6 (e-Book)
Current Microscopy Contributions to Advances in Science and Technology
Zhipeng LI, Toshiyuki MORI and John DRENNAN (担当:共著, 範囲:Analytical TEM/STEM characterization of mutual diffusions occurred at the electrolyte-electrode interfaces in the intermediate temperature solid oxide fuel cells)
Formatex Research Center, (Zurbarán, 06002 Badajoz, Spain)   2012年   ISBN:ISBN (13): 978-84-939843-6-6
環境・エネルギー材料ハンドブック
森 利之 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 化学エネルギー材料(電気化学), 2.3.1 燃料電池材料の基礎 (pp.194-196), 2.3.2燃料電池材料の現状 (pp.196-198), 2.3.3 燃料電池材料の環境・エネルギーへの応用 (pp.198-199), 2.3.4 燃料電池材料の課題 (pp.199-205))
株式会社オーム社   2011年   
セラミックスの事典
森 利之
朝倉書店, (東京都新宿区) ISBN: 978-4-254-25251-4 C3558   2009年   
新材料・新素材シリーズ, ナノイオニクス ―最新技術とその展望―,
森 利之 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 ソフト化学的手法によるナノイオニクスバルク体の創製)
株式会社シーエムシー出版(東京都千代田区)   2008年   ISBN:ISBN-13: 978-4882319474
Bio-Inorganic Hybrid Nanomaterials: Strategies, Syntheses, Characterization and Applications
A.Vinu, N.Gokulakrishnan, T.Mori and K.Ariga (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 4, Immobilization of biomolecules onto mesoporous structured materials)
2008年   ISBN:ISBN: 9783527317189
Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology
A.Vinu, S.B.Halligudi, T.Mori and K.Ariga (担当:分担執筆)
American Scientific Publishers, (Valencia, California, USA)   ISBN:ISBN: 1-58883-159-0

講演・口頭発表等

 
Active site design on Ni in the anode of intermediate temperature solid oxide fuel cells using small amount of PtOx or FeOx [招待有り]
T.Mori, S.Yamamoto, A.Rednyk, A.Suzuki, H.Okubo, S.Ito, Y.Yamamoto, T.Tanji, N.Isaka. F.Ye
28th Annual Meeting of MRS-J, Kokura (Fukuoka)   2018年12月   
Active site design in anode layer for development of high quality intermediate temperature operation SOFCs [招待有り]
Toshiyuki MORI
ICEAN 2018, Newcastle, Australia   2018年   
Design of promotion effects of CeOx on Pt electrodes in PEFCs
T. Mori, S.Chauhan, A.Suzuki, S.Yamamoto, T.Kobayashi, N.Isaka
International Union Materials Research Society –ICEM 2018, Daejeon, Korea   2017年   
Improving of anode activity in solid oxide fuel cell by deposition of negligible amount of platinum group metal oxides (PtOx, PdOx, RhOx and RuOx)
A.Rednyk, T.Mori, A.Suzuki, S.Ito, S.Yamamoto
International Union Materials Research Society –ICAM 2017, Kyoto, Japan   2017年   
Effect of addition of small amount of mixed conducting promotor and formation of Frenkel defect clusters on improvement of anode activity for IT-SOFC application
S.Ito, T.Sato, H.Okubo, A.Suzuki, T.Mori
International Union Materials Research Society –ICAM 2017, Kyoto, Japan   2017年   
Adsorption, dissociation and diffusion of H2 on noble metal doped Ni surface
F.Ye, Y.Wang, K.Tong, T.Mori
International Union Materials Research Society –ICAM 2017, Kyoto, Japan   2017年   
Interface structure design of cermet anode of SOFC using trace amount of sputtered PtOx [招待有り]
Toshiyuki MORI
IUMRS-ICAM 2017 Kyoto ・Kyoto   2017年   
Design of high functional interface in anode of IT-SOFC [招待有り]
Toshiyuki MORI
EUROMAT 2017 ・Thessaloniki・Greece   2017年   
先端燃料電池材料研究―NIMSにおける取組例― [招待有り]
森 利之
鶴岡高専・NIMS合同発表会 ・鶴岡 (2016)   2016年   
PEFCの低白金化にむけた量子ビームを活用した 電極材料高性能化研究 [招待有り]
森 利之
第42回FC懇談会 ・東京   2016年   
非白金ならびに省白金電極創製研究 [招待有り]
森 利之
第1回TIA架け橋プロジェクト研究会 ・つくば, 茨城   2016年   
Design of Pt-CeOx nanowire interface in less Pt electrode with high performance for fuel cell applications
T.Mori, S.Chauhan, K.Fugane, T.Kobayashi, S.Yamamoto
International conference of advanced materials 2015 , Jeju island, Korea   2015年   
Design of active sites in the interface of anode layer of solid oxide fuel cell by ultra-low amount PtOx sputtering [招待有り]
Toshiyuki MORI
25th Annual Meeting of MRS-J (Yokohama)   2015年   
Design of high quality less Pt electrode for development of high quality compact fuel cells [招待有り]
Toshiyuki MORI
Electrical Technologies for the Aviation of the future (at Europe - Japan Symposium ) ・東京   2015年   
Design of Pt-CeOx Hetero-interface on cathodes for improvement of oxygen reduction reaction
T.Mori, K.Fugane, S.Chauhan, T.Masuda, K.Uosaki
International Union Materials Research Society - ICEM 2014, Taipei, Taiwan   2014年   
Design of a novel Pt-loaded cerium oxide material and measurement of its oxygen reduction reaction activity for fuel cell applications
B.Smid, S.Chauhan, T.Mori
The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka   2014年   
Design of Pt and ceria nanowire interface with the help of atomistic simulation method for improvement of anode and cathode property on Pt
S.Chauhan, T.Mori, P.F.Yan, J.Zou, J.Drennan
The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka   2014年   
Fabrication and characterization of Pt and ceria nanowire interface for improvement of CO tolerance and ORR on Pt
S.Chauhan, T.Mori, P.F.Yan, J.Zou, J.Drennan
The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka   2014年   
活性金属-酸化セリウムヘテロ界面機能を活用した燃料電池用電極材料設計研究 [招待有り]
森 利之
日本希土類学会第32回講演会 ・東京   2014年   
Introduction of fuel cells and its electrochemistry [招待有り]
Toshiyuki MORI
Special Seminar at Tsukuba University ・Tsukuba, Ibaraki(2014)   2014年   

競争的資金等の研究課題

 
中温域動作酸化物形燃料電池内機能性界面設計と創製に関する研究
高分子形燃料電池デバイス内機能性界面設計と創製に関する研究
環境低負荷電極触媒材料に関する研究

特許

 
森 利之, シャウハン シプラ, 鈴木 彰, 小林 知洋, 山本 春也, 箱田 照幸, 八巻 徹也
森 利之, タラパネニ シドゥル ナイドゥ, 府金 慶介
森 利之, タラパネニ シドゥル ナイドゥ, 府金 慶介
森 利之, チャウハン シプラ, リチャーズ ゲーリー, 戸ヶ崎 寛隆, ヒル ジョナサン, 有賀 克彦

社会貢献活動

 
国立鶴岡工業高等専門学校 K-ARCソフトエナジーデバイス連携開発拠点、 リサーチアドバイザー
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  2018年6月 - 現在
International Union of Materials Research Society (IUMRS) IUMRS-Somiya Award 選定委員会委員
【運営参加・支援】  2014年 - 現在
国立大学法人 筑波大学 大学院 数理物質系客員教授  博士課程前期学生の研究指導担当
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  2013年8月 - 現在
日本MRS 副会長
【運営参加・支援】  2013年6月 - 現在
日本MRS 常任理事
【運営参加・支援】  2009年4月 - 現在
国立大学法人 筑波大学 理工学群(旧第3学群) 工学システム学類 非常勤講師(学部2年生対象の定期授業、材料学II担当)
【講師】  2008年9月 - 現在
第28回 日本MRS年次大会 組織委員会企画委員 兼 シンポジウムB-1 「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム設計によるラジカル・イノベーションへの試み」セッション代表チェア 兼 連絡チェア
【運営参加・支援】  2018年4月 - 2018年12月
国立大学法人 筑波大学 大学院 サマースクール講師 (講義題目:燃料電池)  (大学院生対象)
【講師】  2018年8月
第27回 日本MRS年次大会 高専シンポジウム連絡チェア
【運営参加・支援】  2017年4月 - 2017年12月
European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Process (EUROMAT) 2017, Area E: Energy and Environment, E1: Hydrogen production, conversion, and storage organized committee
【運営参加・支援】  2016年10月 - 2017年9月
International Union of Materials Research Societies – The International Conference on Advanced Materials 2017 (IUMRS ICAM 2017)事務局長 兼 Symposium A-7 Design of Advanced Fuel Cell Materials, Devices, and Systems / -1st Bilateral MRS-J / Australian-MRS (A-MRS
【運営参加・支援】  2015年6月 - 2017年9月
国立大学法人 北海道大学大学院 理学院及び総合化学院 客員教授
【助言・指導】  2008年6月 - 2017年3月
第26回 日本MRS年次大会 組織委員会委員長 兼 シンポジウムB-3 「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム開発の新展開」セッション代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2016年4月 - 2016年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr.Peter Kus研究指導
【助言・指導, 運営参加・支援】  2016年4月 - 2016年9月
国立大学法人 筑波大学 大学院 サマースクール講師 (講義題目:燃料電池)  (大学院生対象)
【講師】  2016年8月
国立大学法人 北海道大学 大学院 総合院 英語による集中講義(大学院生対象)(先端化学 (機能材料化学) 担当、9時間 )
【講師】  2016年8月
クイーンズランド大学(豪州)電子顕微鏡センター 連携教授
【助言・指導】  2007年6月 - 2016年5月
第25回 日本MRS年次大会 組織委員会委員長 兼 シンポジウムB-1 「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム開発の新展開」セッション代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2015年4月 - 2015年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr.Andrii Rednyk研究指導
【助言・指導, 運営参加・支援】  2014年12月 - 2015年9月
International Union of Materials Research Societies – The International Conference in Asia (IUMRS-ICA) 2014, 組織委員会委員 兼 Symposium A-7 Design of Advanced Fuel Cell Materials, Devices, and Systems シンポジウム代表チェア
【運営参加・支援】  2013年4月 - 2014年8月
第23回 日本MRS年次大会 組織委員会企画委員 兼 シンポジウムA 「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム開発の新展開」セッション代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2013年4月 - 2013年12月
国立大学法人 筑波大学 大学院 サマースクール講師 (講義題目:燃料電池)
【講師】  2013年8月 - 2013年8月
国立大学法人 北海道大学大学院 理学院 Gurudas Prakash Mane君博士論文‘Synthesis and Formation Mechanism Analysis of Mesoporous Carbon Nitrides Prepared by using N Rich Precursors and Their Sensing and Photocatalytic Applications’ 、主任指導教員として博士論文審査
【助言・指導, 運営参加・支援】  2009年10月 - 2013年3月
国立大学法人 北海道大学大学院 総合化学院 府金慶介君 博士論文‘Interface Design of Pt-CeOx and Non-precious Metal-CeOx Cathodes for Polymer Electrolyte Fuel Cell’ 、主任指導教員として博士論文審査
【助言・指導, 運営参加・支援】  2009年4月 - 2013年3月
神奈川大学 大学院 工学研究科 応用化学専攻 博士課程後期学生博士論文審査課程博士論文審査: 伊藤滋啓君 博士論文 ‘燃料電池用ペロブスカイト酸化物結晶内無秩序欠陥構造の設計とその電気的特性’ 副査、 竹本寛直君 博士論文 ‘結晶学的手法に基づく多元固溶系ZnOにおける熱電特性の設計’ 副査、 及び 神奈川大学博士論文審査: 萩原健司君 博士論文 ‘酸化物イオン伝導体の結晶構造と伝導メカニズムの解明-X線回折と中性子回折を組み合わせた酸素空孔の規則不規則配列の解析-’ 副査
【助言・指導, 運営参加・支援】  2013年2月 - 2013年2月
神奈川大学 工学部 物質生命化学科 非常勤講師
【講師】  2012年8月 - 2013年2月
International Union of Materials Research Societies – International conference on Electronic Materials 2012 (IUMRS ICEM 2012), Executive Committee  兼 シンポジウム A-2「次世代燃料電池用材料、デバイス、及びシステムの設計」シンポジウム代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2011年4月 - 2012年9月
国立大学法人 北海道大学大学院 理学院 Siddulu Naidu Talapaneni 君 博士論文‘Synthesis and Formation Mechanism Analysis of Mesoporous Carbon Nitrides Prepared by using N Rich Precursors and Their Sensing and Photocatalytic Applications’ 、主任指導教員として博士論文審査
【助言・指導, 運営参加・支援】  2008年10月 - 2012年6月
第21回 日本MRS学術シンポジウム 組織委員会企画委員 兼 セッションS「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム開発の新展開」セッション代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2011年4月 - 2011年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Ms.Tatiana Zahoranova研究指導
【助言・指導】  2010年8月 - 2011年7月
国立大学法人 名古屋大学 エコトピア科学研究所 融合プロジェクト研究部門 非常勤講師 (大学院生対象)
【講師】  2011年7月
第20回 日本MRS学術シンポジウム 組織委員会企画委員 兼 セッションP「燃料電池用材料、デバイス、及びシステム開発の新展開」セッション代表チェア兼連絡チェア
【運営参加・支援】  2010年4月 - 2010年12月
国立大学法人 北海道大学大学院理学院 福満仁志君 博士論文 ‘Structure and Functions of Pt Nanoclusters Incorporated to Organic Molecular Layers and CeO2’ 副査
【運営参加・支援】  2010年12月
国立大学法人 北海道大学 大学院 理学院集中講義(大学院生対象)(先端化学 (機能材料化学) 担当、13.5時間)
【講師】  2010年7月 - 2010年7月
第19回 日本MRS学術シンポジウム 組織委員会企画委員 兼 セッションB「グリーン環境エネルギー先進材料の設計・開発」セッション連絡チェア
【運営参加・支援】  2009年4月 - 2009年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr.Kostyantyn Tuharin研究指導
【助言・指導】  2008年8月 - 2009年7月
日本MRS 非常任理事
【運営参加・支援】  2005年4月 - 2009年3月
The University of Provence, European Master Course (欧州修士課程学生選抜コース), (Crystallography course 担当(のべ30時間)集中講義)
【講師】  2008年12月 - 2009年1月
International Union of Materials Research Societies – The International Conference in Asia 2008 (IUMRS -ICA 2008), Technical and planning committee
【運営参加・支援】  2008年1月 - 2008年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr.Peter Hanys研究指導
【助言・指導】  2007年1月 - 2008年12月
東海大学工学部 非常勤講師
【講師】  2006年6月 - 2008年6月
国立大学法人 北見工業大学 客員教授 博士課程前期学生の研究指導を担当
【助言・指導】  2007年4月 - 2008年3月
第17回 日本MRS学術シンポジウム セッションB「次世代グリーンエネルギー材料創製への挑戦」セッション連絡チェア
【運営参加・支援】  2007年4月 - 2007年12月
2nd Franco-German summer school ‘Electrochemistry and nanotechnology’, 国際アドバイザリーボード
【運営参加・支援】  2007年4月 - 2007年9月
アジア・パシフィック・ナノテクノロジー フォーラム 2007 プレカンファレンス(日本), アドバイザリー・ボード
【運営参加・支援】  2005年4月 - 2007年3月
第16回 日本MRS学術シンポジウム セッションL 「燃料電池用材料の新展開」セッション連絡チェア
【運営参加・支援】  2006年4月 - 2006年12月
Faculty of science and humanities, ANNA University, Chennai-600 025, India, 国際博士論文審査委員 (Mr. M. Bhagiyalakshmi 博士論文 ‘A Study of Alcoholysis of Anhydrides and Epoxidation of Olefinic Ester over Solid Acid Catalysts’ 審査)
【助言・指導】  2006年7月 - 2006年8月
Faculty of science and humanities, ANNA University, Chennai-600 025, India, 国際博士論文審査委員 (Mr. V. Ukkirapandian博士論文 ‘Oxidative Desulphurization of Fuels’ 審査)
【助言・指導】  2006年5月 - 2006年6月
Faculty of science and humanities, ANNA University, Chennai-600 025, India, 国際博士論文審査委員 (Ms. A. Rajabhuvaneswari 博士論文‘Studies on New Photocrosslinkable Acrylic Homopolymers and Copolymers’ 審査)
【助言・指導】  2006年5月 - 2006年6月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr. Bretislav Smid研究指導
【助言・指導】  2005年7月 - 2006年6月
2nd Poland-Japan workshop on materials science (石垣島開催), -Materials for sustainable development in 21 century- 実行委員長
【運営参加・支援】  2005年1月 - 2005年12月
チャールズ大学(チェコ共和国プラハ)Faculty of Mathematics and Physics, 客員教授、博士課程後期学生 Mr. Libor Sedlacek研究指導
【助言・指導】  2004年6月 - 2005年5月
School of Mechanical Engineering, The University of Western Australia, Western Australia, Australia, 国際博士論文審査委員 (Mr. James Pieter Hos 博士論文 ‘Mechanochemically Synthesized Nanomaterials for Intermediate Temperature Solid Oxide Fuel Cell Membranes’ 審査)
【助言・指導】  2005年3月 - 2005年4月
日本セラミックス協会 学術論文誌編集委員会 委員
【編集】  2003年4月 - 2005年3月
アジア・パシフィック・ナノテクノロジー フォーラム 2005 (タイ), アドバイザリー・ボード
【運営参加・支援】  2003年4月 - 2005年3月
日本学術振興会 研究助成事業 エネルギーと環境問題の解決に資するナノマテリアルに関する日英二国間国際ワークショップ(セントアンドリュース大学内開催)実行委員会委員長
【運営参加・支援】  2003年4月 - 2004年3月
国立大学法人 埼玉大学 理工学研究科 非常勤講師
【講師】  2003年6月 - 2003年6月
Department of Chemistry, The University of Queensland, Queensland, Australia, 国際博士論文審査委員 (Mr. Robert Vogel 博士論文 ‘Dye Doped Mesostructured Materials for Optical Device Applications’ 審査)
【助言・指導】  2003年2月 - 2003年3月
日本学術振興会 研究助成事業 エネルギーと環境問題の解決に資するナノマテリアルに関する日豪二国間国際ワークショップ(クイーンズランド大学内開催)実行委員会委員長
【運営参加・支援】  2002年4月 - 2003年3月
耐火物技術協会 耐火物誌編集委員会委員
【編集】  1997年4月 - 2003年3月
耐火物誌講座小委員会委員
【編集】  1997年4月 - 2003年3月
Swinburne University of Technology, Australia, 国際博士論文審査委員 (Mr. Justin Andrew Kimpton, ‘Conductivity and Microstructural Characterization of Doped Zirconia-Ceria and Lanthanum Gallate Electrolytes for the Intermediate-Temperature, Solid Oxide Fuel Cell')
【助言・指導】  2002年11月 - 2002年12月
国立大学法人 埼玉大学 理工学研究科 非常勤講師
【講師】  2001年6月
日本セラミックス協会 学術論文誌編集委員会 委員
【編集】  1999年4月 - 2000年3月
日本セラミックス協会 原料部会 委員
【その他】  1998年4月 - 1999年3月
US-Japan workshop on electrically active ceramic interfaces, -satellite conference: US-Japan workshop on functional fronts in advanced ceramics, 実行委員会委員(事務局)
【運営参加・支援】  1996年4月 - 1997年3月