功刀 資彰

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/17 02:59
 
アバター
研究者氏名
功刀 資彰
 
クヌギ トモアキ
URL
http://www.nucleng.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院工学研究科 原子核工学専攻 工学研究科 原子核工学専攻
職名
教授,教授
学位
工学修士(慶應義塾大学), 博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
   
 
 日本原子力研究所
 
1989年
 - 
1991年
 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員
 
1996年
   
 
 日本原子力研究所 主任研究員
 
1998年
   
 
東海大学 教授
 
1999年
   
 
 京都大学大学院 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
慶應義塾大学 工学研究科 応用化学
 
 
 - 
1977年
慶應義塾大学 工学部 応用化学
 

委員歴

 
 
   
 
日本原子力学会  フェロー
 
 
   
 
日本伝熱学会  TSE エディター
 
2009年
   
 
日本混相流学会  副会長
 

受賞

 
2002年
国際フランス伝熱学会賞
 
1985年
流れの可視化学会 写真展賞
 
1987年
流れの可視化学会 技術賞
 
1993年
可視化情報学会 功労賞
 
2004年
日本伝熱学会賞技術賞
 

論文

 
Yukihiro Yonemoto, Tomoaki Kunugi
ATOMIZATION AND SPRAYS   27(6)    2017年   [査読有り]
Shu Soma, Tomoaki Kunugi
INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND MASS TRANSFER   110    2017年7月   [査読有り]
Yukihiro Yonemoto, Tomoaki Kunugi, ヨネモト ユキヒロ, クヌギ トモアキ, 米本 幸弘, 功刀 資彰
Scientific Reports   7(1)    2017年1月   [査読有り]
Takehiko Yokomine, Ken Oohara, Tomoaki Kunugi
FUSION ENGINEERING AND DESIGN   109    2016年11月   [査読有り]
Takayoshi Norimatsu, Oleg Kotyaev, Yoshinori Shimada, Shinri Kurahashi, Shinji Motokoshi, Katsuhiro Mikami, Kei Sasaki, Takahisa Jitsuno, Kohei Yamanoi, Hiroyuki Furukawa, Tomoaki Kunugi
FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY   70(3)    2016年11月   [査読有り]

Misc

 
Blanket design for the ARIES-I tokamak reactor
C.P.C. Wong; E.T. Cheng; R.L. Creedon; J.A. Leuer; K.R. Schultz; S.P. Grotz; N.M. Ghoniem; M.Z. Hasan; R.C. Martin; F. Najmabadi; S. Sharafat; T. Kunugi; D.K. Sze; J.S. Herring; R.L. Miller; E. Greenspan
Proceedings - Symposium on Fusion Engineering   2 1035-1038   1989年   [査読有り]
Numerical simulation of turbulent gas-particle fluid flow and heat transfer
Tomoaki Kunugi; Mohammad Z. Hasan
Proceedings - Symposium on Fusion Engineering   2 882-885   1989年   [査読有り]
Liquid-metal heat transfer for the first wall and limiter/divertor plates of fusion reactors
Mohammad Z. Hasan; Tomoaki Kunugi
AIChE Symposium Series   87(283) 67-73   1991年   [査読有り]
Safety analysis of plasma anomaly consequences in fusion reactors
T. Honda; T. Okazaki; Y. Seki; T. Kunugi; I. Aoki
Proceedings - Symposium on Fusion Engineering   2 1166-1169   1995年   [査読有り]
Experimental study of buoyancy-driven exchange flow from breaches under LOVA condition
K. Takase; T. Kunugi; M. Ogawa; Y. Seki
Proceedings - Symposium on Fusion Engineering   1 317-320   1995年   [査読有り]

Works

 
容器中の気泡挙動に関する基礎研究
2002年 - 2004年
大気海洋相互作用研究データベース共有システムの構築
1999年 - 2002年
自由界面からのガス巻き込み現象に関する数値解析
2005年 - 2006年
超臨界圧水の伝熱流動特性に関する研究
2001年 - 2002年
CO2液滴分散過程およびCO2の大気-海洋循環に関する基礎的検討
1999年

競争的資金等の研究課題

 
多相流数値解析
髙エネルギー密度機器における熱物質移動の研究
ナノ・ミクロスケール多重多孔質構造表面による低圧損・高効率熱伝達機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2006年