MANABE Yasuko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 8, 2019 at 18:59
 
Avatar
Name
MANABE Yasuko
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Job title
Researcher
Degree
Doctor (Agriculture)(Kyoto University), Master(Agriculture)(Kyoto University)
Research funding number
60467412

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Today
Associate Prof., Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan Univ.
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
assistant Prof., Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan Univ.
 
Sep 2007
 - 
Mar 2008
Postdoctral Fellow, Grad. Shc. Agriculture, Kyoto Univ.
 
May 2004
 - 
Sep 2006
Postdoctral Fellow, Joslin Diabetes Center, Harvard Univ.
 
Sep 2001
 - 
May 2004
Researcher, National Research Institute of Brewing
 

Education

 
 
 - 
2001
Division of Applied Life Science, Graduate School, Division of Agriculture, Kyoto University
 
 
 - 
1996
Department of Applied Biological Science, Faculty of Agriculture, Utsunomiya University
 

Awards & Honors

 
2001
Kirin Award for Research in "Study on bioactive substances in the rat brain after stimulation by a bitter taste.
 

Published Papers

 
Sato S, Nomura M, Yamana I, Uchiyama A, Furuichi Y, Manabe Y, Fujii NL
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   83(10) 1851-1857   Oct 2019   [Refereed]
Sakamoto K, Furuichi Y, Yamamoto M, Takahashi M, Akimoto Y, Ishikawa T, Shimizu T, Fujimoto M, Takada-Watanabe A, Hayashi A, Mita Y, Manabe Y, Fujii NL, Ishibashi R, Maezawa Y, Betsholtz C, Yokote K, Takemoto M
EMBO reports   e47957   Sep 2019   [Refereed]
Manabe Y
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   138(10) 1285-1290   2018   [Refereed]
Furuichi Y, Manabe Y, Takagi M, Aoki M, Fujii NL
PloS one   13(10) e0206146   2018   [Refereed]
眞鍋康子
理学療法ジャーナル   51(6) 535‐541   Jun 2017
眞鍋康子, 藤井宣晴
医薬ジャーナル   53(6) 1483‐1487   Jun 2017
【新しい医療を拓くメカノバイオロジー】 運動は本当に健康に良いのか?
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
医薬ジャーナル   53(6) 1483-1487   Jun 2017
これまで運動が健康に良いことは経験的に語られてきたが,最近の大規模な疫学調査では,運動が我々の予想以上に多様な健康への恩恵効果を有することを明確に示している。一方で,運動がどのようなメカニズムにより健康をもたらすのかに関しては,ほとんど明らかにされていない。運動時に主として働く器官は骨格筋である。体重の約40〜50%を占める大きな器官であり,「収縮する」という特殊な性質を持つことから,骨格筋はメカノバイオロジーの世界で注目されてきた。最近の研究により,骨格筋の物理的収縮が単に「動き」を生む...
Kitamura K, Takamura Y, Iwamoto T, Nomura M, Iwasaki H, Ohdera M, Murakoshi M, Sugiyama K, Matsuyama K, Manabe Y, Fujii NL, Fushiki T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(2) 335-342   Feb 2017   [Refereed]
Inagaki A, Maruo K, Furuichi Y, Miyatake S, Tamura K, Fujii NL, Manabe Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-7   Jul 2016   [Refereed]
Manabe Y, Ogino S, Ito M, Furuichi Y, Takagi M, Yamada M, Goto-Inoue N, Ono Y, Fujii NL
Analytical biochemistry   497 36-38   Mar 2016   [Refereed]
Goto-Inoue N, Tamura K, Motai F, Ito M, Miyata K, Manabe Y, Fujii NL
Molecular and cellular biochemistry   411(1-2) 173-180   Jan 2016   [Refereed]
【メカノバイオロジーと薬の融合】 「運動の健康効果を模倣する薬」というアイデア
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
ファルマシア   51(11) 1072-1075   Nov 2015
Shoji E, Sakurai H, Nishino T, Nakahata T, Heike T, Awaya T, Fujii N, Manabe Y, Matsuo M, Sehara-Fujisawa A
Scientific reports   5 12831   Aug 2015   [Refereed]
Manabe Y, Takagi M, Nakamura-Yamada M, Goto-Inoue N, Taoka M, Isobe T, Fujii NL
The journal of physiological sciences : JPS   64(6) 401-409   Nov 2014   [Refereed]
Furuichi Y, Goto-Inoue N, Manabe Y, Setou M, Masuda K, Fujii NL
Biochimica et biophysica acta   1837(10) 1699-1706   Oct 2014   [Refereed]
糖尿病と運動・リハビリテーション 骨格筋代謝の分子メカニズム
眞鍋 康子
Diabetes Frontier   25(2) 125-128   Apr 2014
Miyatake S, Manabe Y, Inagaki A, Furuichi Y, Takagi M, Taoka M, Isobe T, Hirota K, Fujii NL
Biochemical and biophysical research communications   444(4) 496-501   Feb 2014   [Refereed]
Adachi S, Eguchi A, Sakamoto K, Asano H, Manabe Y, Matsumura S, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   35(6) 357-367   Dec 2014   [Refereed]
Goto-Inoue N, Yamada K, Inagaki A, Furuichi Y, Ogino S, Manabe Y, Setou M, Fujii NL
Scientific reports   3 3267   Nov 2013   [Refereed]
Manabe Y, Gollisch KS, Holton L, Kim YB, Brandauer J, Fujii NL, Hirshman MF, Goodyear LJ
The FEBS journal   280(3) 916-926   Feb 2013   [Refereed]
Tsuchiya M, Manabe Y, Yamada K, Furuichi Y, Hosaka M, Fujii NL
Biochemical and biophysical research communications   430(2) 676-682   Jan 2013   [Refereed]
Tanaka A, Woltjen K, Miyake K, Hotta A, Ikeya M, Yamamoto T, Nishino T, Shoji E, Sehara-Fujisawa A, Manabe Y, Fujii N, Hanaoka K, Era T, Yamashita S, Isobe K, Kimura E, Sakurai H
PloS one   8(4) e61540   2013   [Refereed]
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
医学のあゆみ   243(10) 918-922   Dec 2012
Goto-Inoue N, Manabe Y, Miyatake S, Ogino S, Morishita A, Hayasaka T, Masaki N, Setou M, Fujii NL
Analytical and bioanalytical chemistry   403(7) 1863-1871   Jun 2012   [Refereed]
眞鍋 康子, 井上 菜穂子, 高木 麻由美, 藤井 宣晴
比較生理生化学   29(2) 70-75   Apr 2012
AMPキナーゼは、真核生物において高度に保存されたセリン/スレオニンキナーゼである。キナーゼ活性が同定されたのは1970年代初期であるが、その生物学的重要性が認識され始めたのは最近になってかからである。細胞内のエネルギー・レベルを感知して、低エネルギー環境に適応するための種々の調節を行う。生命活動のイベントの多くは、細胞レベルであっても個体レベルであっても、何らかの形でエネルギー代謝と関連している。そのため、AMPキナーゼが担う役割も単なるエネルギー・センサーに留まるものではなく、細胞の基...
Manabe Y, Miyatake S, Takagi M, Nakamura M, Okeda A, Nakano T, Hirshman MF, Goodyear LJ, Fujii NL
PloS one   7(12) e52592   2012   [Refereed]
Sugita S, Kamei Y, Akaike F, Suganami T, Kanai S, Hattori M, Manabe Y, Fujii N, Takai-Igarashi T, Tadaishi M, Oka J, Aburatani H, Yamada T, Katagiri H, Kakehi S, Tamura Y, Kubo H, Nishida K, Miura S, Ezaki O, Ogawa Y
PloS one   6(5)    May 2011   [Refereed]
Matsumura S, Yoneda T, Aki S, Eguchi A, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Physiology & behavior   99(4) 509-514   Mar 2010   [Refereed]
Diet and exercise signals regulate SIRT3 and activate AMPK and PGC-1alpha in skeletal muscle.
Palacios OM, Carmona JJ, Michan S, Chen KY, Manabe Y, Ward JL 3rd, Goodyear LJ, Tong Q
Aging   1 771-783   Aug 2009   [Refereed]
Yoneda T, Saitou K, Asano H, Mizushige T, Matsumura S, Eguchi A, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Physiology & behavior   96 735-741   Mar 2009   [Refereed]
Saitou K, Yoneda T, Mizushige T, Asano H, Okamura M, Matsumura S, Eguchi A, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Physiology & behavior   96(1) 142-148   Jan 2009   [Refereed]
RECOGNITION OF DIETARY FAT IN THE ORAL CAVITY
Matsumura Shigenobu, Mizushige Takafumi, Yoneda Takeshi, Eguchi Ai, Manabe Yasuko, Tsuzuki Satoshi, Inoue Kazuo, Fushiki Tohru
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59 488   2009   [Refereed]
Fujii N, Ho RC, Manabe Y, Jessen N, Toyoda T, Holland WL, Summers SA, Hirshman MF, Goodyear LJ
Diabetes   57(11) 2958-2966   Nov 2008   [Refereed]
Mizushige T, Saitoh K, Manabe Y, Nishizuka T, Taka Y, Eguchi A, Yoneda T, Matsumura S, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Life Sci.   84(21-22) 760-765   2009   [Refereed]
Matsumura S, Saitou K, Miyaki T, Yoneda T, Mizushige T, Eguchi A, Shibakusa T, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   295 R82-91   Jul 2008   [Refereed]
Yoneda T, Taka Y, Okamura M, Mizushige T, Matsumura S, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Life sciences   81(23-24) 1585-1592   Nov 2007   [Refereed]
Yoneda T, Saitou K, Mizushige T, Matsumura S, Manabe Y, Tsuzuki S, Inoue K, Fushiki T
Physiology & behavior   91 304-309   Jun 2007   [Refereed]
Koh HJ, Hirshman MF, He H, Li Y, Manabe Y, Balschi JA, Goodyear LJ
The Biochemical journal   403(3) 473-481   May 2007   [Refereed]
Izu H, Shobayashi M, Manabe Y, Goto K, Iefuji H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70(12) 2982-2989   Dec 2006   [Refereed]
Izu H, Shobayashi M, Manabe Y, Goto K, Iefuji H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70(10) 2488-2493   Oct 2006   [Refereed]
Ablation of AMP-activated protein kinase alpha 2 activity in skeletal muscle exacerbates insulin resistance induced by a high-fat diet in mice
Fujii Nobuharu, Ho Richard C., Li Yangfeng, Seifert Matthew M., Manabe Yasuko, Jessen Niels, Peter Lauren E., Hirshman Michael F., Goodyear Laurie J.
DIABETES   55 A284   Jun 2006   [Refereed]
Manabe Y, Utsunomiya H, Gotoh K, Kurosu T, Fushiki T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   68(4) 796-802   Apr 2004   [Refereed]
MANABE Yasuko
Food Science and Technology Research   10(3) 300-302   2004   [Refereed]
Manabe Y, Fushiki T
Journal of nutritional science and vitaminology   48(2) 81-88   Apr 2002   [Refereed]
Manabe Y, Toyoda T, Kuroda K, Imaizumi M, Yamamoto T, Fushiki T
Behav.Brain Res.,   126(1-2) 197-204   2001   [Refereed]
DBI-like activity in the rat cerebrospinal fluid after stimulation by an aversive quinine taste
Chemical Senses   25,739-746    2000
SAWANO S, TAKEDA M, IMAIZUMI M, MANABE Y, KURODA K, FUSHIKI T
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology,   22(4) 223-227   2000
FUSHIKI T, MANABE Y, SAWANO S, IMAIZUMI M, TAKEDA M
Nutrition   17(2) 117-120   2000
Suppression of S-methylglutathione-induced tentacle ball formation by peptides and nullification of the suppression by TGF-beta in Hydra.,
Manabe Y, Yamazaki H, Fukuda C, Inoue K, Fushiki T, Hanai K.
Chem.Senses   25 173-180   2000   [Refereed]

Misc

 
新規遺伝子R3hdmlは筋衛星細胞の増殖能を制御し、骨格筋の分化再生を促進する
坂本 憲一, 竹本 稔, 古市 泰郎, 高橋 恵, 秋元 義弘, 山本 雅, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
日本内分泌学会雑誌   94(1) 292-292   Apr 2018
新規筋衛星細胞発現遺伝子R3hdmlは筋衛星細胞の増殖能を制御し、骨格筋の分化再生を促進する
坂本 憲一, 竹本 稔, 古市 泰郎, 高橋 恵, 秋元 義弘, 山本 雅, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
糖尿病   61(Suppl.1) S-136   Apr 2018
食品因子isothiocyanate類が結合した炎症性サイトカインMIFの機能解析
河合 柚子, 橋詰 力, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 中村 宜督, 三好 規之
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   72回 295-295   Apr 2018
専門外でもよくわかるサルコペニアの分子生物学・細胞生物学 骨格筋における細胞内情報伝達とサルコペニア
藤井 宣晴, 眞鍋 康子, 古市 泰郎
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1(2) 98-98   Oct 2017
藤井 宣晴, 古市 泰郎, 眞鍋 康子
体力科学   67(1) 6-6   Feb 2018
骨格筋の代謝・内分泌臓器としての新機能 内分泌器官としての骨格筋
眞鍋 康子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2AW25-5]   Dec 2017
藤井宣晴, 古市泰郎, 眞鍋康子
体力科学   67(1) 6(J‐STAGE)   2018
眞鍋康子, 武藤敬正, 山田健一朗, 片倉健悟, 青木友那, 古市泰郎, 坂井貴臣, 藤井宣晴
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   71st 335-335   Apr 2017
骨格筋代謝からみた肥満減量指導 骨格筋から分泌され脂肪細胞に作用するマイオカインの探索
藤井 宣晴, 田村 晃太郎, 井上 菜穂子, 眞鍋 康子, 古市 泰郎
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   35回 45-45   Jun 2017
眞鍋 康子
理学療法ジャーナル   51(6) 535-541   Jun 2017
眞鍋 康子
日本運動生理学雑誌   24(1) 7-12   Mar 2017
食事、運動、睡眠 生活習慣から薬物治療と創薬を考える マイオカインは運動模倣薬となるか?
眞鍋 康子
日本薬学会年会要旨集   137年会(1) 222-222   Mar 2017
新規遺伝子R3hdmlの骨格筋分化再生における機能解析
坂本 憲一, 竹本 稔, 山本 雅, 古市 泰郎, 高橋 恵, 眞鍋 康子, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
糖尿病   60(Suppl.1) S-274   Apr 2017
【糖尿病研究の"いま"と治療の"これから"】 (第2章)インスリン抵抗性はなぜ起きるのか? 身体不活動による骨格筋の糖代謝機能低下
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
実験医学   35(2) 239-244   Feb 2017
身体不活動が2型糖尿病におけるインスリン抵抗性に深くかかわることは多くの疫学研究から明らかにされている。しかし、これまでの骨格筋を対象とした糖尿病研究では、「運動」が糖代謝やインスリン感受性にどのように影響するかの研究が多く、「身体不活動」が骨格筋の糖代謝におよぼす影響を正面に捉えた研究はきわめて少ない。本稿では、身体不活動が骨格筋のインスリン抵抗性におよぼす影響について概説する。(著者抄録)
新規筋衛星細胞発現遺伝子R3hdmlは筋衛星細胞の増殖能を制御し、骨格筋の分化再生に関わる
坂本 憲一, 竹本 稔, 古市 泰郎, 高橋 恵, 秋元 義弘, 山本 雅, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集   54回 53-53   Apr 2017
ショウジョウバエを利用したマイオカインの生理機能重要度評価
青木 友那, 片倉 健吾, 坂井 貴臣, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
体力科学   66(1) 121-122   Feb 2017
運動はなぜ糖尿病を予防・改善するのか?
眞鍋 康子
体力科学   66(1) 119-119   Feb 2017
新規遺伝子R3hdmlの骨格筋分化再生における機能解析
坂本 憲一, 竹本 稔, 山本 雅, 古市 泰郎, 高橋 恵, 眞鍋 康子, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
糖尿病   60(Suppl.1) S-274   Apr 2017
眞鍋康子, 藤井宣晴
実験医学   35(2) 239‐244   Feb 2017
骨代謝 新規骨格筋発現遺伝子R3hdmlの機能解析
坂本 憲一, 竹本 稔, 古市 泰郎, 眞鍋 康子, 石川 崇広, 前澤 善朗, 清水 孝彦, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
糖尿病合併症   30(Suppl.1) 176-176   Sep 2016
藤井 宣晴, 眞鍋 康子, 古市 泰郎
デサントスポーツ科学   37 3-9   Jun 2016
本研究では,Macrophage Migration InhibitoryFactor(MIF)は骨格筋から分泌される新たなマイオカインで,骨格筋自身に作用して,インスリンによって誘発される糖の取り込みを抑制することを明らかにした.MIFは分子量が約12kDaの低分子で,これまでは骨格筋に発現することは知られていなかったが,マウスの異なる種類の下肢骨格筋に発現することをウェスタンブロッティング法で確認した.つぎに,in vivoエレクトロポーレーション法で,マウス下肢骨格筋にタグを付したM...
新規骨格筋発現遺伝子R3hdmlの機能解析
坂本 憲一, 竹本 稔, 古市 泰郎, 眞鍋 康子, 石川 崇広, 前澤 善朗, 小林 一貴, 清水 孝彦, 藤井 宣晴, 横手 幸太郎
糖尿病   59(Suppl.1) S-304   Apr 2016
眞鍋康子
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th ROMBUNNO.S41‐5   2017
【「解明」から「制御」へ肥満症のメディカルサイエンス】 (第4章)新たな肥満治療へのアプローチ 運動による抗肥満効果
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
実験医学   34(2) 355-360   Feb 2016
運動が肥満を予防・改善するメカニズムとして、これまでは脂肪細胞で脂質が酸化されるメカニズムの研究に関心が寄せられていた。これらに加え最近では、運動の中心的役割を果たす骨格筋の脂質酸化が全身の脂質酸化に大きく影響することが明らかになってきた。本稿では、骨格筋に注目して運動により脂質酸化が促進されるメカニズムを概説する。さらに、骨格筋から分泌されるホルモン"マイオカイン"が全身の脂質代謝に関与することが明らかになりつつあるため、マイオカインについての最近の知見も紹介する。(著者抄録)
眞鍋康子
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2AW25‐5 (WEB ONLY)   2017
IL-6は筋収縮のカルシウム放出をトリガーとして分泌促進される
古市 泰郎, 眞鍋 康子, 高木 麻由美, 青木 美穂, 藤井 宣晴
体力科学   64(6) 554-554   Dec 2015
藤井宣晴, 田村晃太郎, 井上菜穂子, 眞鍋康子, 古市泰郎
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   35th 45   2017
骨格筋初代培養細胞とC2C12細胞株の細胞特性の検証
眞鍋 康子, 荻野 慎也, 高木 麻由美, 井上 菜穂子[後藤], 山田 美緒, 小野 悠介, 古市 泰郎, 藤井 宣晴
日本細胞生物学会大会講演要旨集   67回 163-163   Jun 2015
眞鍋 康子, 宮武 正太
体力科学   64(1) 17-17   Feb 2015
質量分析イメージングを用いた骨格筋アセチルカルニチンの可視化
古市 泰郎, 井上 菜穂子, 眞鍋 康子, 瀬藤 光利, 増田 和実, 藤井 宣晴
体力科学   63(6) 601-601   Dec 2014
【代謝の主役に踊り出た 骨格筋ワールド】 内分泌器官としての骨格筋
眞鍋 康子
実験医学   32(9) 1346-1352   Jun 2014
骨格筋は、運動器としての役割以外にもホルモン様の生理活性物質を分泌する内分泌器官としての役割を果たしている。骨格筋から分泌される生理活性物質は、総称して「マイオカイン」とよばれる。日常的な運動がさまざまな健康効果を有していることを考慮すると、運動により骨格筋からマイオカインが分泌され、全身性に多様な効果を発揮していると考えるのは理にかなっている。一方、マイオカインの研究はまだ十分には成熟しておらず、その効果や作用メカニズムを明確に証明しているものは少ない。本稿ではマイオカイン研究の現状と、...
チオレドキシンは骨格筋から構成性に分泌されるマイオカインである
眞鍋 康子, 高木 麻由美, 山田 美緒, 井上 菜穂子[後藤], 田岡 万悟, 礒辺 俊明, 藤井 宣晴
日本細胞生物学会大会講演要旨集   66回 136-136   May 2014
田七人参加工粉末の糖代謝への作用(第4報) パナキサトリオールは高血糖モデル動物のインスリン抵抗性の進行を抑制する
高村 裕介, 北村 久美子, 岩本 拓, 稲葉 宏幸, 駒田 徹, 小野 知二, 野村 充, 村越 倫明, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   68回 300-300   Apr 2014
田七人参加工粉末の糖代謝への作用(第5報) パナキサトリオールは骨格筋細胞のPI3 kinase-Akt経路を活性化する
稲葉 宏幸, 岩本 拓, 高村 裕介, 北村 久美子, 小野 知二, 野村 充, 村越 倫明, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   68回 301-301   Apr 2014
田七人参加工粉末の糖代謝への作用(第6報) パナキサトリオールと運動の併用は効果的に血糖値を制御し、筋重量を増加させる
北村 久美子, 岩本 拓, 高村 裕介, 稲葉 宏幸, 小野 知二, 野村 充, 村越 倫明, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   68回 301-301   Apr 2014
高村 裕介, 北村 久美子, 岩本 拓, 野村 充, 村越 倫明, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
体力科学   62(6) 540-540   Dec 2013
【糖尿病とスポートロジー】 糖尿病における運動とマイオカイン
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
Diabetes Frontier   24(2) 174-179   Apr 2013
疾病予防・健康増進のための分子スポーツ医学 筋収縮が糖尿病を予防・改善することの分子スポーツ医学的考察
眞鍋 康子, 藤井 宣晴
医学のあゆみ   243(10) 918-922   Dec 2012
運動が糖尿病を予防・改善することは、最近になって広く認識されるようになってきた。その効果が発生する場が骨格筋であり、筋収縮がそれをつくりだしているといえる。骨格筋は血液中の糖(グルコース)、すなわち血糖を細胞内に取り込んで消費してくれる生体内最大の器官でもある。一般にはインスリンが糖取込みを促進する唯一の因子として認識されるが、じつは筋収縮もインスリンに比肩する糖取込み促進刺激である。運動による糖代謝機能の改善は、筋収縮によって糖が骨格筋細胞内に取り込まれ使用されること、および筋収縮によっ...
田七人参由来ダンマラン系トリテルペン含有エキスの骨格筋糖取り込みに与える影響
高村 裕介, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴
体力科学   61(5) 511-512   Oct 2012
イメージングマススペクトロメトリーによる骨格筋収縮に伴う代謝物変動の可視化
井上 菜穂子, 眞鍋 康子, 宮武 正太, 森下 愛, 荻野 慎也, 瀬藤 光利, 藤井 宣晴
JSBMS Letters   37(Suppl.) 76-76   Sep 2012
高齢者で認められる糖代謝異常とその予防法
藤井 宣晴, 眞鍋 康子, 井上 菜穂子, 高木 麻由美
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   12回 154-154   Jun 2012
田七人参由来ダンマラン系トリテルペン含有エキスの高血糖モデル動物におけるインスリンの応答性に与える影響
高村 裕介, 北村 久美子, 杉岡 裕恒, 上林 博明, 岩崎 英明, 大寺 基靖, 眞鍋 康子, 藤井 信晴, 伏木 亨
糖尿病   55(Suppl.1) S-361   Apr 2012
HITOMI Gaku, IZU Hanae, MANABE Yasuko, TAKAHASHI Kei, HASHIGUCHI Tomokazu, HORII Sachie, SUDO Shigetoshi
JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN   106(10) 675-686   Oct 2011
We previously reported that some physiological factors besides oral stimulation are important for Sake preference. In this paper, we show the effects of Sake components on Sake physiological preference and blood glucose levels...
骨格筋における核内受容体RXRγの糖代謝促進作用
亀井 康富, 杉田 聡, 赤池 史子, 菅波 孝祥, 金井 紗綾香, 服部 真季, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 三浦 進司, 江崎 治, 小川 佳宏
肥満研究   17(Suppl.) 161-161   Sep 2011
骨格筋での糖取り込みに対する田七人参由来ダンマラン系トリテルペン含有エキスの影響
野村 充, 北村 久美子, 高村 裕介, 岩崎 英明, 大寺 基靖, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 伏木 亨
肥満研究   17(Suppl.) 195-195   Sep 2011
田七人参由来ダンマラン系トリテルペン含有エキスの高血糖モデル動物の糖代謝能力に与える影響
北村 久美子, 上林 博明, 高村 裕介, 岩崎 英明, 大寺 基靖, 眞鍋 康子, 藤井 宣晴, 伏木 亨
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   65回 196-196   Apr 2011
眞鍋 康子, 豊田 太郎, 土屋 美穂
Endocrinology, diabetology & metabolism   31(5) 415-420   Nov 2010
【身体活動と2型糖尿病、生活習慣病】 運動の糖代謝に対する急性効果の分子メカニズム
眞鍋 康子, 豊田 太郎, 土屋 美穂, 藤井 宣晴
内分泌・糖尿病・代謝内科   31(5) 415-420   Nov 2010

Books etc

 
FAT DETECTION
MANABE Yasuko (Part:Joint Work, taste, texture, and post ingestive effects)
Taylor and Francis Group   2009   

Conference Activities & Talks

 
Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate (HMB) augments muscle contraction-induced protein synthesis via mTORC1 signaling in cultured L6 myotubes.
MANABE Yasuko
Experimental Biology   Apr 2018   
Effect of chronic muscle contraction on endurance-training-associated protein expression in mouse primary cultured myotubes
Mita Y, Ito M, Yamada Y, Furuichi F, Manabe Y, Fujii NL
The 3rd Congress, International Academy of Sportology   Oct 2017   
R3h domain containing-like (R3hdml) has crucial roles in skeletal muscle development and regeneration through the regulation of satellite cell proliferation. Keystone Symposia (Aging and Mechanisms of Aging-Related Disease)
Sakamoto K, Takemoto M, Furuichi Y, Takahashi M, Akimoto U, Yamamoto M, Ishikawa T, Shimizu T, Manabe Y, Fujii NL, Maezawa Y, and Yokote Y
Keystone Symposia (Aging and Mechanisms of Aging-Related Disease)   May 2017   
Discovery of muscle contraction regulated myokine secretion in C2C12 myotubes
Fujii NL, Manabe Y, Furuichi Y
International Sports Science Network Forum in Nagano 2016   Nov 2016   
An in vitro contraction model in mouse primary cultured myotubes using satellite cells originated from EDL and soleus.
Manabe Y, Ogino S, Ito M, Furuichi Y, Takagi M, Yamada M, Goto-Inoue N, Ono Y, Fujii N
2nd Congress, International Academy of Sportology   Sep 2015   
Development of a new in vitro skeletal muscle contraction system.
Manabe Y, Inagaki A, Maruo K, Tamura K, Furuichi Y, Fujii N
12th Asian Congress of Nutrition   May 2015   
Ingestion of Panaxatoriol ameliorates Insulin resistance in KK-AY mice by promoting insulin dependent glucose uptake in skeletal muscle.
Takamura Y, Kitamura K, Iwamoto T, Nomura M, Ichiba Y, Murakoshi M, Uchiyama A, Manabe Y, Fujita S, Fujii NL
36th the European Society for Clinical Nutrition and Metabolism Congress   Sep 2014   
Macrophage migration inhibitory factor decreases glucose transport induced by insulin and AICAR in skeletal muscle
Shouta Miyatake, Yasuko Manabe, Akiko Inagaki, Yasuro Furuichi, Mayumi Takagi, Masato Taoka, Toshiaki Isobe, Kiichi Hirota, Kazunori Yasuda, Jun Nishihira, Nobuharu L. Fujii
Dec 2013   
Training-induced increase in muscle glycogen content is regulated by the increased PP1 activity
Dec 2013   
Anti-hyperglycemic effects of dammarane-type triterpenes from the root of Panax notoginseng through the enhancement of insulin-dependent glucose transport in skeletal muscle
Taku Iwamoto, Kumiko Kitamura, Yusuke Takamura, Mitsuru Nomura, Tomoji Ono, Michiaki Murakoshi, Yasuko Manabe, and Nobuharu L. Fuji
6th International Society for Nutraceuticals and Functional Foods   Nov 2013   
An acute muscle contraction model using cultured C2C12 myotubes
Shouta Miyatake, Yasuko Manabe, Mayumi Takagi,Mio Nakamura, Ai Okeda, Taemi Nakano, Michael F. Hirshman, Laurie J. Goodyear, Nobuharu L. Fujii
Jun 2013   
Panaxatriol Activates Insulin Signaling Pathway in Skeletal Muscle and Improves Insulin Resistance in KKAy Mice.
Kitamura K, Takamura Y, Iwamoto T, Ikoma K, Nomura M, Sugioka H, Kobayashi T, Komada T, Manabe Y, Iwasaki H, Ohdera M, Fujii NL, Fushiki T
72th Scientific Sessions American Diabetes Association,   Jun 2012   
Muscle contraction models useful for analysis of contraction-induced intracellular signaling
Fujii NL, Manabe Y, Miyatake S, Goto-Inoue N, Takagi M, Morishita A
May 2012   
Anti-diabetic effects of Panax notoginseng extract containing dammarane-type triterpense in KK-Ay mice
Iwasaki H, Kitamura K, Kambayashi H, Nomura M, Ohdera M, Matsuyama K, Manabe Y, Fujii N, Fushiki T.
Jun 2011   
Development of the cultured-muscle cell (C2C12) contraction system by electric stimulation,
Manabe Y, Miyatake S, Okeda A, Nakano T, Hirshman MF, Goodyear LJ, Fujii N
2011 The International Academy of Sportology, Tokyo, Japan,   Mar 2011   

Research Grants & Projects

 
運動の恩恵効果が骨格筋から分泌されるマイオカインによって媒介されることの証明
KAKEN: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
Project Year: Apr 2018 - Mar 2023    Investigator(s): Nobuharu Fujii
分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
KAKEN: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Shinya Kuroda
骨格筋細胞の張力測定系の構築と筋萎縮をもたらす分子機構の解明
KAKEN: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021    Investigator(s): Yasuko Manabe
骨格筋から発見された新規マイオカイン分子の機能解析
KAKEN: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Yasuko Manabe
マイオカインの探索とその生理作用の解明
KAKEN: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): Nobuharu Fujii