大野 睦人

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/14 10:46
 
アバター
研究者氏名
大野 睦人
 
オオノ ムツヒト
所属
京都大学
部署
ウイルス研究所 遺伝子動態調節研究部門 情報高分子化学研究分野
職名
教授
学位
理学博士

経歴

 
1998年
   
 
:日本学術振興会特別研究員
 
1990年
   
 
:ロックフェラー大学博士研究員
 
1991年
   
 
:ケースウェスタンリザーブ大学博士研究員
 
1992年
   
 
:京都大学理学研究科助手
 
1998年
   
 
:欧州分子生物学研究所客員研究員
 

学歴

 
 
   
 
京都大学大学院理学研究科  
 
 
   
 
京都大学理学部  
 

受賞

 
 
分子生物学奨励賞(東亜燃料)、1988年
 

論文

 
Translational control of Sox9 RNA by mTORC1 contributes to skeletogenesis.
Takashi Iezaki, Tetsuhiro Horie, Kazuya Fukasawa, Makoto Kitabatake, Yuka Nakamura, Gyujin Park, Yuki Onishi, Kakeru Ozaki, Takashi Kanayama, Manami Hiraiwa, Yuka Kitaguchi, Katsuyuki, Kaneda, Takayuki Manabe, Yasuhito Ishigaki, Mutsuhito Ohno and Eiichi Hinoi
Stem Cell Reports   11(1) 228-241   2018年7月   [査読有り]
Ribosomal protein uS7/Rps5 serine-223 in protein kinase-mediated phosphorylation and ribosomal small subunit maturation.
Tomioka M, Shimobayashi M, Kitabatake M, Ohno M, Kozutsumi Y, Oka S, Takematsu H.
Sci Rep.   8(1) 1244   2018年1月   [査読有り]
Wang DO, Ninomiya K, Mori C, Koyama A, Haan M, Kitabatake M, Hagiwara M, Chida K, Takahashi SI, Ohno M, Kataoka N.
Front Mol Biosci.   2017(Dec 22) 4-93   2017年12月   [査読有り]
Ninomiya K, Ohno M, Kataoka N.
Genes Cells.   21(11) 1263-1269   2016年11月   [査読有り]
Genes Cells   20(4) 281-291   2015年4月   [査読有り]
Int. J. Mol. Sci.   16(2) 3705-3721   2015年2月   [査読有り]
Biochem. Biophys. Res. Commun.   457(1) 90-94   2015年1月   [査読有り]
谷口一郎、大野睦人
生化学   87(1) 68-74   2015年
Nucleic Acids Res.   42(10) 6645-6658   2014年6月   [査読有り]
Methods Cell Biol   122 395-413   2014年5月   [招待有り]
Nucleic Acids Res.   42(6) 3998-4007   2014年4月   [査読有り]
RNAの長さに隠された秘密
マクロースキー亜紗子、大野睦人
実験医学   31(7) 1099-1107   2013年
Random mutagenesis of yeast 25S rRNA identify bases critical for 60S subunit structural integrity and function.
Translation   1(2) e26402   2013年   [査読有り]
RNPサーベイランス-RNA-タンパク質複合体の品質管理
大野睦人
実験医学 Vol.28.No.16(2010)2611~2617      2010年10月
真核生物リボソームの生合成と品質管理
北畠真、藤井耕太郎、大野睦人
実験医学、Vol.28.No.10(2010)150~155      2010年6月
イントロンの代謝機構
片岡直行;芳本玲;藤田恵;大野睦人
蛋白質 核酸 酵素   54(16) 2060-2065   2009年12月
リボソームRNAの品質管理
北畠真;藤井耕太郎;大野睦人
蛋白質 核酸 酵素   54(16) 2195-2200   2009年12月
核-細胞質間のRNA分配制御 (mRNAプログラム--多様性と非対称性の獲得戦略) -- (核と細胞質の連携)
大野 睦人
蛋白質核酸酵素   54(16) 2114-2120   2009年12月
R. Yoshimoto; N. Kataoka; K. Okawa; M. Ohno
Nucleic Acids Research   37(3) 891-902   2009年2月   [査読有り]
アフリカツメガエル卵母細胞を用いたRNA核外輸送の解析
福家浩之、大野睦人
RNA実験ノート 上巻「RNAの基本的な取り扱いから解析手法まで」:154-9      2008年3月
スプライシング前は核内にとどめおく「mRNA品質管理」のしくみ
大野睦人
Medical Bio 1月号:12-3      2008年1月   [査読有り]
RNA identity in nuclear export
M. Ohno
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48(4 Suppl) 414-420   2003年   [査読有り]

Misc

 
RNA輸送因子PHAXはヒストンH2AXの発現制御を介してDNA損傷応答に関与する
町谷充洋、大野睦人
第41回日本分子生物学会年会      2018年11月
ヒトU snRNA前駆体の3’-プロセシングのin vitro系の構築
川本崇仁、谷口一郎、大野睦人
第41回日本分子生物学会年会      2018年11月
機能不全リボソーム品質管理機構25S NRDにおけるプロテアソーム標的タンパク質の探索
浜島 りな、酒井 朗恵、他2名,大野 睦人
第5回リボソームミーティング      2018年9月
リボソームの品質管理25S NRDはリン酸化酵素CK2により制御されている
北畠 真、鎌田 宏美、佐野 広大、大野 睦人
第5回リボソームミーティング      2018年9月
環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明
芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
mRNA様long noncoding RNAの核局在化機構の解析
竹岩俊彦、大野睦人
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
リボソームの品質管理におけるリン酸化酵素CK2の役割
鎌田宏美、佐野広大、北畠真、大野睦人
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
DNA損傷応答におけるRNA輸送因子PHAXの役割
町谷充洋、大野睦人
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
U snRNA核外輸送に関与するRNAヘリカーゼの同定
谷口 一郎、大野 睦人
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
機能不全25S rRNA分解機構におけるプロテアソーム標的因子の探索
浜島 りな、酒井 朗恵、藤井 耕太郎、北畠 真、大野 睦人
第20回日本RNA学会年会      2018年7月
環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明
芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明
第40回日本分子生物学会年会      2017年12月
mRNA様long noncoding RNAの核局在化機構の解析
竹岩俊彦、大野睦人
RNAフロンティアミーティング      2017年11月
Identification of RNA helicase used in U snRNA export
大野 睦人
第19回日本RNA学会年会      2017年7月
Systematic analysis of hnRNP C domains in sorting RNA polymerase II transcripts
大野 睦人
第19回日本RNA学会年会      2017年7月
Systematic analysis of hnRNP C domains in sorting RNA polymerase II transcripts
大野 睦人
15th International Student Seminar      2017年2月
真核生物リボソームの品質管理に関わる新たな因子
北畠真・坂田知子・大野睦人
第4回 RIBOSOME MEETING、高槻      2016年9月   [依頼有り]
A bridge that links an E3 ubiquitin ligase complex and nonfunctional 60S ribosomal particles.
Kitabatake, M., Sakata, T. and Ohno, M.
18th RNA meeting. Kyoto.      2016年6月
Exportin-5 mediates nuclear export of SRP RNA in vertebrates.
Takeiwa,T,and Ohno, M.
18th RNA meeting. Kyoto      2016年6月
Selective ubiquitination and degradation of defective 60S particles
Kitabatake, M., Sakata, T. and Ohno, M.
RNA2016 satellite-symposium, Kyoto      2016年6月   [依頼有り]
Quality Control of Eukaryotic Ribosomes
The 18th Tokyo RNA Club - Ribosome and Translational Apparatus      2016年1月   [依頼有り]
HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment
East Asia Joint Symposium      2015年11月   [依頼有り]
A cellular mechanism that sorts RNA transcripts according to their lengths
大野 睦人
The 10th International Symposium for the Inter-institutional Network (ISIIN)      2015年7月   [依頼有り]
真核生物リボソームの品質管理
北畠真、坂田知子、大野睦人
「RNAと生体機能」第3回懇談会、伊東市、2014年10月25-26日      2014年10月
HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment.
大野 睦人
16th RNA meeting.Nagoya, 23-25 July, 2014      2014年7月
Role of exportin-5 in nuclear export of SRP RNA.
大野 睦人
16th RNA meeting.Nagoya, 23-25 July, 2014.      2014年7月
Analysis of RNA sorting system for nuclear export in Drosophila.
大野 睦人
16th RNA meeting.Nagoya, 23-25 July, 2014.      2014年7月
Exportin-5がSRP RNAの核外輸送に果たす役割
竹岩俊彦、大野睦人
平成25年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都市、2013年12月19日      2013年12月
Inhibition of mRNA export through dispersion of nucleoporins.
大野 睦人
第36回日本分子生物学会. 神戸市. 2013年12月3-6日      2013年12月
真核生物リボソームRNAの機能を検査し、不良品を分解する共通のメカニズム
北畠真、佐野広大、坂田知子、大野睦人
第36回日本分子生物学会.神戸市.2013年12月3-6日      2013年12月
HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment.
大野 睦人
THE36TH Annual MEETING OF THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN.kobe.Dec.3-6.2013.      2013年12月
Role of exportin-5 in nuclear export of SRP RNA.
大野 睦人
THE36TH Annual MEETING OF THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN. kobe. Dec. 3-6. 2013.      2013年12月
RNAi-mediated depletion of hnRNP C revealed a novel surveillance mechanism of proper mRNP formation.
大野 睦人
RNA Sciences in Cell and Developmental Biology. kobe.Dec.7.2013      2013年12月
HnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export.
大野 睦人
第86回 日本生化学学会. 横浜市. 2013年9月11-13日      2013年9月
真核生物リボソームの品質管理
北畠真、佐野広大、坂田知子、大野睦人
第2回 RIBOSOME MEETING、府中市、2013年3月28-29日      2013年3月
Classical low-throughput analyses on RNA export from the nucleus.
大野 睦人
The2th RNA and Biofunctions-ASIA Study.hukuoka.Jan 10.2013.      2013年1月
真核生物リボソームの品質管理
佐野広大、北畠真、大野睦人
平成24年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都市、2012年12月17日      2012年12月
hnRNP C tetramer regulates RNP formation at the cap-proximal region in mRNA export.
マクロースキー亜紗子、谷口一郎、大野睦人
第35回 日本分子生物学会、福岡市、2012年12月11-14日      2012年12月
RNAの仕分け・長いか短いか、正常か異常か
大野 睦人
京都大学ウイルス研究所学術講演会、京都市、2012年7月26日      2012年7月
真核生物リボソームの品質管理
北畠真、藤井耕太郎、坂田知子、大野睦人
第14回日本RNA学会年会、仙台市、2012年7月18-20日      2012年7月
hnRNP C四量体はキャップ近傍における輸送複合体形成を制御する
マクロースキー亜紗子、谷口一郎、大野睦人
第14回日本RNA学会年会、仙台市、2012年7月18-20日      2012年7月
真核生物リボソームの品質管理に関わる新たな因子の探索
佐野広大、北畠真、大野睦人
第14回日本RNA学会年会、仙台市、2012年7月18-20日      2012年7月
機能不全リボソームRNAの分解においてたんぱく質分解経路の果たす役割
北畠真、藤井耕太郎、坂田知子、大野睦人
第12回 日本蛋白質科学会年会、名古屋市、2012年6月20-22日      2012年6月
HnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export.
大野 睦人
The 10th International Student Seminar, Kyoto Japan.Mar 5-8.2012      2012年5月
真核生物リボソームの品質管理
北畠真、藤井耕太郎、坂田知子、酒井朗恵、大野睦人
第一回リボソームミーティング、広島市、2012年3月16日      2012年3月
機能不全rRNAの分解においてタンパク質分解経路の果たす役割
藤井耕太郎、北畠真、坂田知子、酒井朗恵、大野睦人
第一回リボソームミーティング、広島市、2012年3月16日      2012年3月
機能不全リボソームの分解に関わるE3ユビキチンリガーゼ複合体の解析
坂田 知子、北畠 真、藤井 耕太郎、大野 睦人
第一回リボソームミーティング、広島市、2012年3月16日      2012年3月
機能不全リボソームを分解に関わるE3 ユビキチンリガーゼ複合体の解析
坂田知子,北畠真,藤井耕太郎,大野睦人
第34 回日本分子生物学会年会、横浜市、2011 年12 月13-16 日      2011年   [査読有り]
HnRNP C の4 量体はRNA の長さを測り、核外輸送へ向けてRNA polymerase II 由来の転写産物を仕分けする
マグロースキー亜紗子,谷口一郎,新名主カオリ,大野睦人
第34 回日本分子生物学会年会、横浜市、2011 年12 月13-16 日      2011年   [査読有り]
真核生物におけるリボソームRNA の品質管理のメカニズム
北畠真, 藤井耕太郎, 坂田知子, 酒井朗恵, 大野睦人
第34 回日本分子生物学会年会, 横浜市,2011 年12 月 13-16 日      2011年   [査読有り]
hnRNP C の四量体は核外輸送に際してRNA の長さを 測る
大野睦人, マグロースキー亜紗子
第10 回核ダイナミクス研究会, 北広島市,2011 年10 月26-28 日      2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ノンコーディングRNA
竹岩俊彦、谷口一郎、大野睦人 (担当:共著, 範囲:ncRNAの生合成経路(21章))
化学同人   2016年7月   

講演・口頭発表等

 
RNAの長さに隠された謎ー私のRNA研究遍歴とセントラルドグマ [招待有り]
大野 睦人
第72回京都大学丸の内セミナー   2016年7月1日   
A cellular mechanism that sorts RNA transcripts according to their lengths. [招待有り]
大野 睦人
The 10th International Symposium for the Inter-institutional Network (ISIIN)   2015年7月23日   
RNAi-mediated depletion of hnRNP C revealed a novel surveillance mechanism of proper mRNP formation.
大野 睦人
RNA Sciences in Cell and Developmental Biology.   2013年12月7日   
Inhibition of mRNA export through dispersion of nucleoporins. [招待有り]
大野 睦人
36回日本分子生物学会   2013年12月3日   
HnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export. [招待有り]
大野 睦人
第86回 日本生化学学会   2013年9月11日   

競争的資金等の研究課題

 
生体高分子の核・細胞質間輸送
RNAプロセシング