後藤 仁志

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/20 15:02
 
アバター
研究者氏名
後藤 仁志
 
ゴトウ ヒトシ
所属
豊橋技術科学大学
部署
大学院工学研究科 情報・知能工学系
職名
准教授
学位
博士(理学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
パイマテリアルデザイン株式会社  顧問
 
2003年7月
 - 
現在
コンフレックス株式会社  外部取締役
 
2007年4月
 - 
現在
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 准教授
 
1998年9月
 - 
2007年3月
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 助教授
 
1996年6月
 - 
1998年6月
東北大学 反応化学研究所  助手
 
1994年1月
 - 
1996年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年12月
北海道大学大学院 理学研究科 化学専攻
 
1989年4月
 - 
1991年3月
北海道大学大学院 理学研究科 化学第二専攻
 

委員歴

 
2008年
 - 
現在
日本コンピュータ化学会  事務局長
 
2018年3月
 - 
現在
日本化学会ケモインフォマティクス部会  副部会長
 
2014年3月
 - 
2018年2月
日本化学会情報化学部会  副部会長
 
2015年3月
 - 
2019年2月
日本化学会理論化学・情報化学・計算化学ディビジョン  副主査
 
2016年4月
 - 
現在
計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)  イノベーション創出人材育成委員会 委員
 
2013年
 - 
現在
日本コンピュータ化学会  春季年会実行委員
 
2012年
 - 
現在
モレキュラー・キラリティ/Molecular Chirality Asia  実行委員
 
2018年
   
 
The 7th International Mini-symposium on Advanced Coordination Chemistry: Satellite Symposium on Soft Crystals  Organizer
 
2017年
   
 
Chirality2017 (ISCD-29)  組織委員
 
2015年
   
 
15th International Conference on Chiroptical Spectroscopy 2015  実行委員
 
2009年
 - 
2012年
日本コンピュータ化学会  春季年会実行委員長
 
2014年
   
 
日本化学会 情報化学部会  第37回情報化学討論会 実行委員長
 
2016年
   
 
中部化学関係学協会支部連合  秋季大会 2016 実行委員
 
2004年9月
 - 
2007年3月
筑波大学計算科学センター  共同研究員
 

受賞

 
2014年5月
日本コンピュータ化学会 学会賞
 

論文

 
Validation Study of QSAR/DNN Models Using the Competition Datasets
Molecular Informatics   39 1900154   2020年   [査読有り][招待有り]
Journal of Computer Chemistry, Japan   17(3) 155-157   2018年   [査読有り]
Sumi Tomonari, Okumoto Atsushi, Goto Hitoshi, Sekino Hideo
Physical Review E   96(4)    2017年   [査読有り]
Reilly AM, Cooper RI, Adjiman CS, Bhattacharya S, Boese AD, Brandenburg JG, Bygrave PJ, Bylsma R, Campbell JE, Car R, Case DH, Chadha R, Cole JC, Cosburn K, Cuppen HM, Curtis F, Day GM, DiStasio RA Jr, Dzyabchenko A, van Eijck BP, Elking DM, van den Ende JA, Facelli JC, Ferraro MB, Fusti-Molnar L, Gatsiou CA, Gee TS, de Gelder R, Ghiringhelli LM, Goto H, Grimme S, Guo R, Hofmann DW, Hoja J, Hylton RK, Iuzzolino L, Jankiewicz W, de Jong DT, Kendrick J, de Klerk NJ, Ko HY, Kuleshova LN, Li X, Lohani S, Leusen FJ, Lund AM, Lv J, Ma Y, Marom N, Masunov AE, McCabe P, McMahon DP, Meekes H, Metz MP, Misquitta AJ, Mohamed S, Monserrat B, Needs RJ, Neumann MA, Nyman J, Obata S, Oberhofer H, Oganov AR, Orendt AM, Pagola GI, Pantelides CC, Pickard CJ, Podeszwa R, Price LS, Price SL, Pulido A, Read MG, Reuter K, Schneider E, Schober C, Shields GP, Singh P, Sugden IJ, Szalewicz K, Taylor CR, Tkatchenko A, Tuckerman ME, Vacarro F, Vasileiadis M, Vazquez-Mayagoitia A, Vogt L, Wang Y, Watson RE, de Wijs GA, Yang J, Zhu Q, Groom CR
Acta crystallographica Section B, Structural science, crystal engineering and materials   72(Pt 4) 439-459   2016年8月   [査読有り]
Kato Y, Hamada S, Goto H.
2016 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Application (ICAICTA)   1-6   2016年8月   [査読有り]
Atsushi OKUMOTO, Tomonari SUMI, Hideo SEKINO, Hitoshi GOTO
Journal of Computer Chemistry, Japan   15(6) 229-231   2016年   [査読有り]
Obata S, Goto H.
AIP Conference Proceedings   1649 130-134   2015年   [査読有り]
松原 正陽, 後藤 仁志
J. Comput. Chem., Jpn.   13(5) 263-267   2014年   [査読有り]
鈴木 貴洋,後藤 仁志
J. Comput. Chem., Jpn   13(3) 175-176   2014年   [査読有り]
佐々 和洋, 吉村 忠与志, 後藤 仁志
J. Comput. Chem., Jpn.   13(3) 179-180   2014年   [査読有り]
太刀川 達也, 佐藤 博, 野沢 孝一, 中村 恵子, 中野 英彦, 蔵内 伸悟, 後藤 仁志
J. Comput. Chem., Jpn.   10(4) 141-146   2011年   [査読有り]
Mode-selective internal conversion of perylene
Yoshitake Suganuma, Yasuyuki Kowaka, Noritake Ashizawa, Naofumi Nakayama, Hitoshi Goto, Takayoshi Ishimoto, Umpei Nagashima, Tadashi Ueda, Takaya Yamanaka, Nobuyuki Nishi, Masaaki Baba
Molecular Physics   109 1831-1840   2011年   [査読有り]
Geometrical structure of benzene and naphthalene: Ultrahigh-resolution laser spectroscopy and ab initio calculation
Masaaki Baba, Yasuyuki Kowaka, Umpei Nagashima, Takayoshi Ishimoto, Hitoshi Goto, Naofumi Nakayama,
J. Chem. Physics   135(5) 054305-1-5   2011年   [査読有り]
J. Mol. Spectro.   260 72-76   2010年   [査読有り]
Masaaki Baba, Motohisa Saitoh, Kunio Taguma, Keisuke Shinohara, Kazuto Yoshida, Yosuke Semba, Shunji Kasahara, Naofumi Nakayama, Hitoshi Goto, Takayoshi Ishimoto, Nagashima Umpei
J. Chem. Physics   130(13) 134315-1-9   2009年   [査読有り]
S. Obata, H. Goto
J. Comput. Chem. Jpn.   7(4) 151-164   2008年   [査読有り]
S. Obata, H. Goto
J. Comput. Aided Chem.   9 8-16   2008年   [査読有り]
M. I. Kotev, H. Goto, P. M. Ivanov
J. Mol. Struct.   748 9-16   2005年   [査読有り]
CONFLEX-G: OmniRPCによるグリッド環境上での分子立体配座探索プログラムの実装と性能評価
中島佳宏, 佐藤三久, 後藤仁志, 朴泰祐, 高橋大介
情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム   45(SIG6) 256-265   2004年   [査読有り]
C100 IPR fullerenes: temperature-dependent relative stabilities based on the Gibbs function
X. Zhao, Z. Slanina, H. Goto
Chem. Phys.   306 93-104   2004年   [査読有り]
X. Zhao, Z. Slanina, H. Goto
J. Phys. Chem. A   108(20) 4479-4484   2004年   [査読有り]
CONFLEX: Conformational Behaviors of Polypeptides as Predicted by a Conformational Space Search
Technical Proceedings of Nanotech 2003   1 32-35   2003年   [査読有り]
Theoretical Investigations on Relative Stabilities of Fullerene C94
X. Zhao, Z. Slanina, H. Goto, E. Ōsawa
J. Chem. Phys.   111(23) 10534-10540   2003年   [査読有り]
T. Hattori, Y. Shimazumi, H. Goto, O. Yamabe, N. Morohashi, W. Kawai, S. Miyano
J. Org. Chem.   68 2099-2108   2003年   [査読有り]
M. Ozawa, H. Goto, M. Kusunoki, E. Ōsawa
J. Phys. Chem.   106 7135-7138   2002年   [査読有り]
Synthesis, Absolute Configuration and Enantiomeric Enrichment of a Cruciferous Oxindole Phytoalexin, (S)-(-)-Spirobrassinin, and lts Oxazoline Analog
M. Suchy, P. Kutschy, K. Monde, H. Goto, N. Harada, M. Takasugi, M. Dzurilla, E. Balentova
J. Org. Chem.   66 3940-3947   2001年   [査読有り]
Z. Slanina, X. Zhao, N. Kurita, H. Gotoh, F. Uhlik, J. M. Rudzinski, K. H. Lee, L. Adamowicz
J. Molecular Graphics and Modeling   19 216-221   2001年   [査読有り]
Chemistry of Unique Chiral Olefins. Part 4. Theoretical Studies of the Racemization Mechanism of trans- and cis-1, 1', 2, 2', 3, 3', 4, 4'-Octahydro-4, 4'-biphenanthrylidenes
R. W. Zijlstra, W. F. Jager, B. Lange, P. T. van Duijnen, B. Feringa, H. Goto, A. Saito, M. Komura, N. Harada
J. Org. Chem.   64(5) 1667-1674   1999年   [査読有り]
Absolute configuration of chiral fullerenes and covalent derivatives from their calculated circular dichroism spectra
H. Goto, N. Harada, J. Crassous, F. Diederich
Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 2   1719-1723   1998年   [査読有り]
T. Hattori, K. Sakurai, N. Koike, S. Miyano, H. Goto, F. Ishiya, N. Harada
J. Am. Chem. Soc.   120 1719-1723   1998年   [査読有り]
E. Ōsawa, H. Gotō, T. Hata and E. Deretey
J. Mol. Struct. (THEOCHEM)   399 229-236   1997年   [査読有り]
Prediction of favorable isomeric structures for the C100 to C120 giant fullerenes. An application of the phason line criteria
M. Yoshida, H. Gotō, Y. Hirose, X. Zhao and E. Ōsawa
Electronic J. Theo. Chem.   1 163-171   1996年   [査読有り]
H. Nagashima, M. Saito, Y. Kato, H. Gotō, E. Ōsawa, M. Haga, K. Itoh
Tetrahedron   52 5053-5064   1996年   [査読有り]
The phason line : a new criterion for the stability of fullerenes
M. Yoshida, M. Fujita, H. Gotō, and E. Ōsawa
Electronic J. Theo. Chem.   1 151-162   1996年   [査読有り]
Photinduced Molecular Transformations. Part 155. General Synthesis of Macrocyclic Ketones based on a Ring Expansion involving a Selective b-Scission of Alkoxyl Radicals, its Application to a New Synthesis of (+-)-Isocaryophyllene and (+-)-Caryopyllene,・・・
H. Suginome, T. Kondoh, C. Gogonea, V. Singh, H. Gotō, and E. Ōsawa
J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1   69-81   1995年   [査読有り]
Combined Molecular Mechanics (MM2) and Molecular Orbital (AM1) Study of Periplanone-A and Analogues. Evaluation of Biological Activity from Electronic Properties and Geometries. Part 2
K. Shimazaki, M. Mori, K. Okada, T. Chuman, S. Kuwahara, T. Kitahara, K. Mori, H. Gotō, E. Ōsawa, K. Sakakibara and M. Hirota
J. Chem. Soc., Perkin Trans. 2   1167-1173   1993年   [査読有り]
Origin of Regioselectivity in O-Methylation of Erythromycin with the Aid of Computational Conformational Space Search
H. Gotō, Y. Kawashima, M. Kashimura, S. Morimoto and E. Ōsawa
Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 2   1647-1654   1993年   [査読有り]
H. Gotō, E. Ōsawa and M. Yamato
Tetrahedron   49(2) 387-396   1993年   [査読有り]
An Efficient Algorithm for Searching Low-energy Conformers of Cyclic and Acyclic Molecules
H. Gotō and E. Ōsawa
Journal of Chemical Society, Perkin Transaction 2   187-198   1993年   [査読有り]
ViewPoint 11 - Approach to Global Minimum Problem
H. Gotō and E. Ōsawa
Journal of Molecular Structure (THEOCHEM)   285 157-168   1993年   [査読有り]
Combined Molecular Mechanics (MM2) and Molecular Orbital (AM1) Study of Periplanone-B and Analogues. Evaluation of Biological Activity from Electronic Properties and Geometries
K. Shimazaki, M. Mori, K. Okada, T. Chuman, H. Gotō, E. Ōsawa, K. Sakakibara and M. Hirota
J. Chem. Soc., Perkin Trans. 2   811-816   1992年   [査読有り]
H. Goto, E. Osawa
Tetrahedron Letters   33(10) 1343-1346   1992年   [査読有り]
Hitoshi Goto
Tetrahedron   48(35) 7131-7144   1992年   [査読有り]
Stereoselective Total Synthesis of 16-Membered Macrolide Aglycons, Leuconolides and Maridonolides. Macrocyclic Stereocontrol Based on Conformational Analysis of the 16-Membered Macrolide Ring
N. Nakajima, K. Uoto, T. Matsushima, O. Yonemitsu, H. Gotō and E. Ōsawa
Chem. Pharm. Bull.   39 2819-2829   1991年   [査読有り]
Conformational Analysis of Periplanone Analogs by Molecular Mechanics Calculations
K. Shimazaki, M. Mori, K. Okada, T. Chuman, H. Gotō, E. Ōsawa, K. Sakakibara and M. Hirota
J. Chem. Ecol.   17 779-788   1991年   [査読有り]
S. Tsuzuki, L. Schaefer, H. Gotō, E. D. Jemmis, H. Hosoya, K. Siam, K. Tanabe and E. Ōsawa
J. Am. Chem. Soc.   113 4665-4671   1991年   [査読有り]
Conformational Analysis of Serricornin : Application of Molecular Mechanics Calculations to Stereochemical Assignment of Serricornin, Sex Pheromone of Cigarette Beetle (Lasioderma serricorne F.)
T. Chuman, K. Shimazaki, M. Mori, K. Okada, H. Gotō, E. Ōsawa, K. Sakakibara and M. Hirota
J. Chem. Ecol.   16 2877-2888   1990年   [査読有り]
H. Gotō and E. Ōsawa
J. Am. Chem. Soc.   111(24) 8950-8951   1989年11月   [査読有り]
E. Ōsawa, H. Gotō, T. Oishi, Y. Otsuka and T. Chuman
Pure & Appl. Chem.   61(3) 597-600   1989年1月   [査読有り]

Misc

 
グラフ畳み込みニューラルネットワークによる立体配座―エネルギー相関
立花尚登,井上雅都,金子晶夫,加藤凱生,濱田信次,後藤仁志
応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌   30(4) 204-209   2019年
コンピュータ化学のビッグデータ時代
後藤仁志
J. Comp. Chem., Japan      2013年
失ったものの代わりに学んだこと
後藤仁志
J. Comput. Chem., Jpn      2012年
『思考の道具』としての次世代シミュレーション
後藤仁志
日東電工技報      2010年
CONFLEX6: Development of a Tool for Polymorphism Analysis
K. Ohta, H. Goto
Molecular Science      2007年
AMBERを用いたDPCミセルのMDシミュレーション
後藤仁志
CICSJ Bull      2006年
CONFLEX-G: OmniRPCによるグリッド環境上での分子立体配座探索
中島佳宏, 佐藤三久, 後藤仁志, 朴泰祐, 高橋大介
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム      2004年
分子力学法(Molecular Mechanics)
後藤仁志
第5版実験化学講座12−計算化学−      2004年
インフルエンザウイルスは甘いのがお好き?感染メカニズムの分子的解明に向けて
後藤仁志
天伯(国立大学豊橋技術科学大学広報誌)      2004年
ポストゲノム研究における立体配座解析のすすめ
後藤仁志
CICSJ Bull      2002年
Study of Intermolecular Interactions using Crystal Structure Database as Refference : A Preliminary Report on the Adjustment of van der Waals Constants
Intermolecular Interactions, Gans and Boeyens, Ed., Plenum Press, New York   121-134   1998年   [査読有り]
Conformational Analysis of Long Chain Seco-Acids used in Woodward's Total Synthesis of Erythromycin A - Conformational Space Search as the Basis of Molecular Modeling
Computer Aided Innovation of New Materials II, M. Doyama, T. Suzuki, J. Kihara and R. Yamamoto, Eds., Elsevier Sci. Publ. : Amsterdam   845-848   1993年   [査読有り]
An Efficient Algorithm for Finding Low-energy Conformers of Chain Molecules
H. Gotō, E. Ōsawa and M. Yamato
Computer Aided Innovation of New Materials II, M. Doyama, T. Suzuki, J. Kihara and R. Yamamoto, Eds., Elsevier Sci. Publ. : Amsterdam   845-848   1993年   [査読有り]
Combined Molecular Mechanics (MM2) and Molecular Orbital (AM1) Study of Periplanones and Their Analogs
Computer Aided Innovation of New Materials II, M. Doyama, T. Suzuki, J. Kihara and R. Yamamoto, Eds., Elservier Sci. Publ. : Amsterdam   857-860   1993年   [査読有り]
効率的な配座空間探索アルゴリズムの開発(Development of an efficient algorithm for conformational space search)
後藤仁志
JCPE Newsletter      1991年
効率的な配座空間探索アルゴリズムの開発
後藤仁志, 大澤映二
JCPE Newsletter   2 9-25   1991年
Fast Algorithm for Covering Conformational Space by Molecular Mechanics
Computer Aided lnnovation of New Materials, M. Doyama, T. Suzuki, J. Kihara and R. Yamamoto, Eds., Elservier Sci. Publ. : Amsterdam   411-416   1991年   [査読有り]

書籍等出版物

 
第7版化学便覧 応用化学編II, 日本化学会編
後藤 仁志 (担当:分担執筆, 範囲:分子力学法とその応用)
丸善   2014年   
結晶多形の最新技術と応用展開 ―多形現象の基礎からデータベース情報まで―
後藤 仁志 (担当:分担執筆, 範囲:結晶多形の予測アルゴリズム)
シーエムシー出版   2005年8月   
第5版実験化学講座12 -計算化学-
後藤 仁志 (担当:分担執筆, 範囲:分子力学法)
丸善   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
ソフトクリスタルの結晶計算と多形転移解析の技術考 [招待有り]
後藤 仁志
日本化学会第99回春季年会   2019年3月19日   
金属錯体の結晶ポテンシャルの開発と多形転移現象のメカニズム解析 [招待有り]
後藤 仁志
ソフトクリスタル第3回公開シンポジウム   2019年2月1日   
ソフトクリスタル解析のための結晶計算 [招待有り]
後藤 仁志
光化学応用講座2018   2018年11月5日   
計算化学による結晶構造解析と結晶構造予測 [招待有り]
後藤 仁志
第4回有機結晶プレシンポジウム   2018年10月26日   
Approach to Soft Crystals: toward investigation of the phase transition mechanisms [招待有り]
後藤 仁志
The 7th International Mini-symposium on Advanced Coordination Chemistry: Satellite Symposium on Soft Crystals   2018年7月5日   
Development of Organometallic Force Field for Soft Crystal
後藤 仁志
7th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry   2018年7月2日   
金属錯体の結晶ポテンシャルの開発と多形転移現象のメカニズム解析
後藤仁志、中山尚史、小畑繁昭
日本コンピュータ化学会2018春季年会   2018年6月   
有機分子の結晶構造予測に関する技術考
後藤仁志、小畑繁昭、榎本大義
日本コンピュータ化学会2017春季年会   2017年6月   
粗視化モデルから全原子モデルへのペプチド構造推定法の検討
鈴村天風、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2017春季年会   2017年6月   
深層学習を用いた有機化合物の生成熱推算
井上雅都、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2017春季年会   2017年6月   
結晶構造予測技術の開発と展
後藤仁志、小畑繁昭
日本コンピュータ化学会2016秋季年会   2016年10月   
ペプチドの結晶多形解析
榎本大義、小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2016秋季年会   2016年10月   
膜貫通タンパク質の細胞膜上二次元拡散における仮想格子による二段階緩和
納本淳、墨智成、関野秀男、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2016秋季年会   2016年10月   
結晶構造予測シミュレーションの高速並列分散処理
小畑繁昭、後藤仁志
第8回学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出   2016年10月   
粗視化ポテンシャルを用いたタンパク質四次構造の高速安定性評価
柄本涼介、後藤仁志
第39回ケモインフォマティクス討論会   2016年9月   
携帯情報端末を活用した分子情報可視化アプリケーションの開発
佐伯敬志、後藤仁志
第39回ケモインフォマティクス討論会   2016年9月   
球状結晶モデルを用いた結晶構造予測シミュレーション:第6回ブラインドテスト
小畑繁昭、後藤仁志
第25回有機結晶シンポジウム   2016年9月   
Molecular Activity Prediction using Deep Learning Software Library
Yoshiki Kato, Shinji Hamada, Hitoshi Goto
4th IGnite: ICAICTA2016   2016年8月   
Development of force field for diorganopolysilanes: Silicon, carbon, and hydrogen system
Nozomu Suzuki, suzuki.nozomu.se8@ms.naist.jp, Naofumi Nakayama, Michiya Fujiki, Hitoshi Goto
251st ACS National Meeting & Exposition   2016年3月   
Computational search of packing and conformational polymorphs for organic molecules: Crystal structure prediction
Shigeaki Obata, Hitoshi Goto
Pacifichem2015   2015年12月   
Highly enantioselective synthesis of cyclopropane ring fused γ-lactones via intramolecular carbene transfer reactions
Yoko Nakagawa, Hitoshi Goto, Kazutaka Shibatomi, Seiji Iwasa
Pacifichem2015   2015年12月   
結晶構造予測法を用いた有機半導体結晶の圧力誘起造変化:ルブレンを中心に
小畑繁昭、後藤仁志、下位幸弘
日本コンピュータ化学会2015秋季年会   2015年10月   
Computational chemical analysis for Ru(II)-Pheox catalyzed enantioselective intramolecular cyclopropanation.
Y. Nakagawa, S. Chanthamath, N. Nakayama, H. Gotoh, S. Iwasa
250th ACS National Meeting & Exposition   2015年8月   
Side Chain Length Dependent Chiroptical Inversion of Helical Polysilane Aggregates
Nozomu Suzuki, Hitoshi Gotoh, Michiya Fujiki
CD2015   2015年8月   
リガンドドッキングのための高速動力学法の開発
佐伯敬志,小畑繁昭,後藤仁志
日本コンピュータ化学会2015春季年会   2015年5月   
High-Speed Prediction of Crystal Structures for Organic Molecules
Shigeaki Obata, Mitsuaki Sato, and Hitoshi Goto
The Irago Conference 2014   2014年11月   
Conformational analysis of α/β-D-galactopyranose in water with aid of molecular dynamics simulation
Masaaki Matsubara, and Hitoshi Goto
The Irago Conference 2014   2014年11月   
分子シミュレーションによる有機分子の結晶構造予測
小畑繁昭,後藤仁志
第37回情報化学討論会2014豊橋   2014年11月   
Ru-Pheox触媒による不斉分子内シクロプロパン化反応の計算化学的解析
中川陽子,Chanthamath Soda,中山尚史,後藤仁志,岩佐精二
第37回情報化学討論会2014豊橋   2014年11月   
AR技術を用いた分子表示システムの開発
千々岩睦,後藤仁志
第37回情報化学討論会2014豊橋   2014年11月   
結晶構造の探索と予測
小畑繁昭,後藤仁志
日本コンピュータ化学会2014秋季年会   2014年10月   
Theoretical Prediction of Crystal Polymorphs for Organic Molecules
S. Obata, M. Sato, H. Goto
23rd IUCr   2014年8月   
Theoretical crystal structure prediction for organic molecules
Shigeaki Obata, Mitsuaki Sato, Hitoshi Goto
248th ACS National Meeting & Exposition   2014年8月   
1,3-Diene誘導体のECDスペクトルに関する理論的研究
中山尚史,高橋 修,西尾元宏,後藤仁志
Symposium on Molecular Chirality 2014   2014年6月   
携帯情報端末による生命情報可視化技術の開発
鈴木貴洋、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2014春季年会   2014年5月   
3D モーションコントローラーを用いた拡張分子表示
千々岩睦、鈴木貴洋、小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2014春季年会   2014年5月   
Theoretical Crystal Structure Prediction with the Aid of High Performance Computing
Shigeaki Obata, Mitsuaki Sato and Hitoshi Goto
5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry   2013年12月   
Fast evaluation of protein-peptide binding sites with Monte-calro N-ary search tree
T. Nakagawa, S. Ishitobi, N. Masuda, and H. Goto
The Irago Conference 2013   2013年11月   
Hybrid MPI/OpenMP Parallelization of Crystal Structure Calculation
M. Sato, S. Obata, H. Goto
The Irago Conference 2013   2013年11月   
計算化学シミュレーションによる有機分子性結晶の構造予測
小畑繁昭、佐藤充晃、下位幸弘、三浦俊明、後藤仁志
第22回有機結晶シンポジウム   2013年10月   
有機分子性結晶計算法の開発
佐藤充晃、小畑繁昭、後藤仁志
第22回有機結晶シンポジウム   2013年10月   
タンパク質−ペプチド結合部位の高速評価技術の開発
中川卓也、増田尚之、石飛秀斗、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2013秋季年会   2013年10月   
二分子複合体結晶構造予測法とハイブリッド並列高速結晶計算技術の開発
佐藤充晃、上林 紺、小幡快之助、小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2013秋季年会   2013年10月   
有機分子の結晶構造予測シミュレーション
小畑繁昭、下位幸弘、三浦俊明、後藤仁志
第7回分子科学討論会2013京都   2013年9月   
CRYSTAL POLYMORPHISM OF ORGANIC MOLECULES: THEORETICAL PREDICTION OF CRYSTAL STRUCTURES
Shigeaki Obata, Yukihiro Shimoi, Hitoshi Goto
The 15th Asian Chemical Congress, Resorts World Sentosa   2013年8月   
N分木アルゴリズムを用いた標的タンパク質のペプチド結合部位探索
中川卓也、増田尚之、石飛秀斗、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2013年春季年会   2013年5月   
ハイブリッド並列結晶計算法による酢酸結晶構造予測
佐藤充晃、上林紺、小幡快之助、小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2013年春季年会   2013年5月   
分子力場を用いた固体光反応性分子の結晶構造予測シミュレーション
小畑繁昭,下位幸弘,園田与理子,後藤仁志
平成24年度産業技術連携推進会議 ナノテクノロジー・材料部会、製造プロセス部会 合同研究発表会   2013年2月   
DPCミセルの分子動力学的基礎解析
佐々和洋、長井昭太朗、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2012年秋季年会   2012年10月   
ハイブリッド並列分散処理技術による結晶計算法の開発
佐藤充晃、後藤仁志、小畑繁昭
日本コンピュータ化学会2012年秋季年会   2012年10月   
分子表面解析による統計的粗視化四体ポテンシャルの開発
石飛秀斗,中川卓也,孫林玉,増田尚之,後藤仁志,相田拓洋,西垣功一
第35回情報化学討論会   2012年10月   
立体配座解析に基づくα-D-ガラクトースのNMR-2JCH 予測式の開発
松原正陽、後藤仁志
第35回情報化学討論会   2012年10月   
ペプチド・ドッキング技術の開発―タンパク質表面上のエピトープ地図の生成
後藤仁志
2012年度埼玉バイオIII共同研究推進会議・拡大会議   2012年9月   
ホルミル基修飾によるジフェニルヘキサトリエンの結晶構造変化の予測
小畑繁昭、下位幸弘、園田与理子、後藤 仁志
第6回分子科学討論会   2012年9月   
化学修飾による有機結晶構造の変化とその予測
小畑繁昭、下位幸弘、園田与理子、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2012年春季年会   2012年5月   
水溶液中の糖のコンホメーション解析 〜NMR結合定数の経験式の開発とab initio計算と分子動力学計算による予測〜
松原正陽、及川雅人、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2012年春季年会   2012年5月   
AR技術を用いた分子可視化システムの開発
蔵内伸悟、須藤大樹、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2012年春季年会   2012年5月   
多分木アルゴリズムを用いた標的タンパク質ペプチド結合部位の探索
中川卓也、増田尚之、石飛秀斗、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2012年春季年会   2012年5月   
Potential energy profile of polymorphic transformation in aspirin crystal
Shigeaki Obata, Hitoshi Goto
ACS Spring 2012 National Meeting & Exposition   2012年3月   
配座空間の球面トポロジー表現法の開発
須藤 大樹、菅付 俊佑、後藤 仁志
第34回情報化学討論会   2011年11月   
結晶多形構造のスクリーニング技術の開発
上林紺、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2011秋季年会   2011年11月   
ポリエーテル化合物の酵素触媒反応の遷移状態解析
清水俊佑、松原正陽、後藤仁志、及川英秋
第5回分子科学討論会   2011年9月   
分子動力学法による糖水溶液の立体配座解析
松原正陽、及川雅人、後藤仁志
第5回分子科学討論会   2011年9月   
Improvement of four-body statistical pseudo-potential for native and mutated protein conformations
Goto, Hitoshi
WATOC2011   2011年7月   
タンパク質の立体構造を評価するための統計的粗視化4体ポテンシャルの開発
石飛秀斗、孫林玉、増田尚之、相田拓洋、西垣功一、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2011年春季年会   2011年6月   
カテプシンE活性ペプチドの高速活性予測法の検討
蔵内伸悟、西垣功一、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2011年春季年会   2011年6月   
タンパク質活性部位探索−ペプチド配列活性評価システムの開発
増田尚之、孫林玉、相田拓洋、西垣功一、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2011年春季年会   2011年6月   
Predictions of sugar conformation in water solution by NMR-2JCH and ab initio calculation.
M. Matsubara、M. Oikawa、H. Goto
PACIFICHEM2010   2010年12月   
Development of potential function for hydrogen-bonding including polarization and directionality.
N. Nakayama、Y. Takada、S. Obata、H. Goto
PACIFICHEM2010   2010年12月   
ペプチドアプタマーの高速活性予測技術の開発
蔵内伸悟、後藤仁志、西垣功一
第24回分子シミュレーション討論会   2010年11月   
アミロイドβ重合体の構造解析と自由エネルギー評価法の検討
岡山武司、後藤仁志
第24回分子シミュレーション討論会   2010年11月   
4体ポテンシャルを用いたタンパク質活性部位の探索
増田尚之、孫林玉、相田拓洋、後藤仁志
第33回情報化学討論会   2010年10月   
NMR-2JCHとab initio計算による水溶液中の糖コンホメーションの予測
松原正陽、及川雅人、後藤仁志
第33回情報化学討論会   2010年10月   
多配座解析のための三次元球面表現の探求
須藤大樹、菅付俊佑、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2010秋季年会   2010年10月   
Anisotropic distribution analysis of hydrogen bonding pairs in proteins
孫林玉、後藤仁志
CBI2010   2010年9月   
糖の立体配座解析のための分子力場の改良
松原正陽、高田康仁、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2010年春季年会   2010年5月   
医薬化合物および機能性有機材料の結晶多形探索
小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2010年春季年会   2010年5月   
定量的溶媒効果算出のための解析的分子表面計算法の開発
大胡真司、後藤仁志
第32回情報化学討論会   2009年10月   
NMR-2JCHを用いた糖の配座解析における理論計算手法の検討
松原正陽、及川雅人、後藤仁志
第3回分子科学討論会   2009年9月   
基準振動解析による分子性結晶の多形転移メカニズムの解析
小畑繁昭、後藤仁志
第3回分子科学討論会   2009年9月   
分子動力学法を用いたアミロイドβタンパク質の構造解析
岡山武司、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2009年春季年会   2009年5月   
タンパク質内水素結合ペアの解析および可視化システムの開発
孫 林玉、菅付俊祐、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2009年春季年会   2009年5月   
DFT法によるNMR-2JCHを用いたα-ガラクトースの立体配座解析
松原正陽、及川雅人、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2009年春季年会   2009年5月   
誘起分極を導入した分子力場による配座エネルギーと分子間相互作用の評価
中山尚史、小畑繁昭、高田康仁、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2009年春季年会   2009年5月   
基準振動に基づく結晶多形転移の解析
小畑繁昭、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2009年春季年会   2009年5月   
Investigation of invisible water effect for quantitative docking analysis of Protein-Ligand Complex
Hitoshi Goto, Shigeaki Obata, Taku Sugiyama, Naofumi Nakayama, Kouichi Nishigaki
WATOC 2008:The Eighth World Congress of the World   2008年9月   
Solvation Effects for Polarizable Force Fields: Introducing Generalized Born Formula into the New Charge Equilibration Approach
Naofumi Nakayama, Kazuo Ohta, Hitoshi Goto
WATOC 2008:The Eighth World Congress of the World   2008年9月   
多配座空間の3 次元表現法の探求
菅付俊佑、後藤仁志、大田一男
第31回情報化学討論会   2008年9月   
結晶計算法による結晶多形解析の実践
小畑繁昭、高田康仁、後藤仁志
第31回情報化学討論会   2008年9月   
新規分子力場の開発と配座エネルギーの評価
中山尚史、後藤仁志
第31回情報化学討論会   2008年9月   
CONFLEX/MMFF94の水素結合ポテンシャル関数の改良
高田康仁、小畑繁昭、大田一男、中山尚史、後藤仁志
日本コンピュータ化学会2008秋季年会   2008年9月   
結晶多形転移メカニズムの解析法の開発
小畑 繁昭、中山 尚史、後藤 仁志
第2回分子科学討論会   2008年9月   
高精度分子間ポテンシャルによる分子性結晶の構造予測
中山尚史、小畑繁昭、大田一男、後藤仁志
第2回分子科学討論会   2008年9月   
Development of polarizable force field for the prediction of molecular crystal structures
Naofumi Nakayama, Hitoshi Goto
第21回国際結晶学連合会議(XXI Congress and General Assembly   2008年8月   
Computational approach to polymorphism of aspirin
Shigeaki Obata, Hitoshi Goto
第21回国際結晶学連合会議(XXI Congress and General Assembly   2008年8月   
カテプシン−リガンド複合体の立体配座解析
杉山拓、後藤仁志、西垣功一
日本コンピュータ化学会2008春季年会   2008年5月   
水滴モデルによるDPCミセルの分子動力学シミュレーション
第21回分子シミュレーション討論会   2008年   
水滴モデルによるDPCミセルの分子動力学シミュレーション
長井昭太朗、大田一男、後藤仁志
第21回分子シミュレーション討論会   2007年11月   
溶媒効果を考慮した電荷平衡法:有効Born半径の検証
中山 尚史、後藤 仁志
第30回情報化学討論会   2007年11月   
Vibrational dynamics analysis for crystal of HIV-1 protease by using normal mode analysis
後藤仁志
CBI学会2007年大会   2007年10月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
後藤 仁志   コンピュータソフト   2016年
後藤 仁志   コンピュータソフト   2012年
CONFLEX2000/Parallel CONFLEX2000
後藤 仁志   コンピュータソフト   2002年
CHIRAL WORLD – Chirality Database for CD/UV Spectrum
後藤 仁志   データベース   1998年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 後藤 仁志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 後藤 仁志
本研究は大きく分けて(1)マルチ分子オブジェクト法のための分子計算プラットフォームの構築、(2)階層化分子シミュレーションのための分子計算技術の開発、(3)不均一計算タスクの負荷分散アルゴリズムの開発、の3つの部分からなる。それぞれに関する研究実績の概要を以下に示す。(1)マルチ分子オブジェクト法による並列化効率と計算精度の向上を目指し,大規模系の結晶シミュレーション技術の開発を行った。その結果,分子間相互作用エネルギー和で14桁までの精度保障を実現すると伴に,およそ4億原子で構成された直...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 大澤 映二
フラーレン生成機構の解明は、フラーレン科学における最も困難な未解決問題の一つであると同時に、フラーレン炭素の工業的応用を開発するための必須要件である生産コストの引き下げを実現するための手がかりとして重要である。鋭意研究の結果、本研究費受領期間内に問題を解決し、その結果として新規なフラーレン製造法を2通り提案することができた。出発点は中国雲南省で産出したある瀝青炭試料であった。この中には高濃度のC_<60>/C_<70>が含まれ(発掘時濃度推定値0.3%)、表面が衝撃波に曝されたことを示す証...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 大澤 映二
分子間相互作用の本性および記述に関する研究は、分子生物学の根本課題「たんぱく質、糖質、DNAが関与する生体化学反応に関する分子レベルにおける理解」に資するために、有機分子結晶のケンブリッジ構造データベース(CSD)を用いて、ポテンシャル関数形およびパラメータの非経験的導出を試みた。研究の展開と結果を時系列的且つ段階的に述べる。(1)方法論の予備検討。本研究が拠って立つ手法は確立密度反転法で、これによってデータベースから得られる特定構造要素の出現頻度を相対エネルギーに変換して、相互作用ポテン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 原田 宣之
ほとんどの生体分子はキラルであり、その分子の絶対構造解析が生命現象の機構解明およびその応用、例えば医薬、農薬、食品等の開発分野でますます重要になっている。また、最近は機能性材料としてキラル化合物の分子物性や分子機械としての動作が注目されている。本研究では分子キラリティーの情報をデータベース化し、インターネットに乗せて全世界に発信する研究を行った。データとして、1)旋光性および円二色性と絶対立体化学のデータ、2)X線結晶解析と絶対構造のデータ、3)NMRによるキラル認識と絶対立体化学のデータ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 原田 宣之
1.視覚色素ロドプシンの構造と作用機構の解明は世界的な研究課題であるが、アメリカColumbia大学の中西グループはCD法をもって挑戦している。我々は独自に開発した「キラルフタル酸法」を適用して、合成中間体の光学分割とともにX線結晶解析法で絶対構造を決定できた:シクロヘプテンからビシクロ[5.1.0]オクタン-2,6-ジオールを合成し、キラルジクロロフタル酸を作用させて、モノエステル体のジアステレオマー混合物を得た。これはHPLCで分離できた。第二溶出成分を酸化後、加水分解して、7-オキソ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 原田 宣之
有機化合物の絶対構造を非経験的に決定する方法として、CDスペクトル法が有用である。我々は「CD励起子キラリティー法」および「ねじれたパイ電子共役系法」を開発確立し、多くのキラル化合物の絶対構造を決定してきた。フラーレン化合物は球形あるいは楕円形をした非局在パイ電子系からなる特異な化合物であり、そのCDと絶対構造の問題は非常に魅力的であるにもかかわらず、未解決の問題であった。本研究ではキラルフラーレン化合物のCDスペクトルを理論的に計算することによって、その非局在パイ電子系のキラル構造を決定...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 大澤 映二
本研究は、従来有機化学においては殆ど顧みられなかった千度以上の高温に於ける炭素-炭素結合生成反応を理解し、フラーレン生成に関する謎を解いて、出来得れば高収率C_<60>合成法を見出すことを目的としている。手がかりの一つは煤の生成である。不活性気体中における炭化水素の燃焼およびグラファイトや無定形炭素のアーク放電やレーザー照射による気化によっても煤が大量に生成する。燃焼煤は主として縮合多環芳香族炭化水素、気化煤は主として崩れたバッキーオニオンである。明らかに高温で生成分解を繰り返していた炭素...
フレキシブルな分子の遷移状態探索アルゴリズムの開発

社会貢献活動

 
【企画, 運営参加・支援, 調査担当, 報告書執筆, その他】  ポスト「京」重点課題(7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」  (秋葉原UDXシアター)  2019年3月2日
【情報提供, 運営参加・支援】  理化学研究所  (日本橋ライフサイエンスハブ)  2017年3月11日
【企画, 運営参加・支援】  日本化学会  第6回CSJ化学フェスタ  (タワーホール船堀)  2016年11月15日
【講師, 企画, 運営参加・支援】  豊橋技術科学大学(TUT)、 計算物質科学イニシアティブ(CMSI)  (秋葉原UDXシアター)  2016年3月5日
【企画, 運営参加・支援】  日本化学会  第5回CSJ化学フェスタ  (タワーホール船堀)  2015年10月15日
【企画, 運営参加・支援】  豊橋技術科学大学  (ホテルアソシア豊橋.)  2015年3月16日
【講師, 企画, 運営参加・支援】  豊橋技科大(TUT) ,計算物質科学イニシアティブ(CMSI)  2015年2月28日
【企画, 運営参加・支援】  日本化学会  第4回CSJ化学フェスタ  (タワーホール船堀)  2014年10月16日
【パネリスト, 講師, 企画, 運営参加・支援】  豊橋技科大(TUT)、計算物質科学イニシアティブ(CMSI)  (秋葉原UDXシアター)  2014年3月8日
【司会, 講師, 企画, 運営参加・支援】  豊橋技科大(TUT)、計算物質科学イニシアティブ(CMSI)  (秋葉原UDX 4F)  2013年3月5日