中島 功

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 10:43
 
アバター
研究者氏名
中島 功
 
ナカジマ イサオ
所属
東海大学
部署
医学部 医学科 救命救急医学
職名
教授
学位
医学博士(東海大学), 博士(応用情報科学)(兵庫県立大学大学院)
その他の所属
東海大学

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
   
 
 東海大学医学部 外科 助手
 
1990年
   
 
 東海大学医学部 救急医学科 講師
 
2002年
   
 
東海大学総合医学研究所 助教授
 
2004年
   
 
 東海大学総合医学研究所 教授
 
2005年
   
 
 東海大学医学部救命救急医学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東海大学医学部 医学部 外科学一般
 

受賞

 
1984年
郵政大臣賞
 
1987年
郵政大臣賞
 

論文

 
鳥類胸壁に取り付けた磁界センサから呼吸を推定する研究
中島 功、猪口 貞樹、中田 薫
日本遠隔医療学会雑誌   13(2) 157-159   2017年10月   [査読有り]
マイクロ波を使った鳥類の心拍・呼吸モニタの研究開発
中島 功,中田 薫,村木 能也,北野 利彦
日本遠隔医療学会雑誌   12(2) 142-144   2016年10月   [査読有り]
複数の鳥に装着する2.4GHz帯送受信モジュール間の相互通信性能に関する実験的評価.
北野 利彦,中田 薫,猪口 貞樹,中島 功
日本遠隔医療学会雑誌   12(2) 134-137   2016年10月   [査読有り]
ITU-D e-Health 途上国対策と標準化への心得
中島 功
EiC電子情報通信学会2016年ソサイエティ大会論文集   ss32(ss33)    2016年   [査読有り]
鳥類の呼吸テレメトリーに有用な計測法の検討
猪口 貞樹, 中田薫, 北野利彦, 村木 能也、中島 功
日本遠隔医療学会雑誌   11 158-159   2015年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
テーマ:遠隔医療、医療画像処理、衛星搭載ミッション
1.知性(知的)情報の伝送によるアウトソージング、感性情報の送付による遠隔診断を研究
2.マルチフラクタル、ウェーヴレットによる医療画像処理
3. 新たなる衛星システムの開発研究、人命情報を付加した捜索救難システム
高度衛星・通信技術を医療に応用するための研究開発
科学技術振興調整費による生活・社会基盤研究
研究期間: 2000年 - 2002年