宮田 卓樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:02
 
アバター
研究者氏名
宮田 卓樹
 
ミヤタ タカキ
eメール
tmiyatamed.nagoya-u.ac.jp
URL
https://www.takaki-miyata-lab.org/
所属
名古屋大学
部署
大学院医学系研究科 機能構築医学専攻
職名
教授
科研費研究者番号
70311751

経歴

 
1988年5月
 - 
1989年11月
高知医科大学・耳鼻咽喉科・研修医
 
1989年11月
 - 
1990年3月
高知医科大学・耳鼻咽喉科・助手
 
1994年4月
 - 
1995年3月
理化学研究所・ライフサイエンス筑波センター・奨励研究生
 
1995年4月
 - 
1996年3月
理化学研究所・ライフサイエンス筑波センター・奨励研究員
 
1996年4月
 - 
1997年3月
東京大学・医科学研究所・教務補佐員
 

Misc

 
Hattori Y, Miyata T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2018年8月
Trung Quang Pham, Kawaue Takumi, Hoshi Takayuki, Tanaka Yoshihiro, Miyata Tataki, Sano Akihito
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年7月
Watanabe Yuto, Kawaue Takumi, Miyata Takaki
DEVELOPMENT   145(14)    2018年7月
Ohtaka-Maruyama Chiaki, Okamoto Mayumi, Endo Kentaro, Oshima Minori, Kaneko Noe, Yura Kei, Okado Haruo, Miyata Takaki, Maeda Nobuaki
SCIENCE   360(6386) 313-316   2018年4月
Shinoda T, Nagasaka A, Inoue Y, Higuchi R, Minami Y, Kato K, Suzuki M, Kondo T, Kawaue T, Saito K, Ueno N, Fukazawa Y, Nagayama M, Miura T, Adachi T, Miyata T
PLoS biology   16(4) e2004426   2018年4月

書籍等出版物

 
脳の発生学 ニューロンの誕生・分化・回路形成
宮田卓樹, 山本亘彦 (担当:分担執筆)
科学同人   2013年   
神経系発生過程における細胞移動(「再生医療叢書 7 神経系」)
宮田卓樹 (担当:共著)
朝倉書店   2013年   
大脳皮質の形成機構 (「脳の発生と発達」岡本 仁 編,シリーズ脳科学4)
宮田卓樹 (担当:共著)
東京大学出版会   2008年   
Asymmetric cell division during brain morphogenesis. (Macieira-Coelho Ed.: Progress in Molecular and Subcellular Biology)
Miyata, T.
Springer-verlag   2007年   
「非対称分裂」とは植物,動物を問わず,個体発生,組織形成の基盤的戦略として盛んに研究されているが,この出版では,脳形成過程での非対称分裂に関する現状と展望を語る代表として分担執筆者に選ばれた(2001年以降の,三次元培養下の細胞挙動観察による成果の報告実績---2004年の論文番号34を含む----にもとづく).ショウジョウバエで考えられているモデルを単純に哺乳類の脳原基に対して転用することをいましめ,哺乳類固有の機構の探求の糸口について解説した.
大脳皮質形成という名の「機織り」: タテ糸とヨコ糸の謎 「脳・神経研究のフロンティア」
宮田卓樹, 小川正晴 (担当:共著)
羊土社   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
大規模な細胞産生を支える組織内物流:力学的共生による経済性
三菱財団: 三菱財団自然科学研究助成金
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 宮田 卓樹
哺乳類胎仔の in vivo ライブ観察系の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 宮田 卓樹
脳室帯のシステム科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 宮田 卓樹
動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年7月 - 2015年3月    代表者: 宮田 卓樹
神経前駆細胞の動と静を制御する場と集団の原理
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年7月 - 2015年3月    代表者: 宮田 卓樹
「神経前駆細胞の動と静を制御する場と集団の原理」は,当領域「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成」の項目A03「組織から器官へ」に属し,1. 脳・脊髄・網膜の基礎となる三次元構造「神経上皮」が,ageや分化度の異なる細胞をいかに自身の中に共存させているか,2. 神経上皮中において,ヘテロな細胞たちの動きがいかに組み合わされ,細胞間の関係性がどう変化していくのか,3. 細胞の動きに裏打ちされた「関係性の変化・ゆらぎ」が,集団としての三次元構造および細胞産生力の維持・変化にどう貢献するの...

特許

 
3668927 : 組織形成過程における細胞のリアルタイム検出方法
宮田卓樹