香月 美穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 03:38
 
アバター
研究者氏名
香月 美穂
 
カツキ ミホ
所属
福岡大学
部署
理学部地球圏科学科
職名
助教
学位
博士(情報工学)(九州工業大学)
科研費研究者番号
10373292

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
2005年12月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
 
2006年1月
 - 
2009年9月
Marie Curie Research Institute, UK Molecular Motors Group Postdoctoral Research Fellow
 
2009年10月
 - 
2012年5月
The University of Warwick, UK Warwick Medical School Research Fellow
 
2013年4月
 - 
2014年3月
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 技師(学術・広報担当)
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1996年3月
九州工業大学 情報工学部 生物化学システム工学科
 
1996年4月
 - 
1998年3月
九州工業大学大学院 情報工学研究科 
 
1998年4月
 - 
2001年3月
九州工業大学大学院 情報工学研究科 
 

論文

 
von Loeffelholz O, Venables NA, Drummond DR, Katsuki M, Cross R, Moores CA.
Nature Communications   8(1) 2110   2017年12月   [査読有り]
生物物理   56 230-231   2016年   [査読有り][招待有り]
Katsuki M, Drummond DR, Cross RA
Nature Communications   5 3094   2014年   [査読有り]
Katsuki M, Drummond DR, Osei M, Cross RA.
The Journal of Biological Chemistry   284(43) 29246-29250   2009年10月   [査読有り]
des Georges A, Katsuki M, Drummond DR, Osei M, Cross RA, Amos LA.
Nature Structural & Molecular Biology   15(10) 1102   2008年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Methods Mol Biol.: Purification of Tubulin from the Fission Yeast Schizosaccharomyces pombe
Douglas R Drummond, Susan Kain, Anthony Newcombe, Christina Hoey, Miho Katsuki, Robert A Cross (担当:共著, 範囲:Chapter 3)
Humana Press   2011年   ISBN:978-1-61779-251-9
Methods Mol Biol.: Preparation of dual-color polarity-marked fluorescent microtubule seeds
Katsuki M, Muto E, Cross RA. (担当:共著, 範囲:Chapter 9)
Humana Press   2011年   ISBN:978-1-61779-251-9

講演・口頭発表等

 
Dynamics of A-lattice microtubules
Miho Katsuki, Douglas R. Drummond and Robert A. Cross
56th Annual Meeting of Biophysical Society (San Diego, California)   2012年2月2日   Biophysical Society
The mechanism of microtubule dynamics regulation by Mal3 in vitro
Miho Katsuki, Douglas R. Drummond, Michael Osei and Robert A. Cross
British Society for Cell Biology Meeting (Edinburgh, Scotland)   2009年4月   
In vitro reconstitution of regulated S. pombe microtubule dynamics: the synergy of Mal3 and Tea2.
Katsuki M, Drummond D, Osei M, des Georges A, Amos LA, Cross RA
4th International Fission Yeast Meeting / workshop (Copenhagen, Denmark)   2007年6月   
Role of microtubule in kinesin motility studied by mutational analysis of tubulin
日本生物物理学会 43回年会 シンポジウム (札幌)   2005年11月   

競争的資金等の研究課題

 
微小管内にある不均一構造の動的変化の観察と機能の解析
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
Single molecule analysis of microtubule tip tracking in vitro
Association for International Cancer Research Project Grant (UK)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: Dr M Katsuki, Dr DR Drummond and Prof. RA Cross

社会貢献活動

 
【企画, 運営参加・支援, 実演】  The Royal Society, UK  The Royal Society's Annual Summer Science Exhibition  (London, UK)  2012年7月3日 - 2012年7月8日
Microtubule Dynamics Work Shop
【運営参加・支援】  Marie Curie Research Institute  (Oxted, UK)  2008年